新の個性がより際立った印象―PS Vita「金色のコルダ4」水嶋新役・岸尾だいすけさんインタビュー

新の個性がより際立った印象―PS Vita「金色のコルダ4」水嶋新役・岸尾だいすけさんインタビュー

PS Vita

担当:

コーエーテクモゲームスより、2016年2月25日発売予定のPS Vita用ソフト「金色のコルダ4」。今回は、水嶋新役・岸尾だいすけさんへのインタビューをお届けする。

岸尾だいすけさん

本作は、星奏学院高校オーケストラ部が「全国学生音楽コンクール」で全国優勝を達成した「金色のコルダ3」の約1カ月後から物語が始まる。秋の文化祭やクリスマス、大晦日といったイベントをはじめ、自由な組み合わせのアンサンブルや「片想い」などの新要素を楽しむことができる。

ここでは、本作で攻略対象キャラクターのひとり、至誠館高校1年の水嶋新役・岸尾だいすけさんのアフレコ収録後にお話を聞くことができたので紹介しよう。

――アフレコを終えての感想をお願いします。

岸尾さん:「金色のコルダ3」での暑い季節が終わって、秋から冬になりました。僕自身は夏のほうが好きですけど、恋人達にとって盛り上がるイベントは冬のほうが多いと思うので、恋愛的な要素が強まったキャラクターもいるんじゃないですかね。ただ新に関しては恋愛ももちろんあるんだけど、キャラクターの個性のほうが際立ってきたような気がしました。

新を演じるとなった時、最初はものすごく元気で明るいんだろうなと思ったんです。でも、いざ「金色のコルダ3」の1番最初のセリフを聞いてみると、結構大人っぽくて落ち着いてるんですよね。たぶん、皆さんもう忘れてると思うんですけど、最初はそんな感じだったんですよ。

今回はそこから発展したといいますか、もっと喜怒哀楽が激しくなって、遊び心もありつつ、見た目のイメージとのギャップが大分なくなって、皆さんが思っている通りのイメージになったような印象を受けました。プラスして「ちょっとやりすぎてるね」って思うところもあるかもしれませんが、それは僕のせいではないです(笑)。

――舞台が「夏」から「秋冬」へと進み、さらに「彼からの片想い」「主人公からの片想い」という新要素が加わりました。ご自身が演じられている「水嶋新」に新たな発見などは見られましたか?

岸尾さん:感情表現の幅がさらに広がったと思います。とても人間味あふれる、豊かな表情をもったキャラクターになったんじゃないですかね。元気で明るいというパブリックイメージに加えて、さらに取っつきやすくなったように思います。

新が主人公に片想いしているのと両想いの状態では、もちろん違うことは違うんですけど、そこまで大きく変わるという感じではなかったですね。彼は恋愛に対してポジティブな部分が多いので。

――岸尾さんご自身の片想いエピソードをお聞かせください。

岸尾さん:そうですね…若い頃はまだまだ元気ですし、体も強かったので大丈夫だったんですけど…もう40を超えて、2015年は本厄ですしね。新みたいに元気な役を演じると結構疲れるんですよ。僕は右の肩がどんどん重くなって…肩、重い…かたおもい…

――(一同爆笑)。

岸尾さん:文字だと伝わらないと思うんですけど、ここにいる皆さんを引き込むトークを繰り広げてます。どういうことかなと思わせておいてベタベタな着地という、僕のトークスキルはぜひ音声で伝えたかったですね。誰ともかぶってないといいんですが!

――アンサンブルの組み合わせが自由に選べるのも本作の魅力です。新と他のキャラクターとのやり取りで特に印象的だったものはありますか?

岸尾さん:(如月)響也とは「意外と似た者同士なのかな?」って思うエピソードがあったので、ここは印象に残ってますね。これまでは大体至誠館のメンバーとだけだったのが、本作では結構まんべんなく絡んだ…とまでは言えない部分もありますが、みんな記憶に残ってるかなと思いました。

ハルちゃん(水嶋悠人)とは、どつき漫才的なノリで、(七海)宗介と合わせてトリオ漫才みたいな部分もありましたね。あと、新が一年生というのもあって皆をさん付け、ハルはちゃん付けな中、宗介は呼び捨てなんだよなって改めて思ったので、この辺はもっと広げられる気がしますけど、どうでしょうかね。そうすればハルちゃんを通じて星奏学院と繋がりができ、宗介を通じて天音とも繋がれるので、出番が増えるかなと(笑)。

――今回はキャラクターが新たに秋~冬の衣装で登場しますが、岸尾さんが新に着てほしいなと思う衣装はどんなものでしょうか?

岸尾さん:運動能力が高そうなので、スポーティな衣装が似合いそうですよね。背も結構高いほうですし、バスケットとかも似合いそうだなって思います。

――読者・ファンの方々へメッセージをお願いいたします。

岸尾さん:発売が2月25日なので、ゲーム内のイベントはもう過ぎてしまっているんですけど、秋からだとまだ記憶に新しいじゃないですか。なので「金色のコルダ4」を遊びながら、前シーズンの秋はこうだったな、クリスマスやお正月はこうだったなとか思いながらプレイしつつ、来季はプレイで培ったノウハウを実際に試してみてみるのもいいんじゃないでしょうか。

「金色のコルダ3」で夏を楽しんだあとの秋冬ということで、さっきも言いましたが秋冬のほうが恋人達にとっては燃え上るイベントが多いと思うので、この辺りを楽しみにしていただければと。そして恋愛ゲームであると同時に音楽ゲームの要素もさらに磨きがかかってるので、この部分だけ切り取っても面白いと思いますし、それぞれを楽しんでもらえたらと思います。よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

金色のコルダ4

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4

金色のコルダ4 トレジャーBOX

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:12,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4 トレジャーBOX

金色のコルダ4 プラチナBOX

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:30,000円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4 プラチナBOX

金色のコルダ4

コーエーテクモゲームスPSVitaダウンロード

  • 発売日:2016年3月10日
  • 価格:6,000円(税抜)
  • 12歳以上対象
金色のコルダ4
キャラクターデザイン:呉由姫
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • 黄昏シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る