2020年8月27日に発売されたPS4用ソフト「英雄伝説 創の軌跡」。発売から2ヶ月近くが過ぎた10月中旬、本作をクリアした編集・ライターの2人がその魅力を語り合った。

キャラクターの多さに目移りしつつも好きな編成で楽しんだバトル

TOKEN:とりあえず、後半はある程度までのネタバレに触れる感じにしていこうかと思います。まずはバトルの話あたりで。

アサミ:ようやく推しの名前を“推し”って言わなくて済むんですね! とりあえずルーファスの名前は出していいんですよね(笑)。

TOKEN:僕はバトル時にルーファスのオーダーも使っていたので、ルーファスの名前を出せないとあれ以上、なかなか話が進められなくて(笑)。

アサミ:前半、“推し”だけで押し通した私……。私はルーファスのオーダーも使いましたが、もっぱらロイドの被ダメージカットみたいなオーダーをかなり使っています。

TOKEN:僕は基本的に攻めて攻めて攻めまくりたいタイプなので、逆にそういう守る系のオーダーはそこまで使っていないですね……。

アサミ:私も基本的にはゴリラなんですけれど(笑)。ただ夢幻回廊の上層にいくにつれて、特にボス戦が段々ゴリ押しでいけなくなってきたんですよね。うちのスタメンがルーファスとユーシスとランディとロイドっていうメンバーなので、魔法メインのキャラクターがいないというのもあるんですが……(笑)。それもあって、回復量がちょっと足りないので、ロイドで被ダメージを抑える、という戦法になっていました。

TOKEN:なるほど、組んでいるパーティでオーダーの活用の仕方も全然変わってきそうですね。

アサミ:うちのスタメンパーティだと、ユーシスとルーファス、ロイドが万能型ではありますけれど、みんな攻撃面でもかなり強いので、回復にまわすのがもったいないんですよね(笑)。

なので一応ユーシスにホーリーブレスをつけておいたり、セラフィムリングでHPも戦闘不能も全回復っていう、かなり強引な戦法になりがちで。でもEP的にもセラフィムリングはさすがに多用できない大技ですし、それよりはロイドのオーダーを使うほうが現実的、というところになりました。

TOKEN:僕も基本的には好きなキャラだけで組んで押していくので、他の人の組み合わせや戦い方を聞くと面白いですね。

アサミ:あれだけキャラクターがいると、選ぶ基準はバランスよりも「好き」という気持ちが勝つのもありますよね。8人くらいだと、「ほんとはこの4人で組みたいけど、バランスを考えるとこうかな……」となります。

TOKEN:僕はクラフトの使い勝手が良いということもあって、リィンとかロイドを主体に戦ってましたね。あとは好きなキャラクターで、回復役も担えるティオとかエマを入れていました。

アサミ:あ、私もリィンと、あとクロウが、他のキャラのレベル上げの先導役でしたね。とはいえど、ぶっちゃけSクラフトの使い勝手が良かったからなんですけど……(笑)。

TOKEN:Sクラフトの範囲が広いキャラは重要ですよね……。

アサミ:Sクラフトが単体だったり、範囲が狭かったり、味方へのバフみたいなキャラは、ほぼ控え行きです(笑)。

TOKEN:あるある(笑)。前回の対談でも触れましたが、本作は戦闘がさくさくと進むので、それもあってどうしてもそういうキャラクターがサブになっちゃうんですよね。他にガンガン周回できるキャラクターがたくさんいるから、そういうキャラクターたちで押せ押せになるという。エステルとかヨシュアをもう少し使いたかったんですけれどね。

アサミ:枠が……枠がないんだ……。とはいっても、私はヨシュアはなんだかんだと育っていますけれど、エステルはSクラフトが単体なので……。今回はスタメン以外の起用理由がほぼSクラフトにあるので、そこだけはちょっともったいなかったですね。

難易度をもっと上げたりすると、各キャラクターの役割的なものがしっかりしてくるのかもしれないですが、私はEASYだったので、Sクラフトとヴァリアント・レイジの連打でイケイケゴーゴーすぎました……(笑)。

TOKEN:ここまで付き合ってきたのでどのキャラにも愛はあるのですが、やはり今回は人数が多すぎて、クラフトの使い方には悩みました。アーツも活用していければ変わる部分ではあるんですけど。

新キャラクターのナーディアとスウィンもすごくよかったですし、特にスウィンは結構テクニカルなキャラクターだなと思いましたが、でもあれだけのメンバーがいる中で、そのテクニカルなところを活かせなかったなと。

