「ドラゴンクエスト 30周年プロジェクト」レポート!ライブツアー、ミュージアム、ゲスト・本田翼さんのDQ大好き話など盛りだくさん

「ドラゴンクエスト 30周年プロジェクト」レポート!ライブツアー、ミュージアム、ゲスト・本田翼さんのDQ大好き話など盛りだくさん

担当:

スクウェア・エニックスは本日1月13日、東京・STAR RISE TOWER“Studio Earth”にて「ドラゴンクエスト 30周年プロジェクト発表会」を実施した。

本発表会では、シリーズ累計出荷本数6,600万本(※2015年3月末)を超え、今年2016年5月27日に30周年を迎える「ドラゴンクエスト」シリーズの関連タイトルの情報、さまざまな特別企画、コラボレーション企画についての情報が明らかにされた。

まずは開会の挨拶として、「ドラゴンクエスト」シリーズ エグゼクティブ・プロデューサーの三宅有氏が登壇し、「30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』ですが、引き続き一丸となって、守るべきところは守り、攻めるところは攻め、新しいドラクエを目指して制作していきたいと思います」と述べる。

なお、誰しもが興味津々の最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」については、残念ながら最新情報は無いという。しかし、PS4/3DS版は鋭意開発中とのことで、今後は然るべきタイミングで発表していくとコメントしてくれた。

続いて、「ドラゴンクエスト」の生みの親にしてゲームデザイナーの堀井雄二氏と、30周年プロジェクトの統括プロデューサーを担う市村龍太郎氏が壇上に姿を見せる。

左から市村龍太郎氏、堀井雄二氏、三宅有氏

今回は30周年を記念した特別演出として、スクリーン上に大きく広げられたドット風マップを使い、時期に合わせて30周年スケジュールが紹介していくという。

というわけで、2016年1月を皮切りに展開されていく「ドラゴンクエスト」シリーズのアニバーサリーイヤーの催しを追って紹介していこう。

「ドラゴンクエストビルダーズ」

まずは、2016年1月28日に発売日を迎えるPS4/PS3/PS Vita「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」を、プロデューサー・藤本則義氏が紹介。

本作は、自分でドラクエの世界を作り直していくゲームとなり、昨今は教育教材としても注目を浴びているサンドボックスジャンルのタイトルとして仕上げられている。ゲームについて藤本氏は、「誰でも安心してプレイできる作品です」と述べていた。

なお、発売日1週間前となる1月22日に、PS4/PS Vita向けに先行体験版が配信されることが発表。体験版は製品版へのセーブデータの引き継ぎには対応していないようだが、その分、ゲームの魅力をたっぷりと詰め込んでいるとのことだ。

「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」

続いて、2016年3月24日に発売される3DS「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」を、プロデューサー・犬塚太一氏が紹介。

本作の特徴は、「モンスターズ」シリーズの魅力であるモンスターの配合、主人公が身に着けている”見えないモノを見つける”近未来的な装置はもとより、500種類以上のモンスター全部に乗れて、好きなモンスターと世界中を冒険できることにある。

なお、本作に関しても体験版の配信を予定しているとのことで、発売月の3月頭を目標にリリースをしていきたいと述べられた。

リアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」

SCRAPが主導するリアル脱出ゲームと「ドラゴンクエスト」のコラボレーションとして、リアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」が、5月13・14・15日に千葉・幕張メッセにて開催される。

舞台は幕張メッセということで、広大なマップを駆けめぐる、大規模なゲーム体験が楽しめるという。会場ではここでゲームの簡単なルールに加え、入門編となるサンプル問題も公開。気になる人は下記画像より、モンスターの名称、数に注目して解いてみよう。ちなみに、公式サイトでは特製壁紙がもらえる練習問題も公開されている。

なお、チケット一般販売は来月2月6日から始まるが、一般販売に先駆けて本日1月13日16時より特別先行チケットが販売スタート。脱出ゲームのチケットは思いのほかパパっと売り切れてしまうことも多いので、興味がある人は早めにチェックしておくといいだろう。

</p>

30周年記念日に「ドラゴンクエストヒーローズII」が発売

「ドラゴンクエスト」30周年記念日となる2016年5月27日に、PS4/PS3/PS Vita「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」が発売されることが決定。本作の詳細については、2月1日発売の週刊少年ジャンプより続々情報を公開していくとのことだ。

なお、「ドラゴンクエスト」が30周年を迎えることについて堀井氏は、「シリーズが30年も続くと思わなかったです。当時記憶に残っていることというと、社会現象と呼ばれた『ドラゴンクエストIII』の時に、自転車に乗って行列を見に行いったことですね」と当時の思い出を語ってくれた。

