スクウェア・エニックスがプロ野球アプリを作った理由―「プロ野球が好きだ!」ディレクター・上野能弘氏インタビュー

スクウェア・エニックスがプロ野球アプリを作った理由―「プロ野球が好きだ!」ディレクター・上野能弘氏インタビュー

担当:

スクウェア・エニックスが提供するプロ野球予想ゲームアプリ「プロ野球が好きだ!」。同社がなぜプロ野球アプリをリリースすることになったのか、今後の展開とともにディレクター・上野能弘(うえのよしひろ)氏に訊いた。

上野能弘氏

――まずは上野さんのこれまでの経歴や、携わられたタイトルを教えてください。

上野氏:新卒でテクモ(現コーエーテクモゲームス)に入りまして、「モンスターファーム4」などのタイトルに携わりました。その後、クラップハンズで「みんなのGOLF 5」「みんなのGOLF 6」「みんなのテニス ポータブル」などに関わり、スクウェア・エニックスに来てからは「ドラゴンクエストX」のチームに参加していました。

実はこれまでずっとプログラマーだったんですよ。「プロ野球が好きだ!」(以下、「やきゅすき」)で初めてディレクターに就きました。

――そうだったんですか!?

上野氏:はい、主にクライアント周りのプログラムを担当していて、描画処理や制御処理などを行ってきました。「ドラゴンクエストX」では、開発環境を整備するツール系のプログラマーとして働いていましたね。

――そこからなぜ「やきゅすき」のディレクターになられたのでしょうか?

上野氏:「ドラゴンクエストX」のディレクターを務めていた藤澤(仁氏)から、「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」(以下、「予言者育成学園」)という未来を予知するスマートフォンゲームのコンセプトを聞いた際に、「実は、プロ野球でそういうゲームを作りたいんです」と話したんです。それがきっかけで、「やきゅすき」のプロジェクトを立ち上げました。

――なるほど、予想アプリになったのも「予言者育成学園」がきっかけですか?

上野氏:もともとは選手カードを集めて試合をするような、一般的な野球SLGの中にリアルと連動した要素を取り入れようと考えていたのですが、藤澤から「予想に一本化したほうがおもしろいんじゃないか」とアドバイスを受け、そちらに舵を切りました。

――ディレクションするのは本作が初めてですよね?

上野氏:初です。ただ、スマートフォンゲームの経験をしたかったので「予言者育成学園」に運営スタッフとして入り、そこで学びながら企画を進めていきました。

――ちなみに上野さんはどのチームのファンですか?

上野氏:埼玉出身なので、昔から西武ライオンズファンです。メットライフドーム(旧・西武ドーム)にもよく観戦しに行っていますよ。

――プレイしてみて、昔遊んでいた「ファンタジーベースボール」を思い出しました。

上野氏:私も「ファンタジーベースボール」をやっていました。今までやってきた野球ゲームで、「ファンタジーベースボール」が一番おもしろかったんです。

「ファンタジーベースボール」をやっていると、野球をよく見るようになるんですよね。新しい選手を知って、その選手のことをもっと調べて、予想して、またその選手が活躍して……というサイクルが大好きで、それを体感できるゲームを作りたいと思いました。

※「ファンタジーベースボール」……実在するプロ野球選手で、一定のルールに基づいて自分だけのチームを作成。選んだ選手の実際の活躍によって付与されるポイントなどで競うシミュレーションゲーム。以前は郵送などで行われていた。

――私も「やきゅすき」をプレイするようになってから、前よりもさらに野球のニュースをチェックするようになりました。「今日は誰が一軍登録されたの?」と(笑)。

上野氏:全球団の予告先発を把握するようになったりしますよね(笑)。

――プロ野球ファンからの「やきゅすき」への反応はいかがですか?

上野氏:「今まで全然知らなかった選手に詳しくなった」「よく野球を見るようになった」「野球を見るのがおもしろくなった」と言ってくださるユーザーさんが多いですね。まさにそうなってほしいと思っていたので、うれしいです。

――「やきゅすき」はユーザーさんの要望をなるべく取り入れようとしている印象があるのですが、そういった運営方針はあるのでしょうか?

上野氏:自分でもかなりプレイしているのですが、まだ足りないところ、不満に思うところがあったりするんですね。運営チームの中でも意見を出しあいながら、「こうだったらいいのにな」と思ったものをそのまま取り入れています。

――今後追加していこうと考えている機能などはありますか?

