「CEDEC AWARDS 2016」最優秀賞が発表―「スプラトゥーン」開発チームがビジュアル・アーツ、ゲームデザイン、サウンドの三冠達成

「CEDEC AWARDS 2016」最優秀賞が発表―「スプラトゥーン」開発チームがビジュアル・アーツ、ゲームデザイン、サウンドの三冠達成

担当:Gamer編集部

コンピュータエンターテインメント協会およびCEDEC運営委員会は、現在開催中の「CEDEC 2016」におけるアワード企画「CEDEC AWARDS 2016」について、各技術部門の最優秀賞を発表した。

昨日8月24日より開催されている「CEDEC 2016」だが、本日「CEDEC AWARDS 2016」の各技術部門の最優秀賞が決定され、パシフィコ横浜の会場にて発表・授賞式が執り行われた。最優秀賞は、「エンジニアリング」「ビジュアル・アーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」の各部門優秀賞を対象に、CEDEC 2016受講申込者、講演者の投票により決定。また、過日発表した「特別賞」受賞の襟川陽一氏(コーエーテクモホールディングス代表取締役社長)、「著述賞」受賞の「CGWORLD」編集部にもトロフィーが授与された。

CEDEC AWARDS 2016 最優秀賞
エンジニアリング部門

対象技術:業界全体のグラフィックスの向上に貢献
受賞者:NVIDIA GameWorks(NVIDIA Corporation)
授賞理由:グラフィックス技術者が最新技術に触れるための環境をとりまとめることで、業界全体のグラフィックス技術の向上に貢献。その取り組みを評価。

ビジュアル・アーツ部門

対象技術:ゲームをより楽しく演出するイカすビジュアルデザイン
受賞者:「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂)
授賞理由:ポップで独創的なビジュアルがゲームデザインに良くマッチしている。ゲーム内SNSでファンアートも取り込むなど、ビジュアルがゲームの楽しさをより高めることに成功している。

ゲームデザイン部門

対象技術日本人になじむ:MOBA・FPSの提案
受賞者:「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂)
授賞理由:システムは「FPS」「MOBA」でありながら、コアではなくカジュアルな方向へ日本らしく作り上げた。無償でのバージョンアップやイベントなどでの定期的な盛り上げやバランス調整を行い、新しいユーザーの開拓や獲得に成功した。

サウンド部門

対象技術:独自の音楽制作アプローチに加え、「シオカラーズ」ライブという新しいかたちのメディアミックス展開を実現
受賞者:「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂)
授賞理由:ゲーム内に架空バンドを想定するなど、独自の音楽制作アプローチを通じて音楽世界観に高評価を得たことにとどまらず、ゲーム内CGキャラクター「シオカラーズ」をメインに据えたメディアミックス・ライブコンサートを実現し、新しいかたちの音楽メディアミックス展開を成功させた実績を評価。

CEDEC AWARDS 2016 特別賞・著述賞

コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する「特別賞」と、ゲーム関連書籍の著者に贈る「著述賞」は以下の通り決定しております。

特別賞

受賞者:襟川陽一氏(えりかわ よういち)コーエーテクモホールディングス代表取締役社長
授賞理由:ビデオゲームの黎明期に「川中島の合戦」を生み出し、現在も続く「信長の野望」、「三國志」シリーズなどにより歴史シミュレーションを根付かせた。ゲームプロデューサー「シブサワ・コウ」として今もなお歴史を題材にしたゲームを中心に制作を続ける一方、経営者としてゲーム業界とゲーム学術の発展にも尽力している。

著述賞

受賞:「CGWORLD」編集部
発行:ボーンデジタル
授賞理由:CGWORLDは、コンピュータ・グラフィック(CG)技術を基本から応用まで広く取り扱い、実際の制作現場でのアーティスト、エンジニアへのインタビューシリーズ等多彩な視点による記事で構成され、雑誌メディアとしてプロに限らず幅広い読者へ向けて最新のCG技術を認知、普及させることに、長きに渡り貢献している。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • ガスト美少女祭り特集サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る