大歓声に包まれた「ハイファイ☆デイズ」の初ライブも!「アイドルマスター シンデレラガールズ」コロムビア関連作品300万枚突破記念イベントをレポート

大歓声に包まれた「ハイファイ☆デイズ」の初ライブも!「アイドルマスター シンデレラガールズ」コロムビア関連作品300万枚突破記念イベントをレポート

担当:

本日7月30日に、新木場STUDIO COASTにて開催された「アイドルマスター シンデレラガールズ」のトーク&ミニライブイベント「アイドルマスター シンデレラガールズ メモリアルパレード」の様子を紹介する。

本イベントは、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のコロムビアCD&映像作品累計出荷数300万枚の突破、および「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER」シリーズの発売を記念して開催された。

先日オリコンランキング1位を獲得した「ハイファイ☆デイズ」にくわえて、「Snow Wings」「Tulip」「生存本能ヴァルキュリア」など、続々とヒットを飛ばすCDシリーズ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER」。本日出演した9名のキャスト陣も、それぞれの楽曲にちなんだ衣装を着て登場した。

本イベントでは、3つのシングルCD「Snow Wings」チーム、「Tulip」チーム、「ハイファイ☆デイズ」チームに分かれてトーク&ライブが行われた。

出演(敬称略)

福原綾香(渋谷凛役)
原紗友里(本田未央役)
長島光那(上条春菜役)
照井春佳(櫻井桃華役)
今井麻夏(佐々木千枝役)
黒沢ともよ(赤城みりあ役)
髙野 麻美(宮本フレデリカ役)
ルゥティン(塩見周子役)
飯田友子(速水奏役)

CDランキングも発表!福原さんが突然踊りだす!?

まずは、「シンデレラガールズトーク」ということで、それぞれのチームの楽曲を振り返ってのトークが行われた。

「Snow Wings」チームは、収録するまであまりしっかりと話す機会がなかったという。しかし、長島さんがかなりの笑い上戸であり、福原さんや原さんの振る話題に逐一反応してくれるらしく、本イベントの舞台裏でも和気あいあいとした雰囲気を築いていたそうだ。

「Tulip」チームは、塩見周子や宮本フレデリカなど、楽曲からキャラクターまでセクシーなイメージで構成されているのだが、高野さんやルゥティンさんは自身の“セクシーさ”について悩んでいる様子。しかし、そんな悩みを吹き飛ばすように、腰のくびれがポイントだと言う本日の衣装をしっかりと着込んだ3人に向かって、会場からは大きな拍手が送られていた。

「ハイファイ☆デイズ」チームは以前から仲が良く、特に照井さんと今井さんは私生活でも友人同士で、かなり以前から交流があるという。こうして同じ楽曲を歌ったり踊ったりするようになるとは思わなかったと、感慨深そうに語っていた。

続いて、「シンデレランキング」と銘打ち、これまで発売された楽曲がTOP5で紹介された。5位と4位には、福原さん演じる渋谷凛のキャラクターソング「Never say never」と、凛のユニット「トライアドプリムス」の「Trancing Pulse」がランクイン。壇上では、福原さんが流れる楽曲に合わせて踊る一場面も。

3位には高垣楓のキャラクターソング「恋風」が、そして2位には双葉杏のキャラクターソング「あんずのうた」が入っていた。2位の結果には出演者一同かなり意外だった様子で、「あんずのうた」については全員が不動の人気を誇っていると思っていたようだ。

そんな「あんずのうた」を退けて1位を獲得したのは、TVアニメの主題歌である「Star!!」だった。ちなみに、1位については出演陣も知らされておらず、発表前のトークで原さんが見事に予想を的中させていた。

「スターライトチョイス」のコーナーは、iOS/Androidアプリ「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」にて実施されたイベントのコミュシーンを用いてセリフを考えるというもの。コミュシーンの一部が空白になって出題され、その部分のセリフを各チーム独自に考えていき、該当のセリフは出演者らが直接演じてくれた。

チーム対抗戦となり、勝敗は会場からの拍手の大きさによって決定された。また、優勝チームにはiTunesカードが贈呈されるということで、出演者らも気合いが入っている…ように思えたのだが、どのチームもやや大喜利よりの回答を連発。結局、それぞれのチームが1勝ずつとなり、拍手の大きさから優勝は「Snow Wings」チームとなった。

「ハイファイ☆デイズ」がライブ初披露!最後はもちろんあの曲で〆

ライブパートのトップは、9人全員で「とどけ!アイドル」を熱唱。これまでも各所で流れた曲に合わせて見事な連帯感を見せていた会場だが、ライブに入ってからはさらなる盛り上がりを見せていた。まばゆいサイリウムの光と掛け声で、まさに最高のスタートを切っていた。

続いては、原さん、福原さん、長島さんによる「Snow Wings」。「とどけ!アイドル」の熱量をそのままに、しっとりとしたAメロから徐々に盛り上がっていく曲調にあわせて、“Wing of Snow”の掛け声とともに突入するサビで会場も爆発的な盛り上がりを見せた。

そんな会場の雰囲気から一転する、髙野さん、ルゥティンさん、飯田さんによる「Tulip」では、妖艶な歌声を響かせる3人に会場のプロデューサーたちも赤いサイリウムで応えていた。終盤のサビ部分では一体感抜群のコールが鳴り響き、最後の“…なんてね”という歌詞の部分では一際大きな歓声が巻き起こった。

そして、照井さん、今井さん、黒沢さんによる「ハイファイ☆デイズ」では、ギターの演奏が耳に残るアッパーチューンな楽曲の通り、本日一番の盛り上がりを見せていた。曲が始まってすぐに黒沢さんが会場に向かって呼びかけると、会場からは大きな掛け声が上がった。会場の熱気は衰えることなく、合間合間に力強い合いの手が入りつつ、最後まで駆け抜けるように歌い上げていた。

最後に、9人全員が壇上に集結し、会場に集まったプロデューサーたちにメッセージを送った。短くも濃密な、まさにお祭りのように楽しかった時間もいよいよラストとなり、イベントの〆として9人全員で「お願い!シンデレラ」が熱唱された。

セットリスト

01.「とどけ!アイドル」/福原綾香、原紗友里、長島光那、照井春佳、今井麻夏、黒沢ともよ、髙野 麻美、ルゥティン、飯田友子
02.「Snow Wings」/福原綾香、原紗友里、長島光那
03.「Tulip」/髙野 麻美、ルゥティン、飯田友子
04.「ハイファイ☆デイズ」/照井春佳、今井麻夏、黒沢ともよ
05.「お願い!シンデレラ」/福原綾香、原紗友里、長島光那、照井春佳、今井麻夏、黒沢ともよ、髙野 麻美、ルゥティン、飯田友子

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ガスト美少女祭り特集サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る