【闘会議2017】中村悠一さんが落下する場面も!?「ファイナルファンタジーXIV」生実況ステージをレポート

【闘会議2017】中村悠一さんが落下する場面も!?「ファイナルファンタジーXIV」生実況ステージをレポート

担当:

PS4 PS3 PC

本日2月11日に千葉・幕張メッセにて開催された「闘会議2017」。ここではスクウェア・エニックスが実施した、「ファイナルファンタジーXIV」の生実況ステージの模様をレポートする。

ニコニコスペシャルステージでは、吉田P/Dが「FFXIV」大好き著名人たちと「FFXIV」のバトルコンテンツに挑戦する、生実況ステージが催された。ここでは、そのステージの模様をダイジェストでお届けする。

今回のステージに登壇したのは、声優の中村悠一さん、タレントの山口慧さん、ゲームキャスターのStanSmithさん、アイドルの小池美由さん、アクション俳優の和田三四郎さん、声優・歌手の南條愛乃さん、そして本作のプロデューサー兼ディレクターを務める吉田直樹氏、コミュニティチームの室内俊夫氏となる。

「FFXIV」プレイヤーにとっては、各種イベントなどでお馴染みのメンツではあるが、これだけ豪華な顔ぶれが一堂に介する機会はそうそうなく、非常に貴重な機会となった。ちなみにファンフェスティバル2016に登場した、藤田玲さんにもオファーがあったようだが、今回は残念ながら予定が合わず不参加になったという。

今回のステージでは極蛮神戦を順番にプレイ。時間の許す限り戦い、どこまで到達できるか挑戦することになる。パーティのジョブ構成は中村さんがナイト、山口さんが占星術師、StanSmithさん・小池さんがモンク、和田さんが暗黒騎士、南條さんが白魔道士、吉田氏が黒魔道士となる。

今回の挑戦ではしっかりILシンクをかけ、越える力も切ってプレイするというガチプレイとなる。序盤の蛮神などは実装されたのが数年前なので、ギミックを覚えているか皆、自信なさげだったのが印象的だったが、果たして……! ということでまずは極イフリートに挑戦することになった。

極イフリートでは、ボスが放つ「灼熱」というギミックがヒーラー2人のどちらかにくるため、意志疎通が重要となる。しかし、そこは同じステージでプレイしているということもあり、声を掛け合ったギミック処理で順調な滑り出しをみせる。途中、順調過ぎたが故に、火力が高すぎて中村さんが“フラッシュマン”になる面白い場面もあったが難なくクリア。さすがの貫禄を見せつけた。

次の極蛮神戦はガルーダ。こちらもスパチラのタゲ取りやスパイニーを倒すタイミングなど、パーティメンバー間の意志疎通が重要となる蛮神戦だ。先ほどのイフリート戦が順調だったためか、各メンバーの動きも非常に良く、こちらもあっさりとクリアしてしまうかと思われた。しかし無情にも南條さんのPCが機材トラブルにより落ちてしまう。ヒラ1構成ではさすがに耐えきれず、一回目のチャレンジは失敗に終わってしまった。

続く二回目の挑戦。中盤までは順調に進んでいたが、アクシデントにより、ヒーラー2人が落ちてしまった。ヒーラーを欠いてしまうと基本的には全滅を待つより他がないのだが、中村さん渾身のストンスキンで耐え抜いている間に、小池さんの“LB”というスーパープレイでこれを突破。ごり押しでガルーダを討伐することに成功した。

続いて挑戦する蛮神はタイタンとなる。タイタンは他の蛮神戦に比べるとパーティ内での協力よりも個人での動きが重要になる。また、一度ステージから落下してしまうと、そのチャレンジ中は復活できないため、緊張感のある戦いを楽しめる蛮神だ。ちなみに以前行われた14時間生放送で、中村さんは極タイタンで落下した苦い思い出があるため、今回はそのリベンジともいえるだろう。

タイタンは蛮神戦の中でも人気のコンテンツということもあってか、非常にスムーズに進行。何度かメンバーが倒れるシーンはあったもののヒーラー陣の素早い蘇生もあり難なくクリアできるかに思えたが、クリアを目前にして中村さんが落下。ある意味で期待を裏切らない展開に、会場は大盛り上がりとなった。

とはいえ、タイタンの体力は残り数%という状態だったため、そのままクリア。初期蛮神3種類を討伐することに成功した。

つぎなる蛮神はリヴァイアサンとなる。こちらもタイタン同様、落下ギミックもある上に各ロールに役割があるため、油断できない強敵だ。

やはりというべきか、ギミックの多彩さに苦戦する面々。それに追い打ちをかけるかのように、プロモンクの二人が張り切ってしまったため、ギミックがスキップされ船上は大混乱の様子となった。何度かのリスタートを繰り返すも、最後の挑戦では装置のイベントアクションが間に合わず全滅。残念ながらタイムアップとなってしまった。

アクション俳優の和田さんが、落下ギリギリで踏みとどまり会場を沸かせる一幕も。さすが!

惜しくもリヴァイアサンが討伐できず、初期3蛮神の討伐で終わってしまった今回のチャレンジだったが、壇上では楽しかった、また挑戦したいという声で溢れていた。視聴者側としても、これほど豪華な面々が揃ってプレイする姿をみることができ、非常に面白かったのではないだろうか。

今回のステージはニコニコ動画のタイムシフトで視聴することができるので、この記事を読んで興味を持った人はぜひ視聴してもらいたい。

</td>
UIやホットバーの配置なども、それぞれ個性的だったので注目してみるのも面白そうだ。
(C) 2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る