次なるステップも発表された「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」1日目Shining Sideをレポート!

次なるステップも発表された「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」1日目Shining Sideをレポート!

担当:

モバイル

2017年2月11日、2月12日に幕張メッセイベントホールにてライブイベント「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」が開催。ここでは11日公演「Shining Side」の模様をお届けする。

「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」は、さまざまな職業から理由(ワケ)あってアイドルになった男性たちをプロデュースするドラマチックアイドル育成カードゲーム「アイドルマスター SideM」のライブイベントだ。

1stライブから1年余りが経過し、現在登場する46人のアイドルすべてにボイスがついてから初となる今回のライブには、14組すべてのオリジナルユニットが2日間にわたり出演する。ゲームのサービス開始3周年を目前に控え、315プロダクションの一つの節目となるライブ1日目の模様をお届けする。

「THE IDOLM@STER SideM2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」Shining Side 出演者

DRAMATIC STARS
仲村宗悟(天道輝役)、内田雄馬(桜庭薫役)、八代拓(柏木翼役)
High×Joker
野上翔(伊瀬谷四季役)、千葉翔也(秋山隼人役)、白井悠介(若里春名役)、永塚拓馬(冬美旬役)、渡辺紘(榊夏来役)

バレッタ裕(華村翔真役)、山下大輝(猫柳キリオ役)、中田祐矢(清澄九郎役)
FRAME
熊谷健太郎(握野英雄役)、濱健人(木村龍役)、増元拓也(信玄誠司役)
神速一魂
益山武明(紅井朱雀役)、深町寿成(黒野玄武役)
Altessimo
永野由祐(神楽麗役)、土岐隼一(都築圭役)
F-LAGS
三瓶由布子(秋月涼役)、浦尾岳大(兜大吾役)、徳武竜也(九十九一希役)
Legenders
笠間淳(葛之葉雨彦役)、汐谷文康(北村想楽役)、駒田航(古論クリス役)

事務員・山村の前説の後、暗転したステージ上に現れた無数の星が1つの大きな星を作り出すという演出で、全8ユニット総勢24名のキャストが登場。「Beyond The Dream」を歌い上げるとそれぞれが自己紹介と本日の意気込みを語りステージの幕が上がった。

冒頭から、これぞアイドルという最高の笑顔でDRAMATIC STARSが「STARLIGHT CELEBRATE!」を歌い上げると、元公務員のユニットFRAMEが「勇敢なるキミへ」を敬礼や飛び蹴りといったパフォーマンスを織り交ぜつつ披露。続いてF-LAGSの旗を使ったダンスが印象的な「夢色VOYAGER」、音楽を愛するAltessimoの神々しいまでのステージ演出に圧倒される「The 1st Movement ~未来のための二重奏~」、そして前奏の時を刻むダンスとミステリアスな魅力を堪能できたLegendersの「Legacy of Spirit」と、大きくカラーの異なる3つのユニットが独自の世界観を次々と展開していった。

ここからさらにテンションが加速し、神速一魂の「オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~」ではライブ特別バージョンとして、「ファイヤー!ファイヤー!」「セイヤー!セイヤーセイヤー!」の激しいコールアンドレスポンスが巻き起こった。めまぐるしい掛け合いが持ち味の「和風堂々!~WAnderful NIPPON!~」では、彩の3人が息の合った“てんやわんや”なステージを披露。High×Jokerは「JOKER↗オールマイティ」でステージ上を縦横無尽に駆け回り、フレッシュさを見せつけていた。

MCコーナーではDRAMATIC STARS、神速一魂、High×Jokerが、ここまでのライブを振り返ることに。1stライブにも出演しているHigh×Jokerは、会場のエネルギーが前回を上回っていると興奮気味に語り、神速一魂は急なコールアンドレスポンスにも見事にのってくれたプロデューサーに感動した様子だった。

初お披露目となったソロコーナーではライブだけの特別な演出として、「THE FIRST STAR」には益山さんと千葉さんが、「ぴんとこな ~蝶よ華よ~」には土岐さんと永塚さん、「Happy-Go-Unlucky!」には駒田さんと永野さん、「だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!」には白井さんと浦尾さん、「サイコーCOUNT UP!」には熊谷さんと増元さん、汐谷さんが、それぞれバックダンサーとして華を添えた。

異なるユニットのメンバーによるレアな演出だったが、冬美旬と都築圭の「ぴんとこな ~蝶よ華よ~」のはんなりとした和風な振り付けはしっくりとくるし、「だいぶ・いんとぅ・にゅ~・わあるど!」の“にゃんにゃん”な猫ダンスを兜大吾と若里春名が踊っていると思うと微笑ましい気持ちになる。キャラクターで想像すると二度オイシイステージだった。

そんな中、内田さんは“スーパーノヴァ”を思わせるステージで「Because」の激しいソロのダンスを見事に踊りきり、中田さんは「流るゝ風の如く ~和敬清寂~」を1人でしっとりと力強く歌い上げた。ソロコーナーを受けてのFRAMEと彩のMCコーナーでは、ソロステージに思う所があり男泣きをした中田さんを、バレッタさんがダジャレでフォローする場面もあり、ユニット間の絆を感じることができた。

