アニメ評論家・藤津亮太氏が話題のアニメを紹介する「ゲームとアニメの≒(ニアリーイコール)」。第22回はNetflixオリジナルアニメシリーズとして、4月8日から全世界独占配信されている「極主夫道」を取り上げます。

ゲームとアニメは本来異なる媒体ですが(≠)、その中での共通項(≒)となる部分にフォーカスしたいという思いから立ち上げた本連載。毎回話題のアニメをアニメ評論家の藤津亮太氏の切り口で紹介しつつ、Gamer編集部からはそのアニメがどういったゲームファンにオススメできるかをピックアップしていきます。

今回は、津田健次郎さんが主役を務め、監督:今千秋氏×原作:おおのこうすけ氏によって手がけられている、元極道の龍が専業主夫として過ごす日常を描くアットホームなギャグコメディ「極主夫道」を取り上げます。

こんなゲームファンにオススメ!
  • 「龍が如く」シリーズに代表される、極道を題材としたゲーム
第22回「極主夫道」
(C)おおのこうすけ/新潮社
(C)おおのこうすけ/新潮社

「アニメーション」の定義は難しい問題だ。中でも「コマ撮りによる動きの創出」というのは、アニメーションという概念をを考える時に、とても重要な要素のひとつといえる。

そこで「極主夫道」である。

本作は、不死身の龍と呼ばれたヤクザが、結婚後に専業主夫になった、という設定のギャグ漫画が原作。この作品の特徴は、キャラクターがほとんど動かないところにある。口パク、目パチ(瞬き)はあるものの、演技に関してはほとんど止め絵。見ているうちに「これは“アニメ”と呼びうるのか?」という疑問も浮かぶ人もいるかもしれない。

しかし、では、本作で多用されている「止め絵をカメラワークで見せる」という手法は「アニメーション」ではないのか。「コマ撮りによる動きの創出」はないけれど、カメラワークもまた広い意味で“動き”である。

振り返ってみれば、過去には漫画原稿をカメラワークをつけて撮影した映画「忍者武芸帳」(1967年、大島渚監督)という作品も存在する(この作品もアニメーションかどうかは、その人の定義によって変わってくる)。また、出崎統監督の作品が「止め絵+カメラワーク」を非常に効果的に使っていたこともいうまでもない。「極主夫道」を見ていると、そういう過去のさまざまな事例が思い出されて、改めて「アニメーションとはなんだろう」と考えてしまうことになる。もちろんそこには「コレ!」といった正解はないのだけれど、こういう境界線上の作品と出会うと、視聴者が感じる「おもしろさ」とはなんだろう、ということを考えさせられることになる。

確かに「極主夫道」はおもしろい。それは、カメラワークを駆使した映像と、キャスト陣のノリノリの演技が、“よい間”で繋がれている部分は大きい。編集で生み出される緩急が視聴者の感情を巧みに誘導しているのである。

本作の今千秋監督は2018年に「Back Street Girls -ゴクドルズ-」をアニメ化している。奇しくもこちらも、ヤクザネタのギャグ漫画。こちらはヤクザが全身整形してアイドルになる、というもので、ヤクザとギャップのある存在の対比で笑わせるという点では、「極主夫道」と同じ構造だ。今監督は、こちらも「止め絵で見せるスタイル」でアニメ化している。「Back Street Girls -ゴクドルズ-」の経験が「極主夫道」に生きている部分もあるのではないだろうか。

なお「Back Street Girls -ゴクドルズ-」のほうが、キャラクターにはっきり影がついており、撮影効果も様々に加えられていて、普通のテレビアニメのルックに近い。一方「極主夫道」は影も撮影効果も抑えめのフラットな画作り。その分だけ「動く漫画」といった印象のほうが強くて、その分、親しみやすさは増している。こうして比較してみると「止めで見せるスタイル」に徹するという点では、「極主夫道」のほうがより洗練されているともいえる。