上野氏:「★3以上確定スカウト」の導入もあって、かなり多くのユーザーさんが★3以上のカードを獲得されました。ただ、みんなが良い選手を所持していて、差がつきにくくなってもいます。そこで、自分が好きな選手、思い入れのある選手でより多くのポイントを獲得できるような仕組みを入れたいと思っています。

また、選手カードが多くなってきたので、ドリームカードの供給量も増やそうと考えています。

――思い入れのある選手でより多くのポイントを獲得できるシステムとは、具体的にはどんなものですか?

上野氏:スキルを入手するには、新しい選手を購入して強化する必要がありますが、もっと簡単にスキルを増やせるようにします。★5の選手を手に入れた際には特上スキルがつくのですが、レベルがMAXになるとそれ以上スキルが増やせないんですね。そこからでもさらに増やせるようにします。

ただ、その機会は当然多くはないので、好きな選手に特上スキルをつけていただき、そこで差別化できるようにしようと考えています。

――ドリームカードの種類を増やす予定などはありませんか?

上野氏:あまり多くは追加できないのですが、もう少し増やすつもりでいます。

――ドリームカードとして導入するのが難しい記録もあるのでしょうか?

上野氏:例えばサヨナラの判定は、実装の都合で簡単にできなかったので対応していません。また、守備のドリームカードがもっとほしいという要望もプロジェクト側で認識はしているのですが、中でも「補殺」「刺殺」は記録として確定するのが試合の翌日なんですね。そういった、その日のうちに決まらない記録を導入するのはなかなか難しいところがあります。

――ドリームカードに加える記録の方針などはありますか?

上野氏:「ファンタジーベースボール」では併殺打で点が引かれたりしますが、「やきゅすき」は「打ってくれ!」「抑えてくれ!」と応援するアプリなので、ドリームカードにネガティブなものは入れないようにしています。好きな球団の選手に凡打を願うことはありませんし、かといって相手球団にヤジを飛ばすようになっても、それは応援ではありません。できるだけネガティブなものはなくそうというスタンスでやっています。

――リアルとの連動性が高いアプリですが、例えば「応援球団が上位のユーザーさんはログイン頻度が高い」など、リアルなプロ野球と絡んだデータはありますか?

上野氏:応援球団の順位とログインユーザー数の関連性は、ものすごく顕著に出ていますね。やっぱり連敗が重なったチームのファンはログイン頻度が落ちてきますし、調子が良いチームのファンは伸びてきます。

交流戦が終わった後は3日間試合がありませんでしたが、その間はログイン数が落ちました。当然、毎日ログインしたほうがドリームカードをもらえるので有利なんですが、やっぱり試合がないとテンションが上がらないみたいです(笑)。レギュラーシーズンが再開すると戻ってきてくださいました。

ユーザーさんがログインする時間も特徴的です。一般的にソーシャルゲームは深夜0時あたりにピークが来るのですが、このゲームは深夜0時にできることがあまりないんですね。集計が終わるのが朝5時なので、そこからログイン数が上がり始めて、7時にピークが来ます。

朝起きて「昨日はどうだったかな?」とログインして結果をチェックし、正午くらいに予想する人が多いですね。なので、メンテナンスも14時以降の少し落ち着く時間帯に行っています。

――応援球団以外の選手を予想する人も多いのでしょうか?

上野氏:このゲームの一番の目標は全球団のランキング1位を獲ることです。自分の応援球団の選手全員が活躍すれば良いのですが、なかなかそうもいきませんよね。それもあって、柳田悠岐選手、鈴木誠也選手、菅野智之選手など、他球団の活躍しそうな選手をひとまず予想しておくという人が多いようです。

――今年11月には「アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が開催されますが、そういった国際試合に絡めた展開は予定されていますか?

上野氏:現在のところ、予定はしておりません。多くのご要望をいただき、ライセンスの調整ができれば、これから対応していきたいと思っています。

――ちなみにシーズンオフはどうなるのか気になるのですが……。

上野氏:いくつか考えているプランはあって、どんなやり方がベストなのか模索しています。

――まもなくオールスターゲームが開催されますが、そちらに合わせた施策はありますか?

上野氏:「ドリームゲームイベント」と題した催しをやります。今行っている週間ランキングをオールスターゲーム期間だけに絞り、★5選手引換券などの豪華な報酬を用意しています。予想以上の活躍を見せる選手もいると思いますので、誰にでもチャンスがありますよ。また、交流戦でも行ったセ・パ予想対決もやります。

――最後に、今年から始まったこのゲームを、これからどんな作品に育てていきたいか教えてください。

上野氏:プロ野球観戦に必須のアプリとして、プロ野球を観戦・応援している人は必ずプレイしているという立ち位置にまで持っていきたいと思っています。

一般社団法人日本野球機構承認
データ提供 データスタジアム
(C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメント一覧

関連ワード
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 黄昏シリーズ特設サイト
閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る