「討鬼伝2」最速体験会をレポート!素晴らしきは“討鬼伝のままオープンワールドを取り入れた”ことにあり!

「討鬼伝2」最速体験会をレポート!素晴らしきは“討鬼伝のままオープンワールドを取り入れた”ことにあり!

PS4 PS3 PS Vita

担当:

コーエーテクモゲームスとソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアが本日共同で実施した、PS4/PS3/PS Vita用ソフト「討鬼伝2」の最速体験会「モノノフ出陣式2016年春」をレポート! 発売日、体験版、特典や展開など情報盛りだくさんでお届け!

コーエーテクモゲームスの開発チーム“ω-Force”より打ち出される、ハンティングアクションゲームのシリーズ最新作「討鬼伝2」。本作では従来のプレイスタイルから一転、広大なひと続きのマップを舞台にした「オープンワールド」が採用されており、これまでとは一味違うゲームの流れになることが予想されている。

そして本日、メディア/流通関係者/一般ユーザーを対象にした最速体験会「モノノフ出陣式2016年春」が執り行われ、ゲームについての詳しい内容がいよいよ明かされることとなった。本稿ではゼネラル・プロデューサーの小笠原賢一氏、プロデューサーの森中隆氏によるゲーム紹介をはじめ、実際に実機プレイで遊んでみての感想などをレポートしていく。

なお、レポートに入る前に一つ。「討鬼伝2」ではオープンワールドであったり、鬼ノ手であったりと、新要素に対しての期待と同時に「実際、どうなるんだろう…?」と不安を抱えているファンは多いかもしれない。かくいう筆者もその一人であった。しかし、実際にプレイしてみたらそんな心配はどこへやら。本作は“討鬼伝の良さをそのままに、討鬼伝2に進化していた”ので、以降の本文は期待感十分に読み進めてもらいたい。

その壱「お披露目ノ巻」
小笠原賢一氏
小笠原賢一氏

本日の会場は、ソニー・コンピュータエンタテインメント SSJ品川ビル。イベントではまず、小笠原氏が登壇し、「討鬼伝2」にかける想いが語られた。

氏は「『討鬼伝』は同社初のハンティングアクションゲームとして、これまで2作にわたって展開してきたタイトルです。最初の『討鬼伝』の発売当時は、同ジャンルに大きなユーザー層が存在し、そこで先行していた他社のタイトルも力強いモノばかりでした。そこでコーエーテクモならではの要素として、和風の世界観、部位破壊の爽快感などに焦点を置き、開発を進めてきました」と述べる。

続けて「討鬼伝2」に関しては、「今回は他社のタイトルに対して追いつき追い越せではなく、“討鬼伝はこうあるべきだ”を模索した一つのチャレンジとなります。今回の体験会を通して、参加者から多くの意見をいただき、その期待感を元に、開発の最終段階に入っていきたいと考えています」とコメントした。

森中隆氏
森中隆氏

次は、見た目はからくり、中身は勇者な新キャラクター「時継」を片手に携えた森中氏が登壇。

ゲームの詳しい説明をする前に、まずは昨夜まで制作していたという出来立てホヤホヤのPVがお披露目される。

本作の特徴はなんといっても、TGS 2015での発表時にもファンが沸いた、オープンワールドマップが採用されていること。ゲーム中のマップはオープンワールド仕様で、各地を探索しながら世界を広げたり、人に会って依頼を受けたり、時には“鬼”の共同作戦が発生したりと、さまざまな事柄がリアルタイムで展開していく。

新アクションの目玉となるのは、巨大な手を生み出す「鬼ノ手」。登場キャラクター・博士が開発したという、“思念を実体化する装置”から生み出されるこの力は、“鬼”の体を掴んで引き倒す攻撃アクション、さまざまな障害物を掴んで移動する立体アクション、地脈と呼ばれるオブジェクトからさまざまな力を吸収するなど、利用法も多彩だ。

