パッチ2.5「BEFORE THE FALL 希望の灯火」ついて語られた「第19回 FFXIV プロデューサーレターLIVE」―祖堅氏への質問も盛りだくさん

パッチ2.5「BEFORE THE FALL 希望の灯火」ついて語られた「第19回 FFXIV プロデューサーレターLIVE」―祖堅氏への質問も盛りだくさん

担当:

PS4 PS3 PC

スクウェア・エニックスは、12月20・21日に東京ビッグサイトで「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のイベント「ファンフェスティバル 2014 東京」を開催。ここでは21日の「第19回 FFXIV プロデューサーレターLIVE」ついてお届けする。

プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏と室内俊夫氏が登場し、まず回答したのはパッチ2.45で実装された「ゾディアックウェポン」の名称について。これまで剣のイメージである「ラグナロク」が戦士の斧になったことで、驚いたユーザーも多いだろう。

吉田直樹氏 室内俊夫氏

これについて吉田氏は、まずゾディアックウェポンシリーズの企画段階で「各ジョブの最終的な武器をどうするか」を最初に決めたという。剣でいえば「エクスカリバー」であり、すでに過去作でエクスカリバーと並ぶような最強の武器が登場しているもの、例えば「与一の弓」などはすぐに決まったが、やはり「ファイナルファンタジー」シリーズといえば剣や魔法のファンタジー作品だ。

どうしても強い武器といえば剣に偏ってしまっており、それを踏襲してしまってはずっと新しいものが生み出せないと判断。伝統を守りつつ、それぞれのジョブにとって「最強の武器」と感じられる名称を付けたという。

パッチ2.5のタイトルは「BEFORE THE FALL 希望の灯火」

続いてパッチ2.5の話題へ移り、さっそくパッチタイトル「BEFORE THE FALL 希望の灯火」と、メテオの入ったロゴを公表。今回のパッチはパート1、パート2と、その間に2.51を挟むという形式となっているが、バトルコンテンツはパート1にほとんど含まれている。

主な内容は、メインストーリー前半、ヒルディブランド(完結?)、新規IDとなる「黙約の塔」と「ワンダラーパレス」「アムダプール」のハード、クリスタルタワーの完結編である「闇の世界」、闘神オーディンとギルガメッシュ討滅戦、???討伐戦、マップはそのままながらフロントラインへ新ルール追加やデイリーボーナスの付くルーレットが登場、FCで楽しむコンテンツ「エーテリアルホイール」、新製作レシピなど。

パッチ2.51では「ゴールドソーサー」とゾディアックウェポン続編、パート2ではメインストーリー後編とイシュガルド防衛戦を予定している。

映像で紹介された「クリスタルタワー:闇の世界」では、不気味に輝くオーロラや暗闇の世界に佇む神殿のような建物を確認できた。ヴァイオリンの力強い音色が響くBGMも非常に印象的なのでお楽しみに。

ドロップ方式は前回の「シルクスの塔」とは異なり、装備品と詩学装備の強化素材は別枠としてカウント。新たな防具デザインと、ティターンをモチーフにしたものなどの武器デザインも発表となり、武器は「闇の世界」で手に入る素材をベースにクラフターが製作することとなる。

ついに2.51で実装!「マンダヴィル・ゴールドソーサー」

2.51で実装予定の「マンダヴィル・ゴールドソーサー」は、ゲームを楽しむためとして2000ポイントまではギルで購入可能。しかしその時点で交換できるものはなく、2000ポイント以上に増やすには色々なアトラクションで稼ぐ必要がある。何故「マンダヴィル」なのかはストーリーで明かされるようだ。

ゴールドソーサーのアレンジBGMが流れる中で紹介された映像で、きらびやかでかなり広いエリアであることが判明。周囲にはバスケットボールやクレーンゲームを楽しむNPCの姿も見られ、広場に設置されたオブジェには「一定時間内に頂上までたどり着く」という突発的なイベントも起こるという。くやしいほど絶妙な位置に配置されているそうだが、登山に自信のあるユーザーはぜひ挑戦してみよう。

またステージを使った「ダンスイベント」、週に1回好きな数字を選んで、見事当たれば豪華ボーナスがもらえるという「サボテンダーくじ」も開催。エリアの移動には「バハムート:邂逅編3層」にあったようなジャンプ装置も利用可能で、アトラクションは今後も随時追加されていく。

