スクウェア・エニックスは本日10月28日、東京・六本木のニコファーレにおいて、生放送番組「『ドラゴンクエストヒーローズTV』特報版」をニコニコ生放送にて配信し、PS4/PS3用ソフト「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」を2015年2月26日に発売することなど、同作に関する新情報を公開した。

(左から)川島明さん、青海亮太氏、小笠原賢一氏

本番組では、MCをお笑い芸人・麒麟の川島明さんが務め、「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(以下、ドラゴンクエストヒーローズ)」の制作陣からプロデューサーのスクウェア・エニックス 青海亮太氏、コーエーテクモゲームス 小笠原賢一氏、さらにゲストとして中川翔子さん、そして「ドラゴンクエストヒーローズ」ゼネラルディレクターの堀井雄二氏が登壇。すでにお伝えした発売日をはじめとした最新情報や、最新の開発ROMを用いたデモプレイなど盛りだくさんの内容となった本番組の模様をレポートする。

まずは川島さん、青海氏、小笠原氏の3人が、本作に関するこれまでの情報をおさらい。無双シリーズで知られるコーエーテクモゲームスの「ω-Force」が開発を担当し、シリーズ初のアクションRPGとして発売される本作では、プレイヤーはアクトとメーア、男女いずれかの主人公を選択して遊ぶことができる。

そして先日発表された通り、主人公の2人を俳優として活躍する松坂桃李さん(アクト役)、桐谷美玲さん(メーア役)がそれぞれ担当。そもそも、「ドラゴンクエスト」にボイスが収録されること自体が往年のファンには驚きだろう。

さらに、歴代キャラクターとして、すでに公開されているアリーナ、クリフト、マーニャ(「ドラゴンクエストIV」より)、テリー(「ドラゴンクエストVI」より)に続き、先日週刊少年ジャンプ誌上にて「ドラゴンクエストV」よりビアンカとフローラ、「ドラゴンクエストVIII」よりゼシカ、ヤンガスが参戦することが明らかになった。

ここですかさず川島さんから、アリーナの足の部分が黒タイツから生足になっているという鋭い指摘が。これを受けた青海氏からは、もしかしたら黒タイツバージョンのコスチュームを用意するかもしれないという発言も聞くことができた。

続いては、スペシャルゲストの1人目として「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親である堀井氏を招き、先ほど紹介したメインキャストの松坂さん、桐谷さんのアフレコ収録時のメイキングとインタビュー映像が上映された。

http://www.youtube.com/watch?v=pElKgVEKshQ

松坂さんは「ドラゴンクエストVI」をクリアするまで寝ずに遊び続けるほどに熱中、桐谷さんは「ドラゴンクエストIX」で大学に行く電車の中ですれ違いを楽しんだと、ともに「ドラゴンクエスト」にまつわるエピソードが語られる中、実際に収録に立ち会った堀井氏は、ほぼ初めてだったというアフレコ現場の雰囲気が面白かったことや、アフレコ全体を通して息遣いの感じられる演技になっていたことなど、収録の様子を振り返った。

主人公のボイスキャストが発表されたとなると、気になってくるのがほかのキャラクターをどのキャストが演じているのかということ。ここでアリーナの姿に扮した中川翔子さんがセリフとともに登場し、「ドラゴンクエストヒーローズ」でアリーナ役を担当することが発表された。

アリーナ 中川翔子さん

中川さんの熱演ぶりや堀井氏のボイスによるここだけのクリフトが楽しめた収録時のメイキング映像を観た後は、アリーナを担当するにあたっての中川さん自身の思いが語られた。

そもそも半年ほど前にアリーナ役をお願いしたいという堀井氏からの直々のメールを受けた中川さんは、これまでさまざまなプラットフォームで展開してきた「ドラゴンクエストIV」におけるアリーナのセリフを書き出したりと、ファンのイメージするアリーナの元気さを目指すべく準備をしてきたのだとか。その上で、おなじみのセリフについて、中川さん自身が思っていたイントネーションが違っていたことなど、今回ボイスが収録されることによる新たな気付きもあったよう。

http://www.youtube.com/watch?v=E4vcluutdtA

また、オリジナルキャラクターよりディルクを銀河万丈さん、ジュリエッタを小松未可子さん、ホミロンを釘宮理恵さん、歴代キャラクターよりクリフトを緑川光さん、マーニャを沢城みゆきさん、テリーを神谷浩史さんが演じることも明らかになった。

ディルク(CV:銀河万丈) ジュリエッタ(CV:小松未可子)
ホミロン(CV:釘宮理恵) クリフト(CV:緑川光)
マーニャ(CV:沢城みゆき) テリー(CV:神谷浩史)

