「EGGLIA~赤いぼうしの伝説~」のファンイベント「エグフェス!」にて「ペンキ屋」の追加やサントラの発売など最新情報が公開!

「EGGLIA~赤いぼうしの伝説~」のファンイベント「エグフェス!」にて「ペンキ屋」の追加やサントラの発売など最新情報が公開!

担当:

モバイル

2017年7月1日、Theater Cafe & Dining STORIA池袋西口店にて、スマートフォン向けRPG「EGGLIA~赤い帽子の伝説」のファンイベント「EGGLIA FESTIVAL 2017」、略して「エグフェス!」が開催された。

「EGGLIA~赤い帽子の伝説」は、「聖剣伝説」シリーズなどで知られる亀岡慎一氏らが開発を手がけたスマートフォン向けのファンタジーRPGだ。たまごに封印された世界を開放していき、未知の世界を冒険。住民たちを集めて自分だけの街を作っていくというもので、ほのぼのとした雰囲気や絵本のような柔らかなグラフィックが受け、女性層を中心に高い人気を誇っている。

今回のイベントは三部構成になっていて第一部「EGGLIAの野望」では「EGGLIA」の新たな機能や新キャラクターなどの最新情報を公開。総指揮・キャラクターデザイン担当の亀岡氏のほか、津田幸治氏(背景デザイン)、宮川真理氏、杉田霞氏、松本沙紀子氏(いずれもプランナー)が登場し、それぞれの情報について紹介を行った。

会場となったSTORIAのあるタイトーステーション池袋西口店の大型ビジョンにて「EGGLIA」のPVも放映。
会場ではタペストリー、トートバック、キーホルダーなどの物販や
さまざまな缶バッチがもらえるガチャも行われていた。
「EGGLIA」にちなんだ3種類のドリンクも販売されていた。

まず、新機能である「ペンキ屋」の情報が公開された。家具の色を変えられるお店で、「フェンネル」という新キャラクターがシッポを使って家具に色を塗ってくれるのだという。カラーバリエーションも豊富で、より自由度の高い部屋作りを楽しめるようになるそうだ。店の場所だが、街のどこかに新しく追加されるとのことで「どういう風にやって来るのかも、ぜひお楽しみにしていてください」とスタッフ陣は語った。

左から松本沙紀子氏、杉田霞氏、宮川真理氏。 左から津田幸治氏、亀岡慎一氏、司会の楪望さん。
ペンキ屋のお店のイラスト(左)と新キャラクターのフェンネル(右)。
ブラシのような形を3本のシッポを使って家具の色をさまざまに塗り変えてくれるのだという。
このように、よりカラフルな部屋作りが楽しめるようになるのだ。
こちらが家具の色を変えている画面。どんな色が登場するのか今から楽しみだ。

続いて、「EGGLIA」の英語版のPVが初お披露目。日本語でないと伝わりにくいシチュエーションもあり、簡単ではなかったというが、亀岡氏は「ローカライズをお願いした会社がテキストのフォントなど細部にまでこだわってくれました」と、出来ばえに自信を見せた。また、アロエの名前が少し変わっているなど国内版と少し異なる部分もあるという。プレイ環境にもよるが日本でもダウンロード可能とのことなので、英語に自信がある人はプレイしてみてはいかがだろう。

2017年夏公開予定である拡張コンテンツの最新情報も公開。新たな「たまご」と新種族であるゴブリン族が紹介された。今回公開されたのは「コトミヲ」と「ハルシロ」というゴブリン族の姉弟で「鬼族の一種で1本ツノが特徴」(亀岡氏)とのこと。新フィールドは「ゴブリンの森」で新たな精霊も登場するとのことなので、こちらも楽しみにしておこう。

左が姉のコトミヲで右が弟のハルシロ。どちらもおでこが広く、かわいらしい感じだ。
こちらが「ゴブリンの森」の画像。右の画面下部に新しい精霊3体の存在が確認できる。

もちろん、追加家具も続々登場予定。ちなみに、杉田氏のお気に入りはキッチンで、今までの家具にも合わせやすく「より、お部屋感が出るんじゃないか」とのこと。また、「EGGLIA」のオリジナルサウンドトラックがハーモニクス・インターナショナルより2017年秋頃発売予定であることも合わせて発表された。

部屋の中にすべり台やブランコを置いて公園のようにすることもできるとか。
もちろん、新要素であるペンキ屋で色を変えることも可能だ。

第二部「ブラウニーズたちと戯れよう」では開発陣が参加者たちと直接交流。前出の5人にデザイナーの「まあこ」こと平野まあこ氏、「くあぞー」こと佐々木麻里氏、「あいどぅ」こと井戸佑太氏を加えた8人の開発スタッフがテーブルを回ってファンとの会話などを楽しんだ。

来場者たちの質問に答えるスタッフ陣。
サインを書てもらったり、記念撮影をしてもらったりするファンも目立った。

第三部「ブラウニーズデザイナートーク」では亀岡氏、津田氏とデザイナーの平野まあこ氏、佐々木麻里氏、井戸佑太氏がステージに登場。それぞれ未発表のイラストやボツイラストを公開し、それらにまつわる開発秘話を明かした。

左から「あいどぅ」こと井戸佑太氏、「くあぞー」こと
佐々木麻里氏、「まあこ」こと平野まあこ氏。
亀岡氏と津田氏も引き続き参加。
さまざまなボツイラストの数々を披露した。

最初に公開されたのは亀岡氏によるヒルダ&ヨルダとチャボの初期イラスト。亀岡氏によるとヒルダ&ヨルダの初期案がボツになったのは「かわいすぎたから」で、もう少し毒のある顔にしようといろいろリテイクした結果、現在の形になったそうだ。

ファンを驚かせたのが初期のチャボのデザインで、まったく今の面影がないことから会場ではどよめきの声が上がっていた。特に、左側の最初期のイラストはツノがないなど雰囲気が大きく異なっており、いかに試行錯誤を重ねてきたかをうかがわせた。

津田氏はテカテとタオチンの初期イラストを公開。テカテは「ネバーエンディングストーリー」のロックバイターをイメージして描いたが、某ゲームのキャラに似すぎていたので、「もう少し崩そう」となったそうだ。タオチンはカブみたいなアタマのおじいさんというバージョンもあったというが、テカテが男っぽいので女の妖精でいこうとなったのだという。

津田氏デザインのフィールドイメージボードやニーベルエッグの案も公開された。面白かったのが「おかしな城」に関する逸話で、津田氏はお菓子が好きなこともあってノリノリで描いたのだが、あまりに「お菓子の家」そのままだったため亀岡氏に「まんまじゃん」、「お菓子風であってお菓子そのままはやめて」と言われてしまったのだという。かくしてリテイクとなったわけだが、他にもいろいろやることが多かったこともあって修正の時間が取れず、結局そのまま通ってしまったと津田氏は顛末を語った。

一番会場をどよめかせたのが、平野氏のバル族のラフ画だ。当初、平野氏はパル族が怒ってバル族に変身するのだと思っていたそうで、頑張って怒りを表現したというが「全然怒っていない、ふざけている顔だ」と亀岡氏に言われ、あえなくボツになったそうだ。平野氏は「怒りとはなんだろう」としばらく悩んだというが、「違う意味で怖いよね」(亀岡氏)、「夢にでてきそう」(楪さん)と会場での反応も散々であった。ちなみに、平野氏いわく「怒っているときはちょっと笑うもの」で、マンガ「シグルイ」でそう習ったと力説していた。

平野氏がイメージしたという「怒ったパル族」の画像。こちらもインパクト抜群だ。

佐々木氏はUIの「購入ボタン」の画像案を公開。細かく設定を変えながら、いくつものパターンを作ったが正式採用されたのは左列の下から4番目のもので、本人いわく「これが採用されるとは思わなかった」とのことだ。次に公開されたのは丸太に「くあぞー」がくっついているイラスト。実はこれが「くあぞー丸太」の初期案で、「丸太にくあぞーが付いているもの」と思い込んでデザインしてしまったという逸話もあわせて紹介された。

ボツになった「くあぞー丸太」のイラスト(画像右)に会場からは「かわいい!」という声が。

井上氏が公開したのは宝箱のボツデザインの数々。「普通の宝箱をお願いします」と言われて、いろいろデザインしてみたが、すべてボツにされたそうだ。また、王冠を着けた王様っぽい「くあぞー」と泣き顔の「アロエちゃん」のイラストも公開。前者は「くあぞー」に個体差がないので試しに作ってみたもので、本人いわく「マスターくあぞー」というイメージだったとのことだ。

後者の泣いている「アロエちゃん」だが、開発初期の段階ではまだ敵モンスターが一切いなかったため、仮仕様として「アロエちゃん」が敵キャラになっていたそうで、なぜかダメージを受けたときの画像まで特別発注され、泣き顔のイラストを描いてみたのだという。言わば実験用のイラストだが、インパクト抜群で会場からは「かわいそう」という声が上がっていた。

左が宝箱のボツ画像、右が王様風くあぞーと泣いているアロエちゃんだ。

そのほか、会場からの質問コーナーやスタッフの描きおろし色紙など豪華グッズが当たる抽選会なども行われ会場は最後まで大盛り上がり。最後に亀岡氏は「プレイしていただいた方々にいろいろ感想を聞けたりしてとても楽しい会でした。これからも「EGGLIA」の展開を続けていきますので、引き続きよろしくお願いします」と挨拶し、大盛況のうちにイベントは幕を閉じた。

サイン入り非売品ポスターや限定版モバイルバッテリー、サイン入りタペストリー、
スタッフ陣の描きおろしイラストなどがプレゼントされた。
会場の壁に描かれた有名クリエイターたちの直筆サインやイラストの中に亀岡氏による「EGGLIA」のイラストが!

EGGLIA~赤いぼうしの伝説~

DMM.comMobileアプリiOS

  • 配信日:2017年4月13日
  • 価格:1,200円(税込)
    (C)DMM.com POWERCHORD STUDIO / BROWNIES

    ※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

    関連ワード

    ピックアップニュース

    編集部のオススメ記事

    最新注目ニュース

    • 軌跡シリーズ特設サイト
    • シャドウバースシリーズ特設サイト
    • 不思議シリーズ特設サイト
    VR.Gamer

    タグ検索

    ジャンル

    RPG
    アクション
    シミュレーション
    スポーツ
    テーブル
    パズル
    ノンジャンル

    テーマ

    アプリ

    ハード

    システム

    その他

    ニュース

    外出中でもスマホで
    最新ゲーム情報をチェック!

    ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

    お気に入りとして登録!

    SNSでシェアする!

    ゲームショウ

    トップへ戻る