「Back Street Girls -ゴクドルズ-」から「極主夫道」に繋がる「止め絵で見せるスタイル」路線には、コストパフォーマンスのよさだけではなく様々なプラットフォームでの展開など、まだ様々な可能性があるのではないだろうか。

藤津亮太(ふじつ・りょうた)

アニメ評論家。1968年、静岡県生まれ。雑誌・WEB・BDブックレットなど各種媒体で執筆するほか、朝日カルチャーセンター、SBS学苑で講座を担当する。著書に『「アニメ評論家」宣言』(扶桑社)、『チャンネルはいつもアニメ―セロ年代アニメ時評―』(NTT出版)、『声優語~アニメに命を吹き込むプロフェッショナル~』(一迅社)、『プロフェッショナル13人が語るわたしの声優道』(河出書房新社)などがある。毎月第一金曜日には「アニメの門チャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/animenomon)でアニメの話題を配信中。

告知

新刊『アニメと戦争』(日本評論社)が発売中です。
https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8466.html(各WEBストアへのリンクあり)
戦中の『桃太郎 海の神兵』から『この世界の片隅に』まで。実際の戦争から架空の戦争まで、アニメはそれをどのように扱ってきたかを総覧します。

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(1枚)

(C)おおのこうすけ/新潮社

関連ワード

あわせて読みたい

Gamer10周年大プレゼント祭
  • セガ特集ページ
  • プリコネR特集
  • セール情報
  • Figgy

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー
5月10日(月)
ENLISTED
5月13日(木)
Fire: Ungh’s Quest
Lost Ruins
MotoGP 21
ようせいの島
オーシャンズハート
カウンター・アームズ
ソード&ブレイド
パスファインダー:キングメーカー
ライズ・エテルナ
ラスト・ラグナロク
5月14日(金)
GetsuFumaDen: Undying Moon
Subnautica サブノーティカ
サブノーティカ: ビロウ ゼロ
サブノーティカ+サブノーティカ: ビロウ ゼロ
ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR’S EDITION
一緒に遊ぼう
異世界酒場のセクステット ~Vol.3 Postlude Days~
5月17日(月)
Pumpkin Jack
5月18日(火)
Arcaea
Days Gone
Siege Survival: Gloria Victis
スピットリング バブルでパーティー
5月19日(水)
Open Country
三國志 真戦
幽☆遊☆白書 GENKAI バトル魂
5月20日(木)
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー
AKIBA’S TRIP ファーストメモリー 10th Anniversary Edition
CLANNAD -クラナド- 光見守る坂道で
Mortal Shell
Wanna Survive:ワナサバイブ
じゃんがりあん物語
とらきちのトラキッチン
アルケミスト・アドベンチャー
アンジェリーク ルミナライズ
アンジェリーク ルミナライズ トレジャーBOX
サクラ・サキュバス2 ~止まらぬ出会い~
ストレンジパークからの脱出
ブラック・サージナイト
マニフォールド ガーデン
ライジングヘル
ルーンファクトリー5
ルーンファクトリー5 プレミアムボックス
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version
大航海時代IV with パワーアップキット HD Version 30周年記念版
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ
放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ 特装版
5月21日(金)
ミートピア
5月25日(火)
Biomutant
カプコンアーケードスタジアム
ピタマスター
レイス:ジ・オブリビオン - アフターライフ
真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER
5月26日(水)
DEATH STRANDING Value Selection
The Last of Us Part II Value Selection
5月27日(木)
LIBERATED
LiEat
Maneater
Paradigm Paradox
Paradigm Paradox 限定版
ま~るい地球が四角くなった!? デジボク地球防衛軍 EARTH DEFENSE FORCE: WORLD BROTHERS
アニマエ・アルケー
オールモスト・ゴーン
ビビッドナイト
ビビッドナイト OST版
ブリッジコンストラクター:ウォーキング・デッド
ワールズエンドクラブ
探偵撲滅
至極の男~もう一度愛される夜
5月28日(金)
イトルデュー 2+