吉川晃司さんの好きな武将と女性キャラは?熱い三国志トークが炸裂した「三國志13」完成発表会をレポート

吉川晃司さんの好きな武将と女性キャラは?熱い三国志トークが炸裂した「三國志13」完成発表会をレポート

PS4 PS3 Xbox One PC

担当:

コーエーテクモゲームスより2016年1月28日に発売されるPS4/PS3/Xbox One/PC用ソフト「三國志13」。間近に迫った発売日に先駆けて、本日1月21日に同作の完成発表会が行われた。吉川晃司さんも招かれたこの発表会の様子をレポートする。

2015年12月10日に30周年を迎えた歴史シミュレーションゲーム「三國志」。その最新作「三國志13」が、いよいよ1週間後に発売される。

「人間ドラマ」「スペクタクル」「ダイナミズム」をテーマに、内政、外交、戦闘などの各要素をより進化させたこの30周年記念タイトルの完成発表会が、本日新宿パークタワーホールにて行われた。

発表会には「三國志13」ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏、プロデューサーの鈴木亮浩氏、コーエーテクモゲームス 代表取締役社長の鯉沼久史氏が登壇。さらに、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア プレジデント 盛田厚氏や、本作との楽曲タイアップを行うアーティスト・俳優の吉川晃司さんも登場した。

会場には歴代作キービジュアルや、港北警察署とのタイアップポスターが掲載
TRESURE BOXの実物も
3594作目まで作ってほしい
龍舞
龍舞

中国の伝統芸能「龍舞」によって幕を開けた完成発表会。まずは鯉沼氏が壇上にあがり、30周年を記念する本作には非常に期待しているとコメント。ひと月あまり延期したが、そのぶんしっかりとした、おもしろい仕上がりになったので期待してほしいと述べた。

続いて盛田氏がステージ上へ。シリーズ初のPS4版を、首を長くして待っていたという盛田氏は、30年を誇る「三國志」の歴史について素直に「すごい」と感嘆。歴史が好きな人も、間口が広く設けられている本作をぜひPS4で遊んでほしいとアピールすると、13作と言わず、3594作目まで作ってほしいとユーモアを交えてエールを送った。

鯉沼久史氏 盛田厚氏

盛田氏から熱いエールを受けたシブサワ氏は、まず「三國志」30周年について、ファンに支えられ、声援や叱咤激励を受けて迎えられたことに感謝の意を表すと、本作ではもう一度シリーズの原点に戻って人間ドラマにフォーカスし、納得できる形に仕上がったと自信をもって語る。

ゲームファンや歴史ファンはもちろん、最近ゲームをプレイしていない人も簡単にプレイできる工夫もなされているので、ぜひプレイしてほしいとプッシュしていた。

シブサワ・コウ氏
ゲーム内容をおさらい
鈴木亮浩氏
鈴木亮浩氏

続いて鈴木氏が登場し、改めて本作のゲーム内容を説明することに。初公開となるオープニングムービーが披露されたのち、鈴木氏は3つのキーワードで本作の魅力を説明した。

三国志の名場面を収録したOPムービー

ひとつ目のキーワードは「人間ドラマ」だ。本作にはシリーズ最多700名以上の武将が登場し、その中から好きな武将を選んで三国志の時代を生きることができる。

また内政と戦闘で異なるビジュアルを持つ武将や、地位が変わったり年齢を重ねたりするとビジュアルが変化する武将がいるなど、グラフィックでその人物の生き様をより濃く表現している。

新システムとして追加されたのが、ゲーム中でさまざまな武将との関わりが見て取れる「相関図」と、その中で親交を深めていく「絆」システムだ。中には「断金の交わり」といった有名なエピソードにまつわる固有の絆も存在する。

「三國志」を久しぶりに遊ぶ人や、新しくやってみるという人は「英傑伝」モードをプレイしよう。こちらはストーリーやエピソードを楽しみながら、三国志の時代を体験できるモード。チュートリアルも兼ねており、こちらでゲームシステムが学べる。

ふたつ目のキーワードは「スペクタクル」。本作では三国志らしい壮大なスケールの戦闘が味わえる。野戦や攻城戦はもちろん、石器戦や水上戦もリアルなグラフィックで再現されている。

