30時間でどんなゲームが生まれるのか―「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」1日目の様子をお届け

30時間でどんなゲームが生まれるのか―「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」1日目の様子をお届け

担当:

デジタルハリウッド大学は、7月20日から21日にかけて「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」を開催する。その1日目を取材してきたので、会場の様子から中間発表で披露された作品の途中経過までを紹介する。

「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」は、事前応募によって選ばれた参加者たちで即席チームを組み、PlayStation Mobile向けのゲームを約30時間かけて開発するイベント。本日7月20日の10時からスタートし、明日21日の18時に最終的な作品が発表されることとなる。

「PlayStation Mobile GameJam 2013 Summer」のスケジュール
7月20日(土)

10:00 主催挨拶、イベント案内、チーム編成、テーマ発表
10:10 ゲーム制作スタート
18:00 中間発表I

7月21日(日)

11:00 中間発表II
16:00 ゲーム制作終了 審査開始
17:00 完成発表 表彰式

18時に1回目の中間発表があり、翌日11時に2回目の発表が。
なぜ朝にも発表の時間を取っているのかと思ったら答えは簡単、「夜も作るから」だった。

初日の会場では主催者の挨拶に始まり、チーム編成、テーマの発表などが行われた。肝心のテーマは「Warm App 心あたたまるゲーム」で、可愛いキャラクターをみてほっこりするもよし、人との触れ合いで温かい気持ちになるもよし、どんな方向性で心が温まってもOKな自由度の高いものとなっていた。

チーム編成はプログラマーだけでなく、企画やデザイナー担当を希望する人も集まっていたこともあり、うまく役職の人数バランスが合うよう1チーム4~5名で構成されていた。

話を聞いてみると、これまでゲーム開発に携わったことがなく企画で参加した人もいれば、学生で勉強中の人、普段はゲーム開発のサポートの業務をしている人、ゲーム開発歴20年以上のベテラン、メーカーの経営者、前職が3Dアニメのモデラーという、さまざまな経歴の人たちが参加していた。

基本的にはチーム内で企画立案から素材集め、プログラミングまで行うのだが、会場にはソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)専任チームもおり、各チームの技術サポートをしたり、自ら企画を考えて参加者と同じくゲーム開発にも取り組んでいた。

チームごとに集まった参加者たちは、まず自己紹介を行い、その後に企画のアイディア出しを行うことに。当然チームによって進行具合は異なるが、企画立案の方法もそれぞれ異なる方法だったのが、見ていて面白いと感じたポイント。

白紙の紙に本イベントのテーマである「Warm App」という言葉を書き、そこから連想されるイメージを書き連ねていくだけでなく、最初からPS Vita本体を持ち出し、操作に関してや、どのようにゲームに落とし込むのかを考えている様子もうかがえた。

実際にどんな企画になったのか、そして開発状況はどうなっているのかについては、各チームが中間発表で行ったプレゼンテーションの内容と合わせてお伝えしよう。

中間発表Iでのプレゼンテーション
Aチーム

Aチームは今回のテーマについて話し合った結果、現代の日本には思いやりが足りないと位置づけ、人同士で助け合いをするシチュエーションがあれば心温まるのでは、と考えたようだ。

そしてさまざまなシチュエーションのうち、電車で年配の方に席を譲ることを選択。ゲームとしては、プレイヤーが神様になって「この人に席を譲りなさい」と乗客を操作して、“席を譲った人も譲られた人もハッピーになれる”をコンセプトに作っているとのこと。すでに途中までできているようで、ゲーム画面も披露された。

Bチーム

メンバー紹介から始まったBチームは、心温まるものを子猫と定義し、迷子の子猫が大冒険を繰り広げ、母猫と出会うことをゲームにするという。ゲームとしては2Dのアクションパズルで、猫じゃらしや餌といったアイテムを使いつつ、マンホールや自動車といった危険のある場所を避け、プレイヤーが母猫のもとまで誘導していくというもの。

子猫の可愛らしいしぐさにもこだわり、猫をタッチするとゴロゴロとじゃれる姿が見られるようにしたいとのこと。チームメンバーやゲーム内容の紹介だけでなく、現状での反省点などもまとめられており、プレゼン用の資料に力が入っていると感じられたチームだ。

Cチーム

Bチームと同じく、猫をコンセプトにしたCチーム。はぐれた猫が飼い主のもとへ戻っていくという、大筋としてはBチームと似ているが、ゲーム内容は横スクロールものにする予定で、猫が飼い主と出会うシーンをゲームの形として上手く実現していきたいとしていた。

