人間性の成長した響也を見て欲しい―PS Vita「金色のコルダ4」如月響也役・福山潤さんにインタビュー

人間性の成長した響也を見て欲しい―PS Vita「金色のコルダ4」如月響也役・福山潤さんにインタビュー

PS Vita

担当:

コーエーテクモゲームスより、2016年2月25日発売予定のPS Vita用ソフト「金色のコルダ4」。今回は、如月響也役・福山潤さんへのインタビューをお届けする。

福山潤さん

「金色のコルダ4」は、2010年2月に発売されたPSP/PS2用ソフト「金色のコルダ3」の続編となる恋愛・育成シミュレーション。

夏を舞台にしていた前作から季節は秋冬へと移り、本作では落ち葉舞う秋の文化祭やイルミネーションに輝くクリスマスや大晦日を楽しむことができる。また、アンサンブルの組み合わせを自由に選ぶことができ、仲間同士のやり取りで意外な一面が見えることも。

ここでは、本作で攻略対象キャラクターのひとりとして登場する如月響也役・福山潤さんのアフレコ収録にお邪魔し、話を聞くことができたので紹介しよう。

――アフレコを終えての感想をお願いします。

福山さん:マラソンを走り切った気分です。多分、全キャラクターの中で一番セリフが多かったんじゃないですかね。急がず焦らずやりつつ、今までの経験をたっぷり活かした響也を演じられたと思います。

――前作と比べて大変だった点など、違いはありましたか?

福山さん:「金色のコルダ3」の頃に比べると、「AnotherSky」シリーズで演じたことや実際の時間の経過もあって、僕の中で響也の演技に幅が出来ていたのでとても楽しく演じられました。地に足がついた、人間性の成長したところを出せたと思います。

――本作では季節が夏から秋冬へと変わりましたが、それによって印象が変わった点をお聞かせ下さい。

福山さん:前作では響也の半袖シャツに水色の髪が夏に合っていましたけど、今作は秋冬ということでコートバージョンになり印象が変わると思います。季節的にはクラシックコンサートは冬の方がしっくりきますし、「金色のコルダ」にとって冬は馴染みのある季節だなと感じました。寒い冬だからこそ主人公との距離感が近くなるところもふんだんに盛り込まれていて、そこが夏との大きな違いかなと思います。

――「彼からの片想い」「主人公からの片想い」という新要素についてはいかがですか?

福山さん:主人公から片想いされているのは大変気分がいいんですけど、他のキャラクターに気持ちが向いている主人公に片想いしている状態は、物悲しいものがありました(笑)。天宮とかならまだいいのかもしれないですけど、響也がそういう状況になると「お前、本当にどうしようもなくなったな」と感じてしまうので、良いシステムでありつつ残酷なシステムでもありますね。

――さらに、新キャラクターの先生も登場します。彼らの第一印象を教えて下さい。

福山さん:音楽科は厳しい先生が多かった中で、「出来る」「格好いい」といった響也のコンプレックスを刺激する先生が来たなという印象です(笑)。教えてくれるだけでなく、「恋のライバルになるかも?」といったところが響也の成長にも関わってきますし、ゲームとしていいエッセンスになると思いました。

――実際にこんな先生がいたら、福山さんは仲良くなれそうですか?

福山さん:仲良くなれないでしょうね(笑)。格好良い先生とは仲良くなりづらいですよ。面白い先生なら仲良くなれると思います。

――福山さんの片想いエピソードを教えて下さい。

福山さん:涙なくしては語れないです(笑)。“片想い”という段階で振られることはほぼ確定ですよね。僕もこっぴどく振られたことが何度もあります。長いスパンでずっと自分が片想いしていて、その好意が実ったことはないです。4回告白して4回振られたことはありましたが(笑)。

――アンサンブルの組み合わせが自由に選べるのも本作の魅力です。如月響也と他のキャラクターとのやり取りで特に印象的だったものはありますか?

福山さん:組み合わせによって大きくストーリーが変化するような要素はそれほどないですが、音楽への向き合い方や自分の才能への自覚などのプロセスを楽しんでいただけると思います。シナリオだけでなくゲーム性として皆さんにアンサンブル作りを楽しんでもらえるシステムなのかなと、演じながら感じました。

――では、この人との関係性を掘り下げていったら面白いと思う相手は誰ですか?

福山さん:「AnotherSky feat.天音学園」をやった時に冥加(玲士)が面白すぎて(笑)。今作でも冥加と絡むところは妙に面白いんですよね。完全にツッコミとボケで、いつの間にか冥加が絶対王者からすごく面白い人に変わっていく……そこをもっと掘り下げたいです。響也、冥加、天宮、火積といった響也以外はボケしかいない組み合わせとか。

――恋愛要素がないシナリオでそういうのがあっても面白そうですね。

福山さん:ただ、それを実際にやるとなると、ずっと僕がツッコんでいて疲れちゃうと思いますけどね(笑)。

――舞台が夏から秋冬になったということで、福山さん自身の秋や冬のイベントの印象や思い出は?

福山さん:秋と言えば、体育祭は好きだったんですけど文化祭があまり好きじゃなくて。何かをしなきゃいけないという使命感が億劫になっちゃうんです。高校の時も「バンド組もうぜ」と言われてベースをやったんですけど、1週間で抜けた経験があります。それよりも、体育祭のように「競技に出て1番を取ればいい」「応援すればいい」という単純なものが大好きです。冬はクリスマスとか世知辛くなるので、むしろ大晦日の方がいいですね。

――天宮静役の宮野真守さんも「お正月にのんびり休んでいるのがいい」と話していました。

福山さん:やっぱりそうですよね(笑)。のんびり休むか、もしくは男友達と一緒に除夜の鐘を聞きにいったり甘酒を飲みにいったり、異性じゃない方が落ち着きます。

――最後に、読者の方々へメッセージをお願いします。

福山さん:「金色のコルダ4」がリリースされ、世界が大きく広がりました。これまでのシリーズを通してキャラクターそれぞれ深みを増し、バランスの良いストーリー構成になっています。秋冬の季節に彼らがどのような姿を見せるのか、見どころ・やりどころがたくさんありますので、従来からプレイしている方もこれからプレイされる方もお楽しみいただけると思います。よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

金色のコルダ4

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4

金色のコルダ4 トレジャーBOX

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:12,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4 トレジャーBOX

金色のコルダ4 プラチナBOX

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:30,000円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4 プラチナBOX

金色のコルダ4

コーエーテクモゲームスPSVitaダウンロード

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:6,000円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4
キャラクターデザイン:呉由姫
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • 黄昏シリーズ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る