アサミ:夢幻回廊ではなく各キャラクターのルート単位でならば、ある程度出てくるキャラクター数も絞られてくるので、違うんですけれどね。やりこみに入れば入るほど、Sクラフトぶっぱなすか、ヴァリアント・レイジぶっぱなすか、これで終わってしまうので、Sクラフトの範囲だけで使用されるキャラクターが決まってしまうという……。

TOKEN:それはありますね。

アサミ:メインストーリーだと、特にルーファスルートは必然的にルーファス、ラピス、スウィン、ナーディアの4人構成になりますし、かなり終盤までほぼ固定なのが良かったです。

どうしても過去作の好きなキャラクターを使いがちになるので、スウィンとナーディアのバトル面の性能はもちろんのこと、あれくらい絞ってくれないと全体の印象も弱くなってしまっていそうでした。

TOKEN:あの4人は、メインストーリーでもバランスがよかったです。スウィンは使い方次第で、もう少しバトル面でも輝きそうなキャラクターなんですけれど。

アサミ:ああいうキャラが活きるのは、高難易度とかですかね。私はなかなかRPGで高難易度周回が出来るところまではやれないので、どうしてもEASY~NORMAL止まりの話しか出来ないんですけれど。

TOKEN:バトルの難易度もプレイ時間に直結するところですから、なかなか難しいですよね。

そうそう、バトルといえば、こないだ追加されたばかりのマクバーンがあまりに強くて、びっくりしました。

アサミ:マクバーン、ひとりだけズバぬけてSTR値とか高いですもんね。私も今育成中ですけれど、あれは驚きました。

TOKEN:ちなみにアサミさん、マクバーン全然解らないですよね?

アサミ:もちろん、全然解りませんよ!(笑) でも話の流れでさすがに何者かは解っているので、これだけぶっ壊れたステータスになっているのはそういう話なんだろうなぁ、という感じで見ています。

TOKEN:まぁ、そういうことなのですけれども(笑)。

3つのルートをそれぞれ掘り下げ!

TOKEN:それでは、ネタバレも若干含んだ、各ルートの話を。ストーリーのあの展開は、僕はちょっと予想していなかったんですよ。「創の軌跡」はクロスベル解放のストーリーという話でしたし、序盤からあんな絶望的な展開になると思っていなくて、ちょっと辛かったです。ルーファスの登場にも、「え?」となりましたし。

ただ、ストーリー全体がクロスベルにほぼ集中したのと、改めてクロスベルにおける特務支援課の在り方みたいなのがとても感じられたし、そのアプローチの仕方自体はすごく良かったと思っています。

アサミ:私もまずクロスベルの独立があって、そこからの特務支援課は後日談というか、強いていうなら「零の軌跡」の序盤で描かれてきたような、ほのぼの日常系に近いストーリーを想像していました。

TOKEN:僕も、クロスベル独立後の平和を描いていきつつ、他のルートとの絡みがちょこちょこあるのかな、というイメージだったので、「またクロスベルを取り戻すのか……えぐいなぁ……」と……。でもストーリー自体はとてもドラマチックな展開が多くて、見せ所が多かったですね。

特務支援課って、クロスベルの象徴というか、彼らがいてこそのクロスベル、みたいな雰囲気があるんですよ。神格化までは言いすぎかもしれないですが、ちょっとそれに近いような。だから、みんなの前で「あの特務支援課が」みたいな絶望感を漂わせるアプローチがあったのはなるほどなと思いました。

アサミ:私は「閃の軌跡」が抜けているので、プロローグの時点で「特務支援課、いつの間にか随分立ち位置が変わったな……」みたいな気持ちで見ていました(笑)。私は前回の対談でTOKENさんから伺うまで、クロスベルが「軌跡」シリーズの中でそんなに重要な土地だと思っていなかったので、「創の軌跡」でようやくそれが実感として解りました。

TOKEN:「閃の軌跡」をやっていないと、帝国と共和国の間に挟まれて大変そうな国、みたいな印象にしかならないですよね。

アサミ:あと、改めて「創の軌跡」で、特務支援課の4人のキャラの結び付きは特別だなぁと感じました。それこそ《VII組》とかだと、再会した時の挨拶も結構みんな普通の挨拶なのに対し、特務支援課だけ、全員再会した時にロイドに抱きついているのが、「なんで!?」って笑っちゃって。

TOKEN:確かにみんなロイドに抱きついていましたね(笑)。ランディまで抱きついてましたし。ロイドの立ち位置の特殊さは、ああいう演出でうまく表現できていたと思います。

