セガグループは、「セガ設立60周年プロジェクト」を始動、藤岡真威人さん主演のWEB動画および特設サイトを公開した。

セガグループは、セガの前身となる日本娯楽物産が設立された1960年を起点として、2020年6月3日に設立60周年を迎える。この記念すべき1年となる2020年4月から2021年3月までを「セガ設立60周年」と位置づけ、「セガ設立60周年プロジェクト」として、1年を通じてさまざまなスペシャルコンテンツの展開を予定しているという。プロジェクトの詳細については、今後随時発表予定だ。

またセガおよびセガグループは、設立60周年を迎えるにあたり“GO SEGA”というキーメッセージを設定。いつも創造的な製品やサービスを提供し続けてきた「創造は生命(いのち)」のDNAを絶やさず、この機にさらに強く前進していこうという想いを込めた”GO SEGA“は、その想いを象徴する周年ロゴを作成すると共に、「セガ設立60周年プロジェクト」のさまざまなコンテンツを通じて発信されていくとのこと。

さらに、1年を通じて展開する当プロジェクトの第一歩として、かつて「せがた三四郎」を演じた藤岡弘、さんの実の息子である俳優の藤岡真威人(ふじおかまいと)さんが「セガ設立60周年プロジェクトアンバサダー」に就任。真威人さん演じる新キャラクター「せが四郎(セガ、知ろう)」が登場する全3話の動画シリーズ第1話「登場篇」が公開となった。本動画シリーズも60周年を契機に前進するセガグループの姿勢が表現されており、セガを愛する新キャラクター「せが四郎」の成長を描く物語が全3編にわたって公開される。

あわせて、特設WEBサイトが開設。セガグループの60周年の歴史を楽しめるコンテンツや「セガ設立60周年プロジェクト」の情報が発信される。加えて、4月21日からはファンのセガへのメッセージを募集する「お祝いメッセージ投稿企画」がスタート。メッセージを投稿したファンの中から抽選で60名に、周年ロゴが刻印された「60周年限定メモリアルチョークバッグ」が贈られる。

特設サイト
https://60th.sega.com

セガ60年の歴史

創業当時ジュークボックスやアミューズメント機器の輸入販売から事業をスタートしたセガは、アミューズメント業界のパイオニアとして、広く世界のマーケットでグローバルな事業を展開。市場環境に応じて幾度かの合併・分社化を実施しながら事業の多角化を推進させ、業務用アミューズメント機器分野のほか、アミューズメント施設分野、コンシューマ機器分野へも本格的に進出し業容を拡大してまいりました。

2015年にはセガグループ内に新たに映像・玩具事業を加えた“新生セガグループ”として生まれ変わり、現在では幅広いエンタテインメントコンテンツ事業を展開しています。

周年ロゴ「GO SEGA」を初公開!

「セガ設立60周年プロジェクト」を展開するにあたり、キーメッセージを「GO SEGA」と設定。新たな未来へ向かう姿勢を表現した周年ロゴを作成いたしました。

周年ロゴ「GO SEGA」に込めた想い

60周年を迎えるセガ、並びにセガグループは、いつも創造的な製品やサービスを生み出し続けてきた「創造は生命(いのち)」のDNAを絶やさず、この機にさらに強く前進していくという想いを込めて、“GO SEGA”という60周年のキーメッセージを設定しました。周年ロゴは60周年を表す「60」とKey Message「GO」の両方をセガロゴフォントで表現し、未来に向けて様々な壁を乗り越えてゆく姿勢を示しています。

藤岡真威人さんが「セガ設立60周年プロジェクトアンバサダー」に就任!

藤岡弘、さんの実の息子・藤岡真威人さんが「セガ設立60周年プロジェクトアンバサダー」に就任。「せが四郎(セガ、知ろう)」として、「セガ設立60周年プロジェクト」をサポートをして頂きます。

また、全3話を通じて、セガを愛してやまない謎の新キャラクター「せが四郎」の姿を描く、動画シリーズの第1話となる「登場篇」を3月25日(水)より公開いたします。「せが四郎」動画シリーズは、全3話(第2話:4月中旬公開予定、第3話:5月中旬公開予定)となっており、主役の「せが四郎」を演じるのは、過去に伝説の人気キャラクター「せがた三四郎」を演じた、藤岡弘、さんの実の長男・藤岡真威人さん(以下、真威人さん)で、「せが四郎」動画シリーズが、俳優デビュー作品となります。

全3話の動画シリーズで描かれる、新キャラクター「せが四郎」の成長を通じ、60周年を機にさらに強く前進していくセガグループの姿勢を伝えてまいります。

謎の新キャラクター「せが四郎」とは一体…?!今後の展開に乞うご期待!

