2018年12月15日~16日の二日間、東京ビッグサイトの西3~4ホールで開催されている、コロプラフェス2018。このコロプラフェス2018では、話題の新作「Project Babel」も試遊ブースが設けられている。

「Project Babel」は、「ファイナルファンタジーVIII」「ファイナルファンタジーX」などのシナリオで知られる野島一成氏や、「タクティクスオウガ」「戦場のヴァルキュリア」などの音楽で知られる作曲家の崎元仁氏が参加しているとあって、発表時からゲームユーザーに大きな衝撃を与えており、その分期待値も高い作品となっている。その注目作である「Project Babel」を試遊することが出来たので、わずかながら本作の片鱗を紹介しよう。

フィールドを移動しながら、可愛いデフォルメキャラクターを愛でていたい

まずフィールドを画面は、スワイプで移動するタイプ。最近のスマートフォンゲームにありがちな、大きなワールドマップをポチっとおしたらそこですぐイベントやバトルが発生するタイプのものではなく、きちんと自分でフィールドの中を移動していくのだ。

フィールドの各所にある「!」シンボルを調べたり会話をしながらイベントを進めていく。基本的に「!」シンボルを目印に進んでいけば、詰まるようなことは一切ない親切設計だ。漠然と会話を読み流してしまい、「次、何するって言ってたっけ?」となるような筆者には実にありがたい。そしてボスのみシンボル型となっているので、出現したボスのシンボルに突っ込めばボスバトルに突入する、という具合だ。

フィールドはスマートフォンでも操作がしやすいように、横と縦の線のみで構成されている。
画面右上にミニマップが表示されているのを参考にしてほしい。
ミニマップ上の「!」がゲーム進行の目印となっている。

マップやバトルで動くキャラクターたちは三頭身のデフォルメされたキャラクターだが、このキャラクターがとても可愛らしく出来ているところもポイントが高い。恐らくこのゲームのパーティの最大人数は4人までと思われるが、スマートフォンの画面の中を4人でぞろぞろと歩いていても不思議とあまり雑多な感じがしなかった。

正式版ではお気に入りのキャラクターでパーティを組めるようになるのだろうか?
それともある程度ストーリーによってメンバーが固定になるのだろうか? 気になるポイントだ。
バトルは、エンカウント方式!ボスバトルではより戦略性のあるバトルが楽しめる

バトルはターン制のコマンドバトルになっており、通常攻撃やSP(スキルポイント)を消費して出すスキルなどがある。コマンド選択については少々わかりにくいが、各キャラクターのアイコンの上に「攻撃」というコマンドが表示されており、ここをタップすると現在使えるスキルが表示されるので、別のスキルを選ぶことが出来る。

そしてスキルにはカットインによる演出があり、この演出が長すぎず、それでいてカットインを見たいがためにスキルを出したくなるようなかっこいいものとなっている。もちろん使えるスキルはキャラクターによって違っているので、自由に編成が出来るようになった時はそれも考慮しなければならなくなるだろう。

カットインは僅か数秒程度のものだが、それでいて大技を出している感じがあって良い。

なお、本作ではバトル後にHPとSPが自動回復しない。そのため、ある程度考えてスキルを使用していかないと、いざという時にSPが足りなくなる事態もありえるだろう。とはいえど、マップの中にはHPとSPが全快する回復ポイントなども設置されているので、それをうまく活用すればそこまで非常事態に陥ることもないと思われる。

ボスバトルで特徴的なのは、ブレイクゲージの存在。ボスにダメージをいれていくとブレイクゲージが溜まり、ブレイクゲージがいっぱいになるとダメージが通りやすくなる。ボスがブレイク状態のときに更に攻撃をいれると、恐らくは確率でボスをダウンさせることが出来、ダウンボーナスが更に乗る上に、しばらく一方的に攻撃できる。

だが、ダウンゲージを貯めようとして最初からSP消費の大きい大スキルをどんどん入れていくと、せっかくダウンを取ったときに全員SPが0になってしまっており、通常攻撃しかいれられなくなってしまうようなこともあるだろう。スキルを使う時はそういったところにまで配慮してみると、もっとバトルが楽しくなりそうだ。

ちなみにバトルは倍速モードを搭載しているので、さくさくと進めたい人は高速モードにしてしまうといいだろう。しかしバトルBGMが「崎元仁氏のファンならば絶対ハートに突き刺さるはず」というほどに素晴らしく、筆者は最後までしっかりとバトル音楽を聞きたいために、しばらく放置しておくほどだった。

倍速モードにしてしまうと、せっかくの音楽もほんの一部しか聞けないというデメリットがあるので、最初のうちはぜひ通常の速度で遊んで、バトル音楽も一緒に楽しんでほしい。フィールドの音楽やボスバトル曲もこの体験版では聴くことが可能なので、試遊する機会がある人はあわせて楽しんでほしいポイントだ。もちろん、ヘッドフォンやイヤフォンを使ってのプレイも推奨したい。

また、試遊版ではあまり気にする必要はなかったが、バトルには陣形があることも確認できた。陣形にはパーティ全体の最大HPが上がる「バランスシフト(デフォルトではこの陣形)」と、パーティ全員の物理防御力をあげる「ヘビーシールド」など、他にも様々な効果のものがあるようだ。

陣形には、「敵視率」という表示がある。ヘビーシールドでは先頭のキャラクターの敵視率が70%、2番目のキャラクターが30%、後衛の2人は0%となっている。つまりこの陣形ならば先頭のキャラがパーティのシールド役となって、HPが少ない魔法使い系の2人を守りながら戦うことができる。敵の攻撃が痛いボスバトルでは陣形をヘビーシールドにして、魔法使い2人は先頭のキャラへのヒール担当と攻撃担当に分かれて戦う、というような戦法も考えたほうが良いだろう。

シンプルイズベスト、というような昔ながらのRPGらしいバトルとなっているので、正式版では陣形の選択やパーティキャラクターの編成、SPの使い方といった基本的な部分で戦局を分けるような場面もあるのかもしれない。

気になるシナリオは…

今回の試遊はストーリーの部分にはほとんど触れられなかったものの、試遊の最後にはキャラクターたちが意味深な言葉を残している。

「世界のことを知ろうとは思わないの?」
「私は知りたい。この崖の向こうにあるものを」
「崖を超えることなど不可能だ」

どうやらこのゲームでは世界は崖に囲まれていて、その崖から出ることは不可能とされているようだ。

実際に既に公開されているイメージアートをよく見ると、キャラクターらがいる大地の先は大きくひび割れており、そのひび割れはどこまでも続いているのがわかる。この大地のひびはもちろんのこと、「Project Babel」というタイトルやイメージアートから彷彿させる「塔」も、なんらかのキーになっているのだろう。

なお本作は実際にプレイしてみるとすぐに解るのだが、ソーシャル要素がまったくない一人プレイ専用のゲームとなっている。よっていわゆるソーシャルゲームと呼ばれているものよりも、携帯ゲーム機で発売されるRPGに近い感覚で遊べるものだったので、手軽に遊べるけれどそれでいて本格的なRPGが好き、という層にはぴったりではないだろうか。

なお、コロプラフェス2018では、2018年12月15日の10:30より「Project Babel」のステージが開催された。こちらのステージの模様も追ってお届けするので、あわせてご覧いただきたい。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(5枚)

(C)2018 COLOPL, Inc.

※画面は開発中のものです。

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

機種
Mobile
プラットフォーム
アプリ
OS
iOSAndroid
会社
コロプラ
ジャンル
RPG
システム
横向き
クリエイター
野島一成崎元仁
公式サイト
https://colopl.co.jp/colopl_babel/
  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • 軌跡シリーズ特設サイト
  • セール情報

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月15日(木)
2064: リードオンリーメモリーズ インテグラル
ALTDEUS: Beyond Chronos
ALTDEUS: Beyond Chronos 特装版
G-MODEアーカイブス34 魔城っ娘プリンセス
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Special Edition
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Standard Edition
Nine Witches: 家族騒動
Relicta
THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
Winning Post 9 2021
なめこ取り
アトリエ喫茶ふらっとからの脱出
ギア・クラブ アンリミテッド2 アルティメットエディション
サガ フロンティア リマスター
スティッチ・イン・トゥーキ・トラブル
マルくんの旅 ~出会いと別れの物語~
ミアステール~デズニフの遺跡~
レインパレード イタズラ雲の冒険!
嘘つき姫と盲目王子 Best Prise
4月20日(火)
Elona Mobile
MLB The Show 21(英語版)
MLB The Show 21(英語版) ジャッキー・ロビンソン・エディション
MLB The Show 21(英語版) デジタルデラックスエディション
キングダムDASH!!
4月21日(水)
ユージェネ
4月22日(木)
-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム for Nintendo Switch
Fight of Animals
NieR Replicant ver.1.22474487139...
OVERCOOKED!(オーバークック)王国のフルコース
Rolling Gunner + Over Power
アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX
アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX スペシャルコレクションボックス
アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX プレミアムボックス
インフィニットリンクス
サクラ・サキュバス ~モテ期は唐突に~
スメルター
ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ DX
タイピングクエスト
タイピングクエスト スターターセット
トロピコ 6 Nintendo Switchエディション
フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ DX
リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ DX
レイス:ジ・オブリビオン - アフターライフ
ローリングガンナー コンプリートエディション
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド スペシャルパック
ワーウルフ:ジ・アポカリプス
妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch レベルファイブ ザ ベスト
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている レベルファイブ ザ ベスト
怪盗ロビーと忘れられた神殿
時計仕掛けのアポカリプス
時計仕掛けのアポカリプス 限定版
東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.
殺戮の天使
雷電IV×MIKADO remix
雷電IV×MIKADO remix 限定版
4月23日(金)
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered デジタルデラックス
4月27日(火)
GODZILLA DESTRUCTION
4月28日(水)
グリザイア ファントムトリガー 01 to 05
スターレネゲード
フライ トゥギャザー!
ミクと水没都市
原神
毎日♪ 衛宮さんちの今日のごはん
4月29日(木)
R-TYPE FINAL2
R-TYPE FINAL2 限定版
スーパー野田ゲーPARTY
4月30日(金)
Legend of Keepers: Welcome to the Dungeons Company
New ポケモンスナップ
Returnal
Returnal デジタルデラックス版