中でも注目なのは、ゲージを溜めて発動する鬼ノ手の「完全部位破壊」。従来作品の“鬼”は、部位を破壊されても再生したり、その動きが大きく変わらないこともあった。しかし、この完全部位破壊を使用すると、「尻尾を無くして攻撃範囲を狭める」「足を無くして移動に制限をかける」など、戦闘内容がインタラクティブに変化していくのだ。

続けて本作では新武器種として、攻守のバランスがとれた「盾剣(たてけん)」、多彩な仕込みを備えた「仕込鞭(しこみむち)」が追加され、武器種は全部で11種に。もちろん、既存の武器にもさまざまな新アクションを盛り込んでいるというので、筆者のような手甲使いもニッコリ。

さらにミタマには、プレイヤーの戦闘をサポートすることを目的にした新戦闘スタイル「操(そう)」が追加。なお、従来のミタマもイラスト・能力が一新されるようなので、これまた収集が捗りそう。

以下は既に発表されている本作からの新キャラクターだが、まだまだ未発表のキャラクターも存在するとか。またこの中の一人、グウェンのボイスをタレント・中川翔子さんが演じていることが発表された。森中氏によると、中川さんは「討鬼伝」のプレイヤーということもあり、その経験から世界観にも通じていて、ボイス収録もスムーズに行われたとのことだ。

ちなみに、そのほかの登場キャラクターおよびボイスキャストについては追って発表していくとしている。

最後に本作の作曲については、シリーズ恒例の坂本英城氏が担当。今回も和楽器をうまく取り入れた、「討鬼伝」ならではの和の世界を演出しているという。さらに森中氏の口からは「今回はちょっとした驚きも入れています」と述べられ、期待感を煽られてしまった。これも後日発表していくようなので、続報を待とう。

ここから実機プレイでゲームを説明
関口和敏氏
関口和敏氏

ここからは実機プレイの画面を用いて、ゲームの特徴が説明されることに。紹介してくれたのは本作のディレクターを務める関口和敏氏。片手にはマスコットキャラクター「天狐」の姿も。

モニターではまず、今回の拠点となる「マホロバの里」が映された。ここでは従来作品と同様、さまざまなキャラクターと会話したり、武具を整えたり、任務を受注することが可能らしい。拠点に備わっている大きな門をくぐると、そこからはオープンワールドの世界へ。

マップの各所には、進んだ先に砦が存在していたり、山間に洞窟があったりと、ひとつなぎの世界が見事にデザインされている。それらにはガキがいて、“鬼”もいて、拾得物があって、先に紹介した地脈も湧いていたりと、様相はさまざまだ。

単純に“従来のエリア型”がそのままオープンワールドで繋げられたと考えてもいいが、鬼ノ手の存在により、地形にはかなりの起伏が生まれている。木を掴んで高度を取ったり、崖をよじ登ったりと、立体的に移動することも頭に入れておかなければならない。

マップの中には当然のように“鬼”がいる。ここで現れたのは新登場の中型“鬼”ヒダル。年を経たガキであるとされるヒダルは、己が統率している群れからガキを呼んだり、その大きなお腹でボディプレスを仕掛けてきたりと、中々やっかいそう。

なお、広大なフィールドを移動する手段として、ダッシュ中にL3ボタンを入力すると高速移動「鬼疾風(おにはやて)」がいつでも使用できる。その速さは馬に乗っているかのごとし。高速移動しているだけでもかなりの爽快っぷりなので、移動面のストレスは少なそうだ。

最後にシリーズの顔“鬼”「ゴウエンマ」との戦闘では、完全部位破壊も披露。ゴウエンマの長い長い尻尾がものの見事に消え去っていた。仲間のAIもかなり優秀に仕上げているようで、怒涛の攻撃をお見舞いしていたのが印象的であった。

ここからは新武器を使って実際にプレイ!