その戦闘にスパイスとして加えられたのが「戦法」だ。特定条件を満たすと発動でき、周瑜の「神火計」のような、戦局を覆す威力を発揮する。

戦闘に勝つには、敵部隊の士気を下げるのがポイントだ。敵の士気は挟撃などで大きく落とせるので、このような状況をうまくゲーム中で作り出す点が腕の見せどころとなる。兵力差も戦略で覆せるのだ。

3つ目のキーワードは「ダイナミズム」だ。本作では中国大陸をフル3Dで再現しており、洛陽や武威など、地方ごとの風景もリアルに描かれている。

また内政によって都市が発展すると、グラフィックも変化。街を歩く人々が増えたり、建物が増築されたりと、より賑やかになっていくさまが見られる。

この緻密に描かれた都市の内部から中国大陸全土まで、シームレスにズームイン、ズームアウトすることも可能だ。

本作のPC版のベンチマークデモが、明日1月22日に配信されることが明らかになった。Windowsユーザーで本作を購入予定の人は、DLしておいてはいかがだろう。

また「三國志13」公式Twitterでは、ゲームに関する質問も受け付けている。発売前に知りたいことがあればリプライを送ってみよう。

多方面で展開される30周年記念施策

「三国志13」では、さまざまなタイアップを通じて30周年施策が実施される。その中の一部を紹介しよう。

横山光輝氏の代表作「三国志」の武将たちのグラフィックがゲーム内に登場。第1弾の諸葛亮は1月28日より配信。第2弾の武将と配信日は後日公開される。

また後漢末期から三国時代集結までの約80年間を描いた中国の大河ドラマ「三国志 Three Kingdom」とのタイアップも実施。ドラマに登場する武将総勢37名のグラフィックがゲームに登場する。

「春秋航空日本」とのタイアップも実現。「赤壁の戦い」の舞台の入口である武漢と成田空港との国際便就航を記念し、「三國志13」がイメージキャラクターに採用された。機内が「三國志13」で染められるほか、往復航空ペアチケットが当たるTwitterキャンペーンも実施される。

「三國志13」の初回特典に、「三國志ツクール」で使用できるDLCが追加された。「三国志ツクール」で使用できる、「三國志13」の武将スチルやシナリオが手に入る。

また「三國志」30周年記念コンサートが、4月16日にミューザ川崎シンフォニーホールにて開催される。シリーズ初となるオーケストラコンサートに、「三國志13」購入者や「100万人の三國志」ユーザーが抽選で招待される。

吉川晃司さんの熱い三国志トーク!
吉川晃司さん
吉川晃司さん

ここで満を持して、吉川さんがステージに登場。三国志について造詣が深い吉川さんは、同じく壇上にのぼったシブサワ氏、鈴木氏とともに、熱い“三国志トーク”を展開した。

今回、吉川さんが「三國志13」のテーマソングを担当しているが、これはコーエーテクモゲームスからオファーをしたのだそう。「提督の決断」も好きだというSLGファンの吉川さんは、中国史が好きなのでこんなに光栄なことはないと照れくさそうに話す。

好きな武将を問われた吉川さんは、曹操、馬超、呂布の3人をピックアップ。「傾(かぶ)いている」という言葉でこの3人を表現したが、中でもTVの企画で実際にお墓を訪れた曹操が好きなのだという。頭痛持ちであった曹操が使ったとされる石枕を目の当たりにし、より思い入れを強めたそうだ。

曹操 馬超 呂布

まだまだ曹操について語り足りなさそうな吉川さんだが、トークは三国志を彩る女性たちで誰が好きかという、三国志ファンの男性なら誰もが一度は考えるであろう話題に。スクリーンには、貂蝉、孫尚香、大喬、小喬という、三国志を代表する女性たちが映し出された。

貂蝉 孫尚香
大喬 小喬

この4人から吉川さんが選んだのは、貂蝉だ。中国四大美人に数えられる貂蝉だが、その4人の中で唯一架空の人物である説が強い女性だ。吉川さんはその架空の人物が四大美人に数えられるところがおもしろい点だと話した。

貂蝉は「三國志」でも絶世の美女として描かれている。董卓と呂布の仲違いをさせた美女連環の計もゲーム内で表現。鈴木氏もこれは外せないイベントだと語った。

好きな武将を挙げたらキリがないという吉川さんがもう一人選んだ武将は、なんと張角だ。

三国志では時代の為政者の思惑もあって劉備や曹操が中心に描かれているが、民の視点で考えれば張角が中心になってもおかしくなかったと吉川さんは熱弁。「三国志演義」では悪者として描かれているが、民衆からしてみたら正義のヒーローだったかもしれないと独特の視点を披露すると、シブサワ氏も張角を挙げる人に初めて会ったと目を丸くしていた。

張角

大いに盛り上がった三国志トークに続き、話題はタイアップ曲「Dance To The Future」へ。吉川さんはこの新曲で、己の未来を切り開くために戦って生き残らなければならないという思いを込め、その戦いを未来に向けてのダンスとして例えたという。

シブサワ氏もタイトルに込められた美学を感じ取った様子で、踊るというより「カッコよく舞う」と表現。勇猛果敢だけでなくカッコよく美しい世界観が見えてうれしかったと目を細めた。

ジャケットイラスト

会場ではミュージックビデオも披露されたが、この映像にも登場する「武将・吉川晃司」のイラストボードがステージに登場した。この武将・吉川晃司が使えるシリアルコードが、1月28日から2ヶ月間のみ「レコチョク」限定購入特典として手に入る。

ゲーム中の吉川さんは武力、統率がともに90超えとかなり高い。また水球をプレーしていたことも踏まえ「水練」「一騎」がMAXと破格。これにはシブサワ氏も「大活躍できる」と太鼓判を押し、また吉川さんも「蔡瑁の水軍に入れてもらおう」とうれしそうに話していた。

一方わずか1の政治力が目を引くが、これは本人からのリクエストなのだそう。尊敬できる政治家が歴史を見てもなかなかおらず、ならば政治に乗っからずに猪突猛進の武将になろうと思ったのだそうだ。

ステータス画面下部に記されている「蘭心竹生(らんしんちくしょう)」は、吉川さんの座右の銘だ。まっすぐに華やかに、心を込めて生きようという意味がある。「政治力1の感じがするでしょう」と笑いを取っていたが、ゲーム内では攻撃力と士気が大幅に上がるという非常に強力な戦法として登場する。

吉川さんはもしもがこの乱世に生まれていたら、荀イクみたいな人になりたいと言いつつも、派手に散るキャラクターになっていただろうと男らしい言葉を残した。

吉川さんの三国志への熱い思いが吐露された発表会もここまで。吉川さんは、6月からのツアーでさまざまな街に行くので、コンサートが終わった夜は本作をプレイしたいと楽しみにしている様子であった。

また最後にシブサワ氏は、700人の武将の活躍を自分なりに演出できる新しい切り口でゲームを作ったので、皆さんなりの人生を縦横無尽の活躍で楽しんでほしいと熱くコメントし、発表会を締めくくった。

三國志13

コーエーテクモゲームスPS4パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

コーエーテクモゲームスPS4パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:13,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

三國志13 GAMECITY限定セット

コーエーテクモゲームスPS4パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:68,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 GAMECITY限定セット

三國志13

コーエーテクモゲームスPS4ダウンロード

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:7,619円(税抜)
  • 全年齢対象
  • PS Storeダウンロード版
三國志13

三國志13

コーエーテクモゲームスPS3パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

コーエーテクモゲームスPS3パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:13,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

三國志13 GAMECITY限定セット

コーエーテクモゲームスPS3パッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:68,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 GAMECITY限定セット

三國志13

コーエーテクモゲームスPS3ダウンロード

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:7,619円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13

コーエーテクモゲームスXboxOneパッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:8,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13

コーエーテクモゲームスXboxOneダウンロード

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:7,680円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13

コーエーテクモゲームスPCパッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:9,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13

三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

コーエーテクモゲームスPCパッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:14,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 30周年記念 TREASURE BOX

三國志13 GAMECITY限定セット

コーエーテクモゲームスPCパッケージ

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:69,800円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13 GAMECITY限定セット

三國志13

コーエーテクモゲームスPCダウンロード

  • 発売日:2016年1月28日
  • 価格:8,477円(税抜)
  • 全年齢対象
三國志13
(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.
(C)青柳聡
(C) 中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司
(C)光プロダクション/潮出版社
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
※「ツクール」はKADOKAWAの登録商標です。
(C)Spring Japan

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • ソフィーのアトリエ特設サイト
逆転裁判6特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る