ガルパン仕様のPS4用テーマ配信やあんこうチームの車輌が入手できるミッションも!PS4版「World of Tanks」記者発表会をレポート

ガルパン仕様のPS4用テーマ配信やあんこうチームの車輌が入手できるミッションも!PS4版「World of Tanks」記者発表会をレポート

PS4

担当:Gamer編集部

Wargamingは、本日1月20日に東京・渋谷にてPS4版「World of Tanks」の記者発表会を開催した。

本日より正式サービスが開始となったPS4版「World of Tanks」。史実に登場する戦車を操作してリアルな戦闘が楽しめる本作だが、PS4版ではDUALSHOCK4のほか、シェアプレイやPS Vita リモートプレイといった、PS4に最適化された環境でゲームを楽しむことができる。本作の正式サービス開始に合わせて行われた、記者発表会の模様をお届けしよう。

川島康弘氏
川島康弘氏

最初に登壇したのは、Wargaming 代表取締役 川島康弘氏。普段PC版をプレイしているという川島氏は本作について、PCからの移植ではなくPS4のハードの性能を存分に活かした新しいタイトルであることを強調。

特に夜戦の表現がリアルで、PC版で見慣れたマップであっても、隣の車輌が爆発炎上した際の炎の表現や照り返しなどに恐怖を感じてしまったほどだという。サウンドに関しても本当に向こうから撃たれていると錯覚してしまうほどリアルに再現されていると語っていた。

このようにPC版から進化した本作だが、ポリシーでもあるFree To Play、Free To Winは本作にも引き継がれており、PS4をインターネットにつなげばPS Plus会員でなくてもすぐに遊ぶことが可能。もちろん、PS Plusの会員であれば、特別な車輌など本作を一層楽しむことのできるコンテンツが用意されていると魅力を紹介していた。

また、同社がこれまでPC版で実施してきた「ガールズ&パンツァー」とのコラボレーションや、ユーザーイベントも同様に行っていきたいと意気込みを語っていた。

川島氏の挨拶に続き、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア バイスプレジデント 川内史郎氏が登壇。「PS4の性能を十分に発揮して、圧倒的に迫力のある本作を皆さんに楽しんでもらえることがうれしいです」と挨拶し、東京ゲームショウ2015でのタイトル発表から4ヶ月を経て、リリースを迎えたことを非常に嬉しいと語っていた。

川内史郎氏(左)
「ガールズ&パンツァー」とのコラボも実施!

会場では、「ガールズ&パンツァー」とのコラボレーションとして、「ガールズ&パンツァー」仕様のPS4用テーマの配信と、ゲーム内特別ミッションの実施が発表された。

コラボレーションミッションは、本日1月20日から4月30日までの期間で行われ、技術ツリーのTier5 Pz.IV H(4号戦車H型)を開発し、同車を使用して合計20,000経験値を獲得することで、大洗女子学園あんこうチーム「IV号戦車D型改[H型仕様]」がもらえるというもの。

本作の試遊台が設置された会場の様子。

World of Tanks

ウォーゲーミングジャパンPS4ダウンロード

  • 発売日:2016年1月20日
  • 価格:基本無料
  • 全年齢対象
  • PS Store ダウンロード版
World of Tanks
(C) Wargaming.net

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る