ここからは実際にプレイ! 今回はシングルプレイ+マルチプレイも2つの内容を体験することができた。まずは「はじめから」を選んで、キャラクタークリエイトを進める。戦闘したい気持ちが逸って詳細には見られなかったものの、性別・外見・ボイスなど一通りのカスタムが可能だ。

筆者は鎖鎌・手甲使いなので変化が分からない。申し訳ない。

マホロバの里の機能の説明を、チュートリアルでササッと受ける。従来の里に比べると規模も大きくなっている印象。ゲームは手動・オートセーブに対応しているので、遊びがってもよさそう。

オープンワールドに出た後は、鬼疾風で移動し、鬼ノ手で飛んでみる。鬼ノ手(R2トリガー)の使用時は弓・鎖鎌のように、画面中央に照準が出てくる。掴めるものと掴めないものは照準の色で判別できる仕組みだ。使用制限はとくになく、いつでも何度でも使用できる。

木を掴んで空中に飛んだあと、そこから再度発動することもできるので、地面に降りずにマップを横断することもできたり? なお、空中で照準を出している間はゆっくりと高度が下がっていくので、モタモタしていると地面に降りてしまうのは注意が必要。

鬼ノ手に関して森中氏は、「とにかく使ってみることから始めてもらうと、理解しやすいです」と教えてくれた。最初のうちは意味があってもなくても手を伸ばして伸ばして伸ばしてしていると、徐々に利用のコツが分かってくるのだろう。

なお、鬼疾風に関しては素晴らしい移動手段であったが、使用中は“一切、ほかのアクションができない”ことにだけ注意しなければならない。また、鬼疾風は終わり際にスピード感のある「ズザザーー!!」っという停止モーションが入り、これもキャンセルすることができない。なので、走っているだけで楽しくなって、ガキの群れにそのまま鬼疾風で突っ込んでしまうと、幾秒かの間は敵陣で無防備で突っ立ってしまうことになる。

移動のみならず、“鬼”との戦闘中であっても回避に仲間の蘇生にと、さまざまな場面で扱えるアクションなので、上記の制限にだけはあらかじめ気を付けておきたい。

新武器種その1「盾剣」を使ってみる

盾剣は斬・突・砕の攻撃属性を備えた近接武器で、特徴は“剣+盾”の構成にある。盾剣使用時は、「守ノ型」「攻ノ型」のスタイルを〇ボタンで切り替えていくのだ。

守ノ型は、剣と盾を片手づつに持った姿で、見かけどおりの俊敏な動きがウリ。○ボタン長押しによる居合の構え「朧月(オボロヅキ)」発動後は、【□】【△】【□+△】【〇】の4通りの派生攻撃を、最大4撃まで組み合わせられ、強力な最終段に繋げることができる。派生攻撃はいずれもスタイリッシュで、特に△ボタンの朧月2は「空中に鞘を投げて、落下と同時に踏み込んで斬撃」。カッコいい。文字だけでカッコいい。

もう一方の攻ノ型は、剣と盾を合体し、一振りの大型武器で戦う攻撃スタイル。機動性は落ちるものの、攻撃範囲やその豪快さ、3段階まで溜め可能な攻撃、回避後の素早い斬撃アクションなどが使える。いずれの型の攻撃も独特な踏込やモーションがあるので、従来の武器種とは一味違う操作感。特殊攻撃も連撃を加えるものが双方に備わっている。

なお、守ノ型で攻撃していると、体力ゲージの下に存在する特殊ゲージが溜まっていくのには言及しておかなければならない。このゲージは鬼千切のための武器ゲージのように(盾剣の鬼千切は、上空に飛びあがって縦に斬る。ゴウエンマの高めの顔とかも狙いやすそう)、敵に攻撃を当てると徐々に溜まっていく。特に朧月を上手く当てるとゲージ回収率が高い。

