iOS/Android「戦国の虎Z」合戦が1月中旬にリニューアル!一門の仲間とともに楽しめる新しいリアルタイム合戦システムを紹介

iOS/Android「戦国の虎Z」合戦が1月中旬にリニューアル!一門の仲間とともに楽しめる新しいリアルタイム合戦システムを紹介

モバイル

担当:

Donutsは、iOS/Android向けアプリ「戦国の虎Z」において、1月中旬より「合戦」の大幅リニューアルを実施する。戦略性が増し、よりスリリングに楽しめる新たな「合戦」の模様を紹介しよう。

「戦国の虎Z」は、Mobageにて配信されている「戦国の虎」のネイティブアプリ版として2014年にリリースされたゲームだ。独特な戦国時代の世界観をもった作品で、シンプルなゲーム性と、アバターや「一門」と呼ばれるギルドでのコミュニケーションが特長だ。

この一門で遊べる「合戦」モードが1月中旬に大きくリニューアルされ、完全リアルタイムでの5対5のPvPに進化する。

新しい合戦はターン制を取らず、全員が一斉に行動するので、刹那の判断力が問われる。本物の戦のような緊張感が味わえるスリリングなものになるのだ。また2015年10月に追加された「陰陽札」もここで本格稼働。リニューアル後の合戦では重要な役割を果たす。

とはいえ難しい操作は必要ない。本作が従来備えている手軽さを損ねることなく、一門や仲間で盛り上がれるコンテンツに仕上がっている。

総勢10人で戦うリアルタイムバトル!

リニューアル後の合戦は、10人のプレイヤーがひとつのマップに集い、東軍・西軍5人ずつに分かれて戦う。マス目を移動しながら攻撃を繰り返し、相手の城のHPをゼロにすれば勝利。一戦につき、対戦時間は5分だ。

合戦は「進軍の刻」と「攻撃の刻」に分かれている。進軍の刻では、プレイヤーは5秒のうちに移動先を決め、その後10人が素早さの高い順に、一斉に動き出す。

移動を終えたら、攻撃の刻に移行。自分の攻撃範囲内にいる敵を攻撃するか、陰陽札を使って奥義を繰り出すか、フリックで選択する。これを繰り返しながら、合戦を進めていくのだ。

青いパネルが移動範囲 赤いパネルが攻撃範囲

自分の力を過信して猪突猛進してしまっては、敵に囲まれてコンボの餌食になってしまう。その一方、単騎で突破口を切り拓かなければならない場合もあるだろう。戦況の見極めが鍵を握る。

奥義とは?

奥義は「気合」を消費して繰り出す必殺技だ。範囲内にいる敵を攻撃したり、味方のステータスをアップしたりと、強大な威力を発揮するもの、戦場全体に効果を及ぼすものなど、その種類は多岐にわたる。

奥義は、そのユニットに装備させた陰陽札によって決まる。気に入ったイラストの陰陽札で戦ってもいいし、パーティ編成や自分のアバターによって適宜変更していくのもいいだろう。

一部の「陰陽札」を紹介!
アマテラス カグヤ
クシナダ ジャンヌダルク
ツクヨミ ニケ
ムラサキ メデューサ

この合戦では、ユニットは武士、槍使い、巫女、狙撃手、忍者の5種類のジョブに就くことができる。ジョブは、剣なら武士、槍なら槍使い、杖は巫女、弓や銃は狙撃手、それ以外は忍者という装備する武器によって決定。ジョブの種類によってユニットの移動できる範囲や攻撃範囲が決まる。またジョブによってユニットのステータスに補正が入る。

ジョブ同士の相性もあるので、5人でどのようなパーティを組むのかも考えどころ。「一門に武士が多いから自分は巫女を使おう」など、仲間と相談して決めるのも楽しそうだ。

武士 槍使い
巫女 狙撃手
忍者

※アバターは一例です。

合戦の舞台となるマップの種類も多彩だ。マップによっては、岩や毒のマス、回復マスなどが散りばめられている。回復マスに居座って周囲に攻撃を繰り返すなど、うまく活用しよう。

またユニットの頭上には、ジョブアイコンやHPゲージ、プレイヤー名、状態アイコンが表示されている。敵味方のユニットや相性、戦況がひと目でわかるようになっているのだ。

ちなみに合戦では、倒されても5ターン(進軍の刻+攻撃の刻=1ターン)が経てば復活できる。

合戦を勝ち抜く上で重要なのは、やはりコミュニケーションだ。合戦ではいくつかプリセットされている文言やスタンプ、15文字まで自由に書けるチャットでコミュニケーションが取れる。自軍だけが見られるものもあるので、仲間と作戦を相談しながら戦おう。

スタンプはつい使いたくなる可愛さ
実装と同時に早速イベントが開催!

本作では1月中旬のリニューアル後、すぐに合戦イベントが開催される予定だ。またみんなで強大な敵に立ち向かうイベントや、一門同士の合戦によるイベントも行われる。

さらにプレイ動画の録画&アップ機能も実装される予定なので、他の一門やトッププレイヤーの合戦を見て参考にしてみよう。攻略Wikiも開設されるので、そちらを見つつアバターを決めるのもいいだろう。

筆者は一足先にリニューアル後の合戦をプレイした。ターン制を取らず、全員がプレイヤーであることによる予測のつかなさが、かえって“読む”楽しさを生み出している。かといって難しい操作はないので、手軽に新たな遊びが堪能できるのだ。一門や仲間と楽しみつつ、天下統一を目指そう。

戦国の虎Z

DonutsMobileアプリiOS

  • 配信日:2014年8月18日
  • 価格:基本無料
  • レーティング:17+
戦国の虎Z

戦国の虎Z

DonutsMobileアプリAndroid

  • 配信日:2014年11月13日
  • 価格:基本無料
    戦国の虎Z
    (C)Donuts Co. Ltd.

    ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

    コメント一覧

    • フィリスのアトリエ特設サイト
    • 軌跡シリーズ特設サイト
    VR.Gamer

    タグ検索

    ジャンル

    RPG
    アクション
    シミュレーション
    スポーツ
    テーブル
    パズル
    ノンジャンル

    テーマ

    アプリ

    ハード

    システム

    その他

    ニュース

    外出中でもスマホで
    最新ゲーム情報をチェック!

    ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

    お気に入りとして登録!

    SNSでシェアする!

    ゲームショウ

    トップへ戻る