「せが四郎」動画シリーズへの出演をもって、俳優デビューを果たした、真威人さんの役どころは、セガに対して、異常なまでの愛を持つ少年「せが四郎」です。そんな彼の口癖は「セガだよ!」。謎に満ちた、新キャラクターの正体やいかに…!今後公開予定の第2話「秘密篇」、第3話「決意篇」につながる第1話「登場篇」をお楽しみください!

WEBムービー 概要

タイトル:「登場篇」
公開開始日:2020年3月25日(水)

「せが四郎」特設サイト
https://60th.sega.com/segashiro

せが四郎:プロフィール

セガ60周年に現れた、セガを偏愛する謎の男。学ランの代わりに柔道着を羽織っているが、その秘密とは…?口癖は「セガだよ。」

ストーリーボード

舞台はとある学校、食堂で3人の女子生徒たちが談笑する姿から始まる。「タピオカの次に何が流行るか知ってる?」と1人がクイズを出す。「正解は…!」と答えを発表しようとすると、「セガだよ!」と突如言い放ち、「せが四郎」が姿をあらわす。

場面は変わり、校庭で2人の女子生徒が「ラグビーの次に流行るのってさー…」と言いかけると、またしても、「セガだよ!」と言い放ちながら、「せが四郎」が姿をあわらす。

ところ変わってパソコン室で男子生徒が。「5Gの次ってさ…」と言いかけた時、「セガだよ!」と、「せが四郎」が姿をあわらす。

さらに、教室での授業中。先生が「令和の次は…」と板書をすると、またしても、「セガだよ!」と言い放ち、仁王立ちする「せが四郎」の姿が。

その様子を見た、男子生徒が「じゃあセガの次は?」と質問すると、仁王立ちの姿勢で固まるせが四郎。「せが四郎」は、間をおいて、力強く「セガだよ!」と答える。

「セガってなに?あなたは誰?」という女子生徒の問いに、「せが四郎」は、せが四郎のテーマを力強く歌いあげるのであった。

制作エピソード
緊張の面持ちで、俳優人生におけるファーストカットを終えた真威人さん

「登場」篇の撮影は、学校内に突如「せが四郎」が現れ、生徒たちの会話に「セガだよ」と割り込むシーンからスタート。制服の上に柔道着を羽織った真威人さんは、やや緊張の面持ちで撮影現場に入り、監督との打ち合わせを終えると撮影現場の隅で「セガだよ」という短いセリフを繰り返し練習していました。ファーストカットを無事に撮り終えると、「緊張しました…。周りに人がいっぱいいるし。昨日もあまり眠れませんでした」とポツリ。ホッとした表情を見せながら、続くシーンの撮影に臨みました。

真威人さんが「せが四郎のテーマ」を熱唱。耳に残るフレーズに、口ずさむスタッフ続出!?

真威人さんがバッと両手を広げ「せが四郎~♪せが四郎~♪セガ、知ろう~♪」と熱唱するシーンは、歌詞とリズムがシンプルであるにもかかわらずインパクトは十分。何度も撮影が繰り返されたことと耳に残るフレーズ、覚えやすさが原因となり、撮影現場のセットチェンジや休憩時間には「せが四郎」のテーマを口ずさむスタッフが続出しました。その現象は校舎のあちこちに広まり、不意に合唱となってしまうことも。

ちなみに流行の「発生源」である藤岡さんも、休憩時間にはこの歌を口ずさんでいました。

父・藤岡弘、さんのメモが入った資料を手に、精神を集中させていた真威人さん

真威人さんが、まるでお守りのように大切そうに持っていたコンテ資料には、「胸を張って」「自信タップリの顔」など、父であり、役者としての大先輩でもある藤岡弘、さんの直筆メモが書き込まれていました。真威人さんはその文字を見ながら時折、目をつぶってセリフの練習を行い、気持ちを集中させながらカメラの前に立ちました。

「『せが四郎』が板についてきたね」の高評価に、照れくさそうな表情を見せた真威人さん

「登場」篇のセリフは歌を除けば「セガだよ」のみというシンプルな役でしたが、それゆえにプレッシャーを強く感じていた真威人さん。食堂や教室、パソコンルーム、そして校庭と、いくつものシーンで「セガだよ」のセリフを繰り返しながら撮影していましたが、緊張が解けてきた頃、「『せが四郎』が板についてきたね」と、監督から演技を高く評価する言葉が。真威人さんは自身の演技をモニターで確認しながら「ありがとうございます」と、少し照れくさそうな表情を見せていました。

同世代の生徒役エキストラに囲まれ、早くも人気者に!

