Gamer編集部がその週にプレイしたゲームについて、気ままに紹介していく「編集部が遊んだゲーム」。買ったゲームを遊んだり、ゲーム内イベントを進めたり、F2Pタイトルを遊んだり、ゲームの遊び方の幅が感じられます。

TOKEN

どうも、TOKENです。引っ越しは無事に終わったのですが、齢33にて初めての一人暮らしということで、あれも必要、これも必要と日々の出費に涙しております。冷蔵庫もようやく到着して、少しずつ文明人として過ごしていけそうですが……。

実は今、この時点でまだネットが開通していないという……!

最近ではダウンロードでゲームを購入することも増えたり、アップデートも行われたり、そもそもオンラインベースのゲームが増えたりと、ゲームとネット環境は切っても切り離せない世の中であることを日々感じずにはいられないわけです。

ただまあ、私はもともと一人で遊ぶゲームを嗜むため、まったくもって問題なかったのでした。まる。

……と、しょうもない前置きをはさみつつ、先週に引き続き、時間の合間を縫って「英雄伝説 創の軌跡」を進めております。先週のスクリーンショットは「閃の軌跡IV」でユウナを選んだことを触れるためにチョイスしたんですが、なぜかキャプションを入れ忘れていました……。

夢幻回廊も回りつつなのでまだChapter3あたりなのですが、徐々に私の好きなキャラも登場してくれて、テンションも上がってきております。ティオ、エマとなぜか魔導杖キャラに寄っているのですが、自分でも何故かよく分かりません。

すでにかなりのプレイアブルキャラ数になっていて、これまでにない編成もできたりして、これはこれでアリだなと。まだストーリーを進めるほうに集中しているのですが、余裕ができたら異色の編成なんかも試してみようかなと考えています。

そんなこんなで9月いっぱいは「創の軌跡」かなあと思いつつ、隙間でほかのゲームを触れたらそちらも紹介できればと思います。

ヨッシー

今週は、「危機契約#0」が始まった「アークナイツ」をポチポチと遊んでおります。このイベントは、イベントステージを単純にクリアするだけでなく「敵の最大HP+80%」「編成可能数が削減」「マップ上の特定マスが配置不可」など、様々な条件(ほぼ全てがプレイヤーの不利になるものです)を自由に組み合わせて、難易度を変えられるというものです。より難しい難易度に設定するとそれだけ報酬もたくさん手に入ります。

「アークナイツ」は、結構育成が大変なゲームなので、普段は素材集めで周回がプレイのメインなんですけど、この危機契約イベントは、チャレンジイベント的な立ち位置で、普段の育成のお披露目の場的な感じなんですよね。人によって育てているキャラクターも違いますし、選択する条件も違うから、トレースがやりづらくて試行錯誤を楽しむタワーディフェンス本来の面白さが詰まっている、かなり好きなイベントです(スタミナも使わないしね!)。

2回目の開催となる「危機契約」。UIもわかりやすく進化しています!

今回は2回目の開催となる「危機契約」イベントなんですけど、前回は育成が偏っていたせいで、なかなか高難易度の攻略が出来なかったのですが、今回はそんな危機契約のために「マゼラン」を育成してきました! この子は、スキルで支援攻撃をしてくれるドローンを配置することができるのですが、普段のステージだと配置枠を取られてしまう関係で少し使いづらいキャラだったりします。でも、危機契約ではそもそも連れていけるキャラクターを制限してしまえば、その分コスト以上の働きをしてくれるという寸法です。さっそく使ってみているのですが、かなり良い感じ。ほどよく頭を使わなければいけなくて、かなり面白いキャラクターだということを再認識しました。

イベントと一緒に実装された「バグパイプ」も無事お迎え。この子も岩を食うので育成が大変でした……。
1-7周回から逃げるな。
つなよし

能力バトルといえば少年マンガの王道で、自分だったらどんな能力を持っているだとか属性は何だとか、妄想した過去があるのではないでしょうか。本作ではそんな能力バトルが遊べてしまうのです。そう「スペルブレイク」ならね。

本作は魔法で戦うバトルロイヤルゲーム。炎や氷、風といった属性を宿すガントレットを装備し戦いに挑みます。装備できるガントレットは2つまで。つまり2つの属性を扱うことができます。

火だったら爆風で相手を攻撃できる火の玉や、火の壁を作り出したり、風だったら弾速の早い弾や竜巻を放てるわけですが……。

風属性の魔法で竜巻を作り
そこに火属性の魔法を打ち込むと火の竜巻に

このように属性を組み合わせて新しい技にできるわけです。これぞまさしく能力バトル。私の中の少年心にも火がつきます。戦闘中も派手に魔法で撃ち合うので楽しいです。

ガントレットのほかにも、空を飛べたりテレポートしたり、透明になったりできるルーンというアイテムを装備することで多様な戦略が生まれます。

ちなみに好きな属性は火です。自分の作った火の壁に突っ込むと……。
炎をまとって空に飛べます!気持ち良い!カッコイイ!

この能力にあわせて空を飛べるルーンと組み合わせると機動力抜群で最高に気持ち良いです。でもどちらかというと透明化や高く飛び上がれるルーンのほうが強い気がします。この手のゲームで瞬時に相手の視界から消えることができる能力は強すぎる!

ちなみに本作で1位を取ると、でかでかと「勝利!」と出ます。誰かを本作に誘うときは「勝利しにいこうぜ!」でしょうか。同ジャンルの別タイトルに比べるとシンプルですが、これはこれで味がありますね。

ロック

どうも、ロックです。「ゼルダ無双 厄災の黙示録」が発表されましたね。まさか「ブレス オブ ザ ワイルド」と繋げてくるとは…。前作はお祭り感満載な感じだったので、これは予想外でした。次世代機の発売が近づく中、Switchのソフトも盛り上がってきてゲーマーとしては嬉しい限りですよ(積みゲーは増える一方ですけど!)。

さて、新作といえばスマホゲームも負けてはいません。今週は、「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」の体験版をプレイしました。ボーカロイド&音ゲー好きとしては外せないタイトルです。

リズムゲームは、このままリリースしても良いのではというくらい高クオリティでした。親指だとつまづきやすいフリックの判定は甘めになっているなど、とてもやりやすい印象でしたね。所々歌詞とリンクするノーツも、見ていて飽きません。

そして、忘れてはいけないのが「バーチャルライブ」。本作独自の機能なだけあって、新鮮な感覚を味わえました。ライブ前の交流、ライブ中の一体感、ライブ後の興奮冷めやらぬ雰囲気を、全てバーチャルで体験できる…。リズムゲームと比べるとまだ粗削りなものの、可能性を感じる機能でしたね。

ライブ前の会場。隣の人と妙に仲良くなることありますよね…。
盛り上げ所の「JUMP TIME」!
曲が終わった後は、キャストによるMCも楽しめます。

次世代機に新作ソフト、新作アプリと、年末にかけて忙しくなりそうです。月末にはTGSも控えているので、仕事も含めて気を引き締めていこうと思います。

Ayato

9月も2週目が終わりますが、まだまだ暑い日が続きますね。特に我が家は日当たりが良いので、日中は室内がジリジリします。窓を開けて風通しをよくすればそれなりに涼しいんじゃないかとも思うんですが、網戸あるのに何故か虫が入ってきてしまうんですよね……。いいとこ5ミリくらいの小さいヤツですが、とにかく死ぬほど嫌いなので、今年もまだエアコンのお世話になるしかないようです。

さて、実はリリースされた当日から毎日、張り付くようにして遊んでいる「幻想神域2 -AURA KINGDOM-」。放置狩りで戦力が上がるため、24時間ログインしっぱなしなんてこともあります。他のソシャゲが! 遊べない!(笑)

