ガマニアデジタルエンターテインメントは、2014年よりスマートフォン市場に本格参入することを表明。その経緯や今後の展開について、代表取締役社長 兼 COOの浅井清氏にインタビューを行った。

今回インタビューの実施に伴い、同社が2014年上半期にリリースを予定しているタイトルについても紹介していただいた。ガマニアデジタルエンターテインメントと言えば、PCオンラインゲームを良くプレイしている人なら分かる通り、キャラクターの魅力を押し出したタイトルが多いイメージだ。

しかしスマートフォンでは、すでにリリース済みの「もじって!はに神さまっ!」をはじめ、これまでの同社のイメージとは異なるタイトルも用意されている。インタビューの内容をお届けする前に、まずは今後リリースが予定されているタイトルを紹介していこう。

2014年上半期リリース予定のラインナップ
Android「おしおき姫っ!」(GooglePlayにて配信済み)

すでにリリース済みの「おしおき姫っ!」は、「Webナイトカーニバル!」のスピンオフ作品となっており、同作に出てくるキャラクター・姫騎士たちをオシオキするというもの。

ステージによって姫騎士たちのお尻や胸が表示され、それを「叩く」と「なでる」ことで、うまく「オシオキ」と「カイカン」という2つのゲージを上げていくのだ。両方のゲージが同時に満タンになるとクリアとなり、クリア後にはご褒美画像が待っているぞ。

ポイントは何と言っても、お尻や胸が揺れること。そして「叩く」と「なでる」ためのアイテムが豊富なことだ。オシオキのために用意されているアイテムは、「叩く」だと基本の手をはじめ、ハリセンや鞭などがある。一方の「なでる」だと、筆や羽、ゲーム後半に進めば氷といったものも存在する。

女の子とアイテムには相性があり、アイテムによってゲージの溜まり具合が異なるので、ベストな組み合わせを模索するのも楽しみのひとつ。一度クリアしたものはギャラリーで閲覧でき、オシオキ時と同じく揺れるので、いつでも揺れを堪能し直すことが可能。揺れの表現はオシオキの効果音と相まって、「おおっ!?」と驚きを感じるに違いない。

iOS/Android「復讐のブラッドクロニクル」 (2014年2月配信予定)

「復讐のブラッドクロニクル」は、神聖、精霊、煉獄の3種族からどれかを選び、それぞれの種族で団結し、共通の宿敵・ブラッドロードに立ち向かうRPG。ゲームの基本的な部分はオーソドックスなカードバトルタイプのものとなっているが、大きく2つの特徴がある。

ひとつ目が、フル3Dで制作されているグラフィックだ。プレイヤーキャラクターはもちろんのこと、ダンジョンやモンスターも全て3Dというリッチな作りになっているぞ。バトルの演出もかなり派手な作りで、その点も見ごたえアリ。

もうひとつが、カードバトル系のRPGにあるシステムを深く掘り下げているところ。カードを合成して強化、スキルのレベルを上げて…といったものだけでなく、ルーンやジェムを付けて性能をカスタマイズしていく要素もある。バトルでもカードの配置場所を考える必要があるなど、システムとしては一般的なものながら、それらを組み合わせて遊びの幅を広げたタイトルだ。

カードバトルもので重要なカードの枚数も、リリース段階で約200枚用意されており、当然ながらリリース後も定期的に追加されていく。フレンドと協力して戦うレイドボスのほか、PvPやGvGといった対人要素も搭載されているなど、長く遊べる作りになっている。

iOS/Android「スプラッシュガールズ!」(2014年2月リリース予定)

本作は、水着を着た美少女を操作して、ウォータースライダーに挑戦するスライダーアクションゲーム。コース中に落ちているコインを集めたり、障害物をうまく避けながら進み、無事に制限時間内にゴールすると撮影モードが楽しめるぞ。

この撮影モードは、カメラのシャッターをタイミング良く押し、高評価を得ることでたくさんのコインを入手できる。集めたコインは女の子の水着や浮き輪などと交換できるので、たくさんレースと撮影をこなしてアバターのバリエーションを増やしていこう。なお、撮影モードで撮影した写真はFacebookやTwitterでコメントして、ほかの人とシェアすることも可能だ。

