拠点を襲撃・制圧し敵の本陣を落とす!ノンターゲティング方式による戦闘が楽しいAC「SOUL REVERSE」先行プレイインプレッション

拠点を襲撃・制圧し敵の本陣を落とす!ノンターゲティング方式による戦闘が楽しいAC「SOUL REVERSE」先行プレイインプレッション

担当:

アーケード

セガ・インタラクティブが今冬に稼働を予定している新作アーケードタイトル「SOUL REVERSE」。最大10人vs10人の集団戦が魅力の本作を一足先に体験する機会を得られたので、そのプレイインプレッションをお届けする。

重厚なダークファンタジーの世界観で繰り広げられるオンラインマルチバトル

「SOUL REVERSE」は、2016年11月にサービスを開始したiOS/Android向けゲームアプリ「SOUL REVERSE ZERO」に続く、「ソウルリバース」シリーズ第二弾タイトルだ。

最大10人vs10人のネットワーク対戦アクションゲームとなっており、プレイヤーは新たな世界を創造する神々の猛々しき先兵として、並み居るほかの神々の眷属を、ひいては神そのものを屠るために過酷な“創世戦役”へと身を投じることとなる。

まずは、本作の基本情報をおさらいしておこう。本作では「創造陣営」と「侵略陣営」の2つに分かれて戦う。最大10人vs10人によるオンラインマルチバトルは状況判断や味方との連携、加えてノンターゲティング方式を採用したバトルシステムといった複数の要因からアクション性の高いかなりハードな難易度になっていると感じた。

しかし、操作に慣れてきたり、自分の腕が上達するにつれて、それが如実にゲームプレイに反映されて実感することができるので、対人戦が好きな人には特にオススメなバトルシステムになっている。

プレイヤーは、制限時間内なら何度倒されようとも復活することができる。勝利条件はただ一つ、敵陣にいる“神将”と呼ばれる大型のボスを討ち取ることだ。各陣営には神将のHPを示すゲージが常に表示されており、これは時間経過や拠点の陥落などによって減ることは一切ない。

画面上部に表示されている赤と青のゲージが自軍と敵軍の“神将”のHPだ。
プレイヤーをはるかに超える体躯の“神将”は、その容貌も相まって一目で判別できる。

また、神将はHPが一定量低下すると、自陣の最奥にある「霊脈源」へと後退する。この状態になると神将の攻撃はより苛烈になり、NPC(プレイヤー以外のキャラ、CPU)である「眷属兵」も強化されるため、後半戦はより戦闘が激化する。

ここで重要になるのがフィールドに点在する“霊脈”と呼ばれる拠点の存在だ。霊脈は自分、あるいは自陣のプレイヤーがその周囲にいることで確保することができ、死んだ際の復活地点として選択することができる。

範囲内に居続けることで、拠点を制圧することができる。拠点付近での戦闘では、なるべく範囲内に入るように意識すると良いだろう。
“神将”のHPを半分まで削ると、最奥の霊脈源へと後退する。ここからが本番だ。

何度でも復活できるという仕様上、当然ひたすら神将に特攻を仕掛ける、いわゆる“ゾンビアタック”も可能だが、フィールドはそれなりに広いため自陣から敵陣の最奥を目指すのはそれなりに時間が掛かる。ましてや、攻撃が苛烈になる後半戦では、敵陣に辿り着くのも困難になるだろう。

なので、この拠点をいかにして確保・防衛し、敵軍を本陣の方へと押し留められるかが非常に重要になってくる。そういった意味では、徐々に手を詰めていくシミュレーションゲームやストラテジーゲームのような側面もあり、一概にハチャメチャな乱戦を楽しむだけでない奥深いゲームデザインになっていた。

単独で突撃するだけでは、返り討ちに遭うのは必至。拠点攻めは味方との連携が肝だ。

さて、ここまでだと本作は堅実なMOBAのように感じられるだろう。ここに本作ならではの要素として加えられるのが、あらゆる世界、文献、伝承、伝説になぞらえた英雄たちの力をその身に宿す「ソウル」の存在だ。

「ソウル」は、バトル開始前に最大3種まで選んでキャラクターに装備させることができる。「ソウル」にはそれぞれ固有の“ソウルスキル”と呼ばれる能力が備わっており、バトル中、プレイヤーは任意にそれらを使用することができる。

有名な英雄譚「アーサー王物語」の中心人物である“アーサー”
ソウルアーツ「覇剣の凱旋」は、周囲に強力な斬撃を生み、敵を巻き込んで葬り去る一撃必殺の技。
ギリシア神話に登場する優れた女狩人“アタランテ”
ソウルアーツ「ストゥルムアロー」は、先駆けの矢を射て、その着弾点に無数の矢を降らせる。
神々によって作られ、人類の災いになるべく生まれた女性“パンドラ”
ソウルアーツ「虚ろの無海」は、災厄を振りまく箱で敵を飲み込んでゆく。
箱は、Lスティックで任意に動かすことができる。

例えば、華々しい騎士たちの伝説「アーサー王物語」に登場する円卓の騎士・ガウェインのソウルスキルは、巨大な大剣の斬撃によって正面に衝撃波を飛ばすことができる。また、ソウルにはそれぞれ“リバースゲージ”が設定されており、時間経過や敵を撃破することでゲージがMAXまで溜まると、戦局を大いに揺るがす切り札「ソウルリバース」を発動できる。