とある学校を借りて撮影が行われたこの日は、校内のさまざまな場所で真威人さんと生徒役のエキストラが一緒に行動していました。カメラ位置の変更など、ちょっとした空き時間には生徒役のエキストラと談笑する藤岡さんの姿が見られました。真威人さんの父・藤岡弘、さんがセガのCMに出演していたことが話題となり、セガのゲームについて話が盛り上がるひと幕も。同世代との楽しい会話に、真威人さんもリラックスした笑顔を見せていました。

藤岡真威人さん インタビュー

テレビ出演の際には「イケメンすぎる」と世間を賑わせ、芸能界デビューへの期待が高まっていた真威人さんですが、今作が俳優デビュー作となりました。俳優として受ける初インタビューで、撮影を終えた感想や、撮影に臨むにあたって、父・藤岡弘、さんからもらったアドバイスなどについてお話し頂きました。

藤岡真威人(ふじおかまいと)プロフィール

2019年9月バラエティー番組に父・藤岡弘、の長男として初出演後、容姿端麗とWEBで大きな反響を得た。その後、雑誌やテレビでの出演を重ね、2020年3月今回のCM出演が実質的な俳優デビューとなる。

――60周年アンバサダーとして「せが四郎」を演じることが決まった時の気持ちをお聞かせください。

「まさかCM出演の仕事をいただけるとは思っていなかったので、オファーをいただいた時はビックリしました。プレッシャーや責任もそうですが、それ以上に、期待に応えるため全力で取り組もうと思いました」

――セガにまつわるエピソードや思い出があれば教えてください。

「やっぱり、父が演じた『せがた三四郎』のCMですね。当時のCMや撮影の様子を映像で見て、とにかくすごい!と圧倒されました。迫力があって、ストーリーも今ではあり得ない内容だったので、自分もそれをやるのか…と思ってびっくりしましたが、頑張ろうと思いました(笑)」

――お父さんが演じた「せがた三四郎」のCMはどれくらい見ましたか?

「シリーズで10本ぐらいあったので、ひとつひとつそれを見ながら、4周も5周も繰り返し見ました。とくにシリーズ最後のCMで、ロケットがバーンと爆発するところはびっくりしました。その後にボクが続くんだな…と思いました(笑)」

――初めての本格的な演技でしたが、撮影はいかがでしたか?

「体力的にはハードでしたが、終わってからは楽しかったと思っています。演技は初めてでしたが1カ月前から準備していて、セリフの言い回しやセリフを言う時にどんな感情や心情を持つべきか父に相談し、自分なりにそれをつかみ、そして今日、撮影に臨みました。」

――「登場」篇の撮影で、いちばん印象に残ったエピソードは何ですか?

「歌うところですね(笑)。実際に現場でも歌ったんですけど、まわりに人がいて緊張しました。撮影も緊張はしましたが、何度かやっているうちに『やらなきゃ』という気持ちが強くなってきたので、緊張は始めの方だけでした」

――撮影を始める前にお父様(藤岡弘、さん)からアドバイスはありましたか?

「アドバイスではないですが、『お前ならできる!』と、自信をつけさせてくれる言葉をもらいました」

――「決意を新たに前に進んでいく」というメッセージが込められた本CMで俳優デビューを飾りましたが、父・藤岡弘、さんを超えたいという前向きな気持ちはありますか?

「あるドキュメンタリー番組に出演させていただいたことがきっかけで、芸能界や役者という仕事に興味を持ちました。どうやら父は、ボクがその道に進むことをわかっていたようで、『そうか』と、前向きにアドバイスしてくれました。「せが四郎」を演じるにあたって『せがた三四郎』を越えていこうと、セガのメッセージ同様、前へ進む心構えで演じましたが、越えるのではなく少しでも近づきたいという気持ちが強かったです。そのためにはいろいろ経験しなければいけないし、頑張らなくてはいけないので、決意を固めて進んでいこうと思います」

セガ設立60周年記念特設WEBサイトを開設!

特設WEBサイトではセガの歴史を年表形式で振り返る「セガ60年のあゆみ紹介」や、「セガ設立60周年プロジェクト」に関連するイベント・キャンペーンの紹介などを随時更新してまいります。今後の展開にご期待ください。

また、特設WEBサイトでは限定アイテムが当たる「お祝いメッセージ投稿企画」を2020年4月21日よりスタートいたします。メッセージを投稿していただいた方の中から、抽選で60名の方に、周年ロゴを刻印した「60周年限定メモリアルチョークバッグ」 をプレゼントいたします。

60周年限定メモリアルチョークバッグ
「お祝いメッセージ投稿企画」概要

特設WEBサイト「お祝いメッセージ投稿企画」

メッセージ受付期間:2020年4月21日~6月30日
メッセージ掲載期間:2020年6月3日~2021年3月31日

(C)SEGA

※画面は開発中のものです。

  • セガゲームス特集ページ
  • セール情報
  • Figgy
  • BUSTAFELLOWS特設サイト

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー