Shadowverse

「シャドウバース」初心者にこそ遊んでほしい!2Pickの基本的なルール&デッキ構築のコツを紹介

「シャドウバース」初心者にこそ遊んでほしい!2Pickの基本的なルール&デッキ構築のコツを紹介

PC モバイル

担当:

構築戦とは異なるもう一つのプレイモード「2Pick」。ここでは、2Pickの基本的なルールやデッキ構築のコツ、おすすめのクラスを紹介します。

「2Pick」とは、ランダムで表示されるカードをピックして即席でデッキを作成し、対戦を行うモード。ここで提示されるカードは自分の所持カードに左右されないので、純粋なデッキ構築力とプレイングで勝負できるのが魅力です。

対戦は1回の入場で5回まで行うことができ、その戦績に応じて「カードパック」「ルピ」「レッドエーテル」などの報酬を獲得できます。

「シャドウバース」を始めたての初心者は、まだカードが集まっておらず、通常の構築戦で少々厳しい戦いを強いられるかもしれません。しかし「2Pick」では、全てのプレイヤーが対等な条件で勝負できるので、対戦で勝利できる確率がグッと上がります。それに加えて、報酬で自分の資産を増やすことができるので、初心者にも非常におすすめできるモードです。

アリーナの遊び方
入場料について

メニュー画面の中央にある「アリーナ」という項目をタップ選択しましょう。アリーナを開始するには「2Pickチケット」「150ルピ」「150クリスタル」のいずれかが必要になります。

※2Pickチケット…アリーナに入場するときに使用する専用チケットです。メインストーリーや累計BP報酬、ログインボーナスなどで手に入れることができます。

クラスを選ぼう!

入場料を支払うと、使用するクラスを選択します。ここでは全てのクラスの中からランダムで3クラスが表示されます。

デッキを作ろう!

デッキ構築画面では一部を除いた全てのカードの中から、ランダムに選択される2枚2組のカードが表示されます。これを15回ピックしたものがアリーナで使用するデッキとなります。表示されるカードは自分の所持カードとは関係ありません。カードの効果がわからないときはカードをタップすると能力を確認することができます。

※アップデートにより「スタンダードカードパック」のカード、シルバーレア以上の「プライズ」カード、ニュートラルのブロンズレアの「プライズ」カード、ビショップのブロンズレア《信仰の具現化》が提示されなくなりました。
※デッキの枚数は通常の40枚と異なり、30枚となっています。
※通常同一カードはデッキに3枚までしか入れることはできませんが、2Pickに限り4枚以上入れることが可能です。

対戦をしよう!

カードのピックが終わりデッキが完成したら、いよいよ対戦です。対戦は全部で5回行うことができます。全ての対戦を連続して行う必要はなく、試合が終わる毎に中断して通常のホーム画面に戻ることもできます。

対戦が全て終了すると、戦績に応じて「カードパック」「ルピ」「レッドエーテル」などの報酬を獲得できます。4勝以上することで入場料以上のアイテムが手に入り、資産を増やすことも可能です。まずは4勝を目指して頑張りましょう!

5勝できれば報酬も豪華に!

※報酬内容はある程度の振れ幅があるため、毎回同じ内容とは限りません。

アリーナで戦うためのデッキ構築

アリーナと通常の対戦の違いはランダムなクラス、デッキを使う点にあります。ここではクラス選択とデッキ構築について「アリーナで戦うためのデッキ」の構築のコツを紹介していきます。

クラス選択について

アリーナではランダムなカードからデッキを構築するので、カード同士のシナジーを利用したコンセプトデッキの構築は難しくなっています。そのようなカードが多いクラスは安定感が低く、アリーナ向きではありません。

逆に単体で完結しているカードが多いクラスは、アリーナにおける安定感が高いといえるでしょう。

他のカードとの組み合わせで効果を発揮するため、有効に使うのが難しい。

下記に初心者でも使いやすいクラスとおすすめのカードを紹介していくので、参考にしてください。

ロイヤル
評価:A

ロイヤルは展開力が高くアリーナにおいて有効なクラスです。低コスト帯のフォロワーに使いやすいカードが多く、安定した盤面を構築することができます。また【疾走】を持つカードや味方を強化するカードが多く存在するため、“最後のひと押し”がしっかりできるのもポイント。

【疾走】を持つため、フィニッシャーとして活躍してくれます。
ヴァンパイア
評価:A

ヴァンパイアは豊富な除去スペルをもっており、盤面制圧において力を発揮します。スペルの一部は相手のリーダーに打つことも可能で、【疾走】持ちのフォロワーも多数存在するため、非常に攻撃的なデッキを構築することができるでしょう。

盤面整理とバーストダメージを同時にこなす凄いヤツ!
ネクロマンサー
評価:B

アリーナではフォロワー同士のトレード(戦闘)が頻繁に行われるため、ネクロマンスの発動条件をクリアしやすいのがポイントです。また強力なラストワードを持つカードが多数存在するので、墓場を溜めながら有利な盤面を構築していきましょう。