Dチーム

恐らく企画に一番時間をかけたと思われるDチームは、最終的に12案が上がり、メンバーの投票でシチュエーションで心温めるアクションゲームと、ゲームプレイでユーザーの心を温めるパズルゲームの2案まで絞ったという。そこから残り二つを1時間ほど同時に開発し、上手くいきそうなパズルゲームに決定となった。

選ばれたパズルゲームは、一つの画面に表示されている二人のキャラクターを同時に操作し、どちらのキャラクターもゴールまでたどり着ければクリアというもの。当初はアドホック通信でプレイすることを考えたようだが、技術的な問題で断念し、一つのデバイスを二人で持つ仕様にしたという。

企画を2つに絞り、実際に開発してみて決める、というかなりドタバタな感じだが、まさにゲーム開発現場といった感じで個人的には一番印象に残っている。

Eチーム

Eチームは、虫を木に登らせてサナギにし、羽化させるゲームを発表。下から燃え盛る炎が迫ってきて、プレイヤーが虫たちを必死に動かすことによって、体も熱くなり、最後に虫がサナギから蝶になって飛び立つ美しいシーンで温かい心を生み出す、“ギャップ萌え”が売りになるポイントになるという。

現状は3DCDのキャラクターであるイモムシ君が完成した段階のようで、ここからどうすれば面白くなるかの案を出していくようだ。ちなみに虫を題材にしたのは、テーマである「Warm App(ウォームアップ)」のウォームからワームを連想したとのこと。あまりテーマにこだわり過ぎず、キーワードやどのようにゲームにするかを紙に並べていき、最終的に「こうしたら面白くなるのでは」「これならイベント期間中に完成するのでは」という目算まで立てていたというから驚きだ。

Fチーム

Fチームの企画は、荒廃した場所に何かの種が迷い込み、地面に降り立ち芽吹き、それが幾重にもわたって進展していき、豊かな大地にしていくというもの。ほかのチームと異なる点は、音響を担当している人がいるところだろうか。すでにスケジュールまで考えているようなので、予定通り開発を進められるかも注目どころになりそうだ。

Gチーム

和風の絵を描くことが得意なデザイナー担当者がいるGチームは、古き良き日本の心のつながりをテーマと関連付けて、舞台に江戸の長屋を選択していた。長屋では隣接した人同士の助け合いが行われていたこともあり、現代では忘れられつつある近隣の人との触れ合いをゲームの中で上手く表現していきたいという。ゲームシステム的には、親や子供などをマス目状のマップに上手く配置して、みんなが幸せになれるようにしていくパズルゲームになるようだ。

企画立案の段階で一風変わったことをしているのも特徴だった。紙に3×3のマスを書き、中心に今回のテーマである「Warm App」を記入。そこから連想する言葉を、上下左右の隣のマスに書いていく。新しく書いた言葉からさらに連想するものを残りの場所に書き、9マスが埋まった段階で四隅の単語を対角線上に繋いでくっつけることで、全く関係のない言葉同士がくっ付くことになり、新しい発想を生み出そうとしたのだ。

Hチーム

Hチームは、テーマの心温まるを「和み・癒し+かわいい+笑い」と定義し、プレイ中、常に心温まる体験があるキャラクター育成ゲームをコンセプトにしていた。キャラクターとの対話を始め、タッチすると返ってくるリアクション、動作を覚えていくなどの育成要素により、ゲーム体験そのもので心が温まるようにしたいという。

当初は育成するキャラクターを猫にしようという案もあったようだが、最終的にはクマになったようだ。すでにクマの3Dモデリングは終わっているが、3Dのまま使用するには、PS Mobileの今のツールでは敷居が高いため、画像にしてアニメーションとして使用するとのこと。

SCEチーム

今回のコンセプトを考えたのがSCEチームということもあって、彼らが作るゲームに注目が集まる中、当の本人は各チームの発表を見てレベルが高く、冷や汗ダラダラだという。そんなSCEチームが発表したのは、とにかくユーザーを笑顔にすること。タイトルは「THE 指摘(仮)」で、サラリーマンがいつか出くわすであろう悲劇を描くという。

笑顔なのに悲劇なのかと疑問を抱くところだが、具体的にどんなゲームになるのかについては「乞うご期待」として発表は終了に。「明日ボコスカに評価されないように、今夜頑張ります」というので、SCEチームの完成品も楽しみにしたい。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ガスト美少女祭り特集サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
アライアンス・アライブ特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る