ショートストーリー

  • ショートストーリー第1回
  • ショートストーリー第2回
  • ショートストーリー第3回

第2回

冷たくて乾いた都会の夜の風。
深夜二十三時五分の高速バスターミナル。 
唇かおっぱいか、それが問題だった

ショートストーリー第2回 文章 ショートストーリー第2回 文章 ショートストーリー第2回 挿絵
トップへ戻る