JAEPOと合同開催となる「闘会議2017」の概要が公開に―Nintendo Switchの先行体験も実施

JAEPOと合同開催となる「闘会議2017」の概要が公開に―Nintendo Switchの先行体験も実施

担当:Gamer編集部

ドワンゴは、2017年2月11日、12日に開催される、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2017」のパートナーや新企画などを発表した。

闘会議は、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント。2015年に初開催した「闘会議2015」では、会場来場者3万5,786人、ネット視聴者574万6,338人を記録し、2016年に開催した「闘会議2016」では会場来場者4万7,588人、ネット視聴者687万8,290人に増加。ニコニコで活躍しているゲーム実況者が登場する「ゲーム実況ステージ」や、全国の予選を勝ち抜いたトッププレイヤーによるハイレベルな試合が観戦できる「ゲーム大会ステージ」を中心に大きな盛り上がりを見せている。

そして来年の闘会議は、発売前の最新ゲームマシンなど約1,000アイテムが並ぶ、アミューズメント業界最大規模の展示会JAEPOと初の合同開催となり、1~8ホールを使用した過去最大の広さで開催。JAEPOは数々のアーケードゲームをプレイ料金無料で遊ぶことができ、闘会議も古今東西のゲームをみんなで遊べることで、老若男女問わず来場者が1日中楽しめるイベントを目指すという。また闘会議主催のブースはもちろん、JAEPO主催で開催するステージもニコニコ生放送で配信される予定だ。

闘会議2016 会場の様子 JAEPO2016 会場の様子

闘会議ではこれまで、任天堂の協力のもと、「任天道場」「リアルSplatoon体験」「スーパーマリオメーカー『つくる王』『あそぶ王』決定戦」「Splatoon甲子園」「Splatoonシオカライブ2016」など、さまざまな企画を実施。そして闘会議2017では、任天堂より2017年3月に発売予定の新型ゲーム機「Nintendo Switch」の先行体験が決定。自宅か外出先かを問わず、テレビモニターの前を離れて本体を持ち出して遊ぶことができ、一人でも大勢でもどこででも楽しめる「Nintendo Switch」を、闘会議2017の会場で発売に先駆けて体験することができる。詳細は2017年1月に発表予定とのこと。

Nintendo Switch公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/switch/index.html

「対抗戦」や「ウデ自慢」など、会場で1日中遊び尽くせる新企画が追加
「闘会議2017チーム対抗戦」

闘会議2017では新たに、会場をゲームフィールドに見立てて、来場者全員が「赤」と「青」どちらかのチームに分かれて対決できるようになります。来場者のゲームプレイ体験や、ブース・ステージでの内容に応じてポイントが加算されていき、イベント終了時の合計ポイントで勝敗が決定。勝利チームには特典が用意される予定です。

「ウデ自慢エリア」

ジャンルを問わず、さまざまなゲームを用意し、ウデに自慢のあるゲーマーが当日参加できるウデ自慢エリアを新設します。テレビゲーム、スマホゲーム、アナログゲームなどさまざまなゲームが並び、勝ち抜けばプレイし続けられるほか、途中で強豪プレーヤーが乱入するなどの演出も行います。第1弾発表のプレイタイトルとして、格闘ゲーム「BLAZBLUE」と、アクションゲーム「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」、アナログゲームの「黒ひげ危機一髪」が決定しています。

「ニコニコ生放送ステージ」

ニコニコ生放送で放送しているゲーム番組が出張版として会場内のステージに登場します。おなじみの出演者なども参加し、会場を盛り上げます。第1弾発表として、Cygamesの本格スマホカードバトル「Shadowverse(シャドウバース)」のステージが決定しました。ステージは今後も追加されます。

「音楽ステージ」
闘会議2016 ゲーム音楽ステージの様子

ゲーム音楽を1日中楽しめる本ステージでは、ゲームメーカーの音楽制作チームや、有名ゲームシリーズの楽曲を演奏した動画投稿者などが出演。往年の名作や話題の新作などのゲーム音楽を、バンドやオーケストラなどさまざまな演奏形式でお届けします。

その他企画一覧

アーケードエリア / アナログゲームエリア / ゲーム実況者エリア / コスプレエリア / 自作・インディーゲームエリア 大会エリア / 闘会議ニュース / まるなげひろば / TRPGブース / レトロゲームエリア / フードコート / 物販

JAEPO×闘会議 2017合同開催概要
闘会議2017開催概要(http://tokaigi.jp/2017/)
開催日時

2017年2月11日(土)10:00~18:00、12日(日)10:00~17:00

主催

niconico

会場

幕張メッセ国際展示場1、4~8ホール

特別パートナー

任天堂株式会社

パートナー

XFLAG(TM) スタジオ、株式会社セガゲームス、株式会社エイチーム、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社バンダイナムコエンターテインメント、ユービーアイソフト株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン

闘会議TVパートナー

株式会社レベルファイブ

JAEPO2017開催概要(http://www.jaepo.jp)
開催日時

2017年2月10日(金)、11日(土)10:00~18:00

※2月10日(金)はJAEPO2017業者商談日、12日(日)10:00~17:00

主催

ジャパン アミューズメント エキスポ 協議会
一般社団法人 日本アミュ-ズメントマシン協会(JAMMA)
一般社団法人 全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)

会場

幕張メッセ国際展示場2~3ホール

出展企業

セガ・インタラクティブ、バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、スクウェア・エニックス/タイトー、カプコン、北日本通信工業、フリュー、 バイキング、エンハート、アムジー、加賀アミューズメント、ユウビス、コーエーテクモウェーブ、ジー・ピー・エー・コーポレーション、ユー・エス産業、スタンバイ、きらら、ラッキー、プライズフェア(エイコー/システムサービス/セガ・インタラクティブ/タイトー/バンプレスト/フリュー)、鈴木栄光堂、三和電子、マースウインテック、ソニック、アミューズメント産業出版、アミューズメント・ジャーナル、中山市世宇動漫科技有限公司(※正しくは動は云へんに力)、アンダミロ、マインズ、ユンカース、楠野製作所、リアライズ、旭精工、セイミツ工業、光新星、ファースト・ロック、和晃

(C) Cygames, Inc.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る