ステージは装いも新たに後半戦に突入し、DRAMATIC STARSの大人な魅力が溢れる「DRAMATIC NONFICTION」、音楽で繋がるAltessimoの関係性がドラマチックに描かれた「Never end「Opus」」、「繋がってく糸はやがて…絆になる」というLegendersを象徴する歌詞の演出が印象的な「String of Fate」が披露された。

F-LAGSの「With…STORY」では会場を三分し、青・白・赤で見事なトリコロールカラーを作り出した。幻想的な景色と巻き起こった大合唱に感極まった様子の浦尾さん、徳武さん、そして三瓶さんの目には涙が浮かんでいた。

その後のMCでは、後半からメンバーが着用している全員揃いの衣装についてAltessimo、Legenders、F-LAGSが語り合う。それぞれの衣装は微妙に異なっており、お気に入りのポイントも人それぞれだと盛り上がった。特に、衣装の背面肩部分の星はプロデューサーが背中を押してくれて輝く自分たちを象徴しているという笠間さんの見解には会場から拍手が起こっていた。

ライブもラストスパートになり、High×Jokerの「OUR SONG -それは世界でひとつだけ-」では、ステージ上に彼らのゲーム内カードイラストが流れた。2014年の学園祭イベントのものがフィーチャーされ、まだボイスが実装されていなかった当時から現在に至るまでをしみじみと振り返ることができた感慨深いステージだった。

さらに会場の2階をFRAMEの3人がトロッコに乗ってぐるりと回りボールを渡した「MISSION is ピースフル!」、熱い漢の拳が交じり合う神速一魂の「バーニン・クールで輝いて」、そしてDRAMATIC STARSの「MOON NIGHTのせいにして」は、「ST@RTING LINE」とはまた違う彼らの魅力が表れたエンターテインメントに富んだステージだった。

どう転んでも正統派な和には収まらない彩らしい演出の「喝彩!~花鳥風月~」の後、High×Jokerが全員で肩を組んで「HIGH JUMP NO LIMIT」を歌うと、再びDRAMATIC STARSが登場し「夜空を煌めく星のように」をHigh×Jokerと熱唱。もちろん最後は「DRIVE A LIVE」をキャスト、プロデューサー全員で合唱して舞台は幕を閉じた。

しかし割れんばかりの歓声とアンコールを受けると、会場には「アイドルマスター」総合プロデューサーの坂上陽三氏が登場。アイドルたちが一歩ずつ進んでいく姿を描いた「アイドルマスター SideM」の次なるステップとして、ゲーム内の「SideMini」リニューアルと100万ダウンロード記念プレゼントの告知、そして新たなアプリ「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」を発表した。「プロデューサー、俺たち…ステージに立ちます!」というメッセージ以外は謎に包まれているので、今後の続報を待とう。なお、新作アプリや100万ダウンロードプレゼントの詳細はこちらの記事をチェックしてほしい。

アンコールでは再度キャスト陣が登場。ライブの熱い感謝の想いを1人ずつ丁寧にプロデューサーに伝え、全員で「Beyond The Dream」を歌い上げ1日目を締めくくった。

「THE IDOLM@STER SideM2nd STAGE~ORIGIN@L STARS~」Shining Side セットリスト

「Beyond The Dream」/全員
「STARLIGHT CELEBRATE!」/DRAMATIC STARS
「勇敢なるキミへ」/FRAME
「夢色VOYAGER」/F-LAGS
「The 1st Movement ~未来のための二重奏~」/Altessimo
「Legacy of Spirit」/Legenders
「オレたちの最強伝説 ~一世一代、破羅駄威棲!~」/神速一魂
「和風堂々!~WAnderful NIPPON!~」/彩
「JOKER↗オールマイティ」/High×Joker
「THE FIRST STAR」/仲村宗悟(天道輝役)
「ぴんとこな 〜蝶よ華よ〜」/バレッタ裕(華村翔真役)
「Happy-Go-Unlucky!」/濱健人(木村龍役)
「だいぶ・いんとぅ・にゅ〜・わあるど!」/山下大輝(猫柳キリオ役)
「サイコーCOUNT UP!」/野上翔(伊瀬谷四季役)
「Because」/内田雄馬(桜庭薫役)
「流るゝ風の如く ~和敬清寂~」/中田祐矢(清澄九郎役)
「DRAMATIC NONFICTION」/DRAMATIC STARS
「Never end「Opus」」/Altessimo
「String of Fate」/Legenders
「With…STORY」/F-LAGS
「OUR SONG -それは世界でひとつだけ-」/High×Joker
「MISSION is ピースフル!」/FRAME
「バーニン・クールで輝いて」/神速一魂
「MOON NIGHTのせいにして」/DRAMATIC STARS
「喝彩!~花鳥風月~」/彩
「HIGH JUMP NO LIMIT」/High×Joker
「夜空を煌めく星のように」/DRAMATIC STARS & High×Joker
「DRIVE A LIVE」/全員
「Beyond The Dream」/全員

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る