守ノ型のゲージが満タンになった時、攻ノ型に切り替えると、武器に発光するオーラが纏わりつく。この間、ゲージは徐々に減少していく。効果の詳細については真偽不明で申し訳ないのだが、演出から見てもなんらかの能力上昇であることは明白だ。

なので、盾剣は「好みのスタイルを切り替えて戦う」ほかに、「守ノ型でゲージ回収→攻ノ型で攻勢をかける→以下ループ」というギミックが存在している。上級者はこの切り替えの妙に注目しておくといいだろう。

新武器種その2「仕込鞭」を使ってみる

仕込鞭は斬・突の攻撃属性を持つ、鎖鎌よりも若干短いくらいのリーチで前方左右を薙ぎ払う、多段ヒット系の武器種。名前の通りさまざまな仕掛けが備わっており、鞭にはギザギザな刃が仕込まれていて、“鬼”の身体を削ぎ落して攻撃するようなイメージになっているのだとか。

△ボタンで飛ばせる苦無は、ボタン長押しで照準を合わせることも可能。そしてこの苦無を敵に当てると、敵の身体に“紫色に発行する苦無(本体験版の武器の場合)”が刺さる。この苦無に□ボタン長押しの攻撃を当てると、なんと苦無が爆発して、敵に追加ダメージを負わせられるのだ。

また、前方一直線に鞭を飛ばして攻撃する□+×ボタンの特殊技「接染(セツナ)」を苦無に当てると、苦無の位置まで飛びかかったり、苦無を引き抜いて爆発させることができる。ギミックとしては鎖鎌に近しいが、こちらはより焦点攻撃を高めたタイプといえるのかも。

また、○ボタンの特殊技「神楽(カグラ)」は周囲を数回薙ぎ払った後、手甲のような連打攻撃に派生し、気力ゲージの限り高威力の連打が浴びせられる。また、神楽の最終段には苦無の爆発判定が付加されているため、一気に攻めきりたいときは、苦無のおぜん立てを済まし、神楽で連打し、フィニッシュで爆発させるなど、まるで特撮ヒーローような戦法が楽しめる。私、これにする。

ちなみに、ミタマの新スタイル「操」もあわせて使用した。タマフリ「攻種召喚」は、キャラクターの周囲で一定時間オブジェクトが周回し、キャラクターの攻撃に合わせて追加攻撃を行ってくれる。「衛種召喚」は、同じくオブジェクトが発生した後、“鬼”の属性体制値を低下させる。大技の「五輪権現」は、上空に大きなオブジェクトを発生させ、一定時間強力な自動攻撃を加えてくれる。

いずれも発動させしてしまえば、出しておくだけで恩恵にあずかれるスタイルといえる。操作量を負担に感じてしまう人や、自身のタイミングで一点攻撃を仕掛けたい人、もしくは“~~しながら出しておくプレイ”をしたい人にはうってつけのミタマだろう。

マルチプレイについても

本作のマルチプレイは、マホロバの里に置かれている青白い「跳界石(チョウカイセキ)」からアクセスし、本部(部屋に相当)を作成・検索してマッチングするというもの。依頼を受けて、里の門で出撃準備を済ませて、皆でフィールドに向かうという形式だ。

なお、“マルチプレイ時はオープンワールドが適用されるのか?”については言及がなく、今回の体験版では出撃した後、ローディングを挟んでボスのいる広いエリアに放り出される形だった。この辺りがどうなるのかについては、今後の続報で探っておきたいポイントだ。

今回はそのほかの参加者と計4人で、お馴染みのミフチ、続けてゴウエンマに挑戦してみた。戦闘の感触は“まんま討鬼伝”。これは悪い意味ではない。さまざまな要素の追加により、ゲームのディティールも大きく変わっているのではと想像していたのだが、“鬼”との戦闘は今まで通りのひっちゃかめっちゃかな打撃戦をまま維持しており、変にバランスが崩れている印象は一切ない。

