Akatsuki Entertainment USAは、「√Letter ルートレター」実写版の撮影を9月16日より開始したと発表、監督・脚本と主演を務めるキャストの情報を公開した。

目次
  1. 作品概要
  2. AE プレジデント:アンマリー・S・ベイリーのコメント
  3. 株式会社角川ゲームス 代表取締役社長 安田善巳氏のコメント

「√Letter ルートレター」実写版は主演にダニー・ラミレスさん、キアナ・マリーさん、リディア・ハーストさんが迎えられ、受賞歴のあるソニア・オハラ氏(Amazonの「Doomsday」)が指揮を執り、デイビッド・エーベルトフト氏(2016 Tribeca Film Festivalの「Here Alone」)の脚本で監督デビューを果たす。また、プロデューサーはベイリー氏の他、鈴木萌子氏、キャット・マクフィー氏が務めるという。

映画では、主人公が謎に満ちた状況の下で姿を消した文通相手を探すという、原作ゲームの中心であったあらすじがリアルに描き出されるとのことだ。

作品概要

タイトル:√Letter ルートレター
監督:ソニア・オハラ
脚本:デイビッド・エーベルトフト
主演キャストダニー・ラミレス、キアナ・マリー、リディア・ハースト​

ダニー・ラミレス

代表作:来年夏公開予定「Top Gun: Maverick」、「Assassination Natio」

キアナ・マリー

代表作:Netflix「Huge in France」、CBS「Live In Pieces」

リディア・ハースト

代表作:「The Haunting of Sharon Tate」、Syfy「Z Nation」

AE プレジデント:アンマリー・S・ベイリーのコメント

ルイジアナ州シュリーブポートにて撮影が開始されました。このたび、日本で名高い角川ゲームスとパートナーシップを組ませていただき、「√Letter ルートレター」を実写映画化することにとても興奮しております。

「√Letter ルートレター」の核となるストーリーはゲームとして広く親しまれていますが、グローバルな映画としても素晴らしいポテンシャルを持った作品といえます。

デイビッド・エーベルトフトが脚本を担当する「√Letter ルートレター」では、興味をそそるストーリーと、観客が共感できるキャラクターとの両方が描かれています。原作に基づいて再構築された、複雑で悲痛な世界を呼び覚ましているのです。ソニアとキャストたちが意欲的に参加していることに感激しています。

株式会社角川ゲームス 代表取締役社長 安田善巳氏のコメント

「ルートレターは、発売当初から最も人気のあるビデオゲームの一つでした。実写映像化することで世界中のファンや映画好きの方が、この物語を新しいプラットフォームで楽しむことができるのを、とても嬉しく思います。豊かで魅力的な物語を映像化するにあたって、Akatsuki Entertainmentは完璧なパートナーです。映画の完成を心待ちにしています。」

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー