千葉・幕張メッセにて9月20日より開催された「東京ゲームショウ2018」。インティ・クリエイツブースでSwitch「Dragon Marked For Death」(ドラゴン・マークト・フォー・デス)をプレイしたため、プレイインプレッションをお送りします。

メーカー発表によると、最大4人同時プレイが可能なサイドビュータイプの本格2DアクションRPG。発表されている内容だけを見ていると、同社のサイドビューアクションゲーム「蒼き雷霆ガンヴォルト」シリーズのイメージが強いのですが、その一方でキークリエイターとしてはしもとよしふみ氏が関わっているということで、「朧村正」のイメージもちらつきます。

はたして、本当はどんなゲームなのか、気になってしまったのでいざインティ・クリエイツさんのブースへ。

いざ、プレイするため、列に並んでみると、「シングルプレイ」と「マルチプレイ」がそれぞれ別で体験できるようになっていました。「マルチプレイ」が主体のゲームだと、イベントでは楽しくプレイできても、家では「シングルプレイ」しかしないような人の場合はあまり楽しめないこともあるので、両方できるのは大変ありがたいです。

とりあえず「シングルプレイ」をしてみようと思って並んでいたのですが、丁度「マルチプレイ」に空きがあったので、まずは「マルチプレイ」を体験させていただきました。

「マルチプレイ」では、4人までの協力プレイが可能。ブース内には4台のテレビとSwitchが並んでいて、仲間の画面を見ながら一緒に楽しむことができるようになっていました。オンラインを介したマルチプレイにも対応しているので、実際にテレビと向き合う時はオンラインがメインになりそうですね。4人協力プレイなので、誰がどのキャラクターを選ぶかが重要になってきます。

「皇女」は攻撃アクションを得意としている、初心者向けのキャラクター。

「戦士」は自分の周りにバリアを張ることができ、使いこなせば攻守にわたって大活躍できるキャラクター。

「忍び」はホバリングや2段ジャンプができる、機動力のあるキャラクター。

「魔女」は強力な攻撃魔法や回復ができる、全体をフォローするタイプの上級者向けキャラクター。

大まかなキャラの特徴と使用指針的なことは下記のようにまとめられていたので、ファーストプレイということから「万人向け」「初心者」の言葉だけで「皇女」を選んでみました。

今回のプレイは、インティ・クリエイツの方が2人加わった4人パーティで、それぞれが勝手にキャラを選んでのプレイだったので、「皇女」2人、「魔女」2人のパーティになり、やっぱり「ぎゃる☆がん2」の会社だから、と思わなくもなく……。

ローカル通信ゆえに、ホスト担当の方がクエストを選ぶと、ゲーム開始。冒頭のストーリーに関わる会話などのイベントについては、各自それぞれがボタン送りをすることで進行し、それぞれのイベントが終わるとアクションステージが始まります。

今回プレイしたステージは、多少のジャンプアクションが必要だったモノのある程度一本道で進行していたため、マルチプレイ用のステージだと思われます。敵が現れたら4人で協力して倒しては先に進んでいき、ひたすら進んだ先の行き止まりの広い空間で、巨大なボスとの対戦があり、倒すと無事クリアとなりました。

上記の画面は今回のゲーム画面ではないのですが、「戦士」のガードが青く光っているため、この光の中に入った仲間はガードの恩恵を受けることができるなど、パーティプレイではそれぞれのキャラクターの個性を活かすことが重要になります。今回のプレイでは下手なプレイヤーが「皇女」で失敗しまくっても、上手いプレイヤーが「魔女」でしっかりとフォローすることで、無事クリアできたというわけです。

ちなみに、ボス戦となればあっさりとHPが0になることもありますが、画面左下にある緑のゲージが0になるまでは何度も復帰することができるので、ある程度は無茶な攻撃も可能。但し、この緑のゲージは全員で1つなので、全員が下手なうえに無茶をしまくると、クエストを達成できないことも。今回のプレイでは、率先して戦っていたら、結構頻繁に死にまくったのですが、こっそりと生き返って戦い続けることができました。


