北瀬佳範氏、鳥山求氏をはじめ、開発陣が集合したトークショウでは新情報も!ユウナの衣装も公開!「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」「プレコミュ」プレミアム体験会レポ

北瀬佳範氏、鳥山求氏をはじめ、開発陣が集合したトークショウでは新情報も!ユウナの衣装も公開!「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」「プレコミュ」プレミアム体験会レポ

2013年7月27日 19:17

PS3 Xbox 360

スクウェア・エニックスは7月27日、SSJ品川ビルにて「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」プレコミュプレミアム体験会を実施、本記事では第2部の模様とトークショウの内容をお届けする。

「プレコミュ」プレミアム体験会は、「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」を体験できるユーザー参加型イベントとして、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの公式コミュニティサイト「プレコミュ」とのコラボレーションにより開催されたイベント。今回「スクエニ メンバーズ」会員限定の第2部の模様をレポートしよう。

試遊会場の前には過去作品の設定資料やアートワークが展示

東京・SSJ品川ビルにて開催された「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」「プレコミュ」プレミアム体験会では、プレコミュユーザー、スクエニメンバーズ会員、そしてPlayStation Plus会員から抽選で選ばれたユーザーが2013年11月21日に発売を予定しているPS3「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」をたっぷりとプレイできるイベント。

試遊会場の前のエリアには、これまでに発売された「ファイナルファンタジーXIII」「ファイナルファンタジーXIII-2」の絵コンテや設定資料、台本、さまざまなアートワークなども展示され、各キャラクターを演じた声優のサイン入りフォト展示コーナーにはたくさんのファンが集まっていた。

試遊会場にはたくさんのモニターが並べられ、最新バージョンのROMにて約1時間ほど序盤からたっぷりとプレイを楽しむことができたようだ。さすがのスクエニメンバーズ会員ということで手元の操作説明を見ることなくゲームをガンガン進めていたぞ。

開発陣が集まったクリエイタートークショウコーナー

試遊タイムが終わると、プロデューサー「北瀬佳範」氏、ディレクター「鳥山求」氏をはじめ、ユニットリーダーやアートディレクターなど開発陣が一同に介し、トークショウを繰り広げた。

ワールドドリブンについて

本作はコンセプトを「ワールドドリブン」として、ゲームの中の世界が24時間常に動いており、人々が生活をしている。その中にライトニングが介入し、さまざまな事件やドラマを体験することになる。

世界観コンセプトについて

本作の世界は大きく4つのワールドに分かれており、開発にはそれぞれの世界に10人~20人ほどのチームで開発を続けているとのこと。「光都ルクセリオ」は黒と白を貴重にしたモノクロでゴシック調の街並みや至る所に設置されている時計は「この世界の寿命が短い」ことを住人がなんとなく感じているらしく、ミステリーなどの物語が用意されている。

「ユスナーン」は、きらびやかな享楽の街。この世の終わりに向けて、とにかく世の中を楽しんでしまおうという人であふれている。スノウの統べる宮殿にどうやってライトニングが潜入するのか?

「ウィルダネス」は「FF13」のグラン・パルスのような自然豊かな世界に複数の集落が点在。自分で開拓して新しいものを見つける楽しさも。ここではチョコボも登場するとのことだ。

「デッド・デューン」は砂漠のロケーションで、「FF13」「FF13-2」では登場しなかった砂漠の大陸でダンジョンメインの手応えのある世界が楽しめるようだ。

Q&Aセッション

――開発で最も苦労した点は何ですか?また、コレが目玉になります、とかあれば知りたいです。

開発陣:街を作るのが大変でした。ルクセリオなど生活する人々をどう表現するか、昼夜で行動が違う住人のスケジュール管理など、大変でしたね。目玉になるのは、現実の世界と「ルクセリオ」「ユスナーン」は少し似ているところもあるので、人々の遷移やクエストなどをくまなく探して解いて貰えると嬉しいです。

――愛しのヴァニラたんは出るんでしょうか?

開発陣:もう先ほどの試遊で会った人もいると思いますが、出ます!

鳥山氏:本作に登場するヴァニラは、ブーニベルゼという神を崇拝している教団「救世院」に匿われている存在となります。

――アクションRPGが少し苦手なのですが、LRの戦闘は13や13-2と比べてアクション要素があるとのことで、初心者でもチュートリアルを見て戦闘をこなしていけば慣れるレベルでしょうか?

開発陣:基本は「FF13」「FF13-2」をプレイしてきたユーザーさんの速度に合わせて遊べるようになっています。本作も難易度の調整も可能です。

――今作では時間制限というものと自動回復なしというシリーズをプレイしてきたものからみると難しく聴こえるのですが、そこらへんのレベル調整は妥当なものになっているのでしょうか?

