ファンプレックス、ゲーム運営事業の拡大を目的に「戦国アスカZERO」などを運営するORATTAを子会社化

ファンプレックス、ゲーム運営事業の拡大を目的に「戦国アスカZERO」などを運営するORATTAを子会社化

担当:Gamer編集部

グリーグループのファンプレックスは、ゲーム運営事業の拡大を目的に「戦国アスカZERO」など5タイトルを運営するORATTAの全株式を取得し、子会社化することを決定した。

ファンプレックス、ゲーム運営事業の拡大を目的に「戦国アスカZERO」などを運営するORATTAを子会社化

株式譲渡実行日は2018年7月1日を予定し、株式取得後はファンプレックス代表の下村直仁がORATTAの代表取締役社長を兼任します。

グリーが培ってきた運営力をさらに組織的、専門的に生かしていくため「ゲーム運営のプロフェッショナル集団」として2015年に設立されたファンプレックスは、グリーおよび他社がリリースしたタイトルの再成長を促し、より長期的に楽しんでいただくことを目的とした運営事業に取り組んできました。

現在では、モバイルゲーム、スマートフォン向けゲームアプリ、海外配信ゲームアプリなど、多様な20タイトルを運営しています。

ORATTA子会社化の目的と今後

ORATTAは、2010年の創業以来モバイルゲームの企画・開発・運用事業を展開しており、GREE Platformにもゲームを配信するなど、グリーの重要なビジネスパートナーです。今回の子会社化により、ファンプレックスはORATTAの8年にわたるゲーム運営経験で培われた知見と高い技術力をグループとして取り込み、新規運営タイトルの獲得に加え、技術面、組織面での体制強化を行い、事業を拡大していきます。

ファンプレックスは、今後も新規運営タイトルの獲得およびパートナー企業との提携や資本参加などを通じて、ゲーム運営事業のより一層の発展を目指します。

関連ワード

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

  • 「リディー&スールのアトリエ」特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト
6/20 UP セガゲームス特集ページ

タグ検索

ジャンル

RPG
アクション
シミュレーション
スポーツ
テーブル
パズル
ノンジャンル

テーマ

アプリ

ハード

システム

その他

ニュース

外出中でもスマホで
最新ゲーム情報をチェック!

ゲーム総合情報サイト Gamer QRコード

お気に入りとして登録!

SNSでシェアする!

ゲームショウ

トップへ戻る