千葉・幕張メッセにて9月21日より開催中の「東京ゲームショウ2017」。ここでは、9月22日にバンダイナムコエンターテインメントブースにて行われた、「.hack//15th Anniversary 公開放送」の模様をレポートする。

「.hack」シリーズは、バンダイナムコエンターテインメントが展開する、架空のMMORPG「The World」を取り巻く物語を描くメディアミックスプロジェクト。2002年にはプロジェクトの中核となるPS2ソフト「.hack」がリリースされて以降、様々な作品が生み出され、2017年11月1日には、PS4/PC向けに「.hack//G.U.」に新要素を加えたHDリマスター版「.hack//G.U. Last Recode」の発売が予定されているなど、現在もなお根強い人気を誇っているシリーズだ。

大規模なマルチメディア展開を行う「.hack」プロジェクトの意外な真相が……?

その15周年を記念する形で行われた今回のステージでは、松山洋氏(サイバーコネクトツー代表取締役社長)、バンダイナムコエンターテインメントの内山大輔氏、「.hack//G.U.」の主人公・ハセヲを演じた声優の櫻井孝宏さんらが登壇。「.hack」シリーズのこれまでを振り返るトークが行われた。

開口一番、普段と明らかに異なるガラガラの声を発して周囲を驚かせた松山氏。どうやらこれは「酒やけ」が原因だったようで、「何を話しているのか分からない」と散々に弄られることに。

「.hack」シリーズの始まりは、第1作が発売された2002年よりさらに古く、1999年まで遡る。当時はPS2が発売される前の、冷蔵庫のような大きさだった開発機材が提供されはじめた頃で、元々はその研究開発を兼ねてスタートした企画だったという。

また「.hack」シリーズといえば、ゲームを中心にアニメや小説など、メディアミックスをかなり早い段階で行っていたことでも知られるが、実はそうした展開は当初はまったく想定されておらず、ゲームの開発が相当に進んだ後に「こういうことをやったら面白いかも」と、後から次々と付け加えられていったのだという。その陣頭指揮をとっていた内山氏は「当時はクロスメディア戦略だとか言っていましたが、あれは全て結果論です(笑)」と明かし、櫻井さんを驚かせていた。

またPS2版「.hack//G.U.」を制作していた、若かりし頃の松山氏と内山氏の写真が公開されると、自然と話題は「.hack//G.U.」の制作当時の思い出話に。これまで数々なキャラクターを演じてきた櫻井さんにとって、ハセヲは現在でもかなり印象深い役となっているそうで、現在までの声優としてのキャリアを通しても一番といっていいほど、とにかく「叫んだ」キャラクターなのだとか。そのため、収録では喉を潰してしまうことも少なくなく、その収録の回数もかなりのものとなっていたという苦労話も語られていた。

初代「.hack」の主人公・カイト役の相田さやかさんと、「.hack//Link」の主人公・九竜トキオ役の三瓶由布子さんから、15周年を祝うビデオメッセージも届けられた。
HDリマスターの常識を超えた、多くの新要素が新たに追加!

その後は、バンダイナムコエンターテインメントのプロデューサー・佐藤秀俊氏も加わり、「.hack//G.U. Last Recode」の紹介が行われた。

「.hack//G.U. Last Recode」では、画面解像度とエフェクトの向上だけではなく、最強のステータスでゲームを開始することができる「チートモード」や、全滅時に即座に再挑戦が可能となるリトライ機能の追加、ゲームテンポの向上とバランスの見直し、オリジナル版のその後を描いた、待望の「VoL.4」にあたる新エピソード「あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢」が新たに収録されるなど、ただのHDリマスターに留まらない、多くの新要素の追加や改善が行われている。

またオリジナルのPS2版にはなかった要素として、初代「.hack」で収録されていた、2週目以降のキャラクターの台詞がおフザケ全開のものに差し変わる「パロディモード」も新たに追加される。

松山氏によると、実はこのパロディモード、「.hack」をプレイした当時のファンからはかなり手厳しい意見が寄せられていたため、オリジナル版「.hack//G.U.」では、実装が見送られる形となった。ところがいざ発売を迎えると、今度はパロディモードを臨む声が多く寄せられるという正反対の事態となり、今回のリマスター版で復活を果たすことになったのだという。

ステージ上では、オリジナルとリマスター版を比較した動画も公開。キャラクターのモデルは当時のものから一切手が加えられていないのだが、解像度や効果の変化だけで、これだけの違いがでるようになっているという。

さらにその後には、シリーズの15周年を記念した、様々なコラボレーション企画が発表された。

まず2017年10月14日より、池袋東口「315カフェ」にて、「.hack//G.U. Last Recode」カフェの開催が決定。「.hack」に関連したスペシャルメニューに加え、ノベルティや15周年を記念したグッズの販売も行われる。

「.hack//G.U. Last Recode」×カラオケの鉄人の15周年連動企画では、「.hack//G.U.」のキャラクターをイメージした限定コラボドリンクが提供され、一部店舗では等身大キャラクターパネルの展示も行われる。

2017年10月28日からは、コトブキヤ秋葉原館のイベントスペースにて、15周年を記念したイベントが開催される。「.hack」の世界観を楽しめるイラストや、中ではなかなか見ることができない貴重なアイテムの展示などが行われる。これらのコラボ企画については、また後日に詳細な情報が公開されていくとのこと。

その他にも、シーズナブルプランツより「.hack」シリーズ関連グッズが新たに発売されるのに加え、「.hack//G.U. TRILOGY」、「.hack//Quantum」「ドットハック セカイの向こうに」の3作品のデジタルセル版の配信や、シリーズの原点とも言える「.hack//SIGN」の再放送もスタートするなど、15周年に向けた企画が盛りだくさんとなっている。今もなお多くのファンからの愛され続ける、「.hack」シリーズの今後の展開に、引き続き期待していきたい。

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • プリコネR特集
  • BUSTAFELLOWS特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
3月29日(日)
Simulacra 2
3月30日(月)
アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
4月1日(水)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード
ディズニー emojiマッチ
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
ぷちっとクラスター
エヴァンゲリオン バトルフィールズ
ショベルナイト
スタント カイト パーティ
パンツァードラグーン:リメイク
ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
メモリーズオフ -Innocent Fille-
メモリーズオフ -Innocent Fille- DOUBLE PACK
勇者クライシス
大空ヘクタール農園
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
華麗なる宮廷の女たち
4月7日(火)
絵師神の絆
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
ピクセルクロス アドベンチャー
砂の国の宮廷鍛冶屋
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション
4月16日(木)
オランピアソワレ
オランピアソワレ 限定版
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me 特装版