それでいて従来とは一味違う、マップの高低差や広さを武器に戦えるので、のびのびと動き回って戦闘できるようになった。これに唯一欠点があるとすれば、「やべ!しぬ!しぬしぬしぬ!違うエリアに逃げて体勢を立て直す!」といった、筆者の十八番である軟弱プレイができなくなったことくらいだろう。これからは致命傷程度で済むね。

鬼ノ手に関しては、とりあえず使ってはみたが、短いプレイ時間では効果的な運用を見出せず。完全部位破壊(ゲージは全プレイヤーで一本を共有)や、突進してくる“鬼”を顔面から引き倒したりはできたが、本シリーズ特有の「もはや画面上がエフェクトで何が何だか分からないけどとにかく攻撃連打!」に揉まれてしまい、知らない誰かにアドバイスできるほどの経験値は溜まっておらず。これの有用さに関しては、ぜひ自身で体感してほしい。私も今一度そうする。

総論として、「討鬼伝をやりたいなら討鬼伝2をやるべき」。これに尽きる。ベースの魅力はそのままに、追加要素がそのまま新たな楽しみになっている。大幅なゲームデザインの変更やそれを期待していた人にはフックが弱いかもしれないが、正統に進化した「討鬼伝」の続編をプレイしたいというファンには、間違いなく刺さる。もちろん、ゲームの奥行きを語るほどは遊んでいないので、眉唾程度に聞いておいてほしい。

その弐「告知ノ巻」

濃厚な体験時間を堪能した後は、今後のプロモーションに関する時間へ。まずはPS4向けのオープンワールド体験版が早くも4月11日されることが決定。上述してきた要素は一通り遊べるはずなので、今すぐやりたい気持ちは4月に存分に晴らしてほしい。

なお、体験版はPS Plus加入者およびニコニコ動画プレミアム会員限定で、3日前からクライアントのダウンロードを開始するとのこと。また、PS Vita向けの体験版に関しても後日配信が予定されている。

続いて体験版の動画投稿キャンペーン、キャスト当てキャンペーン、そして今回もニコニコ静画とのコラボで送られる「ミタマデザイン イラストコンテスト」が発表。イラコンの受付は本日より開始されており、今回は本シリーズのキャラクターデザインと言えばこの人、左氏が審査員に加わることが決定している。

さらに、こちらも恒例のSTUDIO 4℃によるプロモーションアニメの制作、くわえて6月27日発売のコミック「電撃マオウ」8月号から、「討鬼伝2」のコミカライズが連載されることも決定した。本連載では新キャラクターに焦点を当て、それぞれのキャラクターを軸にした作品を、別々の作者が担当していくという。

そして本日、「討鬼伝2」の発売日が2016年6月30日に決定したことが明らかに! 特典満載のTREASURE BOXはもちろん同時発売。体験会から体験版から製品版へ、この間を置かないスピーディな展開には感謝しかない。

あわせて、GAMECITY&Amazon.co.jp限定セット、店舗別特典、初回特典の情報も発表。なお、店舗別特典は全てミタマとなり、いずれも“真田家絡みのもの”が用意されるようだ。歴史ものの流行をキッチリと抑えるところは、さすがコーエーテクモゲームス。

イベントの最後には、本日登壇した森中氏より「今後は体験版を皆さんにプレイしてもらい、それを元にマスターアップを目指していきます。より良い『討鬼伝2』にしていきますので、皆さんからの忌憚のない意見をお待ちしております」と挨拶があり、イベントは終了となった。

会場の設置物も紹介
実際に持ったり、身に着けることもできた武具の数々。
本日発表のプロモーションに関する概要
体験版配信

オープンワールドを一足先に遊べる体験版を配信決定!2016年4月11日(月)からPS4版を配信決定。PS Plus会員とニコニコ動画プレミアム会員の方は配信開始の3日前からダウンロードできる特典もあります。