実装時には「ファイナルファンタジーVIII」に登場したカードゲーム「トリプルトライアド」と、「チョコボレース」を遊ぶことができる。チョコボはバディと別に競争“羽”として新たなチョコボがもらえ、レベルを上げてボーナスを割り振り自分好みにカスタム可能。ポイントで手に入るアイテムや生産アイテムを使って育てたり、チョコボ同士を配合させたりすることも可能。固有のアビリティも用意され、パーティを組んだメンバー同士でレースも遊べるそうだ。

ポイントで手に入るアイテムには、「ファイナルファンタジーVI」のセッツァーのなりきり衣装も。遊んでいれば必ずポイントが増えていくようにバランスを取っているので、ゆっくり楽しんでほしいと吉田氏は語った。

「トリプルトライアド」は、先攻後攻を決めて盤上にカードを並べていき、カード4辺の数字が多いユーザーが少ないユーザーのカードを取得できるというルール。カードの入手にはポイントのほか、専用マークの付いたNPCに挑んで勝利する、ダンジョン/バトルコンテンツなどさまざまな方法がある。初期リリースの枚数は全80枚で、図柄は一緒でも数字の違うカードなども追加となるそうだ。またレアカードには「ディシディア ファイナルファンタジー」などのデザインもあるほか、マークのない隠れたNPCも。専用マークがあるNPCは、挑戦したことがあればマークが変化するので一目で分かるという。

プレイヤー同士で対戦できるが、カードの奪い合いは行えず純粋に勝ち負けのみを争うゲームとなる。ゴールドソーサー内でも大会が定期開催され、オリジナルのルールも順次追加するそうだ。なおオンラインカジノのようなものではなく「ゲームセンター」という位置づけであり、月額課金以上は必要ない。

「黙約の塔」ほか新たなダンジョンも紹介

印象的なBGMと共に、新たな3つのダンジョンが映像でまとめて公開に。まず「幻龍残骸 黙約の塔」は、旧「ファイナルファンタジーXIV」で幻龍「ミドガルズオルム」とガレマール帝国の戦艦「アグリウス」の戦いにより生まれたもの。設定についての詳細はゲーム内のストーリーで語られるようだ。

「武装聖域 ワンダラーパレス」はトンベリの新たな側面が垣間見えるほか、マムージャ族も絡んでくる様子。吉田氏はチェック中、ボスを倒し終わったあとに何やら思うところがあったようだ。「邪念排撃 古城アムダプール」には見慣れないモンスターに加え、あの「デモンズウォール」が再び冒険者の前に立ち塞がる。吉田氏は「他のダンジョンより雰囲気、毛色というか、バトルのテンポが違うような」とコメント。デモンズウォールは「奈落の底に落ちることはない」というものの、なんと4体登場するというので覚悟しておこう。

ユーザーからの「ゼーメル要塞」「オーラムヴェイル」よりも先に今回のハードダンジョンが実装されるのは何故か、という質問に吉田氏は「旧に出てきたダンジョンのハードはない」ということを明言。というのも、旧と新生のダンジョンではレギュレーションが大きく異なっており、旧ダンジョンのハードを作るコストよりも新しいダンジョンを作ったほうが早いというのが現状だそうだ。

「DirectX 11」の進捗も発表され、比較画像や動画ではとくに水の描写や床への映りこみ、建物の質感や道の凹凸表現などが非常にリアルなものとなっているのが分かった。今後、ユーザーは「DirectX9」と選べるようになり、DirectX 11版のクライアントをインストールすれば利用できるようになる。当然だが、動画に出てきた某シガクニャンのバケツのような変化はないぞ。

サウンドディレクター・祖堅正慶氏がユーザーの質問に回答

トークセッション「コアメンバーに聞く!」には、サウンドディレクターの祖堅正慶氏が登場。ユーザーから寄せられた、音楽に関するさまざまな質問に回答していった。

祖堅正慶氏
祖堅正慶氏

「Q:スレイプニルなどのマウントに専用BGMを追加できますか」には「時間をいただければ」としつつ、以前発表となった「ティナのテーマ」はどこかに入れるという。「Q:ジュークボックスのようなFCハウスのBGMを変更できる調度品は追加できますか?」には、吉田氏から「オーケストリオン」といったようなアイテムがパッチ3.0~3.1に実装予定ということが飛び出すものの、祖堅氏は聞いていなかった様子。「パッチごとに曲が増える」という仕様だそうなので、頑張っていただきたい。

