コーエーテクモゲームスは、PS4用ソフト「仁王」の有料ダウンロードコンテンツ第1弾「東北の龍を、2017年5月2日より配信すると発表した。

目次
  1. 有料ダウンロードコンテンツ第一弾
  2. 無料アップデート(オンライン対戦モード、そのほか)
  3. 「仁王 シーズンパス(仁王オリジナル PS4用アバター付き)」

関が原の戦いの後日譚となる「東北の龍」は、武器種、シナリオ、キャラクター、守護霊、妖怪、ステージなどの新規要素を収録したダウンロードコンテンツだ。

「東北の龍」単体での販売価格は1,300円(税抜)だが、「東北の龍」以降配信が予定されている第2弾、第3弾のダウンロードコンテンツを含む「仁王 シーズンパス」も用意されている。

さらに同日には、無料アップデートによるオンライン対戦モードも実装予定。これまでの協力プレイとは異にするプレイヤー同士の対人戦という新たな舞台で、互いの武を競いあおう。

有料ダウンロードコンテンツ第一弾

名称

東北の龍

配信日

2017年5月2日(火)

価格

1,300円(税抜)

収録内容

  • 新武器種
  • 新シナリオ
  • 新キャラクター
  • 新守護霊
  • 新妖怪
  • 新ステージ

無料アップデート(オンライン対戦モード、そのほか)

配信日:2017年5月2日(火)予定

「仁王 シーズンパス(仁王オリジナル PS4用アバター付き)」

配信場所

PS Store

配信日

好評販売中(2017年2月9日配信)

価格

3,000円(税抜)

内容

有料ダウンロードコンテンツの三部作をセットにしてお求めやすくした割引パスです。DLCは、新武器種、新シナリオ、新キャラクター、新守護霊、新妖怪、新ステージなど追加予定です。購入された方にはもれなく「仁王オリジナル PS4用アバター」をプレゼントいたします。

※「仁王 Deluxe Edition」に含まれるシーズンパスと同等のコンテンツとなりますので、重複購入にご注意下さい。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連タグ #仁王