モンスターハンター4

モンハン渋の里のロケに同行!とにかくモンハン大好きなメンバーとTVスタッフの動きに感動…!「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」密着取材レポート

モンハン渋の里のロケに同行!とにかくモンハン大好きなメンバーとTVスタッフの動きに感動…!「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」密着取材レポート

担当:

ニンテンドー3DS

テレビ東京にて毎週土曜日に放送中の「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」。Gamer編集部がロケに同行!独占取材で見えたキャストの素顔とTV番組制作の苦労を追う!最終回の放送は1月4日!

TV番組「一狩りいこうぜ!」は、2011年1月~4月までテレビ東京にて放映していた「モンスターハンター」初のレギュラー番組。またまたレギュラーとしてパワーアップした「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」では、ニンテンドー3DS「モンスターハンター4」での「ガチ狩り」はもちろん、普段はあまりゲームをしない人から熟練のハンターまで老若男女問わず広い層に向けて、さまざまなゲストと企画でモンスターハンターの魅力をお伝え!

今回Gamer編集部、自称カプコンのバンキシャ「細山田亮太」が長野県信州渋温泉でのロケ撮影にスタジオから密着取材を敢行!テレビでは見れない制作の裏側や、レギュラーキャスト陣にもコメントをもらったので紹介しよう。

モンスターハンター×長野県信州渋温泉“モンハン渋の里”公式サイト

テレビ東京・あにてれ「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」

テレビ東京天王洲スタジオから出発!

テレビの制作会社はもちろん、スタジオも初体験の筆者。しかも取材で裏側に入れるなど、めったにないということで、「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」ロケに同行することに。

テレビ東京天王洲スタジオに集合、車内でも収録をするということで大きなサロンバスが登場。技術さんが機材などを詰め込むマイクロバスも到着し、撮影用機材が本当にあっという間に積み込まれる!超早い!時間をちょっとでも無駄にはできないのだろう…過酷だ。

そして、第8回のオープニング撮影のためにレギュラーキャストの岡田義徳さん、アメリカザリガニ 柳原哲也さんと平井善之さん、福田萌さんがモンハンウェアに着替えて登場。柳原さんの軽快なトークでさらにゲストのハマカーン 浜谷健司さんと神田伸一郎さん、風男塾の赤園虎次郎さんと武器屋桃太郎さん、てんちむさんが合流。

大爆笑のオープニングトークだったが、こんなに長くしゃべっているとは…。かなりカットされているのと、キャスト陣のテンションの高さに驚き。朝なのにさすがプロ。そしてバスに乗り込み出発!予定時間をちょっと過ぎてた??

バス車内ではロケ地で使用する「ゴア・マガラの逆鱗」を集めるため、みんな必死でプレイ。そんな簡単に集められないでしょ…と思っていたら次から次へとガチで逆鱗をゲットするメンバー。ホントにそこでプレイしているのを見てまたまた驚き。バス内もテンションMAX、SAではちょっと一服。柳原さんは毎回ソフトクリームを買ってきて、スタッフにちょっとずつ食べさせていてほっこり。

長野県信州渋温泉に到着!モンハンコラボ一色にメンバー興奮!
駐車場でモンスターの足跡発見!

渋温泉に到着すると、ここでもまた制作スタッフの機材の運搬が早いこと、早いこと。バスから降りてきたキャスト陣が撮影開始!ここの駐車場には黒蝕竜「ゴア・マガラ」の足跡が!それを見つつハマカーン浜谷さんがボケ、渋温泉から合流の滝口幸広さん、酒井瞳さん、村上麻莉奈さんが登場。全員揃ったところで屋台村にGO!

屋台村ではふざけ砲台!ふざけ放題!

オリジナルのフードやドリンク、モンハンにちなんだアトラクションや水着で入れるハンター露天風呂も完備した屋台村では、てんちむさんの天然っぷりが炸裂。バスの車内でゲットした逆鱗を使って、(結構寒いのに)キーンと冷えたドリンク「回復薬」を飲んで回復!