アサミ:リィンも天然系たらし、と伺っていましたし、実際「閃の軌跡I」をやってみて、確かにリィンも天然系たらしだなぁ、と思ったんですけれど、仲間としての結びつきの違いが特務支援課は特別なんだな、というのをとても感じました。

TOKEN:クロスベルという街が特殊なのも相まってだと思いますが、あの4人はもう4人で家族ともいうような独特の繋がりがありますね。他のシリーズのキャラクターたちとは、立ち位置や質が違うというか。

アサミ:「零の軌跡」と「碧の軌跡」が好きな身としては、改めてそういうところでも、今の特務支援課が見れて良かったです。

ただ、あの4人の結びつきっていうのは、「零の軌跡」と「碧の軌跡」があってこそだと思うので、私が「創の軌跡」から「閃の軌跡」を後追いで始めたように、「閃の軌跡」しかやっていなかった人が「零の軌跡」と「碧の軌跡」に興味を持ってプレイしてくれると嬉しいなと思いますね。

TOKEN:あと、「零の軌跡」と「碧の軌跡」をプレイした人には、この結末を見届けてほしいなぁと、しみじみ思いました。

アサミ:私みたいに「閃の軌跡」全部すっ飛ばしてても面白いですよ!

TOKEN:でもほんとそれがすごいな、と思いますよ(笑)。

アサミ:ぶっちゃけ、私はリィンルートのお話の大半は、解っていなかったです……。ついていけていないところが多々あったのも事実ですし、キャラクターの背景も解らないのでかなり多くのシーンをぼんやり追っていましたし、それこそ序盤は解らない用語だらけで頭がパンクしていました。

TOKEN:それでもリィンルートで楽しめた部分とかはありました?

アサミ:とりあえずは、なんとなく好みっぽい子を探していたり……(笑)。それこそユーシスは、ルーファスの弟だとか全然まったく知らなくて、最初に登場した時に「このキャラクターは好みな気がする」と「閃の軌跡」をプレイした友人に話したら、「絶対そこだと思った」って言われましたから(笑)。本当はルーファスも出したかったんですが、すごいネタバレなのでスクリーンショットも名前も何も出せなくて、とりあえずはクロスベル組とユーシスの話ばかりしていました(笑)。

TOKEN:やっぱり好きなキャラクターを見つけるのは、モチベーションになりますものね(笑)。

アサミ:公式サイトで漠然とキャラクター紹介を眺めていた時は、誰が好みとか全くなかったんですけれど、ゲーム中で出会ってみると思っていた以上にかっこいいと思う子がいたり、可愛いと思う子がいました。なので、なんとなく気に入った子たちを愛でながら……、あとは風景をかなり見ていましたね。帝都すら、私にとっては初めて見る景色だったので、そういうところを楽しんでいたり。

あと、ノルド高原があまりに好きで……ノルド高原に行った時、びっくりしました。

TOKEN:ノルド高原がですか。どこらへんですか?

アサミ:私はどちらかというと「イース」畑なのもあって、「イース」ってアクションだから、ああいうだだっ広いマップってないんですよ。私は元々どのゲームでも、ひたすら眼前に広がる大平原が好きなのですが、正直ファルコムさんのゲームでああいうマップが見れるとは全く思っていなくて、最初にノルド高原に行ったときは、とてつもなく感動して無駄にウロウロしていました。

TOKEN:ノルド高原は、「閃の軌跡I」で行くんでしたっけ。

アサミ:はい、実習で行きますよ。馬も乗れます。なので「閃の軌跡I」で実習に来た時もすごくテンションあがって、馬で駆け回ってました。

多分楽しみ方としては大分本来想定されているものとは違うと思いますが、知らないなら知らないなりの楽しみ方もありますね。……と言いつつ、大部分は既に記憶から消失していますけれども!

TOKEN:リィンルートはキャラクターが多い上に、関係性が複雑なので、どうしても知らないで見ているとそうなっちゃいますよね。

アサミ:一部のキャラクター以外、ほぼ背景にもあまり触れられていませんしね。青の封印石のエピソードで、補完されているところもありますけれど。

私、TOKENさんが「創の軌跡」の発売前に書いたおさらい記事のキャラクター紹介で、クロウについて「これはやばいネタバレを知ってしまった、でも『創の軌跡』をやったらどっちにしても解るんだろうしなぁ」と思っていたんですけれど、「創の軌跡」の中ではそのことについて何も触れられていなかったという(笑)。

