コーエーテクモゲームスは、Nintendo Switch用ソフト「ゼルダ無双 厄災の黙示録」について、全世界での累計出荷本数が300万本を突破したと発表した。

「ゼルダ無双 厄災の黙示録」は、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の世界観を継承した作品として2020年11月20日に発売されたアクションゲーム。1タイトルでの300万本の出荷達成は、コーエーテクモゲームスの「無双」シリーズで初となる。

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー