CEDEC 2017のセッション情報第一弾が公開―聞き逃したセッションをインターネットで視聴できる「タイムシフト配信」も実施

CEDEC 2017のセッション情報第一弾が公開―聞き逃したセッションをインターネットで視聴できる「タイムシフト配信」も実施

担当:Gamer編集部

2017年8月30日から9月1日までの3日間、パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)で開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2017」の公式サイトがリニューアルされ、本日セッション情報の第1弾を公開した。

第1弾公開は、50件。本年も200以上のセッションを設ける予定

本日公開したセッション情報は、一般から公募しCEDEC運営委員会が採択した、レギュラーセッション38件、ショートセッション8件、ラウンドテーブル2件などあわせて50件です。総セッション数は、基調講演、招待セッション、海外セッション、スポンサーセッション等とあわせて、200を超える見込みです。以降、公式Webサイトにて順次セッション情報を公開します。

7月1日(土)からCEDEC 2017の受講申込受付を開始。初の試み「タイムシフト配信」実施。専用のパスも設定

来る7月1日(土)から、CEDEC 2017の受講申込受付を開始します。本年は初の試みとして、CEDEC 2017のほぼすべてのセッションを期間限定でインターネット聴講できる「タイムシフト配信」を実施します。

「タイムシフト配信」は、カンファレンスの規模が年々拡大傾向にある中、会場混雑や時間が重なっている等で希望のセッションを受講できないことに対する対応策として、また、遠方にお住まいや業務の都合等で参加できないゲーム開発者の皆さんのCEDEC 2017のセッションを聴講したいとの強い要望に応えて実施します。

それに伴い、受講パスは、「レギュラーパス」、「デイリーパス」、「エキスポ&スポンサーパス」、昨年新設した学生専用の「エキスポパス」に、「タイムシフトパス」が加わり、5種類となりました。タイムシフト配信は、「レギュラーパス」及び「タイムシフトパス」購入者に対して行います。「タイムシフトパス」は「タイムシフト配信」の視聴専用のパスで、会場でのセッション受講はできません。

「タイムシフト配信」の詳細規定などは、7月1日(土)の購入申し込み受付開始に合わせてCEDEC 2017の公式Webサイトで公開します。なお、「レギュラーパス」については、7月31日(月)までにお申し込みいただくと受講料を5,400円(税込)割り引く早期施策を実施します。受講申込締め切りは8月23日(水)です。

CEDEC 2017公式サイト
http://cedec.cesa.or.jp/2017/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • 黄昏シリーズ特設サイト
アライアンス・アライブ特集

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る