TOKEN:(笑)。「閃の軌跡」は最新のシリーズなのもありますし、これまでの「軌跡」シリーズのキャラクターとの紐付けが一番強いので、「創の軌跡」では意外と背景があまり描かれていなかったですね。

アサミ:そうなんですよね。TOKENさんから「クロウが人気」と伺っていましたけれど、「創の軌跡」では何故クロウがそこまで人気なのかは、解らなかったんです。元々の《C》であること程度の知識では、あまりピンと来なくて。でも「閃の軌跡I」のラストで、「なるほど」となった次第です。

TOKEN:ああ、あそこはかっこいいですよね。でも割と唐突にクロウが騎神に乗ってくるので、そこらへん解らなくなかったですか?

アサミ:解らなかったですよ(笑)。リィンに「俺は3年前から乗っている」とか唐突に言われても、そもそも騎神自体「創の軌跡」で初めて見たものですし。「創の軌跡」でクロウも騎神に乗るということは知っていましたけれど、その背景までは全然語られていなかったですし。

TOKEN:やっぱり「創の軌跡」でのリィンルートは、「閃の軌跡」を全部やっている前提すぎる感じではありますよね。「創の軌跡」での機甲兵に乗り込む場面とかも、「閃の軌跡」を知っていると、もっと強くあのシーンの意味を感じられるんですけれど。

アサミ:その意味を知るために、今頑張っていますが……リィンルートについては本当にポンコツで、すみません……。

TOKEN:では、《C》……もといルーファスルートにいきますか。ルーファスのルートは、「軌跡」シリーズの中ではちょっと異色でしたよね。キャラクターの立ち位置というか……これまでは遊撃士や特務支援課、《VII組》と、割と正統派なキャラクターが主人公だったのに対して、ルーファスルートはキャラクターが割と全員ガチめの“ワケあり”という感じで。

アサミ:仲間キャラという大きな範囲にすると、他にも闇を背負っている人たちはたくさんいますけれど、ルーファスルートのキャラクターは割と全員闇に居て、そのまま闇の中で生きながら進む感じがあります。

TOKEN:そうそう、本来なら表の世界に出ない人たちばかりが主人公で。しかも他のルートみたいに、「何か大きな悪を正す」みたいなすごい大義があるわけでもないじゃないですか。こういうルートも面白いなって思いました。

ところでルーファスルートでの彼は、プロローグのルーファスの印象とはまた違うと思うのですが、なんでルーファスにハマったんですか?(笑)

アサミ:《C》としての仮面が割れた時の《VII組》とのイベントが、すごくかっこ良くて。元々プロローグから好みだったのもあって、あとはもう一直線でしたね。

TOKEN:ああ、なるほど。あの《VII組》とのイベントシーンは良かったですよね。僕は《C》の正体はわりと最初から目星がついていましたし、多分「閃の軌跡」をやっていた人の多くはそうだったと思いますし、そして「閃の軌跡」での彼の行動は結構プレイヤーのヘイトを高めるところだったので……(笑)。

アサミ:そういう前情報がなかったから、割と素直に「好き!」と転がり落ちたのはあるかもしれないです。

ちなみに《C》として仮面をつけた状態の時には、何も感じていませんでした。あまり内面も語らなかったですし……。でも仮面が割れたあたりから、ルーファスがラピスに自分の話をするようになって、そういうところでどんどん好きになりましたし、ルーファスのことをきちんと知るために「閃の軌跡」をやる、とようやく決意が固まった次第です。

TOKEN:ラピスとのやり取りは、全部彼の過去が反映されているので、「閃の軌跡」が終わってから改めて見直すと、感じ方も違ってくると思いますよ。

彼はそもそもすごく合理的に動く人間だし、それでいて行動原理自体はシンプルなので、それを全部失った状態で口にするセリフの数々が、凄く染みるんですよね。

あと今回メインストーリーで登場する仲間キャラクターの中で、一番大人だけれど路頭に迷っていて、そんな彼だからこそ出来る選択とかもあって、そこが良かったです。

アサミ:ルーファスとラピスの関係性は、素晴らしかったです。私はルーファスの過去のことをきちんと知っているわけではありませんが、2人とも自分が何者なのかを模索して、そして証明したいのだという。

それは結局、私が知らない「閃の軌跡」のルーファスの行動原理でもあった承認欲求なんでしょうけれど、「創の軌跡」で全てを失ったルーファスが新たに自己の存在を問い、己の過去の経験で時にはラピスを導き、過去に何もないラピスが時にはルーファスを導くという、お互いに補うような存在だったというのが、本当に素敵でした。

TOKEN:最後のあのイベントとかも、かなり感動しますよね。ネタバレが過ぎてもう、良かったしか言えないもどかしさ(笑)。ちなみに僕はルーファスルートで、想像していたよりも《C》の正体がバレるのが早いな、と思いました。もうちょっと粘るかと思っていたんですよね。

アサミ:結構、早くにバラしてきましたよね。ただあまり引っ張られても……特に私は《C》の正体の目星すらついていなかったので、あれくらいでバラしてもらわないと心がどこかに行ってしまっていたかもしれないです。実際、《C》としてのルーファスには、あまり興味が向いていなかったので……。

TOKEN:確かに。そういう意味では、途中に抜けているシリーズがあっても楽しめるのが、《C》ルートになっていました。

アサミ:スウィンとナーディアにラピスという完全な新キャラクターと共に進んでいくルートだっただけに、私は割と純粋に「創の軌跡」の一番メインとなる物語として、楽しめました。

TOKEN:スウィンとナーディアは、事前に公開されていた小説を読んでいるかどうかでも、かなりゲーム内の印象が変わったと思うんですけれど、読まれましたか?

アサミ:「3と9」ですよね、読みました。確かにあれは、読んでおいたほうがいいと思いましたね。

ゲーム本編では、スウィンが壊れかけのナーディアを守ろうとしているような印象を受けますし、それはそれで事実ですけれど、小説を読むと最初に壊れたのは実はスウィンだという……。結局2人とも壊れているんですけれど、あの2人はあの2人で、またそのお互いにお互いを必要としている感じがルーファスとラピスのものとは違っていて、とても良かったです。

青い封印石のエピソードの中にはサウンドノベルのような形式で入っているエピソードもありましたし、「3と9」に関してもそういう形でいれてあげても良かったんじゃないかなぁと思います。

TOKEN:一応ゲーム本編にも収録されていますが、そこに目を通すかというと、そうでもないんですよね。

アサミ:メニュー画面の「EXTRA」のところでしたっけ。ちなみに私は「閃の軌跡」のあらすじにすら目を通さずに「NEW GAME」を選んでいる人なので、「EXTRA」を素通りしてプレイを開始する人は結構多いと思います。

「3と9」はあくまで最初から小説として書かれているものですし、あと公式サイトに前もって掲載されていたので読んでいましたけれど、ゲーム上で読んだことはないです。

TOKEN:なるほど、確かに真っ直ぐ「NEW GAME」に行く人が多そうですね……。けれど、ならばあの小説をどこに入れるのがいいのか、というと、難しいですね。

アサミ:私としては、やはり青の封印石のエピソードとして入れてよかったのでは、というところですねぇ。

TOKEN:「軌跡」シリーズは結構、ああいう外伝小説みたいなのをやっているので、読んでいる人は読んでいるはずだと思うんですが。

アサミ:多分、ああいうミニ小説的なものって、ユーザー側の「読みたい」という意思とそこから「読みにいくために行動する」という2段階が必要で、意外とこの2点のハードルを超えるのが難しい気がします。

あと、単純に導線の問題もあると思うんですよね。それこそ「3と9」が青の封印石から出るエピソードならば読んでいる、という人も普通にいると思います。今回の「3と9」は本当に読んでいないとスウィンとナーディアへの理解度が段違いなので、読まないでプレイしてしまうともったいないです。

TOKEN:ゲームって、みんながみんな、コンテンツへの理解度が同じなわけでもないですしね。

アサミ:みんながみんな熱狂的なファンで、コンテンツの隅々を舐めるように見るのであれば、多分苦労しないですよね(笑)。読んでいない人は今から公式サイトでもゲームのEXTRAでもいいので、読みにいってほしいですね。

TOKEN:ルーファスルートのあの4人は、もう一回出てきてほしいなぁ。ただ、綺麗に終わっているので、悩ましいんですが(笑)。

アサミ:私は! 最高の推しなので! 出てきていただかないと!(笑)

TOKEN:旅に出るという終わり方ですから、旅先で、とかいうのはありそうですけれどね。

アサミ:ルーファスは「閃の軌跡」からここまでで、もしかしたら既に描かれきったキャラクターなのかもしれませんが、私としてはやはり新生ルーファスの旅をもっと見たい……!