続いて「シングルプレイ」に挑戦すると、全然違ったゲームへと変質しました。「シングルプレイ」のステージでも、操作は同じで、ジャンプや攻撃を駆使して進んでいくのですが、例えば、カギのかかったドアがあり、宝箱でカギを見つけてドアを開けたり、スイッチを切り替えてリフトの回転する方向を変えたりと、ちょっとしたギミックを攻略していくような作りマップを体感することができました。

もしかしたらマルチプレイでも同様のマップを体験できるのかもしれませんけど、一人プレイの場合は全てのギミックを一人でクリアしていかなくてはなりません。

しかし、「マルチプレイ」では「皇女」を選んだこともあり、調子に乗って「戦士」でゲームを始めたことが失敗の始まりでした。「皇女」はかなり操作がしやすいキャラクターだったのですが、「戦士」は動きが遅い代わりに、攻撃が当たると強力、というタイプ。全員を守るようなガードができるので戦闘ではかなり役に立つのですが、その一方で、ガード中は突き進むことができないので、「シングルプレイ」にはちょっと不向き。

操作に慣れながらどうにかボス戦に突入したのですが、今回のゲームショウバージョンは10分という時間制限があったこともあり、ボスを倒せないままゲーム終了。

通常のプレイであれば、「戦士」でも十分に戦い抜くことができそうですが、スピード勝負という意味では、「皇女」や「忍び」の方が間違いなく有利にプレイを進められそうです。基本操作は同じにしても、一部のボタンに対応している操作が全然違うため、どのキャラクターを選ぶかによって、ゲームの展開が変化してくることはしっかりと実感できました。

アクションRPGゆえに、装備のカスタマイズやレベルアップ、パラメータの変遷などは当然ありますし、「皇女」「戦士」「忍び」「魔女」のパーティで戦うことになるストーリーもかなり気になってしまいます。

Switchならばみんなで本体を持ち寄って、携帯モードでローカル通信によるマルチプレイで盛り上がりそうですね。発売は2019年1月予定なので、これから調整などで磨きがかかった商品に仕上がることを期待してしばらく待つこととしましょう。

Dragon Marked For Death

インティ・クリエイツ

Switchパッケージ

  • 発売日:2019年1月31日
  • 価格:5,537円(税抜)
  • 15歳以上対象
Dragon Marked For Death

Dragon Marked For Death 限定版

インティ・クリエイツ

Switchパッケージ

  • 発売日:2019年1月31日
  • 価格:9,241円(税抜)
  • 15歳以上対象
Dragon Marked For Death 限定版

Dragon Marked For Death ベーシックセット - 皇女と戦士 -

インティ・クリエイツ

Switchダウンロード

  • 発売日:2019年1月31日
  • 価格:1,815円(税抜)
  • 15歳以上対象
Dragon Marked For Death ベーシックセット - 皇女と戦士 -

(C)Marvelous Inc. / INTI CREATES CO., LTD.

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • セール情報
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • 軌跡シリーズ特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
3月29日(日)
Simulacra 2
3月30日(月)
アウステルリッツの戦い-The Battle of Austerlitz-
4月1日(水)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード
ディズニー emojiマッチ
4月2日(木)
MazM: ジキル&ハイド
SoundArt
ことばのパズル もじぴったんアンコール
ぷちっとクラスター
エヴァンゲリオン バトルフィールズ
ショベルナイト
スタント カイト パーティ
パンツァードラグーン:リメイク
ピカピカナース物語 小児科はいつも大騒ぎ for Nintendo Switch
メモリーズオフ -Innocent Fille-
メモリーズオフ -Innocent Fille- DOUBLE PACK
勇者クライシス
大空ヘクタール農園
4月3日(金)
HyperParasite
バイオハザード RE:3
バイオハザード RE:3 COLLECTOR’S EDITION
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version
バイオハザード RE:3 Z Version COLLECTOR’S EDITION
プリズンプリンセス
華麗なる宮廷の女たち
4月7日(火)
絵師神の絆
蒼藍の誓い - ブルーオース
4月9日(木)
ピクセルクロス アドベンチャー
砂の国の宮廷鍛冶屋
4月10日(金)
ファイナルファンタジーVII リメイク
ファイナルファンタジーVII リメイク デジタルデラックスエディション
4月16日(木)
オランピアソワレ
オランピアソワレ 限定版
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me
狐が僕を待っている The Fox Awaits Me 特装版