Private DivisionとV1 Interactiveは、本人視点シューティングゲーム「Disintegration」を発表した。8月20日(日本時間)より開催される「gamescom 2019」にて全容を公開する。また、ティザートレーラーを公開した。

「Disintegration」は2015年にマーカス・レトが共同設立した独立系開発スタジオV1 Interactiveが初めて出すゲームとなります。

「新しいゲームを作成する機会を得たことはもちろんですが、このスタジオの誕生そのものが最高の喜びです。スタジオの素晴らしいチームと共に働けることを大変嬉しく思います。当社チームが作成している新しいゲームは来月世界に向けて発表されますが、今から待ち遠しくてたまりません」とV1 Interactive代表兼ゲームディレクター、マーカス・レトは語っています。

Private Divisionの執行バイスプレジデント兼代表、マイケル・ウォロシュはこう言っています。

「マーカスのクリエイティビティは業界全体に大きな影響を与えてきました。ゲーム界の象徴とも言えるこのような人物と仕事ができて私たちは本当にラッキーです。スタジオ設立以来提携期間中を通じて、私たちはマーカス及びV1 Interactiveのチームと共に働き、V1 Interactiveがその基礎となる才能を育てるところを目の当たりにしてきました。従って『Disintegration』には大きな自信を持っており、その発表が待ちきれません。『Disintegration』はユニークな体験をもたらし、これでまたPrivate Divisionのラインナップはより一層強化されることでしょう」

「Disintegration」は2020年、Take-Two会計年度2021年度中(2020年4月1日から2021年3月31日の間)には入手できるようになります。ESRBによるレイティングはまだ受けていません。詳細についてはYouTube、Twitter、Facebookをフォローしたり、http://www.disintegrationgame.com/を閲覧して下さい。

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • Figgy
  • プリコネR特集
  • 軌跡シリーズ特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー