ソニー・インタラクティブエンタテインメントおよびフロム・ソフトウェアは、2019年3月22日に発売を予定しているPS4/Xbox One/PC用ソフト「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」の発売直前プレミアムイベントを開催した。

「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(以下、「SEKIRO」)は、戦国時代を舞台に、孤独な忍びの戦いを描くアクションアドベンチャーゲーム。

「ダークソウル」などのヒットタイトルを手掛けたフロム・ソフトウェアの最新作とあって、日本はもちろん世界的にも高い注目を集める作品だ。

今回のカウントダウンライブでは、発売を目前に控えた本作の試遊に加え、貴重な資料の展示やメッセージボード、ステージを利用したフォトスポットも用意された。フォトスポットでは実際に刀を持ち、「SEKIRO」の世界に入り込んだような写真を撮影できた。さらに選ばれた人がボス戦に挑戦するチャレンジ企画もあり、TGS 2018などでプレイしてきた猛者たちがボスとの緊張感のある戦いに挑んでいた。

今回の試遊でプレイできたのは序盤のステージで、基本的な動作を確認しながら進んでいく。序盤とはいえ、意地の悪い敵の配置、そして攻撃方法はフロム・ソフトウェアのDNAをしっかりと受け継いでいる印象を受けた。また「DARK SOULS」などとの大きな違いとして、×ボタンを押すとジャンプになり、高台の上に飛び乗ることも可能。時には物陰に身を隠して隙をうかがったり、敵の話を盗み聞いてヒントを得ることもできる。本作はシングルプレイに特化しており、「DARK SOULS」「Bloodborne」のように他人のプレイからヒントを得ることはできない。それだけに、敵が話す些細な言葉の数々は可能な限り聞いておきたいところ。

戦闘のスピード感は「Bloodborne」に通じるものがあるが、システムを見てみると異なる部分も多い。刀と刀がぶつかり合う激しいバトルを繰り広げていると、やがて「体幹」が削れていき、隙が生まれる。その瞬間にさらなる攻撃を叩き込めば「忍殺」が発生し、相手を即死に追いやる。ただし、強力な敵は1回の忍殺では倒せないことも。何度も何度も粘り強く戦い続ける、プレイヤー自信の精神的なスタミナも試される。

ちなみに「体幹」の要素はプレイヤー側にも存在し、防御してばかりだとこちらがピンチになってしまう。瞬間ごとのダメージを防ぐことももちろん大事だが、そればかりでは結局不利になっていく、なかなか意地の悪い、しかし“らしさ”が溢れるシステムだ。

ステージでは力強さと嫌らしさを兼ね備えた強敵が次々登場

生中継も行われたステージイベントでは、MCの松嶋初音さんとフロム・ソフトウェアのプロモーター北尾泰大氏が登壇。冒頭では共同開発したActivision Publishingのプロデューサー、ロバート・コンキー氏からのビデオメッセージが公開。「皆さんの期待に応えられるゲームになったと思います。発売を楽しみにお待ちください」と自信に満ちたコメントを残していた。

北尾氏もまた、本作は「やり応えのある難しさ、ダークな世界観」という「DARK SOULS」「Bloodborne」にあったコンセプトを明確に引き継いだタイトルであると強調する。しかし、以前の作品とは違う部分も多々ある。時代設定は数多の戦があり疲れ果てた戦国時代、日本らしいオリエンタルで、色鮮やかな風景もたっぷりと盛り込まれている。またゲーム内に実在の風景を元にした場所は登場せず、戦国時代にあったものを研究し、独自の世界を築き上げたという。

そんなゲーム内のマップは、ほぼすべてがシームレスでつながっており、さらに中盤以降はプレイヤーによって攻略の順番も変わってくるとのこと。マップを一回クリアしたら終わりではなく、繰り返し楽しめる仕掛けもあるようだ。

さらにもうひとつ、「DARK SOULS」「Bloodborne」との大きな違いとして、明確なストーリーがあることも挙げられる。ゲームの中では「狼」と呼ばれる主人公と、幼いが利発な少年・御子を中心に繰り広げられる物語は、ある特別な血筋の生まれである御子が危険にさらされ、それを主人公が助ける流れがある。「ここまで明確なストーリーがあるのは、フロム・ソフトウェアのゲームでは珍しい」とは北尾氏の言葉だ。

これまでの作品と比べると今回は分かりやすく、とっつきやすい作りになっているという本作。一方で、キャラクターの背景などに想像を巡らせる楽しさも残されているとのこと。

ステージ上では成長システムの一種として、スキルツリーに関する情報も紹介された。スキルは敵を倒して手に入るスキル経験値を使って解放。スキルツリーは複数あり、技やパラメータの上昇などに分かれているという。ほかにも成長要素、武器の強化などはいくつか存在し、自分の任意で強化できる楽しさは健在だと北尾氏は語る。

また、死んでしまうと経験値や資金がゼロになってしまうが、再度その場所へ戻れば失ったものを取り戻すチャンスはある。ただし、ここで注意したいのが「回生」という本作ならではのシステムだ。これは一度死んでもその場で復活できるという非常に便利なシステムだが、回生した上でもう一度死んでしまうと、強制的に経験値や資金の半分をロストしてしまうのだ。北尾氏は「マップの中にショップが点在しているので、定期的にアイテムに換えておくといいかもしれません」と、ちょっとしたアドバイスをおくっていた。

ここからゲストとして、ソニー・インタラクティブエンタテインメント「Bloodboren」のプロデューサー山際眞晃氏が登壇。山際氏は期待しているところを聞かれると、やはり「難易度」と返答。北尾氏も「新規タイトルなので、これまでのノウハウが通用しないゲームにしています」と一筋縄ではいかないことをアピールした。

山際氏が加わったところで、フロム・ソフトウェアのスタッフによる「SEKIRO」の実機プレイが披露されることに。今回のステージは御子の住む屋敷が野盗に襲われてしまったというシチュエーション。屋敷は炎に包まれ、正面からは進むことができない。そこで左手に備わっている義手忍具を駆使して裏口へと周り、敵をステルスキルで倒しながら巧みにボスの元へと近づいていく。

最後に立ちはだかった「重蔵」は、一撃が重いし速い、しかも毒霧も使う強敵だ。味方NPCも手助けに加わる乱戦となったが、善戦むなしく敗戦。慣れ親しんだスタッフですら倒されてしまう難易度を前に北尾氏は「本作の一端が見えたんじゃないかと思います」と笑顔を見せていた。

デモプレイ中に交わされた登壇者の会話では、拠点があること、マルチエンディングであることも明かされた。本作は基本的に地続きだが、その中心となる拠点が存在し、戦闘のチュートリアルやアイテムの強化などが行えるという。プレイヤーは拠点を行ったり来たりしながら攻略していくイメージになるようだ。

またプレイヤーの選択によって結末が変化し、2周目も楽しめる仕掛けになっているという。いわゆる周回プレイもこれまでと同じように、敵が強力になった状態で続けられるとのこと。さらにゲーム内であることをすると、1周目からより難しくすることも可能だという。

イベントも終盤に差し掛かったところで、2人目のゲストとしてTeddyLoidさんが登場する。普段は音楽プロデューサー、DJアーティストとして活躍するTeddyLoidさんだが、フロム・ソフトウェア作品のファンとしても知られている。すでに「SEKIRO」の試遊も済ませたそうで、「すごい爽快感があります。死んでもすごく楽しい!」と絶賛していた。