あと、スウィンとナーディア、ラピスも、掘り下げる余地自体はまだまだ残っていると思いますし。

TOKEN:盟主は……メインにもっとバンバン出てくると思っていたんですが、出てこなかったですね。

アサミ:それは思いました(笑)。パッケージイラストからも、今回はもっと盟主を中心に動くと思っていたのはあります。

TOKEN:だから、クロスベルがああいう形でまた奪われる展開が予想できなかった、というのもあるんだよなぁ。

アサミ:ストーリー全体としては非常に満足していますけれど、盟主はもうちょっと見たかったですね……。

なぜか締めくくりは「閃の軌跡」の話に

TOKEN:正直、「創の軌跡」が終わったあと、アサミさんがこんなに猛烈な勢いで「閃の軌跡」をやり始めるとは思ってもいなかったので、少しだけ「閃の軌跡」の話も。アサミさん、「閃の軌跡I」で「ここで終わると思っていなかった」っていう感想を話していて、「本当に何も情報見ないでプレイしているんだな」と思って(笑)。

アサミ:見ていないですよ! 先程も言いました通り、「創の軌跡」でのあらすじも読んでいませんし。

それこそこのゲーム、4月の入学式からスタートするので、てっきり某有名RPGのように3月までの学園生活を送るんだと思って、「これだけプレイしてもまだ8月か……先は長いな……」とか思いながら、ちまちま進めていたんですよね。で、9月の章終わりでセーブしてそこでプレイを終わっておいたんですが、次に起動したらセーブデータに「終章」って書かれていて「は?」ってなりましたからね! セーブデータにネタバレされるっていう、なかなかない体験をさせてもらいました。

しかも終わり方も「えー、ここで終わるの、マジでー!」ってリアルに叫びましたから(笑)。

TOKEN:(笑)。あの後から内戦のほうに話がいっちゃうんで、学園生活はあそこでおしまいなんですよね。

アサミ:確かに、あのまま普通にしれっとみんな学園に戻ってこられて11月になっても、なんとも言えない気持ちになります。

TOKEN:でしょう(笑)。

アサミ:「創の軌跡」から戻るパターンだと、もっとネタバレパラダイスになるのかな、と思っていたんですけれど、意外とそうでもなくて。

確かに「創の軌跡」で知ったことや、「閃の軌跡」の大筋の話……主にオズボーンが倒されたという辺りの話は知っていますが、逆に言うとそれ以外はあまり知らないので、知らないところは普通に初見の気持ちでプレイしています。

「創の軌跡」でなんとなく見ていただけのエマとか、ぶっちゃけ「閃の軌跡I」だけでは未だによくわかっていません。青の封印石にエマの話があったりして、見てはいるんですけれど、結局知らないキャラたちがわーわーしていても記憶に残らないんですよね。でもそれが逆にいい感じに「閃の軌跡」を楽しめる要因になってくれています。

とりあえずエマは結局何者なんだ! 早く「閃の軌跡II」やりたいです……。(目の前に他のゲームと原稿が山積み)

TOKEN:「創の軌跡」の二周目をプレイするならば、多分「閃の軌跡IV」まで終わってからのほうが楽しめると思いますよ。

アサミ:ルーファスに会いに、「創の軌跡」の2周目をやりたいんですけれど、そう思って我慢しています……。2周目やれるの1年後とかになっても、「閃の軌跡IV」までやり遂げてから「創の軌跡」をやり直したいです。多分色んなところで全然違う気持ちになれると思うので。

TOKEN:「閃の軌跡I」の段階でのルーファスは、どう見えていますか?

アサミ:そこについては、やはりネタバレを知っている前提で見ているので、あの笑顔の裏側に色々あるんだろうなぁ、とは思っています。それこそ結局ルーファスはもう貴族派ではないことは知ってしまっているので、尚更ですね。

ルーファスが「閃の軌跡」ファンからのヘイト値が高い、というのは解っていつつも、まだそこまでヘイトを集める理由は理解しきれていないです。

TOKEN:「閃の軌跡I」では、彼はまだ本性を出していないですからね。でも彼の一番の秘密自体はもう「創の軌跡」でわかってしまっているので、アサミさんのプレイ視点は、僕とは全然違うんだろうなぁ(笑)。

アサミ:彼が“子供たち”のひとりであることは、知っていますからね……(笑)。

ただ、実習でルーレに行った時にリィンたちが見た、ルーファスとクレアの会話とかは、演技にしてはやけに真に迫っているという感じだったので、確かにルーファスが“子供たち”であることは知っていても、まだまだ色々何かあるのだろうなぁ、と思います。

