【TGS 2017】PS4リリース時に揃えたいタイトルが全て出揃った―SIE JA プレジデント・盛田厚氏にインタビュー

【TGS 2017】PS4リリース時に揃えたいタイトルが全て出揃った―SIE JA プレジデント・盛田厚氏にインタビュー

担当:Gamer編集部

PS4

千葉・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2017」にあわせて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(以下SIE JA) プレジデントの盛田厚氏への合同インタビューを行った。

――先日行われた2017 PlayStation Press Conference in Japanの反響はいかがですか?

盛田氏:「グランツーリスモSPORT」や「モンスターハンター:ワールド」のような期待の大きいタイトルが登場していきます。我々がPlayStation4(以下、PS4)をリリースした3年前は、日本のタイトルが足りないのではないかと言われていましたが、その時に“このタイトルは揃えたい”と考えたタイトルは全て出揃ったのではないかと考えています。

さらに、このような大型タイトルだけでなく、バラエティに富んだタイトルも増えてきているので、PS4としてのタイトルの広がりも伝えたいと考えました。もちろん、「モンスターハンター:ワールド」のような大型タイトルへの反響も大きかったのですが、多彩なタイトルが揃っているということをご理解いただけたと感じています。

今回の東京ゲームショウでは、そのようなタイトルを楽しんでいただけるようなブースにしているので、カンファレンスで伝えたメッセージを体験できる場を用意できたと感じています。

――ブースの「Detroit Become Human」エリアにいるアンドロイドが人形だと思っていたら、人間だったので驚きました。

盛田氏:「Detroit Become Human」は我々の新しいIPなので、しっかりと盛り上げていきたいと考え、マーケティングチームが力を入れて作り上げました。

「Detroit Become Human」エリアでは世界観を十分に堪能できる

――久しぶりに「モンスターハンター」がPlayStationに戻ってきました。心境をお聞かせください。

盛田氏:「モンスターハンター」はユーザーが“遊びたい”と最初に思うタイトルのひとつだと思います。そのようなタイトルをすべて揃えないと全員を振り向かせることはできないと考えており、その重要なピースが「モンスターハンター」だったと思っています。

プレイステーション・ポータブルで「モンスターハンター」が盛り上がっていた時に、4人が一緒に遊んでいた社内の光景がとても印象に残っています。その「モンスターハンター」がPSで出てくれるということはとても感慨深いですし、うれしいです。

――PlayStation VR(以下、PS VR)のPlayStation Camera(以下、PS Camera)同梱版の価格改定が発表されましたが単体版はどのような扱いになるのでしょうか?

盛田氏:PS VRを1年間販売してきて、圧倒的に売れたのがPS Camera同梱版でした。10月中旬のタイミングで「グランツーリスモSPORT」や「V!勇者のくせになまいきだR」などがリリースされるため、このタイミングでの発表になりました。

また、今でも首都圏では販売後にすぐに売れてしまうという状態で、全ての方にお買い求め頂けていません。改めて生産体制を増強し、10月中旬ごろに出荷が強化される見込みで、供給体制が確立しつつある状態になっています。

そしてこのタイミングから、PS Camera同梱版をメインに売っていくというメッセージを発信するために、今回の発表に至りました。

――PS VRの単体版の販売は引き続き行われるのでしょうか?

盛田氏:市場の動向を見ながら、検討していきたいと考えています。

――JAPAN Studio VR音楽祭やNews VRなどゲーム以外のコンテンツが気になりました。

盛田氏:PS VRには大きな可能性があると思っています。ローンチのタイミングでいろんなコンテンツが登場しましたが、最初に手にしたのはゲームを遊ぶ人たちでした。PS VRはゲームを遊んでいた人たちが、実際にゲームの世界に入れるという夢を実現できるもので、これからも当然ゲームは出し続けていきます。

その一方で、新しい映像体験としてのPS VRがあります。テレビの進化形としてのVRでこんな体験ができる、とユーザーに伝えていく必要があります。また、ゲーム業界の人たちだけでなく、ゲーム業界以外の人たちからもアイデアをもらい、コンテンツを作っていける環境を提供していきたいです。

――カンファレンスではPlayStation Vita(以下、PS Vita)の発表がありませんでしたが。

盛田氏:今回のカンファレンスでPS4に特化したのは、一番伝えたいことがPS4タイトルの豊富さだったからです。

PS VitaでもPS4でも「マインクラフト」が売れ続けており、全国でイベントを実施すると親子で楽しんでもらっています。子どもたちが最初にゲームに触れるのが「マインクラフト」のPS Vita版だとして、それがPS4版では大画面で遊べるようになります。このようにPS Vitaを入り口としてPlayStationを楽しんでもらうことができます。また、PS4のリモートプレイとしてPS Vitaは連携してくハードだと考えています。

――キッズの星プロジェクトに関する映像も公開されました。

盛田氏:キッズの星プロジェクトはひとつのキャラクターをソニーグループ各社とともに育てていきたいというもので、その活動が行われていることをお伝えするために映像を公開しました。

これから、PlayStationとしてもキャラクターを活用していこうと考えており、具体的な活動が準備でき次第発表していきます。

――来場者に向けてブースの注目ポイントを教えてください。

盛田氏:「グランツーリスモSPORT」「モンスターハンター:ワールド」「コール オブ デューティ ワールドウォーII 」「Detroit Become Human」といった大型タイトルを試遊できる環境はもちろん整えていますが、それ以外にもさまざまなタイトルが試遊可能です。さらに、PlayStation 4 Proと4KのBRAVIAを使った最高の環境で遊ぶことができるので、是非体験してみてください。

――ありがとうございました。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • ガスト美少女祭り特集サイト
Figgy

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る