続いて意外とビビる音量の空気圧で弾を飛ばして遊ぶ「シブ式火竜車」を福田萌さんが挑戦!音の割にうまく的に当てることができず、ギャラリーは爆笑。もち、ここでも逆鱗は持っていかれているのだ。あと、滝は温泉じゃないですよ。皆さん。温泉も飛竜の巣もしっかり確認したところで、温泉郷を散策スタート!

渋温泉を散策

お宿やお商店、食事処までモンスターハンターとコラボしている信州渋温泉。おなじみのテーマも街中に常に流れており、気分が盛り上がる。カメラが回っていくても結構テンションの高いキャスト陣。昭和の薫りを残す町並みやおみやげ屋に興味津々。女性陣はちょっと寒かったみたい。

ここから二班に分かれて収録が進んだが、筆者はアメザリさんと岡田さんが率いる班に密着することに。長い階段を進み「渋薬師庵」にお参り、側道を降りて行くとティガレックスの爪あとが残る小屋が。ここでだいぶ日が傾いている。

するとここからキャストの散策がエスカレート。「おみやげ買いたい」との誰かの言葉にウロウロし出す岡田さんとアメザリの柳原さん。途中お湯を触ったり、モンハンに関係ない刀を買おうとしたり、温泉まんじゅうを本気で選んだり…ただの旅行客??

食事シーンの撮影はコラボフード「黒食竜 ゴア・ソバ」を提供するやり屋さん(夏のプレスツアーでは本当にお世話になりました!)。ここでも逆鱗を使って美味しいそばを満喫するメンバー。

大陽館「ヤマト屋」にてロケは続く!

日もとっぷりと暮れ、撮影の舞台は大陽館「ヤマト屋」さんへ。ロビーでの撮影も浜谷さんが逆鱗をめぐって大暴れ。二階に上がり大広間でさらに熱い撮影が開始。技術さんの動きを見ていると、カメラ、照明、ゲーム機の接続など、それぞれのプロフェッショナルがキビキビ動く。自分がこの中で働いたらマジで怒鳴られそう…。

最初の収録は第7回放送の「クイズ100人以上に聞きました!」コーナー。お座敷にメイン司会をアメザリの平井さんが担当。すでに放送を見ている人も多いと思うが、このコーナーは全国のハンター100人以上に聞いた質問の答えを当てていくゲーム。長時間のロケなのにメンバーのテンションは未だ下がらず。

ガチ狩りのコーナーでは、怒りに怒りまくるラージャンの討伐に挑戦!全員がしっかりと声をかけながらプレイに集中(詳しくはあにてれちゃんねるで見てネ)!ハマカーンチームは浜谷さんは監督に就任。この監督がちょっと声がデカくてウザい。風男塾の2人は声がけも男っぺ~ぜ!でもクエストはクリア!賞品のリオレウスケーキも仲良く食べようぞ。

そしてクライマックス!最終回となる第9回で放送される「狩1グランプリ」!勝利者のコンビにはなんと「信州牛のしゃぶしゃぶ」が賞品として用意されているとあって、マジでコメントもそんなにせず、皆必死でハンティング。来年の放送のため、詳細は語ることはできないが「モンスターハンターは初心者でも狩りに行けば行くほど強くなる!」ということが実感できる感動の対決が見れたぞ。エンディングを迎えて後はさすがに皆疲れたようで宿の食事も満喫していた。後ろのモニターで見ていても興奮した!!

収録を終えたレギュラーメンバーの皆さんにコメントをいただきました!
岡田義徳さん

――今回のロケで最終回の収録となりますが、お気持ちはどうですか?

岡田さん:昔は「ゲームやっていると友だちができない」ような話もありましたが、「モンスターハンター」のようなゲームが発売されたおかげで、ゲームを通じて仲良くなったり、みんなで一緒に楽しむことができるようになったことが本当に嬉しいですね。レギュラーメンバーもはじめて会った人ばかりだったのに今はチームワークも良いし、しゃべりもゲームできるので楽しくて、とてもいい時代になったと感じます。まだ体験していない人もモンスターハンターを入口として楽しんでもらいたいですね。

――行きのバスでゴア・マガラの逆鱗を狙っていましたが、どうでしたか?