※後日PS Vita版の体験版も配信予定(配信時期未定)

店舗別特典

ミタマ「真田昌幸(賭)」取扱店舗:ゲオ
ミタマ「真田信之(防)」取扱店舗:GameTSUTAYA 加盟店/Wonder GOO
ミタマ「猿飛佐助(迅)」取扱店舗:GAMECITY/Amazon
ミタマ「竹林院(献)」取扱店舗:エディオン/コジマ/上新電機/ソフマップ/ノジマ/ビックカメラ/古本市場/ヤマダ電機/ヨドバシカメラ/楽天ブックス

※各特典ともに数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
※一部取り扱いの無い店舗もございます。
※各特典は後日有料ダウンロード販売を予定しています。

ミタマイラストコンテスト(~2016年5月8日まで応募受付中)

応募作のクオリティの高さが話題の「ニコニコ静画」とのコラボレーション企画第3弾!最優秀作品はゲームに実装されます。今回はキャラクターデザインを担当する左先生も審査員として参加が決定しました。

URL:http://info.nicovideo.jp/seiga/toukiden2/

アニメPV

初代「討鬼伝」、続編「討鬼伝 極」でも好評を博したスタジオ4℃によるアニメPVを本作でも製作中!ゲーム未収録のエピソードを描きます。

コミカライズ

2016年6月27日発売の「電撃マオウ」8月号(発行/KADOKAWA アスキー・メディアワークス)から「討鬼伝2」のコミカライズ連載開始!大賀あさぎ先生、館尾 冽先生、堤 芳貞先生、冬扇先生、土方 悠先生といった5人の実力派作家陣が、各話ごとに異なるモノノフの活躍をオムニバス形式で描きます。

電撃マオウとは…

“最強のゲーム・コミック誌”をキャッチフレーズとするKADOKAWA アスキー・メディアワークスが刊行する月刊コミック誌(毎月27日発売)。誰もが知ってる人気ゲームや電撃文庫の作品がコミックで楽しめるのはもちろん、オリジナル作品も大充実の次世代エンターテインメントコミックマガジンです!

作家陣プロフィール(50音順)
大賀あさぎ(おおが・あさぎ)

代表作は「動乱-DOHRAN-」(集英社)、「変身忍者嵐 SHADOW STORM」(ホーム社)など。主に歴史×アクション漫画を手がけ活躍する漫画家。

館尾冽(たてお・れつ)

代表作は「フルメタル・パニック!」(KADOKAWA)、「獣臣蔵」(秋田書店)など。アクション漫画を得意とする実力派作家。

堤芳貞(つつみ・よしさだ)

代表作は「三日月竜異聞―伊達政宗嚆矢」(松文館)、「弦月に哭く ‐伊達政宗於慶長出羽合戦‐」(KADOKAWA)など。墨絵を思わせるタッチが魅力の実力派作家。

冬扇(とうせん)

成年誌などで活躍する新進気鋭の漫画家。単行本に「もう堕ちるしかない」(ニケーション)がある。

土方悠(ひじかた・ゆう)

これまで多くのコミカライズ作品等を描いてきた実力派。現在は、アルファポリスのHP 上にて「ワールド・カスタマイズ・クリエーター」を連載中。

討鬼伝2

コーエーテクモゲームスPS4パッケージ

  • 発売日:2016年7月28日
  • 価格:7,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
討鬼伝2

討鬼伝2

コーエーテクモゲームスPS3パッケージ

  • 発売日:2016年7月28日
  • 価格:7,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
討鬼伝2

討鬼伝2

コーエーテクモゲームスPSVitaパッケージ

  • 発売日:2016年7月28日
  • 価格:6,800円(税抜)
  • 15歳以上対象
討鬼伝2
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
イラスト:堤 芳貞、冬扇、土方 悠(C)コーエーテクモゲームス

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • フィリスのアトリエ特設サイト
  • 黄昏シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る