ガンホー・オンライン・エンターテイメントは本日1月8日、東京国際フォーラムB7において、ニンテンドー3DS用ソフト「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」の発表会を実施した。

森下一喜氏

先ほどお伝えしたように、本日行われた発表会にて明らかになった「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」。その冒頭では、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー) 代表取締役社長CEOにして、本作のエグゼクティブプロデューサーを務める森下一喜氏が登壇し、2014年の同社の施策を振り返った。

オンラインゲームからスタートし、これまでさまざまなプラットフォームで展開を行ってきた同社では、3万人以上を動員した「ガンホーフェスティバル2014」の実施や、スマートフォン向けに「サモンズボード」「ピコットキングダム」「三国テンカトリガー」の3タイトルを配信するなど、2014年もさまざまな施策を行ってきた。

そして、同社の主力タイトルである「パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)」については、スマートフォン版に「パズドラW」が実装されただけでなく、スクウェア・エニックスの「パズドラ バトルトーナメント」、マーベラスの「パズドラZ テイマーバトル」といったアミューズメント施設向けタイトルの展開、そして国内累計出荷が150万本を突破した「パズドラZ」による新規ユーザーの獲得、マーチャンダイジングと、スマートフォンを中心として多角的に展開している。

これについて森下氏は、ガンホーとしてはあくまでもスマートフォンに限定せず、さまざまなプラットフォームで展開していくとそのビジョンを語り、2015年に用意しているさまざまなコンテンツの中から、森下氏自身がこれまでで一番緊張していると話した上で、「パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション」をプロモーション映像とともに発表した。

幼少期にファミリーコンピュータでプレイしていた「スーパーマリオブラザーズ」に、こうして関われることがゲームクリエイターとして嬉しいと話した森下氏は、そのまま本日のゲストである任天堂 専務取締役 情報開発本部長の宮本茂氏にバトンタッチ。

宮本氏によると、森下氏らに実際に会った際、ゲームを一生懸命作ってきた人たちだと感じたそうで、2画面だったらいいのではというアイデアを生かしつつ、一緒にもっと面白いものをという発想から、「パズドラZ」が生まれたとその経緯を話すとともに、今作についても、キャラクターや音の表現などに任天堂カラーが満載で、「パズドラ」の魅力も備わった世界中の人が楽しめるものになったと太鼓判を押していた。

宮本茂氏(写真右)は、壇上で森下氏と固い握手を交した。
山本大介氏

続いて、「パズドラ」シリーズのプロデューサーを務める山本大介氏が登壇し、「スーパーマリオブラザーズ」と「パズドラ」という組み合わせが生まれた経緯を説明。山本氏によると、「パズドラZ」の発売後、新たなタイトルに着手する上でこれといったものがなかった中、自身がマリオを好きだったことからマリオバージョンをプロトタイプとして制作。その内容が面白くなりそうだったことから、任天堂にプレゼンすることになったのだとか。

本作では、クッパにさらわれたピーチ姫を助けるという「スーパーマリオブラザーズ」の世界観で、「パズドラ」のパズルバトルが楽しめるという点が大きな魅力となっており、そのために「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクターありきで、「パズドラ」を一から作り直しているそう。キャラクターはもちろんのこと、ファンにはおなじみのBGMやSEがゲーム中で流れるなど、「パズドラ」が持つコンボやパズルアクションの楽しさと、マリオの世界観を融合できるように作っていると話した。

ここからは、スペシャルゲストとしてお笑い芸人のパンサー(菅良太郎さん、向井慧さん、尾形貴弘さん)、そして女優・タレントの高橋愛さんが登場。「パズドラ」やマリオシリーズなどのエピソードに花を咲かせつつ、実機を用いてのデモンストレーションを行うことに。

(左から)菅良太郎さん、向井慧さん、尾形貴弘さん、高橋愛さん
デモンストレーション時にはマリオとルイージ、たまドラも登場し、場を盛り上げた。

基本的な遊び方は「パズドラ」を踏襲しつつも、随所にマリオらしい演出が組み込まれており、そのたびに出演者からは驚きの声が。また、プレイ中に登場したクリボー、ノコノコをはじめ、「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクターたちは敵として登場するだけでなく、ユニットとして組み込むこともできるようで、そのほかにもコンボを重ねると1UP演出が入ったり、各キャラクターにスキルが用意されていたりと、今回のデモンストレーションだけでも期待の膨らむ内容となっていた。

ゲストの降壇後、再び森下氏が登壇し、長く遊べるゲームボリュームになっていることを強調。そして、気になる発売日について、2015年4月29日(水・祝)に発売予定であること、価格がパッケージ版、ダウンロード版ともに4,000円(税抜)であることを明らかにした。

また、早期購入特典として、たまドラテーマ(ニンテンドー3DSシリーズ用)ダウンロード番号、「パズドラZ テイマーバトル V2」スペシャル限定チケット、「パズル&ドラゴンズ トレーディングカードゲーム」オリジナルプロモカードを封入。ダウンロード版についてはたまドラテーマのみとなるので、注意しよう。

なお、本作については海外での発売も予定されており、そちらは任天堂がパブリッシングを担当。発売時期や発売地域については追って発表されるという。

そのほか、発売に向けた施策として「次世代ワールドホビーフェア ’15 Winter」、「闘会議2015」に早くもプレイアブル出展が決定。こちらの詳細についても続報に期待したいところだ。

パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション

ガンホー・オンライン・エンターテイメント

3DSダウンロード

  • 発売日:2015年4月29日
  • 価格:4,000円(税抜)
  • 全年齢対象
  • ニンテンドーeショップ ダウンロード版
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. (C)Nintendo

※社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は商標または登録商標です。
※ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
※画面は開発中のものです。

  • セガ特集ページ
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • Figgy
  • 軌跡シリーズ特設サイト

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー