自分を3Dスキャンしてガチンコバトルを繰り広げる対戦格闘「Fighting ANATOMe」がBitSummitに出展

自分を3Dスキャンしてガチンコバトルを繰り広げる対戦格闘「Fighting ANATOMe」がBitSummitに出展

担当:Gamer編集部

PC

ワン・トゥー・テン・ホールディングスはサードウェーブデジノスと共同で、「Fighting ANATOMe(ファイティングアナトミー)」を、5月20日・21日に京都市勧業館みやこめっせにて開催されるA 5th Of BitSummitに出展する。

「Fighting ANATOMe」は、高速スキャンシステム「ANATOMe」を使用して自分が格闘ゲームのキャラクターとしてバトルできるゲームだ。

スキャンされた自身のデータが、格闘ゲームのキャラクターとして登場。ゲームコントローラーを用いて、自分のスキャンデータがさまざまな技を繰り出すことができる。自らを自らでコントロールし、さまざまな技を繰り出してライバルたちに競り勝つ、血湧き肉躍る熱いバトルが体験できる。

当日は、ワン・トゥー・テンの開発陣がバトルの相手になるとのこと。腕に自信がある人は挑戦してみよう。また今回は、自分がスキャンされた3Dデータ(形式:.FBX形式+テクスチャデータ)を持ち帰ることができるので、参加者は自作コンテンツへの応用も可能だ。

このほか、昨年に引き続き、スキャンされた自分がキレッキレのダンスを踊り出す「dancing ANATOMe(ダンシング アナトミー)」も用意されている。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る