続いて市村氏からは、「僕は当時はまだ、そこに並んでる側でした。最初の『ドラゴンクエストI』の時は、僕は発売日の2日後、5月29日が誕生日だったので、その日に母親にドラクエを買ってもらい、夢中でプレイしていたことを覚えています」とコメントする。

これに関連して、市村氏は堀井氏に向かって「ドラクエIの発売日には何をしていましたか?」と質問。堀井氏からは「ドラクエIの発売の時には、既に『ドラゴンクエストII』の制作をはじめていて忙しかったので、何をしていたのかは覚えていないですね」と裏話も飛び出した。

「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」

「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」以来のアーケード向けタイトルとして注目を浴びている「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」。本作は、自分だけのオリジナルカードを作成し、カードをスキャンしてバトルをするという、集めて遊んで楽しいゲームである。

そして今回、ゲームの稼働が2016年夏より始められることが明かされた。市村氏は「夏といっても時期は早めで、6月を目安に順次稼働を目指していきたいです」と語っていたので、アミューズメント施設で筐体を目にできる日はそう遠くはなさそうだ。

「ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー」

本日発表された「ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー」は、7月~8月に全国40万人動員を目標に行われる大規模ライブツアーで、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナなど、アリーナ規模での開催が予定されている。堀井氏のポロリによると、「ドラゴンクエストIII」をテーマに、さまざまな人気キャラクターが登場するのだとか?

なお、イベントの全貌については、来週1月20日19時56分より日本テレビ系で放送される、バラエティ番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」緊急生放送とのコラボで明かされるというので、気になる人は番組に目を通しておくといいだろう。

「ドラゴンクエスト ミュージアム」

25周年記念のおりに開催された企画展に次いで、30周年特別企画「ドラゴンクエスト ミュージアム 勇者たちがめぐる新たな冒険の旅」が7月下旬~9月中旬にかけて、東京・渋谷ヒカリエにて開催されることが明らかとなった。

今回は“見せ方の工夫”をコンセプトに、30年に渡るシリーズ作品の魅力を立体物、映像、体験できる形で提供される予定だ。発表会では開催に先駆けて、内部マップのイメージ画像も公開。

入り口正面には「ドラゴンクエスト」I~III(ロトシリーズ)の代表アイテム「ロトの装備」が展示される。これは現在、世界で一点物となる本物(※ブルーメタルではない)を作っている最中だと、市村氏は述べていた。続いてマップ奥には「ドラゴンクエスト」IV~VI(天空シリーズ)、「ドラゴンクエスト」VII~Xの作品群など、さまざまな作品を象徴する展示物も予定されている。

そのほか、歴代ボスたちがいるエリア(?)、モンスターと触れ合える(?)「モンスターパーク」など、友達同士や親子でも楽しめるような施設として展開するとしていた。なお、本企画の詳細な情報については、2月15日以降に随時発表していくとしている。

ドラクエ×USJコラボ

さらに、「ドラゴンクエスト」30周年×「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」15周年のアニバーサリーコラボが実施されることが決定。実施日についてはまだ未定の段階だが、市村氏と堀井氏は既に何度も現地へと赴き、視察を重ねてさまざまに協議しているのだとか。

今回は、企画にちゃんと取り組んでいる証拠を見せるということで、“真面目(に楽しんでいるよう)な様子の写真”もあわせて紹介。そして、発表の最後にはまたまた堀井氏がポロリ。それによると、コラボでは一種のアトラクション的なものを予定しているという。詳細についてはこちらも追って発表していくとのことだ。

そのほか、30周年記念プロジェクトの企画

そのほかの30周年記念プロジェクトとして、まずは御年84歳にして精力的に活動の場を広げているすぎやまこういち氏のコンサート巡業が紹介。すぎやま氏は今年、2ケタに上るほどのコンサートが予定されているというが、堀井氏の裏話では「すぎやまさんはお酒を飲まないんですが、代わりに食へのこだわりがすごいんです。それに、私は大食いな方なのですが、すぎやまさんも同じくらいご飯をたくさん食べるんですよ」と意外な一面が明かされる。

続いては音楽商品として、「ドラゴンクエストX」「ドラゴンクエストVIII」オリジナルサウンドトラック、「ドラゴンクエストI~III」名曲選が紹介。なお、サウンドトラック同梱のライナーノーツに関しては、堀井氏も一部担当しているとのことだ。

