タニタとセガがコラボレーション!特徴的なデザインを再現した「セガサターン体組成計」が4月26日に発売

タニタとセガがコラボレーション!特徴的なデザインを再現した「セガサターン体組成計」が4月26日に発売

担当:Gamer編集部

タニタは、セガホールディングスを中核とするセガグループとコラボレーションし、家庭用ゲーム機「セガサターン」のデザインを忠実に再現した体組成計「セガサターン体組成計」を4月26日に発売する。

販売台数はセガサターンの発売日である11月22日にちなんだ1122台で、価格は6,000円(税抜)。30代から40代のセガサターンファンをターゲットに、タニタオンラインショップ(http://shop.tanita.co.jp/)で販売。また、これに先駆け、書籍・雑貨店ヴィレッジヴァンガードの一部店舗で本日4月13日から先行販売が行われる。

セガサターンは、株式会社セガエンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)が1994年に発売した家庭用ゲーム機。当時、2次元CG(コンピューターグラフィックス)が主流となっていた中で、3次元CGで人気を博した同社の対戦格闘ゲーム「バーチャファイター」が遊べる次世代ゲーム機として登場。革新的なゲーム体験が多くのゲームファンを魅了し、国内向けでは同社ハード史上最大のヒット商品に。そしてゲーム機としての現役を退いた今も多数のファンがおり、セガサターンのデザインを生かしたグッズが人気を集めている。

本商品はこうしたニーズに応えたもので、往年のセガサターンファンがノスタルジーに浸りながら楽しく健康管理に取り組める。商品化にあたっては、セガホールディングスの監修の下、セガサターンの特徴的なデザインを細部にいたるまで忠実に再現。特にカラーリングにはこだわり、複数回の試作を経てオリジナルに近い色合いを実現。また、商品パッケージについても、当時のセガサターンのパッケージを踏襲したオリジナルデザインとなっている。

往年の次世代ゲーム機のデザインを忠実に再現した「セガサターン体組成計」
パッケージも当時のセガサターンのデザインを再現

計測・表示項目は「体重」、「体脂肪率」、「BMI」、「内臓脂肪レベル」。大きさは縦210mm、横297mm、高さ25mmで、重さは約1.4kg(電池含む)。乗るだけで電源が入り、測定者を自動で識別するため、ボタン操作をすることなく毎日手軽に健康チェックが行える。

タニタでは継続的な健康づくりを促す上で、ゲームやアミューズメント分野のコンテンツは非常に効果的だと考えているという。タニタとセガグループは、公式アカウント同士のツイッター上のやり取りがきっかけとなり、セガグループにコラボレーションを持ちかけたところ、健康づくりとアミューズメントの融合において両社の考え方が一致し、今回の商品化が実現したとのこと。

セガサターンに夢中になった世代は、現在30代から40代。本商品は、健康を意識する年代となった往年のセガサターンユーザーが、楽しかった思い出とともに健康管理を続けられるスペシャルな商品となる。

(C)SEGA

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る