開発陣:想定した調整はしています。回復能力を使用するためのGPは戦っていると貯まっていくので、ある程度のタイミングで回復できるようになるので、極端に難しいということはありません。EASYモードではフィールドを移動しているだけでHPが回復します。

――ライトニングの旅の最終章に凄く期待しています。80種類以上あるお着替えコスチュームですが、今後追加などはあるのでしょうか?また、お胸がお揺れになると伺ったのですが…(爆)

開発陣:胸は…揺れます。ちなみにメニュー画面で装備を変えた際に武器を振った時にちょっと揺れるのが見れるので、楽しんでください(笑)。

――ライトニングサーガでは作品それぞれにSFであったり、ダークであったりと様々なロケーションがありましたが、特にお気に入りだったり想い出深い場所はどこですか?私はXIIIのOPのハングドエッジの緊張感やビルジ湖がクリスタルに覆われたところがとても美しくて好きです。

開発陣:ユスナーンの街には、スノウがオーナーの「太守の宴」という派手なレストランがあるのですが、その高い位置に街を一望できる見晴らしのいい場所から花火や夜景がとてもキレイに見えます。「ウィルダネス」では、かなりの広さを誇る草原と木々が生い茂る森がオススメです。端まで進むと崖になっており、そこからの景色も絶景です。

――ライトさんがCカップからDカップになったって本当ですか!!!

開発陣:はい、なりました。実は神からの声があり、鳥山さんからのオーダーということが…。

鳥山氏:設定としてはライトニングが500年くらいクリスタルになって眠っていたのでその間に成長したと…(笑)。

――今作のライトニングはたくさんの衣装チェンジができますが、没になったデザイン案があれば気になります。また没になった理由は何でしょうか?また、クラウドやユウナの衣装を着るなど過去FFキャラの衣装もありますが、ライトニングが着こなしてくれそうな衣装って他には何があると思いますか?

開発陣:基本的に没になったデザイン案はありません。再現性が難しい場合はアートチームと相談します。オススメはスーツ風な男性的な衣装です。

ゲーム新情報
世界のショップ事情

本作ではコンセプトの「ワールドドリブン」を意識し、各世界にショップを設置。旅行をしているようにさまざまなショップや料理、商品を眺めるだけでも楽しそうだ。ショップの数としては100種類は超えているとのこと。ライトニングの初期のアイテム所持数は6枠だが成長に合わせて増える。

ライトニングカスタマイズ

本作では戦闘ではライトニングのみを操作するため、ウェアを含め装備品の組み合わせなどかなり自由なカスタマイズが実現した。またアビリティも自由に組み合わせることができるので見た目だけでなく、動きのあるバトルを楽しめるような性能を持たせることも可能なようだ。

またウェア自体のさまざまな箇所のカラーを自由に変更でき、自分だけのライトニングを作ることができる。カラー変更にはプリセットカラーパレットのほかにアナログスティックで直感的に好きな色を設定できるカスタムカラーパレットも用意。

FF作品のコラボレーション

さまざまFF作品とのコラボレーションも実現し、「FF13」での衣装「聖府軍野戦軍装」や「FF13-2」の衣装「女神の騎士」も登場。前作のセーブデータがあれば自動的に入手が可能。戦闘終了後のポーズやBGMも原作と同じになるのが嬉しい。

また「E3 2013」で開発中の画像が公開された「FFX」のユウナの衣装「スピラの召喚士」も実装されることが発表されているが、今回は映像も公開。戦闘終了後のユウナのおしとやかなポーズも再現されているぞ。ちなみにコラボレーション衣装も全てカラーカスタマイズが可能!

会場からの質問タイム

――あえて青年ホープが出なかったのはなぜですか?

鳥山氏:今回は設定により、神の力でホープは少年の姿にされてしまっているんです。

――「FF13-2」ではマルチエンディングでしたが本作は?

鳥山氏:今回でライトニングサーガは完結となりますので、エンディングは1つのみです。ただ世界が崩壊する期間を延長できなかった場合はゲームオーバーとなり「強くてニューゲーム」のようにパラメータを継続して初日からやり直すことになります。

――「FF13」でコントローラをガチャガチャさせるとライトニングが目を回す、など小ネタがあったのですが本作では?

開発陣:残念ながら今回はないと思います。ただライトニングが壁に近づいて反対に移動しようとすると壁に手をついて反動で飛び出すようなモーションをします。ウェアによって立ち姿も変わるので楽しんでください。

――DLCなどで衣装を配信する予定はありますか?

北瀬氏:まだ未定となります。本作ではエピソードなどはなくお買い上げいただいたディスクですべてをお楽しみになれると思います。

――愛しのホープくんは箱舟か出てライトニングと一緒に戦うのでしょうか?

鳥山氏:開発期間はあと2週間くらいしかないのですが、検討してみます(笑)。今回のホープは箱舟から通信でライトニングをサポートしてくれますので…。

――モーグリとチョコボが好きなんですが、どのくらいの種類が登場しますか?

開発陣:今までにないチョコボも登場します!続報をお待ちください。

――ありがとうございました。

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックスPS3ダウンロード

  • 発売日:2013年11月21日
  • 価格:7,000円(税込)
  • 15歳以上対象
  • PS Storeダウンロード版
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

スクウェア・エニックスXbox360ダウンロード

  • 発売日:2013年12月3日
  • 価格:7,000円(税込)
  • 15歳以上対象
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII
(C)2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

担当
関連ワード

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

「ブレイブリーセカンド エンドレイヤー」特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る