最後に関連書籍の情報として、こちらも3商品が発表。堀井氏が手掛けるドラゴンクエストシリーズ名言集「しんでしまうとは なにごとだ(仮題)」は、当時の短いデータ数の中で生まれた恐怖の「おきのどくですが…」、意味深な「おたのしみでしたね」などの名言に言及しているという。

そしてドラゴンクエスト 30th アニバーサリー「すぎやまこういちワークス~勇者すぎやん Lv85(仮題)~」では、すぎやま氏の音楽に関する思いや、食べ道楽なグルメ要素について書かれているとのこと。さらに、集英社の尽力により、ようやく刊行されることが決定したという「鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ(仮題)」には、鳥山氏によって描かれてきたドラクエシリーズの原画が一挙収録される予定だ。

発表会の最後には、冒頭で情報はなしといわれた「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」への言及も。本作は鋭意制作中とのことで、現時点では最初のエリア部分を作り終え、ゲーム冒頭部分についても本気で遊べる程度に仕上がっているという。ただ、ゲーム自体のボリュームを増やしていくことに時間がかかると堀井氏はコメントしていた。

ちなみに、「ドラゴンクエスト」30周年の公式側の定義は、“2016年5月27日からの1年間”とされている。今後はその間に「ドラゴンクエストXI」が発売できるよう、盛りだくさんな企画を積み重ねた先で、30周年を象徴する「ドラゴンクエストXI」に向かって突き進んでいくとのことだ。

なお、今回明かされた発表内容については、30周年記念ポータルサイトにてすべて確認することができる。さらに、ポータルサイトを見ておけば、今後何が予定されているかも全てチェックできるよう更新していくとしていた。来月2月14日のバレンタインに向けた企画も予定されているようなので、気になる人はこの機会にブックマークしておくといいだろう。

ゲスト・本田翼さんが本気のドラクエ愛を語る!

ニコニコ生放送での配信終了後、会場だけのスペシャル進行として、「ドラゴンクエスト」好きを公言している女優・本田翼さんがゲストとして姿を見せた。

本田さんはスライムの色を連想させる、魔法使いチックなイメージの衣装で登場。ドラクエとの出会いについては、兄の影響でPS2版「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」からプレイし、ナンバリングシリーズや「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」を楽しんできたと述べる。

シリーズのプレイ歴でいうと12年近くになるという本田さん(23歳)は、仕事が一日休みとなった日に、前日から食料を買い込み、小休憩を挟みつつの18時間ぶっ通しプレイでゲームをやり込んでしまうなど、かなりのハードゲーマーなエピソードを語ってくれた。

ドラクエの進め方に関しては、レベル上げが好きで、地道にやりこみ、“町で一番高い武器・防具を手に入れてから進めたいタイプ”なんだとか。この辺のプレイスタイルについては、人によって千差万別なので面白いポイントである。

ラスボスの「いてつくはどう」でバイキルトやスクルトが消されてしまう理不尽さについて語るなど、この時点でかなりの強者っぷりを見せていた本田さんだが、ドラクエの好きなポイントについては「子供の時はただ面白くてやっていたのが、大人になってからは物語をより深く知り、楽しめるようになりました」とコメント。一番好きなキャラクターも“スライムナイトのピエール”と、まものつかいの経験者ならでは。いぶし銀だ。

ちなみに、今回はシリーズの生みの親である堀井氏と同じステージにいるということで、本田さんに向かって「堀井さんにこれだけは聞きたいということはありますか?」との質問が。これに応じて本田さんは「ドラクエVIのバーバラはマスタードラゴンなんですか?」と、知りたい人には知りたすぎる、天空シリーズの核を突くような、鋭い質問を口にする。これに関してはファンの中でも長く議論がかわされている題材となるので、壇上でも明確な回答は寄せられなかったが、本田さんのドラクエ好きっぷりはかなり隙が無さそうである。

なお、今回の本田さんのゲスト出演に関しては、iOS/Android「星のドラゴンクエスト」に関係しているとし、会場ではサプライズ発表として、本田さんが本作のTVCMに出演することが明らかにされた。なお、映像は2パターンを、1週間前辺りに撮り終えたとのことで、「“あの武器と防具”を装備をさせてもらいました」「宝箱を漁るのがドラクエの世界観には入れた気分で楽しかった」と感想を口にしてくれた。

現場に同行していた市村氏と堀井氏は、本田さんに関して「本当にドラクエが好きな気持ちが出ていて、非常に嬉しかったです」とコメントする。キャスティングの妙をいかんなく発揮してくれたスペシャルゲストであった。

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ソフィーのアトリエ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る