そのほかのエピソードとして、すでにモーションキャプチャーによってキャラクターが動いており、ボイスもすでに役者による声が入っていた状態で収録したり、キャストのアドリブを積極的に取り入れ、収録後にそのセリフに併せて表情を作っていくなど、まさにその場でゲーム作りが進んでいくようだったことが語られた。

中川さんが収録したボイスとともに、アリーナの映像が初公開。
ちなみに、メイキングにあった「キラーピアスよ!くらいなさい!」は中川さん自身のアドリブとのこと。

続いては、「ドラゴンクエストヒーローズ」に関する質問に答える「酒場でポロリ!教えてヒーローズ!」のコーナー。ここでは、「ドラゴンクエストヒーローズ」のディレクターを務めるコーエーテクモゲームス 庄知彦氏が急遽登壇。中川さんから収録の時にとった技名やじゅもんのボイスがゲーム内に実装されるのか、という質問が寄せられると、期待している部分に関してはアクションとして実装しているという回答とともに、今朝出来たばかりだという最新ROMにて実際にどういったプレイができるのかを紹介することとなった。

本作では、フィールド上のステージを選択、その上で遊びたいバトルを選ぶかたちとなっている。画面左下のステータスバーはそれぞれHP、MP、経験値を表しており、レベルアップするとおなじみのBGMとともにHPとMPが回復する。

中川さんのプレイにより、本作のバトルにおけるさまざまな要素を垣間見ることができたのだが、かいつまんで紹介すると、基本的には○×△□ボタンそれぞれにアクションが設定されているシンプルなものとなっており、その組み合わせによってコンボがつながっていく。

また、技やじゅもんはL1ボタンと○△□ボタンの組み合わせによってMPを消費して発動。今回のアリーナの場合は「ばくれつけん」「ぶんしんけん」「いっかつ」の3種類が用意されているほか、△の長押しで正拳突きを繰り出すこともできるよう。そして「ふしぎなタンバリン」をアイテムとして手に入れると、テンションアップ状態となり、○ボタンを押すと「閃光烈火拳」を発動することができる。

続いて、キャラクターの切り替えをどうやってするのか、という点については庄氏自らがプレイ。こちらでは、バトル中のキャラクターたちのボイスを楽しみつつ、R2ボタンを押すだけのシンプルな切り替えにより、効率よくコンボをつないでいく様子が確認できた。

メーアの必殺技であるギガスラッシュを見ることもできた。

3つ目の質問はシリーズファンであれば気になるであろう「歴代主人公は登場するのか?」という点について。これについては堀井氏から「ドラゴンクエスト」の主人公はプレイヤー自身であることから登場させる予定はないと明言。その上で、別のかたちで楽しめるよう、アクトとメーアについて歴代主人公の衣装を用意することが青海氏より明かされた。全シリーズから登場するのかという点についてはまだ言えないということだが、期待に応えられるようにしたいと意気込みを語っていた。

そのほかにもユーザーからの要望が寄せられる中、川島さんが開発陣に投げかけたのが歴代魔王について。青海氏によると「実は今考えてはいます」と実現に向けて動いてはいるようなので、こちらも今後の情報に期待したいところだ。

ここからは発売日をはじめとした製品周りの情報が公開。ソフトが2015年2月26日に発売すること、ソフトの発売日より1日早く本作をダウンロードしてプレイ可能なプロダクトコードが付属する「PlayStation 4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」が2014年12月11日に発売することなど、すでにお伝えした内容については記事では割愛するが、ここでは出演者によるトークの中で明らかになった情報について紹介しよう。

まずPS4版とPS3版の内容については、遊び自体は全く同じものになっているものの、フレームレートについてはPS4版が60フレーム基準、PS3版が30フレーム基準になっているという。

また、初回生産特典となるアイテムコード「ドラゴンクエストIII 勇者コスチューム」(主人公・男女用)については、より装飾を細かくするなど、新たに描き起こされたデザインが公開された。

さらに、ソフトおよび同梱版の予約開始については放送終了後の18時より解禁となったのだが、番組中では堀井氏の鶴の一声、ならぬ神の一声でソニーストアで300台の先行予約が急遽行われることに。その時点で30,000人ものユーザーが視聴していたこともあり、速攻で完売することとなったが、こちらについては当然その他の店舗でも台数を用意しているということなので、気になる人は忘れずにチェックしておこう。

ビアンカ、フローラ、ゼシカ、ヤンガスの声優については11月17日の週刊少年ジャンプにて発表予定。
12月20日・21日に開催される「ジャンプフェスタ2015」にて試遊台出展やボイス入りPVの公開も予定。
2015年1月からローソンにて「DQふくびき所スペシャル」の新作が発売。
DQHバージョンのアリーナやテリーのフィギュアも登場するかも?

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー