「DEAD OR ALIVE 5」最強プレイヤーが決定!PS Vita版の実機デモも公開された「『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2012 決勝ラウンド」レポート

「DEAD OR ALIVE 5」最強プレイヤーが決定!PS Vita版の実機デモも公開された「『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2012 決勝ラウンド」レポート

PS3 PS Vita Xbox 360

担当:

コーエーテクモゲームスは本日12月9日、同社の市ヶ谷オフィスにおいて、PS3/Xbox 360用ソフト「DEAD OR ALIVE 5」の公式大会「Official Tournament 2012 決勝ラウンド」を開催した。

日韓の一流プレイヤーが集結した「『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament 2012」

本大会は、全国各地で行われてきた予選ラウンドの選抜メンバーに加え、韓国から勝ち上がってきたプレイヤー2名と、招待選手2名、さらに当日の午前中に実施された予選ラウンドの上位入賞者による合計22名でのトーナメント方式の大会だ。

大会のルールは1ラウンド60カウント、3ラウンド先取の1本勝負。そして準決勝からは3本勝負となり、先に2勝したほうが勝ちとなる。

会場には大会開始前から多くの来場客が詰め掛け、早くも熱気に包まれていた。また、会場には試遊台も設置されており、大会出場者同士の“場外戦”も繰り広げられた。もちろん試遊台は一般の来場客もプレイ可能で、思い思いに楽しんでいる様子だった。

大会ではまず、本作のプロデューサー・早矢仕洋介氏による開催宣言が行われた。早矢仕氏は、本作の開発初期段階から「公式大会を開催できるようなタイトルにしたい」という思いで開発に臨んでいたそうで、「今回目標が達成でき、夢のような気持ちです」と語っていた。

早矢仕洋介氏
大会の解説を務めた本作のディレクター・新堀洋平氏
大会の解説を務めた本作のディレクター・新堀洋平氏

早矢仕氏からの挨拶が終わると、早速大会が執り行われた。決勝ラウンドだけあって、確かな実力を持ったプレイヤーが揃っており、白熱の戦いが繰り広げられた。来場客のボルテージもすぐに高まり、いずれの対戦でも大きな歓声が巻き起こっていた。

ステージ・ギミックを利用しダメージを与える「ダイナミックアトラクション」や、相手を任意の方向に吹っ飛ばすことができる新必殺技「パワーブロー」など派手な攻撃が特徴の本作だが、決勝ラウンドではより隙の小さい、細かいコンボを繋げるプレイヤーが多かった印象だ。

プレイスタイルにこだわりを持つ人が多く、コントローラーを持参する人はもちろん、普段のプレイ環境に近づけるために、自宅からクッションを持ちこむ出場者の姿も。

また、本大会には12月11日に実装予定の「サンタコスチューム」が導入されたバージョンが使用されており、大会出場プレイヤーの中にも、サンタコスチュームを使用し対戦に臨む人が見受けられた。

本大会で特に注目を集めていたのは、韓国での大会を勝ち抜いてきた2名のプレイヤー。ともに順調に勝ち進み、セカンドラウンドではこの2名が対戦することに。彼らは韓国の大会でも対戦してきている関係とのことで、会場内も大盛り上がり。結果は、こころを得意とする1st Mskestick_testさんが勝利を収めていた。

準決勝では3本勝負となり、これまで以上に熱い駆け引きが繰り広げられた。ここまで来ると出場プレイヤーにも余裕が生まれてきたのか、隙の大きい「パワーブロー」を積極的に使用するなど、プレイヤーごとの個性がより鮮明に見えてきた。

決勝は、先述した韓国のプレイヤー・1st Mskestick_testさんと、テストプレイヤーとして本作の開発に携わってきたという餅Aさんの組み合わせに。1st Mskestick_testさんはこころを、餅Aさんはサラを使用し対戦に臨んでいた。

試合は両者一歩も引かない一進一退の攻防が続き、互いに牽制し合う我慢比べの戦いに。第1ラウンドは1st Mskestick_testさんが先取したものの、第2ラウンド以降は積極的な攻撃に転じた餅Aさんが第2・第3ラウンド連取し逆転。見事に「『DEAD OR ALIVE 5』Official Tournament」の初代チャンピオンに輝いた。

そして、優勝の餅Aさんと準優勝の1st Mskestick_testさん、さらに3位入賞を果たした輝Rockさんにはトロフィーと、それぞれの順位に応じた商品券が贈られていた。

輝Rockさん 1st Mskestick_testさん
餅Aさん
PS Vita「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」の実機デモが初披露!

各選手の表彰が終わると、最後に早矢仕氏からサプライズが! なんと、先日発表されたばかりのPS Vita用ソフト「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」の実機デモが世界で初めて公開されたのだ。

早矢仕氏によると、「移動中にも『DEAD OR ALIVE 5』をプレイしたい」といったユーザーからの意見が多かったため、本作の開発に踏み切ったとのこと。PS3/Xbox 360版の発売後から開発が始まり、現在は開発途中の段階ながら、すでに秒間60フレームで動作するまで調整が進んでいるという。

会場では、早矢仕氏自らが対戦を披露。早矢仕氏が普段から使用しているかすみがPS Vitaで躍動する姿に、会場内から大きな歓声が沸き上がっていた。

PS Vita「DEAD OR ALIVE 5 PLUS」は、2013年3月20日に発売となる。据え置き機と同様のクオリティが手軽に楽しめる作品となるので、シリーズのファンは期待して発売を待とう。

デッド オア アライブ 5

コーエーテクモゲームスPS3パッケージ

  • 発売日:2012年9月27日
  • 価格:8,190円(税込)
  • 17歳以上対象
  • 初回限定封入特典:かすみ あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル
デッド オア アライブ 5

デッド オア アライブ 5

コーエーテクモゲームスXbox360パッケージ

  • 発売日:2012年9月27日
  • 価格:8,190円(税込)
  • 17歳以上対象
  • 初回限定封入特典:かすみ あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル
デッド オア アライブ 5

デッド オア アライブ 5

コーエーテクモゲームスPS3ダウンロード

  • 発売日:2012年9月27日
  • 価格:7,400円(税込)
  • 17歳以上対象
  • PS Store ダウンロード版
デッド オア アライブ 5

デッド オア アライブ 5 PLUS

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2013年3月20日
  • 価格:6,090円(税込)
  • 17歳以上対象
デッド オア アライブ 5 PLUS
(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved.
Akira character (C)SEGA.
Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ソフィーのアトリエ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る