ディシディア ファイナルファンタジー

関俊彦さんと緑川光さんもお祝いに駆けつけたAC「ディシディア ファイナルファンタジー」のオープニングセレモニーをレポート

関俊彦さんと緑川光さんもお祝いに駆けつけたAC「ディシディア ファイナルファンタジー」のオープニングセレモニーをレポート

アーケード

担当:

スクウェア・エニックスは、東京・新宿のタイトーステーション新宿南口ゲームワールド店にて、本日11月26日より稼働するAC「ディシディア ファイナルファンタジー」のオープニングセレモニーを開催した。

「ディシディア ファイナルファンタジー」は「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する主要なキャラクターたちを使って戦う3Dアクションゲーム。シリーズ初のアーケード筐体となっており、開発は「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」などを手がけているコーエーテクモゲームスの「Team NINJA」が担当している。

全国で順次稼働することを記念して、本日11月26日にタイトーステーション新宿南口ゲームワールド店で開催したオープニングセレモニーの模様をお届けする。

「ディシディア ファイナルファンタジー」が本日稼働!
左から鯉沼久史氏、松田洋祐氏
左から鯉沼久史氏、松田洋祐氏

まずは、スクウェア・エニックス 代表取締役社長の松田洋祐氏とコーエーテクモゲームス 代表取締役社長の鯉沼久史氏による挨拶が行われた。

松田氏は、ゲームユーザーからは「ファイナルファンタジー」シリーズでアーケードゲームにするなら「ディシディア ファイナルファンタジー」だろうという声が多く寄せられ、今回それを実現できたのがうれしいとコメント。

鯉沼氏は、スクウェア・エニックスに自社の技術を高く評価してもらったことに対して素直にうれしいと感想を述べ、その期待に応えられるものになっているので、ユーザーの評価を楽しみにしていると述べた。また、今回のものが最終バージョンではなく、ユーザーの意見を聞いてブラッシュアップしていくそうだ。

続いて、本作のプロデューサーの間一朗氏が登場。間氏は、「お客様の思いを先読みして新しいものなどを足していくつもりだが、現時点では現在のバージョンが100%です」と本作の完成度の高さを語った。

間一朗氏
「ファイナルファンタジー」お馴染みの曲「勝利のファンファーレ」とともにテープカットが行われた。
関さんと緑川さんが演じたキャラクターを語る
中央から右に鯨岡武生氏、早矢仕洋介氏
中央から右に鯨岡武生氏、早矢仕洋介氏

続いて間氏、ディレクターの鯨岡武生氏、開発プロデューサーの早矢仕洋介氏よる開発時のエピーソードを語った。

鯨岡氏は本作が発表され、ロケテスト終了後に本格的に開発に入り、毎日のようにコーエーテクモゲームスに通っているそうだ。鯨岡氏が「ずっといるからなのですが、自分が所属している会社のように居座っています」と語ると、早矢仕氏は「開発フロアにいても1スタッフとしか思えなかった」と笑いながらコメントしていた。

普段の会社にいるような気分で開発ができ、全員が同じ目線になってミーティングなどもを行い、要素の取捨選択ができたことで本作がより完成度の高いものになったそうだ。

また本作では、ストーリーの背景に合うようにボイスにもこだわっており、特に声優のボイスは今回すべて録り直しているという。

ここで、ウォーリア オブ ライト役を演じる関俊彦さん、フリオニール役を演じる緑川光さんが登場し、ボイスを収録したときの感想を語った。

左から緑川光さん、関俊彦さん

緑川さんは、収録当初はキャラクターを見たときの印象でクールなキャラクターを演じていたのだが、「ほかのキャラクターと被ってしまうので、熱く演じていただけますか」と言われ、今回のボイスになったという。関さんは、キャラクターに親しみを持ってしまうとフレンドリーさが出てしまうのだが、それを我慢して「これぞ戦士!」という印象を持たれるように演じたそうだ。

オープンニングイベントでユーザーと一緒にプレイするために少しだけプレイしたという2人は、感想を聞かれると、緑川さんは「スティックとレバーがありますが、アーケードっぽくないので、PSPでプレイしたユーザーでも馴染みやすいと思います」とコメント。関さんは「PSPのときにプレイさせてもらったときでもグラフィックは綺麗だったけど、今回はさらに綺麗になっています。自分が入り込んでいると錯覚するぐらいの綺麗さ!」と興奮気味に語っていた。

最後に緑川さん、関さん、早矢仕氏、鯨岡氏、間氏がそれぞれにメッセージを送り、セレモニーを締めくくった。

緑川さん:美形なキャラクターが多いので、各シリーズのファンがたくさんいると思います。外でキャラクター愛でるのはどうなんだろと思っている人もいると思いますが、ゲームセンターに行ったらかなり楽しめると思うので、ぜひ体験していただきたいです。

関さん:ウォーリア オブ ライトというすごい役を演じさせてもらっていることを光栄に思っています。今後の展開に期待してほしいです。

早矢仕氏:ファイナルファンタジーは見るエンタメとしても一流だと思いますが、本作はアーケードゲームということもあり、“体験する”を大事にしています。ネットなどで見ていただくよりも、ゲームセンターでプレイしたほうが新しい驚きがあると思います。

鯨岡氏:ユーザーにおもしろいと思わせるゲームを制作したので、ゲームセンターにはじめてくる方にもプレイしてほしいです。

間氏:ユーザーのみなさんにぜひゲームセンターに来ていただいて一緒に遊びたいです。我々はこのゲームを10年続けていきたいという意味も込めて開発コードを“ディケイド”とつけています。長く楽しくユーザーのみなさんと一緒に作っていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

(C) 2015 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ガスト美少女祭り特集サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る