リリース当初に登場するキャラクターは5人だが、配信後にも追加が予定されている。さらに今後は、他作品とのコラボも検討しているというので、その点にも期待したい。

iOS/Android「てのひらワンコ」 (2014年3月リリース予定)

“犬をスマホで飼う”をテーマにし、子犬を育てて芸を教えたり、餌を上げてコミュニケーションが取れるのが「てのひらワンコ」だ。育成できる犬の種類は50種類以上と非常に豊富で、一度に三匹まで同時に飼うことができる。単に犬とのコミュニケーションが楽しめるだけでなく、自宅のレイアウトにこだわることも可能だ。

犬同士で芸やファッションを競い合うPvPをはじめ、ほかのプレイヤーの家を訪れてみるといった交流要素もある。ゲーム内にはコミュニケーションを取れる場がしっかりと作られており、ゲーム内の犬を自慢することもできるなど、犬好きにはたまらないタイトルだ。

iOS/Android「アイス×ライフ!」(2014年配信予定)

「アイス×ライフ!」は、アイスクリームに特化した経営シミュレーションゲーム。自分好みのアイスクリームを作って販売し、貯めたお金でお店を拡張したり、材料を買って作れるアイスクリームのバリエーションを増やしていくのだ。お店の模様替えや、店員となる自分自身のアバターをカスタマイズすることもできるぞ。

アイスクリームを作る自由度が非常に高く、トッピングの中に“しらす”や“エビフライ”があったりと、ネタに走ったものも作れるのが面白いところ。美味しそうなアイスクリームを作って夜中にシェアしたり、面白いアイスクリームでほかの人を笑わせてみたりと、好きなようにアイスクリームを作ってみよう。

今後の展開について代表取締役の浅井氏にインタビュー

――2014年からスマートフォン市場に本格参入されるとのことですが、その経緯を教えてください。

浅井清氏
浅井清氏

浅井氏:弊社はこれまでPCオンラインゲームをメインにやっており、「巨商伝」や「ルーセントハート」といったタイトルを長く運営しています。ブラウザゲームでもある程度収益を上げていましたので、準備しているブラウザゲームをしっかりやっていく考えは今も持っていますが、やはりスマートフォンの展開もすべきという話が社内で上がっていました。

これらが2012年の始め頃ですが、その当時というのはGREEやMobageといったプラットフォームの勢いはありましたが、「パズル&ドラゴンズ」のような成功モデルがなく、各社が方向性をどうすべきか迷っている時期だったと思います。

実際に弊社でもGREEで一部コンテンツを提供させていただいたり、社内でテスト的に開発してみたりと試行錯誤していましたが、2012年はガマニアグループ全体として、PCオンラインゲームのグローバル展開に力を入れていました。中国や韓国だけでなく、北米やヨーロッパ、それこそヨーロッパはオランダ、ドイツ、フランス、イギリスでパブリッシングをしようと準備を進めていました。

グループ戦略にしっかりと注力しつつ、スマートフォン市場にも踏み出していこうと考えていましたが、ここ1~2年はマーケットの激変もありました。

正直なところ、こうした変化についていけないところがあったのですが、中国や台湾もスマートフォン市場に大きくシフトしてきており、どの国の市場にもいいタイトルが出揃っていました。我々はPCオンラインゲームに軸足を置いていたので、スマートフォン市場へは出遅れてしまった部分はありますが、だからこそ毛色の違うものを作ったり、ライセンス物を含め、バランスよくタイトルを揃えて準備をしてきました。ようやくその準備が整いましたので、今年から本格的にスマートフォンにも力を入れていきます。