岡田さん:実はカプコンの企画で「ゴア・マガラ」の素材集めをやっているんで、今はお友達のようです(笑)。動きが手に取るように分かりますし、飽きずに楽しんでいます。まだまだ「こう動いたほうがいいんじゃないか?」と気付くこともあり、奥深いゲームだと思いますね。

――モンスターハンターとコラボしている渋温泉に来てどうでしたか?

岡田さん:撮影に時間が限られているのでバタバタしてしまいましたが、今度はゆっくりと来てみたいと思いますね。モンスターハンターを通して町おこしができるのはいいことですね。加工屋のぞきたかったですね(笑)。

――番組を楽しんでいるファンにメッセージをお願いします。

岡田さん:皆さんの応援によって、また番組が復活するかもしれません!どんどん投書やメール、Twitterなどでメッセージをくれると嬉しいです。次回は一般のハンターさんを呼んで一緒に楽しみたいですね。

アメリカザリガニ 柳原哲也さん

――今回のロケで最終回の収録となりますが、お気持ちはどうですか?

柳原さん:僕はモンスターハンターは7とか10とか続くと思っていますし、次は絶対4Gですし、その度にお仕事が来るので、悲壮感などはないですよ。

――シリーズを遊んできて腕前は上がってきましたか?

柳原さん:僕、実はめっさゲーム下手くそなんですよ(笑)。下手ということでモンスターハンターのお仕事をもらえるきっかけになったんです。まだハンターランク6ですし、クエストも端から端まできっちりクリアしなければ気が済まないんです。武器も全部使いこなせないんで、今は操虫棍とハンマーと太刀くらいしか使えませんし、ガンナーにもなれませんし、ハチミツも気付いたらすぐなくなるんです。インターネット通信も最近やり方を覚えたばかりで、最初はフレンド登録をすると便利なのを知らず、「部屋作ったで!探して!」「探せるかっ!」といった状況にもなりました(笑)。

モンスターハンターは、驚異的な進化ではなく、これまで遊んできたハンターたちをうならす進化をしてくるので本当にスゴイと思いますね。

――今回、ハマカーンのお二人と撮影をしてどうでしたか?

柳原さん:ゲストに来てくれる方とは「モンスターハンター」という共通点があると、すぐに仲良くなれるんです。ハマカーンの2人はサシで仕事をするのは初めてくらいなんですが、一気に溶け込めて盛り上がれますね。学校のクラスにモンスターハンターが好きな子たちが最初から集まっているような、オフ会みたいな番組なんで、とにかく楽しく過ごせました。

アメリカザリガニ 平井善之さん

――今回のロケで最終回の収録となりますが、お気持ちはどうですか?

平井さん:番組が楽しいんで、ちょっと悲しいんですが…ずっと続けたいと思わせてくれるのもモンスターハンターの魅力ですよね。狩りをしているみんなもバラエティー豊かで楽しいですね。

――新人ハンターたちも奮戦してましたね。

平井さん:頑張ってましたね。モンスターハンターシリーズはもうすぐ10周年なので、親子などいろいろな世代のハンターがプレイしていますよね。小さいお子さんからファンレターが届くのも嬉しいですね。

――今回、ハマカーンのお二人と撮影をしてどう感じましたか?

平井さん:撮影中、お互いの投げられる球種が面白くて…(笑)。(狩りについては)撮影がない日でも、レギュラーメンバーや番組のプロデューサーの方と食事会をしながら楽しんでいます。その雰囲気がそのまま番組になっている感じです。キャスト陣には本当に助けられていますね。

――番組内で討伐に挑戦した「シャガルマガラ」の強さはどうでしたか?

