PS Vita「アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~」追加コスチュームやパネルアタックなどの新要素を搭載して3月27日に発売!

PS Vita「アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~」追加コスチュームやパネルアタックなどの新要素を搭載して3月27日に発売!

担当:Gamer編集部

PS Vita

ガストは、PS Vita用ソフト「アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~」を2014年3月27日に発売すると発表した。価格は通常版、プレミアムボックス共に未定。

本作は、2012年6月にPS3で発売された黄昏シリーズ1作目「アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~」をベースに、Plusシリーズのノウハウを活かした追加要素を盛り込んだ作品だ。

タイトル発表と合わせて発売日も公開となった今回は、改めてゲームの内容を紹介すると共に、Plusで追加される要素についてもお伝えしていこう。

ストーリー

幾度目かの黄昏の時代が始まり、再び何度目かの慎ましやかな生活が取り戻されつつある世界の、とある一地方。そこでは、国家のような統治された組織は無いものの、人々が手を取り合って暮らしていた。

その中に、人里離れたアトリエで薬を作って生計を立てている、一人の女の子がいた。彼女の名前はアーシャ。

以前は祖父と妹と三人で暮らしていたが、数年前に祖父が他界した後、妹も行方不明となってしまい、今はペットのうしがいるだけで、天涯孤独の身となっている。

妹がいなくなってからしばらくは失意の底にいたが、祖父の頃から取引している旅の商人の協力もあり、新たな生きがいを見つけ、立ち直ることに成功するのだった。そして、哀しみの記憶も少しずつ薄れ始めていたころ。

いつものように薬の材料を探して、アトリエ近くの遺跡に出掛けたアーシャは、そこで、いなくなったはずの妹の姿を見かけることになる。妹が生きていて、世界のどこかにいることを知ったアーシャは、すぐさま妹を探すために旅立つことを決意する。

手がかりなんて何もないし、何をすればいいかもわからない。
ただ、この世界のどこかで、妹と再会できることだけを信じて。

キャラクター紹介
アーシャ・アルトゥール(Ayesha Altugle) CV:井上麻里奈
黄昏の大地で、一人生きる少女

Age:17
Blood:A
Height:157cm
職業:薬士、のちに錬金術士

人里離れた平原にぽつんと建ったアトリエに、一人で住んでいる女の子。平原に生えた薬草や珍しい植物を採り、薬を作って生計を立てている。数年前に行方不明になった妹が生きていることを知り、ペットの牛のパナと共に旅に出る。

性格はとても人当たりがよく、誰とでも仲良くなれるが天然な面があり、周囲をよく巻き込んでいる。

「解らないことだらけだけど、まずは始めなきゃ!」

主人公・アーシャのほかにも、多数のキャラクターたちが登場する。各キャラクターの詳細については次回以降にお伝えしていくが、ここでは黄昏の世界で生きる人々の一端を公開!

ストーリー序盤のダイジェスト

人里離れた遺跡の近くで薬士として牛のパナと共に暮らしているアーシャ。遺跡から採れる薬草から薬を作り、生計を立てている。妹のニオが行方不明となり数年、意気消沈していたこともあったが、周囲の人々に支えられ今では明るく過ごしていた。

妹への想いは今でも色あせることはなく、アーシャは今でもニオのいなくなった遺跡に足しげく通っている。ある日、遺跡から帰ろうとすると、突如いなくなったニオがアーシャの前に現れる。必死に呼びかけるものの、消えてしまうニオ。

時を同じくして遺跡調査に来て一部始終を見ていたキースは、ニオがまだ生きていることを伝え、妹を救いたければ錬金術を学べとアーシャに説く。半信半疑ではあるものの、ニオを救う一筋の手掛かりを知ったアーシャは、錬金術を知るため旅に出ることに。

ゲームの見どころ
ゲームプレイの流れ

本作は、3年間の間にアーシャが冒険を重ねていき、行方不明になったニオを探し出すことが大きな目的となる。冒険を進めていく中で採取や調合、戦闘を繰り返したり、人々との思い出を作り、やがて物語の核心に迫っていくのだ。

まずノートで次の目標を確認。その後、目的達成のため採取に出かけたり、戦闘や調合をこなしていこう。
こうしてゲームを進めていくことで、イベントが発生したりと、物語が進んでいくぞ。
戦闘では、ド派手な演出を伴う攻撃も。戦いを盛り上げるシーンの数々にも注目だ。
Plusでのパワーアップポイント

「Plus」となった今作では、新たなコスチュームやボスが登場するほか、PS3版のダウンロードコンテンツ(DLC)が収録されている。もちろん、Plusシリーズで好評の各システムも追加されているぞ。

追加要素の一例
PS3版ダウンロードコンテンツ
追加採取地「ウシの楽園」(左)と「隠された楽園」(右)
追加キャラクターのマリオン(左)とオディーリア(右)
追加コスチュームの水着(左:リンカ、右:アーシャ)
コスチュームチェンジ

Plusシリーズでお馴染みとなっているコスチュームチェンジはもちろん今作でも健在。今作はPS3版よりもチェンジ可能な人数とコスチューム数が大幅に増えている。

Plusシリーズのノウハウを活かした追加要素
パネルアタック(仮称)

ゲーム内の課題をクリアすることでパネルがめくれる。全てめくるとボーナスなど嬉しい特典が!?

ハードモード(仮称)

やり込み好きなプレイヤー向けに、敵のHPがアップするなどさまざまな要素が存在するハードモードが用意されている。

新たな強敵

強大な力を持った敵も新たに登場する。PS3版をやり込んだ人も挑戦してみよう。

Plusシリーズで受け継がれた要素は今作にも搭載されているが、さらにアッと驚く追加要素があるかも…?続報にも期待しておこう。

黄昏シリーズとしての展開

本作から数年後の世界、舞台を別の場所に移して展開する黄昏シリーズ2作目「エスカ&ロジーのアトリエ」では、「アーシャのアトリエ」のキャラクターも登場する。「エスカ&ロジーのアトリエ」は2014年にTVアニメの放送が予定されているので、アニメ放送を前に本作をプレイしておけば、より一層物語が楽しめるだろう。

初回特典とプレミアムボックス

本作の初回特典には、コスチュームのダウンロードコードが付属される予定だ。詳細な情報は後日公開となるので、どんなコスチュームが収録されるのか楽しみにしておこう。また、プレミアムボックスにはほかのPlusシリーズと同様、ミニクリスタル・ペーパーウェイトが同梱される予定だ。

「新・ロロナのアトリエ」では、初回特典にコスチュームの「ビーチバケイション」が、
プレミアムボックスにはミニクリスタル・ペーパーウェイトが同梱されていた。

アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~

ガストPSVitaパッケージ

  • 発売日:2014年3月27日
  • 価格:5,800円(税抜)
  • 12歳以上対象
アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~
(C)GUST CO.,LTD. 2014 All rights reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
モンスターハンターダブルクロス特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る