そういえば「閃の軌跡」のヒロインはアリサだとずっと思っていたんですけれど、実際にプレイしてみたらなんだか違うような……。

TOKEN:あー……「創の軌跡」の最初で、誰と絆を結んだか選べるじゃないですか。ああいう感じで、「閃の軌跡」はある意味でヒロインを自由に選べる感じで、そして絆を結んだキャラクターとのキャラクターエンド的なものがあるんですよ。なので、ヒロインという定義がちょっと難しいんですよね。

確かにパッケージとかでは、それっぽい位置にアリサがいるんですけれど、シリーズを通してのヒロインというのはそもそもいない感じですね。そこらへんについては、プレイヤーの好み次第で幅を持たせているというか。

アサミ:「閃の軌跡I」が終わった時点で「思っていたよりヒロインという枠でもないな」と思ったので、大体合点がいきました。「零の軌跡」や「碧の軌跡」でのエリィやティオもそんな感じだったので、更に人数を増やして好みで選んでもらう、という感じなんですね。

そうそう、あとアッシュは「創の軌跡」の青の封印石で見れるエピソードがちょっと謎で……「閃の軌跡」をやっていれば当たり前に知っているエピソードの掘り下げなのか、わからなかったんですよね。

TOKEN:僕、まだ青の封印石のエピソードを見ていないからなんともですが、アッシュはそれこそ結構過去を背負っているキャラクターなので、多分「閃の軌跡」の時点で判明していることなのではないかと思います。アッシュの正体って、「軌跡」シリーズを全部やっていると「マジか!」というようなところなので。

ちなみにアッシュは「閃の軌跡III」で最初に出てきた時は、今よりもさらにやんちゃというか、結構毒々しいキャラクターで、「創の軌跡」では大分毒が抜けていますね。

アサミ:あれで毒が抜けているのか(笑)。

TOKEN:僕も早く青の封印石のエピソードを見なければ……。先日更にいくつか追加されたんでしたっけ。

アサミ:そうですね、恐らく次のシリーズにつながるであろうエピソードも追加されていますよ。

TOKEN:「閃の軌跡」は話が広がりすぎてしまって、どうしても描き切れていない部分があったので、青の封印石のエピソードはそういうところを補完してくれそうですね。

アサミ:ちなみに私「閃の軌跡」はまだ途中なのに、先日追加されたリィンのエピソードは泣きましたよ。

TOKEN:そうなんだ。(※公式サイトを見て)「想い出の眼差しは熱く」っていうやつですかね。

アサミ:そうです、リィンというよりかは、どちらかというとオズボーンの話なんですけれど。

TOKEN:ああ……ある意味で「閃の軌跡」の最大のネタバレでもありますけれど(笑)。

アサミ:それはちょっと感じました(笑)。これでオズボーンの行動原理が全部わかってしまったので……でもオズボーン自体は昔から知っているキャラクターですし、「閃の軌跡」を終える前に知ってしまったな、というのはありますけれど、良いお話でした。

TOKEN:結局は究極の親バカだったという……(笑)。

アサミ:そうですねぇ、私はそこについては知らなかったので、ちょっと意外でした。「閃の軌跡」の中で知ったほうが良かったのかもしれないですけれど、良いお話だったので「まぁ、いっか!」くらいで。

TOKEN:今回は、新規の物語としても、ファンディスク的な立ち位置としても面白くて、こういう作品はなかなかなかったと思います。この先どう落とし込んでいくのかはともかく、一度色んなことに整理がつけられたかなと。

自分がやりたかったゲームってこういう作品だよな、って。僕はこういう満足度の高いRPGを年に1本できれば結構それで満ち足りてしまうので(笑)。

アサミ:私はこのレベルの作品を年に5本くらいやりたいんですけれど、今年は比較的他のタイトルも豊作なので、おかげさまでその欲は満たせそうですね。今年出たタイトルではありませんけれど、「閃の軌跡」の残りもありますし(笑)。

それにしても私が「閃の軌跡」を後追いで始めたことで、だいぶ脱線しているのもありますけれど、語り足りない……。

TOKEN:話し足りないんですよね……。というか、これでもヤバいネタバレの部分には触れていないですからね(笑)。

アサミ:本当はもうちょっとラストまで完全ネタバレありくらいのところまで話をしたいところですが、これからプレイしてみようという方もまだまだいると思うので……。繰り返しますが、抜けている「軌跡」シリーズの穴埋めをしたくなるような、素晴らしいゲームでしたので、ぜひまだプレイしていない方にも遊んでほしいです。

TOKEN:「零」「碧」が抜けている人にはそちらをプレイしてもらったり、アサミさんのように「閃」をやってもらったり……全部のことが解ってからこの作品をプレイすると、また違う魅力を感じられる作品なのではないかと思います。

アサミ:それでは長時間、ありがとうございました。

TOKEN:お疲れ様でした!

英雄伝説 創の軌跡

日本ファルコム

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年8月27日
  • 価格:7,800円(税別)
  • 15歳以上対象
英雄伝説 創の軌跡

英雄伝説 創の軌跡 PlatinumマイスターBOX

日本ファルコム

PS4パッケージ

  • 発売日:2020年8月27日
  • 価格:10,800円(税別)
  • 15歳以上対象
英雄伝説 創の軌跡 PlatinumマイスターBOX

英雄伝説 創の軌跡

日本ファルコム

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年8月27日
  • 価格:7,590円(税込)
  • 15歳以上対象

英雄伝説 創の軌跡 デジタルデラックス版

日本ファルコム

PS4ダウンロード

  • 発売日:2020年8月27日
  • 価格:11,000円(税込)
  • 15歳以上対象
  1. 1
  2. 2

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(31枚)

(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

※画面は開発中のものです。

関連ワード

関連ニュース

関連ニュースをもっと見る

あわせて読みたい

この記事のゲーム情報

英雄伝説 創の軌跡

ストーリーRPG
  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • プリコネR特集
  • セール情報

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
4月13日(火)
Warframe
4月14日(水)
Knight Squad 2
SMASH LEGENDS:スマッシュレジェンド
黄昏ニ眠ル街
4月15日(木)
2064: リードオンリーメモリーズ インテグラル
ALTDEUS: Beyond Chronos 特装版
G-MODEアーカイブス34 魔城っ娘プリンセス
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Special Edition
Monster Energy Supercross - The Official Videogame 4 Standard Edition
Nine Witches: 家族騒動
Relicta
THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH
Winning Post 9 2021
なめこ取り
アトリエ喫茶ふらっとからの脱出
ギア・クラブ アンリミテッド2 アルティメットエディション
サガ フロンティア リマスター
スティッチ・イン・トゥーキ・トラブル
マルくんの旅 ~出会いと別れの物語~
ミアステール~デズニフの遺跡~
レインパレード イタズラ雲の冒険!
嘘つき姫と盲目王子 Best Prise
廃深
真・三國無双8
迷宮経営SLG -ZombieVital DG-
4月20日(火)
MLB The Show 21(英語版)
MLB The Show 21(英語版) ジャッキー・ロビンソン・エディション
MLB The Show 21(英語版) デジタルデラックスエディション
4月21日(水)
ユージェネ
4月22日(木)
-右脳の達人- まちがいさがしミュージアム for Nintendo Switch
Fight of Animals
NieR Replicant ver.1.22474487139...
OVERCOOKED!(オーバークック)王国のフルコース
Rolling Gunner + Over Power
アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX スペシャルコレクションボックス
アトリエ~ 不思議の錬金術士 トリロジー~ DX プレミアムボックス
インフィニットリンクス
サクラ・サキュバス ~モテ期は唐突に~
スメルター
ソフィーのアトリエ~ 不思議な本の錬金術士~ DX
タイピングクエスト
タイピングクエスト スターターセット
トロピコ 6 Nintendo Switchエディション
フィリスのアトリエ~ 不思議な旅の錬金術士~ DX
リディー&スールのアトリエ~ 不思議な絵画の錬金術士~ DX
レイス:ジ・オブリビオン - アフターライフ
ローリングガンナー コンプリートエディション
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド
ワンダーボーイ アーシャ・イン・モンスターワールド スペシャルパック
ワーウルフ:ジ・アポカリプス
妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch レベルファイブ ザ ベスト
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている レベルファイブ ザ ベスト
怪盗ロビーと忘れられた神殿
時計仕掛けのアポカリプス
時計仕掛けのアポカリプス 限定版
東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.
殺戮の天使
雷電IV×MIKADO remix
雷電IV×MIKADO remix 限定版
4月23日(金)
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered
JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered デジタルデラックス
4月27日(火)
GODZILLA DESTRUCTION
4月28日(水)
グリザイア ファントムトリガー 01 to 05
スターレネゲード
フライ トゥギャザー!
ミクと水没都市
原神
毎日♪ 衛宮さんちの今日のごはん
4月29日(木)
R-TYPE FINAL2
R-TYPE FINAL2 限定版
4月30日(金)
Legend of Keepers: Welcome to the Dungeons Company
New ポケモンスナップ
Returnal
Returnal デジタルデラックス版