TeddyLoidさんはトークだけでなく、ステージ上で「SEKIRO」のボス戦に挑戦することに。今回のボスは破戒僧という、巨大なナタを武器に激しい攻撃を仕掛けてくる難敵だ。苦戦は必至と思われた挑戦だが、TeddyLoidさんは果敢に懐を攻める姿勢を見せ、あと一歩のところまで追い詰める。連続攻撃の際にはしっかり回避に専念するなど、随所にフロム・ソフトウェアファンとしての経験を活かした立ち回りを見せていた。最後は回復アイテムが尽きてしまい、負けてしまったものの、北尾氏も思わず「惜しい!」と叫ぶほどの名勝負を繰り広げ、会場を盛り上げてくれた。

最後にTeddyLoidさんが「発売日、僕も楽しみですし、皆さんと情報交換できることも楽しみにしています。発売されたら、まずは破戒僧を100回倒したいと思います!」と力強く宣言。また山際氏は「『Bloodborne』とはまた違った難しさがあると思います。僕も皆さんと同じように楽しみたいです」とコメント。そして北尾氏は「『SEKIRO』は我々にとってチャレンジングな部分もありました。かなり新鮮なゲームになりましたし、皆さんにも新鮮な気持ちでプレイしてもらえると嬉しいです」と話し、イベントは幕を閉じた。

左から松嶋初音さん、山際眞晃氏、TeddyLoidさん、北尾泰大氏

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

PS4パッケージ

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

PS4ダウンロード

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

XboxOneパッケージ

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

XboxOneダウンロード

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

PCパッケージ

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェア

PCダウンロード

  • 発売日:2019年3月22日
  • 価格:7,600円(税抜)
  • 17歳以上対象
  • Steam
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
関連ワード

(C)2019 From Software, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc.
All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

※画面は開発中のものです。

この記事のゲーム情報

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

アクション・アドベンチャー
  • セガゲームス特集ページ
  • BUSTAFELLOWS特設サイト
  • Figgy

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
  • Gamer編集部通信
5月9日(木)
SNK オールスター
5月10日(金)
Arena of Evolution: Red Tides
あやかしコントラクト
5月14日(火)
RAGE 2
劇的采配!プロ野球リバーサル
5月15日(水)
Guns of Soul2
ガンビット
乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌
牧場婚活
蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Re:Birth
5月16日(木)
39 Days to Mars
Back to Bed
GUILTY GEAR
GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK
GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R
Pato Box
イース セルセタの樹海:改
サッカークラブ物語
プロジェクト・ニンバス:コンプリート・エディション
ローラーコースタータイクーン・アドベンチャー
悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ for Nintendo Switch
華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ for Nintendo Switch 限定版
5月21日(火)
ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -
チームソニックレーシング
5月22日(水)
Back in 1995
CLOSERS
5月23日(木)
みんなのどうぶつしょうぎ
アサシン クリードIII リマスター
バイオハザード HDリマスター
バイオハザード オリジンズコレクション
バイオハザード0 HDリマスター
バイオハザード4
ヒューマン フォール フラット
ファ−: ローン・セイルズ
ブルームーン
マレニア国の冒険酒場 ~パティアと腹ペコの神~
ワンダーボーイ リターンズ リミックス
大戦略 大東亜興亡史 DX~第二次世界大戦~
私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~
私立ベルばら学園 ~ベルサイユのばらRe*imagination~ 限定版
5月24日(金)
現代大戦略2019~臨界の天秤!譲らぬ国威と世界大戦~
5月29日(水)
Lineage M
5月30日(木)
VA-11 Hall-A
ホッピングガールこはね ジャンピングキングダム –黒兎の姫-
ポケットランブル
ライアン・マークス リベンジミッション
ロンメル1942-Refrain at the battle for North Africa-
火吹山の魔法使い
猛獣使いと王子様 ~Flower & Snow~ for Nintendo Switch
猛獣使いと王子様 ~Flower & Snow~ for Nintendo Switch 限定版
5月31日(金)
D.C.4 ~ダ・カーポ4~
カスタムオーダーメイド 3D2 It’s a Night Magic