――2013年を振り返ってみての感想や手応えはいかがでしょうか。

浅井氏:PCオンラインゲームは正直厳しかったです。マーケットそのものが縮小傾向というのもありますが、昨年弊社がリリースした「ティアラ コンチェルト」や「エンゲージナイツ~新約英雄大戦~」などは、マーケットが変化する中でずっと寝かせておくわけにもいかず、コンテンツが熟成する前にリリースせざるを得ない状況になってしまいました。ユーザーさんからは「ティアラ コンチェルト」に対し特に大きな期待をいただいていましたが、結果として裏切るような形となってしまい、それが一番残念に思っています。

スマートフォンに関しては徐々にシフトしていくつもりで、2013年から本格的に開始する予定でしたが、タイトルの準備などで遅れてしまい、結果として準備の年という感じでした。

――「あっぱれ!天下御免 乱」や「エンゲージナイツ~新約英雄大戦~」ではスピンオフ作品としてスマートフォンアプリを配信されていましたが、それも準備の一環でしょうか。

浅井氏:そうですね。昨年の段階では何もリリースしたことがなかったため、恥ずかしながらApp Storeで配信するための手順なども分からない状態でした。ですので、マーケティングの面も含め、まずは手軽に遊べるアプリを実験的にリリースしてみようとトライしたものになります。

「あっぱれ!天下御免 快」(左)と「美少女英雄くずし ~エンゲージナイツ~」(右)

――「あっぱれ!天下御免 乱」をYahoo! Mobageで、GREEでは「ナイトカーニバル! EXA」「恋姫†夢想 EXA」をリリースしました。自社で決済サービス「GASH」をお持ちですが、その中で他社プラットフォームを使った理由を教えてください。

浅井氏:もちろん基本的には自社プラットフォームを優先する方針ですので、まずはGASHにてリリースしますが、今の時代は新規のユーザーさんに知っていただく、遊んでいただくことが難しくなっています。そのため、同じリソースを使ってほかのプラットフォームのユーザーさんに遊んでいただけるのであれば、タイミングなどを考えつつ展開していくつもりです。

以前からハンゲームでは「巨商伝」、Yahoo! Mobageでは「Web パワードール」、ニコニコアプリでは「Web 恋姫†夢想」をそれぞれサービスさせていただいていますので、今後もユーザーさんの相性などを見て、コンテンツを提供させていただくことはあると思います。

――「エンゲージナイツ~新約英雄大戦~」はブラウザゲーム本編のサービスが終了を迎えてしまいますが、スピンオフ作品を続けたりといった考えはあるのでしょうか。

浅井氏:ブラウザゲームの方は残念ながら開発の問題などもあり、継続し続けるよりはどこかでリセットしてしまうしかない、という判断になりました。スピンオフ作品としてリリースしたアプリも配信は止めてしまいますが、これはいわゆるオマケ要素のようなものなので、「エンゲージナイツ~新約英雄大戦~」というIPを活かしつつ、新たにしっかりと遊べるコンテンツを作るというのはアリかなと考えています。

――スマートフォンアプリはブラウザゲームと合わせた展開だけでなく、オリジナルタイトルの「もじって!はに神さまっ!」も配信されました。

浅井氏:「もじって!はに神さまっ!」はAndroid版を含めると約10万ダウンロードを記録しており、思った以上にユーザーさんの反応が良かったです。社内での評判もいいですし、細々と開発を続けてランキング機能を追加したところ、すごくやり込んでいるユーザーさんがたくさんいらっしゃったのに驚きまして(笑)、手応えも感じています。

ただ、長く遊ぶ設計ではなかったり、ほかのプレイヤーと競い合う要素をあまり入れていませんでした。さらに言えばマネタイズの部分も整っておらず、ユーザーさんの評判は良かった一方で、正直なところ売上にはあまり繋がっていません。そうした部分を改善していくため、ゲーム部分を踏襲した次回作の準備を進めているところです。

――それはガラッとキャラクターを変えたもの、という感じでしょうか。

浅井氏:キャラクターを変える案もありますが、はにわのキャラクターに対する反応は良かったですし、私自身も気に入っています(笑)。「はに神さまっ!2」ではないかもしれませんが、良かった部分を活かしながら長く遊べる仕組みを取り入れていこうと思っています。