ネクロマンスで盤面を一気に制圧!
ビショップ
評価:B

「カウントダウンアミュレット」が特徴的なクラスですが、実は除去手段も豊富に持っています。これらのカードや【守護】フォロワーを駆使して、後半の大型フォロワーに繋いでいきましょう。

最強クラスの除去耐性を持つ強力なフィニッシャーです。
ドラゴン
評価:C

ドラゴンのカードはスタッツが強力ですが、効果やスペルがあまり2Pick向きではなく、やや使いづらい印象を受けます。ただし、《ウロボロス》など強力なカードをピックできれば、一気に強いデッキになる可能性も秘めています。

何度でも蘇り、打点をばら撒く効果は2Pickでも猛威を振るいます。
エルフ
評価:C

エルフのカードは複数枚のカードをプレイし、コンボを使うことで真価を発揮します。2Pickでのデッキ構築が難しく、初心者には不向きなクラスと言えそうです。

EP回復効果を持ち、盤面への影響力が高いのが特徴。
ウィッチ
評価:C

ウィッチは“土の秘術”や“スペルブースト”など、デッキのコンセプトをしっかり定めなければならず、2Pickで安定したデッキを構築するのが少々難しいクラスです。

スペルブーストを持つカードを多くピックできていればかなり強力です。
デッキ構築のコツ

デッキ構築は、クラス選択以上に重要なファクターです。ここではデッキを作るコツを紹介していきます。

コストカーブを意識してピックする

デッキ構築画面で中央に表示されている棒グラフを見てみましょう。ここには現在自分がピックしたカードのコスト分布が棒グラフで記されています。この棒グラフの流れをコストカーブといいます。

2コスト帯のカードを一番多くピックし、そこからコストが上がる毎に枚数を減らしていくことで安定したデッキを作成することができます。緩やかな曲線を描いて下がっていくのが理想です。

アリーナでは毎ターン、フォロワーをしっかり召還することが勝利へ繋がるため、コストカーブは常に意識しましょう。

※序盤はドローできる回数が少ないので、低コスト帯は引き当てる確率を上げるために多めにピックします。逆に高コスト帯はPPがたまるまでに何度かドローを行えるため、枚数は少な目でも問題ないでしょう。

フォロワーのスタッツに注目

アリーナではフォロワー同士の盤面の取り合いが勝負を分けます。そこで標準値以上のスタッツをもつフォロワーをピックすることができれば、トレードで競り負ける場面を減らせるでしょう。各コスト帯の標準的なスタッツは以下の通りです。

  • 1コスト:1/2
  • 2コスト:2/2、1/3
  • 3コスト:2/3、3/2
  • 4コスト:3/4、4/3
  • 5コスト:4/4
  • 6コスト:5/5

※高コスト帯は特殊能力を優先してピックした方がいいため、参考までに!

スタッツ+効果でカードを評価しよう。
カードの特殊能力で逆転を狙おう!

フォロワーには特殊能力をもっているカードが多数あります。アリーナにおいて強い効果とは、盤面に対する影響力で決まります。【疾走】や、相手フォロワーにダメージを与えるファンファーレなどは、こちらが選択権を得られるため強い効果といえるでしょう。

プレイしたターンに動けるので相手に選択権を与えず、有利な展開に持ち込みやすい。
アリーナのおすすめ能力
  • 疾走
  • 突進
  • 守護
  • フォロワーを展開する効果
  • フォロワーにダメージを与える効果
  • 味方を強化する効果
まずは気軽に遊んでみよう!

いかがだったでしょうか。アリーナはカード資産の少ない方でも、常に相手と同じ土俵で実力勝負ができる場です。また勝率を上げることができれば魅力的な報酬を手にすることができます。2Pickチケットは都度手に入るので、この攻略を参考に気軽に遊んでみてくださいね。

Shadowverse

CygamesPCアプリ

  • 発売日:2016年10月28日
  • 価格:基本無料
  • Steam
Shadowverse

Shadowverse

CygamesMobileアプリiOS

  • 配信日:2016年6月17日
  • 価格:基本無料

    Shadowverse

    CygamesMobileアプリAndroid

    • 配信日:2016年6月17日
    • 価格:基本無料
      (C) Cygames, Inc.

      ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

      コメント一覧

      関連ワード
      • シャドウバースシリーズ特設サイト
      • 軌跡シリーズ特設サイト
      • 黄昏シリーズ特設サイト
      アライアンス・アライブ特集

      タグ検索

      ジャンル

      RPG
      アクション
      シミュレーション
      スポーツ
      テーブル
      パズル
      ノンジャンル

      テーマ

      アプリ

      ハード

      システム

      その他

      ニュース

      外出中でもスマホで
      最新ゲーム情報をチェック!

      ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

      お気に入りとして登録!

      SNSでシェアする!

      ゲームショウ

      トップへ戻る