平井さん:どんなに強いねん!っという感じでした。手応えを感じる前に必死だったんで、実は手がびっしょりだったんです(笑)。全員倒れたらどうしよう!とガチで頑張りました。

――モンスターハンターとコラボしている渋温泉に来てどうでしたか?

平井さん:初めて来たんですが、本当に素晴らしいですね。どこの温泉に行くのか迷った時はぜひ渋温泉に!旅館で家族で狩りをしてもいいし、友達と大部屋で狩りを楽しんでもいいし。

――番組を楽しんでいるファンにメッセージをお願いします。

平井さん:この番組を見てモンスターハンターを始めてくれる人が増えれば、本当に嬉しいです。これからも皆さんの声が次の番組を作るかもしれません。一般のハンターさんも参加できるような番組も楽しいですね!

福田萌さん

――行きのバスでゴア・マガラの逆鱗を狙っていましたが、どうでしたか?

福田さん:どんどんタイムが短くなって、チームワークも良くなってきているって感じます。バランスの良い狩りができていますね。今は子育てがあるので家で一人で狩っています。

――モンスターハンターとコラボしている渋温泉に来てどうでしたか?

福田さん:モンハンの世界とコラボしてて、街の中にもいろいろな仕掛けがあるので、一日だけじゃ回りきれないなって思います。奥深い感じで雰囲気もあって街全体がテーマパークみたいですよね。

――レギュラーメンバーとは良く狩りに出かけるんですか?

福田さん:和気あいあいと収録前に狩りに出かけたりとか、付き合いも長いので気兼ねなく仲良くやっています。

――番組を楽しんでいるファンにメッセージをお願いします。

福田さん:これでこの番組は一区切りなんですが、楽しみに待ってもらってありがとうございます。次回も続くことを私も願っているので楽しみにしていてください。

酒井瞳さん

――今回のロケで最終回の収録となりますが、お気持ちはどうですか?

酒井さん:今日の収録まで(番組のコーナーの都合上)ハンターランクが3だったんで、後半はほとんど知らないモンスターばっかり出てきて、「これからこんな強いモンスターを討伐するの!?」とちょっとヘコんでしまいました(笑)。ただ皆のモンスターとの狩り方は見入ってしまいましたね。これからハンターランクを徹夜であげようと思っています!

――やはり自分が「強くなった」と感じますか?

酒井さん:最初は操作の仕方もわからないところから始まったんで、今はかなり上達したと思います。村クエストも一人でどんどんクリアしていくことができました。

――お気に入りのモンスターはいますか?

酒井さん:自分の中での天敵は「ダレン・モーラン」です。本当に討伐の仕方がわからなくて…大きすぎて手に負えなくて…。

――モンスターハンターとコラボしている渋温泉に来てどうでしたか?

酒井さん:実は長野県に来たのは今回が初めてなんですよ。こんな素敵な場所があることを知らなかったことが残念です。アイルーまんじゅうもすごい可愛かったです!

モンスターハンター×長野県信州渋温泉“モンハン渋の里”で年中狩ろうぜ!ウィンターシーズン開催中!

夜の渋温泉にアイルーが輝く!「アイルミネーション」など冬ならでは企画実施中!詳しくはこちら!

モンスターハンター×長野県信州渋温泉“モンハン渋の里”公式サイト

テレビ東京・あにてれ「モンハンぷらす 一狩りいこうぜ!4」

モンスターハンター4

カプコン3DSパッケージ

  • 発売日:2013年9月14日
  • 価格:5,990円(税込)
  • 15歳以上対象
モンスターハンター4

モンスターハンター4

カプコン3DSダウンロード

  • 発売日:2013年9月14日
  • 価格:5,990円(税込)
  • 15歳以上対象
  • ニンテンドーeショップ ダウンロード版
モンスターハンター4

モンスターハンター4 ハンターパック

任天堂3DSパッケージ

  • 発売日:2013年11月7日
  • 価格:19,800円(税込)
  • 15歳以上対象
モンスターハンター4 ハンターパック
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (C) TV TOKYO All rights reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る