――市場を見ると桁違いの数字を誇るタイトルもありますが、「はに神さまっ」は10万ダウンロードと、スマッシュヒットと言えるぐらいのものになりました。その要因はどこにあったと見ていますか。

浅井氏:やはり遊び方の部分でしょうか。ソーシャルゲームが流行ってからカードRPGが増えましたが、市場に多く出回っているタイトルと同じようなものではなく、違う切り口の遊び方を提供できたことがユーザーさんの評価に結び付いていると思います。

――スマートフォン市場では後発となってしまいますが、その分、ほかにはないタイトルを、というお話がありました。今回タイトルを紹介いただきましたが、今後の方向性としては例えばネイティブでリッチなものをとか、ブラウザベースで手軽なものをなど、どのように考えているのでしょうか。

浅井氏:ボリューミーでガッツリと長く遊べるタイトルというのは、日本でも大手メーカーさんがすごく力を入れて開発していますので、そこはもう任せてしまった方がいいのかなと(笑)。例えばPCオンラインゲームでもそうですが、MMORPGが出てからはMMO中心になった時期もありますが、そういった中で弊社は「O2Jam」という音楽ゲームを提供していました。違うジャンルのゲームが出ることで、ユーザーさんの裾野が広がるフェーズが存在すると思います。

今のスマートフォン市場を見ると、どうしてもヒットしたタイトルと似たようなものが後追いで出てくる傾向にある気がします。社内でよく話をするのですが、流行に乗って売れそうなタイトルをやるよりは、自分たちでやりたいと思えるもの、楽しんで開発できるものを作ろうと心掛けています。いったん「稼ぐため」という考えを捨てて初心に戻ると言いますか、今のマーケットにあるタイトルとはちょっと違った遊び方ができるものを出していきたいと考えています。

――PCオンラインゲームでは海外タイトルのライセンスを受けて日本で提供ということが多いですが、御社では国内での開発も、グループ内での開発もあります。その時の経験がスマートフォンアプリの開発でも生きたと感じる部分はありますか。

浅井氏:「あっぱれ!天下御免 快」「美少女英雄くずし~エンゲージナイツ~」もスピンオフ作品で、ゲームとしてはオマケ的な意味合いが強いのですが、そうして開発してきたことは間違いなく今に繋がっています。元々ブラウザタイプのオンラインゲームは日本国内でも開発していましたので、サーバー周りではそのノウハウが十分に生かせていると思います。

単に数を揃えようというわけではないのですが、現状はそうした自社開発をはじめ、グループ内開発、グループ外開発によるライセンスをバランスよく組み合わせながら、ユーザーさんのさまざまなニーズに合わせられるように展開していくつもりです。

――例えば「もじって!はに神さまっ!」のようなオリジナルタイトル、「Web恋姫†夢想」のようなIPタイトルなど、いくつか柱を立てていくといった感じでしょうか。

浅井氏:そうですね。正直なところまだ手探りではありますが、ある程度タイトル数やバリエーションを揃えながら、マーケットのニーズも探っていきたいと考えています。

冒頭で紹介した通り、「スプラッシュガールズ!」(左)や「てのひらワンコ」(右)などジャンルの異なるラインナップに。

――2012年はPCオンラインゲームのグローバル展開に力を入れていたとのことですが、その際に海外市場もスマートフォンに移行してきていると感じることはあったのでしょうか。

浅井氏:はい。中国や台湾、香港などはむしろ日本以上にスマートフォンの普及が早いなと感じます。日本の場合はフィーチャーフォン、俗にガラケーと呼ばれるケータイにも、「iモード」といったサービスが充実していましたので、乗り換えがそれほど早くなく、アジアの中ではスマートフォンの普及率がまだ低い方だと思います。海外はスマートフォンの普及速度などを踏まえると、マーケットの変化は日本よりも早い印象ですね。

――最近日本ではスマートフォンアプリ単体だけでなく、そこに登場するキャラクターを活かしたグッズなどのメディアミックス展開など、自社のIPとして育てていこうという傾向が見られます。気の早い話ですが、そういった展開も考えているのでしょうか。

浅井氏:ヒットすればですね(笑)。メディアミックス展開だけでなく、例えば制作委員会のようなものに加入して、アニメと一緒にアプリの展開をするといったことも可能性としては十分に考えられます。ただ、単純に日本だけでなく、海外を含めて考えていきたい気持ちもあります。アジアでそうしたIP展開の話が出ると、真っ先に超有名タイトルが出てくるのですが…(笑)、少し古い作品でも「聖闘士星矢」などはアジアだけでなく、ブラジルでも人気があります。そうした日本でも知られており、海外でも人気のあるものと関われたらと思っています。

――実際一昨年にはコミックマーケットに出展されていましたが、その手応えや今後についてはいかがでしょうか。

2012年のコミックマーケット83に出展していた
2012年のコミックマーケット83に出展していた

浅井氏:コアなユーザーさんとのコミュニケーションの場にもなりますし、オンラインゲームはバーチャルなのでなかなか手に取れるものがありません。グッズ展開を行うことで、ユーザーさんの満足度を高めたり愛着を持っていただくことに繋がればと考えていました。ただ、それはあくまでPCオンラインゲームなどコアなユーザーさんをターゲットにしていましたので、スマートフォンではもう少しライト層の方を対象にしたものを展開していくと思います。

――スマートフォンの本格展開はこれからですが、現状でPCオンラインゲームとスマートフォンでユーザー層の違いを感じたりした部分はありますか?

浅井氏:やはりPCオンラインゲームの方がコミュニティの要素が強かったり、ロイヤリティの高いユーザーさんが多いと感じています。特にMMORPGは長い時間遊んでいただくものですし、その中で作られるユーザーさんの繋がりは非常に強いものがあります。それと比較すると、スマートフォンではゆるい繋がりが求められているのかなと。

PCやスマートフォンに限ってではなく、ネット上でのコミュニティもTwitterやLINEなど、より簡便に済ませられるものに変わってきている気がします。ひとつの時代の流れなのかなと思いますが、スマートフォンに関してはそうしたライトな繋がりができるようにしていくつもりです。

――スマートフォンはまだ手探りとありますが、2014年にヒットしそうなジャンルなど、何か予想みたいなものがあればお聞かせください。

浅井氏:ヒットしたタイトルの後追いで似たようなタイトルが続く傾向がありますが、ゲームプラットフォームでは昔から同じですよね。なので、これまであまりなかったものがスマッシュヒットしたりと、ジャンル自体が多様化していくのではないかなと考えています。スマートフォンではそれが特に顕著になり、グローバル化が進む一方で、日本に特化したタイトルも増えてくると思います。

――PCオンラインゲームとスマートフォン、細かく言えばPCの中にもクライアント型やブラウザゲームなどありますが、今後それぞれ力の入れ具合はどのようになるのでしょうか。

浅井氏:PCオンラインゲームについては従来通り、引き続きしっかりと運営を行いながら、新しいコンテンツも出していきます。グループ全体としてスマートフォンに移行していく流れですので、スマートフォンについてはお試しというよりも、手探りながら色んなチャレンジをしていきたいと考えています。

――PCオンラインゲームのスマートフォン展開などはいかがでしょうか。

浅井氏:考えてはいますが、単純にヒットしているPCオンラインゲームをスマートフォンに持ってきても、ユーザー層の違いなどにより、同じようにヒットするとは限りません。無理にユーザーさんを誘導したり遊んでいただくよりは、素材としていいものがあればスマートフォンでも活かしていく、そういった方向性でいます。

――マルチデバイス対応など、遊びの幅を広げるような展開はいかがでしょうか。

浅井氏:それもアリだと思いますが、プラットフォームを横断的にやるのは正直ハードルが高いです。それに加え、最近は「外出先ではスマートフォン、家に帰ってPC」という傾向ではなく、「家に帰ってもスマートフォン」になってきています。可能性としては模索していますが、今のところ基本的にPCはPC、スマートフォンはスマートフォンで考えています。