「Q:拡張ディスクのイシュガルドの戦闘曲は、アレンジなのか新曲なのか」では「完全新曲」と断言。「Q:究極幻想の歌詞や言語が知りたい」には「夢を壊して申し訳ない」と前置きしつつ、ソフトウェアのランダム機能で生成されたことを暴露。ラテン語がベースになっているが、言葉としての意味はないようだ。「Q:これまでで1番無茶振りだったBGMの発注は」では、「バハムート:真成編」の3層突破時の映像と共に流れるBGMと回答。先に映像ができていたので「尺は変えられません」と言われ、盛り上がりから逆算するなどの作業を時間がない中でずっと行ったのが大変だったそうだ。これからクリアするプレイヤーは、その苦労の成果をしっかりと耳で確認してほしい。

「Q:サウンドは最後に仕事が来ると言っていたが、逆に祖堅さんから提案することはあるのか」では「ないです、そんな時間ない!!」ときっぱり言い切る。「Q:好きなバンドやジャンル」はアメリカのバンド「Rage Against The Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)」で、「Q:FF14以外で好きなゲームのBGM」にはセガサターンのアクションゲーム「バーニングレンジャー」と答えた。

「Q:環境音やSEで気に入っている音」では、グリダニアはどこでも好きだという祖堅氏。環境音は専門に担当しているスタッフがおり、良い環境音を録るために自腹で車を買い、自腹のハンディレコーダーで録音して加工するほど。とくに5.1chでは全く変わるそうなので、音にこだわりのあるユーザーはぜひ試してみよう。「Q:次のサウンドトラックの発売は?」には、希望を込めて「拡張ディスク発売前に」と答えていた。「Q:曲を作る時にはFFを意識してますか?自由に作っていますか?」には、攻めつつもシリーズを意識し、大事にしているという。

「Q:クリスタルタワーのような、継ぎ目のないサウンドの切り替えはどのような仕組み?」には、一言では説明が難しい最新技術が使われているそうだ。ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC」のサイト上にあるデジタルライブラリーには過去に祖堅氏が行ったサウンドに関する講演資料があるので、興味がある人はチェックしてみよう。ここで祖堅氏はサウンドプログラマーが大変不足しており、ぜひスクウェア・エニックスに来てほしいと訴える。

「Q:現時点で3.0の楽曲はどのくらい完成していますか」では「いくつか…」と言葉を濁しつつ、開発側とは「アレンジだって作業量は1曲分なんです!」などの攻防もあったという祖堅氏。曲数の調整には試行錯誤しているようだが、日々格闘しているそうなのでゲーム内で聞ける日を待っていよう。「Q:シリウスのロングバージョンのようなものは各ダンジョンに用意されますか?」には、工数に入っていないボランティアであり、またダンジョンの増えるペースも早いためなかなか難しそうな様子をみせる。手の空いているタイミングはないが、気長に待ってほしいと吉田氏からもコメントが入った。

最後に「Q:思い入れのある曲は」という質問には「天より降りし力」と即答。新生の方向を決定付ける曲となったため、プレッシャーがすごかったと当時を振り返る。そんな素晴らしい曲であるものの、フレーズは「ヒゲを剃っている間に思いついて、すぐスマホに録音した」というエピソード付き。また、前日に行われたピアノアレンジを聞いてから「灼熱の地へ 」も大変気に入ったと答えていた。

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

スクウェア・エニックスPS4パッケージ

  • 発売日:2014年4月14日
  • 価格:3,394円(税込)
  • 15歳以上対象
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

スクウェア・エニックスPS4ダウンロード

  • 発売日:2014年4月14日
  • 価格:3,394円(税込)
  • 15歳以上対象
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

スクウェア・エニックスPS3パッケージ

  • 発売日:2013年8月27日
  • 価格:3,300円(税込)
  • 15歳以上対象
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

スクウェア・エニックスPS3ダウンロード

  • 発売日:2013年8月27日
  • 価格:3,394円(税込)
  • 15歳以上対象
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

スクウェア・エニックスPCダウンロード

  • 発売日:2013年8月27日
  • 価格:オープン価格
    ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
    (C) 2010-2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

    ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

    関連ワード
    • 軌跡シリーズ特設サイト
    • シャドウバースシリーズ特設サイト
    • 不思議シリーズ特設サイト
    VR.Gamer

    タグ検索

    ジャンル

    RPG
    アクション
    シミュレーション
    スポーツ
    テーブル
    パズル
    ノンジャンル

    テーマ

    アプリ

    ハード

    システム

    その他

    ニュース

    外出中でもスマホで
    最新ゲーム情報をチェック!

    ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

    お気に入りとして登録!

    SNSでシェアする!

    ゲームショウ

    トップへ戻る