「ソウルリバース」は、装備したソウルと同化し、体力やスタミナ、攻撃力を一定時間飛躍的に向上させることができる。また、それぞれのソウルが持つ強力無比なソウルアーツも使用可能になるため、神将の攻略や拠点の奪取・防衛など、戦局を見極めて発動しよう。

まさに合戦!最大10人vs10人のプレイヤーが入り乱れる集団戦はとにかく楽しい

ここからは、本作の華である4つのクラスのうち、今回プレイすることができたナイト、ウォーリアー、レンジャーの所感をお伝えしよう。

ナイト ウォーリアー レンジャー

重厚な鎧と盾、そして片手武器を扱うナイトは、近接戦闘に特化したクラスだ。持ち前の耐久力を活かし、積極的に前線に出張ってラインを形成するほか、拠点の防衛や維持に関してピカイチの性能を誇っている。

移動速度はウォーリアーやレンジャーに劣るものの、HPが高いため肉を切らせて骨を断つような、やや無茶な戦い方も可能。攻撃力もそこそこ高く、武器も片手武器のため振りが早く非常に扱いやすい。1対1の戦闘おいては、かなりアドバンテージを取りやすいクラスのように感じた。

短所は、やはり足回りの鈍さとリーチの短さになるだろう。スタミナが少ないのか、あるいは消費量が多いのかは定かではないが、移動速度の遅さもあってウォーリアーなどと比べるとダッシュ時の移動距離にかなりの差がある。

敵に接近したら盾によるガードで様子を見つつ、差し込みやすい弱攻撃で堅実に立ち回っていくのがベターだろう。ダッシュ攻撃も非常に優秀なので、逃げようとする敵にどれだけ早く反応してこれを引っかけることができるかがポイントになりそうだ。あるいは、ガウェインなどの遠距離攻撃系のスキルを持つソウルを装備して、逃げる相手の虚をつくのも面白そうだ。

ウォーリアーは、高い機動力で戦場を縦横無尽に駆け抜けるオールラウンダータイプのクラス。ウリにしているだけあってその移動速度の速さには目を見張るものがあり、ナイトなどの足の遅いクラスの後に使うとより快適に感じられるだろう。

大剣などの両手武器を使用するため、火力とリーチを両立している。反面、攻撃速度はやや遅めに感じたので、相手よりもワンテンポ早く武器を振っておくような、独特のタイミングを掴む必要があるかもしれない。

弱攻撃を2回繰り出した後に強攻撃に繋げると、武器を大きく振り下ろして相手をダウンさせることができるため、集団戦においてもイニシアチブを取りやすくなる。そのままダウンした敵を追撃するも良し、ほかの味方の援護に向かって同様に敵をダウンさせ、今度は味方と一緒にほかの敵を狙っても良しと、プレイヤー次第でさまざまな立ち回りが実現できそうだ。

最後に紹介するレンジャーは、操作難易度もほかのクラスに比べると群を抜いて高く、かなり独特な特徴を持ったクラスだった。

短剣と弓を装備しているため、弱攻撃では短剣による素早い連撃が、強攻撃では弓による狙撃が行える。弱攻撃は威力こそ低いものの、振りがかなり速いため襲いかかってきた敵を怯ませるのに最適。加えて足も速いため、敵と距離を取るのはそう難しいことではなかった。

特筆すべきは、やはり強攻撃による弓の使用だ。強攻撃を行うと画面に照準が出現、半拍ほどして照準が光ると射撃が可能になる。ただ、冒頭でお伝えした通り、本作はノンターゲティング方式が採用されている。そのため、矢を当てるには自分でカメラを操作し、照準を敵に合わせなければならない。FPS(ファーストパーソン・シューティング)でいうところのエイム(照準を瞬時に目標に合わせる技術)が必要で、これがなかなかに難しかった。

弓を構えている間は完全に動きが止まってしまうため、敵の接近には細心の注意を払おう。特に、背後から急襲されると打たれ弱さも相まってすぐにやられてしまう。

当然だが、弓を構えている=敵に狙いを付けている間は無防備になってしまうため、1対1の状況では真価を発揮しにくい。拠点を攻めている味方を後方から援護したり、あるいは味方と一緒に行動しつつ、身軽さを活かして敵をかく乱したりと、縁の下の力持ちなポジションだ。

ただ、矢の射程は長く、またヒットさせると敵を大きく後方へと吹き飛ばせるほか、ダメージもかなり高いので、レンジャーをするならぜひ積極的に当てていきたいところである。なお、ゲーム内の設定からカメラの移動速度などを変更できるため、自分にあった速度にカメラを変更することが可能だ。

要求されるプレイヤースキルが高い反面、ほかのクラスとは全くことなる操作感と立ち回りが味わえるため、非常にやり込み甲斐のある面白いクラスだった。

現在発表されている4つのクラスは、どれも分かりやすい個性を持っており、またゲームシステムもそれらを活かした内容に落とし込まれていた。iOS/Android用アプリ「SOUL REVERSE ZERO」との連動内容など、気になる部分がまだまだある本作の続報に、ぜひ注目しておこう。

(C)SEGA

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 黄昏シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る