――スマートフォンに本格参入ということで、2014年は何本ぐらいリリースされる予定でしょうか。

浅井氏:上半期のタイトルはご紹介させていただいたタイトルを中心に6~7本、年間では8~10本程リリース予定です。PCオンラインゲームもブラウザタイプのものを上半期内に1本リリース予定があります。

――最後に2014年の抱負をお聞かせください。

浅井氏:今はPCオンラインゲーム市場の元気がなくなっている部分もありますが、我々としてはコアなユーザーさんに向けて、引き続きしっかりと遊べるものを提供していきたいと考えています。新しく展開していくスマートフォンについては、一味違ったものを提供していきたいと思っていますので、「ガマニアはこんなことをやるのか!」と、ほかとは違うタイトルが出てくることにご期待ください。

――ありがとうございました。

※各新作タイトルの名称は変更となる可能性があります。
※掲載中の画像は開発中のものです。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(50枚)

(C)2014 Gamania Digital Entertainment Co.,Ltd.

※画面は開発中のものです。

あわせて読みたい

  • セガ特集ページ
  • セール情報
  • プリコネR特集
  • 軌跡シリーズ特設サイト

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月15日(木)
2064: リードオンリーメモリーズ インテグラル
ALTDEUS: Beyond Chronos
ALTDEUS: Beyond Chronos 特装版
G-MODEアーカイブス34 魔城っ娘プリンセス
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Special Edition
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Standard Edition
Nine Witches: 家族騒動
Relicta
THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
Winning Post 9 2021
なめこ取り
アトリエ喫茶ふらっとからの脱出
ギア・クラブ アンリミテッド2 アルティメットエディション
サガ フロンティア リマスター
スティッチ・イン・トゥーキ・トラブル
マルくんの旅 ~出会いと別れの物語~
ミアステール~デズニフの遺跡~
レインパレード イタズラ雲の冒険!
嘘つき姫と盲目王子 Best Prise
廃深
真・三國無双8
迷宮経営SLG -ZombieVital DG-
4月20日(火)
MLB The Show 21(英語版)
MLB The Show 21(英語版) ジャッキー・ロビンソン・エディション
MLB The Show 21(英語版) デジタルデラックスエディション
4月21日(水)
ユージェネ
4月22日(木)
-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム for Nintendo Switch
Fight of Animals
NieR Replicant ver.1.22474487139...
OVERCOOKED!(オーバークック)王国のフルコース
Rolling Gunner + Over Power
アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX スペシャルコレクションボックス
アトリエ~ 不思議の錬金術士 トリロジー~ DX プレミアムボックス
インフィニットリンクス
サクラ・サキュバス ~モテ期は唐突に~
スメルター
ソフィーのアトリエ~ 不思議な本の錬金術士~ DX
タイピングクエスト
タイピングクエスト スターターセット
トロピコ 6 Nintendo Switchエディション
フィリスのアトリエ~ 不思議な旅の錬金術士~ DX
リディー&スールのアトリエ~ 不思議な絵画の錬金術士~ DX
レイス:ジ・オブリビオン - アフターライフ
ローリングガンナー コンプリートエディション
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド スペシャルパック
ワーウルフ:ジ・アポカリプス
妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch レベルファイブ ザ ベスト
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている レベルファイブ ザ ベスト
怪盗ロビーと忘れられた神殿
時計仕掛けのアポカリプス
時計仕掛けのアポカリプス 限定版
東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.
殺戮の天使
雷電IV×MIKADO remix
雷電IV×MIKADO remix 限定版
4月23日(金)
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered デジタルデラックス
4月27日(火)
GODZILLA DESTRUCTION
4月28日(水)
グリザイア ファントムトリガー 01 to 05
スターレネゲード
フライ トゥギャザー!
ミクと水没都市
原神
毎日♪ 衛宮さんちの今日のごはん
4月29日(木)
R-TYPE FINAL2
R-TYPE FINAL2 限定版
スーパー野田ゲーPARTY
4月30日(金)
Legend of Keepers: Welcome to the Dungeons Company
New ポケモンスナップ
Returnal
Returnal デジタルデラックス版