日本版の発売日は2018年3月1日に決定!飛行機同士による白熱のドックファイトも披露された「ファークライ5」開発者ステージレポート

日本版の発売日は2018年3月1日に決定!飛行機同士による白熱のドックファイトも披露された「ファークライ5」開発者ステージレポート

担当:

PS4 Xbox One PC

2017年10月9日に渋谷・ヒカリエホールで開催された、ユービーアイソフトの人気タイトルが一堂に会するイベント「UBIDAY2017」。こちらで行われた「ファークライ5」のステージイベントをレポートする。

広大なオープンワールドを自由に探索しながら様々なミッションをこなしていく、FPSとアクションゲームが融合したユービーアイソフトが誇る人気タイトル「ファークライ」シリーズ。「ファークライ5」は、その最新作となる作品だ。

今回のステージでは、ローカライズディレクターの岩本けい氏、PRマネージャーの福井蘭子氏、そして開発を担当するモントリオールスタジオから、チーフコミュニケーションディベロッパー・Mathias Ahrens氏らが登壇。PS4を使っての実機プレイや、作品を紹介するプレゼンテーションを行った。

心強い相棒達と共に、カルト教団に支配された街「ホープカウンティ」を開放する

「ファークライ」シリーズといえば、様々な動物を手なづけて共に冒険することができるのも特徴だが、その要素は「5」でも健在。今回のプレイでは、中でももっとも親しみやすい相棒だという犬の「ブーマー」がチョイスされた。

ブーマーは索敵を得意とする相棒で、見えない敵をスポッティングしたり、襲ってくる動物たちを察知することができるという。今回のプレイでは確認することはできなかったが、ブーマーの他にも様々な動物やキャラクター達が相棒となってくれるという。

ブーマーは戦闘にも参加してくれるが、ダメージを受けすぎると戦闘不能になってしまう。一定時間以内に蘇生できなかった場合、しばらく戦闘に参加できないペナルティがつくが、死んでしまうことはないので安心だ。

本作の舞台となる「ホープカウンティ」は、アメリカ・モンタナ州に位置する架空の街。このホープカウンティは「エデンズ・ゲート」と呼ばれるカルト教団による支配を受けており、プレイヤーはレジスタンスの一員となって教団の支配から各地を開放していく……というのが主なゲームの主なストーリーの流れ。今回のプレイでは、その中の田舎町である「フォールズ・エンド」を開放するための戦いが行われた。

戦闘の際には豊富な銃火器の他、バットやダイナマイトなど様々な武器を使用することができ、隠れながら敵を倒していくステルスプレイも行えるようになっている。

無事戦闘に勝利して街を開放すると、街の住人が自分たちの店をオープンし、街の中を自由に移動できるように。その中の一つであるバーでは、情報通のバーテンダーから話を聞いたり、住民が残した日記からエデンズ・ゲートに関する様々な情報を得たりすることができた。これらの情報はメインストーリーを進行させる上で必ずしも集める必要はなく、あくまでゲームを進める上のヒントとして用意されているようだ。

街の周囲には、エデンズ・ゲートが設置したバリケードや車両といった、住民を威嚇するためのオブジェクトが配置されていることも。プレイヤーがこれらを破壊することで、その影響力を低下させ、レジスタンスの勢力を強めていくことができる。

移動に使える車の中には、「ファークライ3」のバースのボブルヘッドが置かれているという、シリーズファンなら思わずニヤリとしてしまう小ネタも。

エデンズ・ゲートに支配されていた空港を開放し、飛行機に乗って自由に空を飛び回れるようになると、機体に搭載された武器を用いて、地上にあるエデンズ・ゲートの施設を破壊するミッションが発生した。

指示通りにミッションをこなしていくと、「レジスタンスメーター」と呼ばれるゲージが上昇。このレジンスタンスゲージが上昇すると、プレイヤーに対するエデンズ・ゲートからの注目が高まり、様々な刺客が送り込まれるようになるという。

今回のプレイでは、施設を破壊しようとするプレイヤーに対し、エデンズ・ゲート所属の飛行機が出現。この刺客はこれまで出てきた敵と比べ物にならないほどの強敵で、激しいドッグファイトが繰り広げられるも、激闘の末に敵飛行機を撃墜、見事な勝利を収めていた。

広大なマップの中には、ちょっとした息抜きを行える場所も。のんびりと魚釣りをしたり、野生動物のハンティングを楽しむこともできる。

実機プレイ終了後に行われたプレゼンテーションでは、本作の日本での発売日が2018年3月1日となることも発表された。対応ハードはPS4/Xbox One/PCの3つプラットフォームで、初回生産限定特典として「ドゥームズデイ・プレッパーパック」のダウンロードコードがパッケージに同梱される。

その後には、事前にTwitterで募集していたユーザーからの質問を、Mathias氏にぶつけるというコーナーも実施。その回答では、本作の舞台となるモンタナ州を実際に訪れ、現地の人々と直にコミュニケーションを取りながら自然などの環境を実際に目の当たりにしたことが、「ファークライ5」の開発に大きな影響を及ぼしているという裏話も明かされていた。

ステージの最後には、Mathias氏から「ホープカウンティで待ってます!」と、発売を待つユーザーに向けた日本語でのメッセージが送られた。

ファークライ5

ユービーアイソフトPS4パッケージ

  • 発売日:2018年3月1日
  • 価格:未定
  • CERO審査予定
ファークライ5

ファークライ5

ユービーアイソフトXboxOneパッケージ

  • 発売日:2018年3月1日
  • 価格:未定
  • CERO審査予定
ファークライ5

ファークライ5

ユービーアイソフトPC

  • 発売日:2018年3月1日
  • 価格:未定
  • CERO審査予定
ファークライ5
(C) 2017 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Far Cry, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries. Based on Crytek's original Far Cry directed by Cevat Yerli. Powered by Crytek's technology “CryEngine.”

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

関連ワード

ピックアップニュース

編集部のオススメ記事

最新注目ニュース

  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • シャドウバースシリーズ特設サイト
  • 不思議シリーズ特設サイト
VR.Gamer

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る