セガ新宿歌舞伎町が“単一会場におけるクレーンゲーム機の最多数”でギネス認定!認定式の模様をレポート

2021年1月7日 19:35

GENDA SEGA Entertainmentは、リニューアルオープンした「セガ新宿歌舞伎町」について、クレーンゲームの最多設置台数のギネス世界記録に関する認定式を、本日1月7日に実施した。

2017年7月にオープンした「セガ新宿歌舞伎町」。本店は、2020年12月23日にUFOキャッチャーを中心としたプライズゲームの専門店としてリニューアルオープンを実施した。

リニューアルに際して、単一施設におけるクレーンゲームの最多設置台数のギネス世界記録への挑戦を実施。ギネス世界記録公式認定員に来店・審査してもらい、その達成を認定してもらうことになった。ここでは、その認定式の模様をレポートする。

認定式にはLINE LIVE(ラインライブ)の“セガ新宿歌舞伎町イメージモデル争奪戦”に選出された天海はくさんと、大塚びるさんも応援にかけつけた。

歌舞伎町でホストをしている天海さんは「ホスト業界もよく使わせていただいているセガ新宿歌舞伎町さんがギネスに挑戦するということで、このような場に呼んでいただいてうれしいです」。大塚さんは「わたしはUFOキャッチャーが大好きなのでセガ新宿歌舞伎町さんもよく利用させてもらっています。アンサバダー役としてみなさんに楽しさをお届けしたいです」とコメントした。

審査は当日の午前中から10人の審査員によって行われ、結果はギネス世界記録公式認定員のジャスティン・パターソンさんによって伝えられることに。ジャスティンさんはギネス世界記録が1955年にイギリスで生まれたこと、60年を超える歴史のなかでさまざまな世界一を審査して認定してきたことを説明。

今回の“単一会場におけるクレーンゲーム機の最多数”は2020年の8月にタイトー(タイトーステーション府中くるる店)によって達成された454台であった。それに対して、今回のセガ新宿歌舞伎町は477台で、見事にギネス新記録となった。

その後、授与式でギネス認定証を受け取ったセガ新宿歌舞伎町の新垣潤店長は、店舗のリニューアルに際してギネス認定に向けていろいろな施策をしていたことを振り返りつつ、晴れてギネス認定されたことに喜びと感謝の言葉を述べた。

また、セガのお店の運営会社がGENDA SEGA Entertainmentに生まれ変わったことにも触れ、これからもさらにお客さんが楽しんでもらえるよう、世界中の人々の人生をより楽しくすることをモットーに励んでいきたいと語った。

「セガ新宿歌舞伎町」概要

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館1F・2F
アクセス:JR新宿駅東口から徒歩5分
電話番号:03-3208-0571
営業時間:平日11:00~23:00 
営業面積:352坪

店舗URL
https://tempo.sega.jp/am/kabukicho/

店舗Twitter
https://twitter.com/kabukicho_SE

この記事をGamerで読む