連続ログインの主な理由のもう一つが、ギルドメンバーとの雑談が楽しいことです。普段はソロギルドを立ち上げるか無言ギルドに入ることが多いのですが、今回はギルド戦の報酬欲しさにランキング上位のギルドに所属したんですね。そうしたらそこが大変にぎやかなところでして。コロナの影響で他人との接触が減っていたため、久しぶりの「みんなでわいわい」に救われています。MMOって素晴らしい。

あと、キャラが可愛いんですよ! 衣装も豊富で、女性ユーザーが多いのも納得です。自キャラ眺めてるだけで30分経ったな、なんてことがよくある人間なので、キャラが可愛いのは大変ポイントが高いです。

ギルメンの結婚式に参列した際のスクショ。
2組とも同じ衣装ですが、染色が変わると雰囲気もだいぶ変わります。
守護者の貂蝉。幻神の貂蝉と同じデザインですね。相変わらずお美しい。
こちらはフレイヤ。幻神とは違うデザインの子もいます。
乗り物も可愛いですが、かっこいい系の子もいますよ!

余談ですが、このゲーム、データの更新時間に比べてレベルキャップの解放時間が1時間早く、この1時間の間にログインするとお得になることがたまにあります。早朝5時~6時なんですが。おかげで早寝早起きが身についたと語るギルメンも多いです。普段からその時間に起きている(前日から寝ていない)私に死角はありませんがね! そして昼間に寝るスタイル。いい加減この生活サイクルをどうにかしたいところです……。

ハマダ

最近Switchを良く触るようになって、今更ですがNintendo Switch Online加入者向けに「ニンテンドーカタログチケット」というものがあるのを知りました。9,980円(税込)で購入するとダウンロード版の任天堂タイトルと交換できるチケットが2枚手に入るというもので、コレが結構良いなど感じています。

任天堂タイトルであれば新作も対象になりますし、購入しておけばこれから発売されるタイトルにも使えるので、しばらく取っておけたりするのも地味に嬉しいポイント。それと劇的に安くなる訳でもないですが、1度の買い物で2つのタイトルが選べるという点が不思議とお得感に繋がっている気がしますね。

そんな訳でこのチケットを使って今週プレイを始めたのが「ファイアーエムブレム 風化雪月」です。私はシリーズタイトルを結構やってきたので、本作も気になっていたものの、新要素が多かったことから様子見していました。ですが、プレイした友人などからの評判も良く、どうやら楽しめそうだぞということで今回プレイしてみた訳です。

既に発売から1年以上経っているので、一通りアップデートが済んでいるのもあり、色々と快適にプレイできています。それとどうせやるならということで、追加DLCも購入していたりとガッツリプレイしているのですが、ガチでプレイし過ぎて道中でスクショを撮るのを忘れていました。。。

ここまでプレイした感じだとストーリーを一通りプレイするだけでも最低3周は必要になりそうだったりと、思っていた以上に長くプレイし続けることになりそうなので、タイトル自体の感想などは来週以降に書いていこうと思います。今のところ、生徒への授業などの新要素も新鮮ですし、当初の期待より楽しめています。

本作の男主人公。序盤から前線で活躍できるタイプで能力の伸びも結構良い感じ
1周目は青獅子を選択。勝手にナバール的な活躍を期待したフェリクスですが技と速さがへたり気味。。。

(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2017 Hypergryph Co., Ltd. (C)2018 Yostar, Inc. All Rights Reserved.
(C) 2020 Proletariat, Inc. All rights reserved.
(C) SEGA / (C) Craft Egg Inc. Developed by Colorful Palette / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net All rights reserved.
(C) 2020 X-LEGEND ENTERTAINMENT CORP. All RIGHTS RESERVED.
(C) 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

TGS2020
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • 軌跡シリーズ特設サイト

RANKING人気記事ランキング

REGULAR定期配信

  • ゲーム発売日・配信日カレンダー

COMMENTコメントランキング