プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」に登場するユニットのキャラクター、ひとりひとりの紹介記事を連載にてお届けします。第5回は正体不明の音楽サークル「25時、ナイトコードで。」の4人をご紹介!

セガとColorful Paletteより配信中のiOS/Android用アプリゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(以下、「プロセカ」)。その1.5周年に合わせ、Gamerでは本作に登場するユニットのキャラクターたち、ひとりひとりの紹介記事を連載形式にて掲載します。第5回で紹介するのは「25時、ナイトコードで。」(略称は「ニーゴ」)のメンバー、宵崎奏、朝比奈まふゆ、東雲絵名、暁山瑞希の4人。

なお、これまでのメインストーリー、イベントストーリーに関する多少のネタバレを含みますので、ご注意ください。

  1. 宵崎奏:誰かを救える曲を作る――音楽に愛され、それが呪縛にもなった天才作曲家
  2. 朝比奈まふゆ:微笑みの仮面を被った優等生。“救い”を見つける旅は続く
  3. 東雲絵名:「才能」をめぐる葛藤にもがき続け、それでも逃げないことを心に誓う
  4. 暁山瑞希:かけがえのない大切な仲間――だからこそ打ち明けられない秘密を抱いて
宵崎奏:誰かを救える曲を作る――音楽に愛され、それが呪縛にもなった天才作曲家

宵崎奏(よいさき かなで)は通信制の高校に通う学生。インターネットで繋がった4人による音楽サークル「25時、ナイトコードで。」を結成し、主に作曲を担当しています。

生活の大半を音楽制作に費やし、集中していると寝食も忘れてしまうほど。それほどまでに音楽制作に執心するようになったきっかけは、過去の辛い経験から抱くことになったトラウマでした。

奏の父親も、かつては優れた作曲家でした。しかし、いつしか時代に合った曲を作れなくなってしまいます。さらに、見よう見まねで作曲をするようになった奏の、類まれな才能を目の当たりにするうちに、いつしか自身の作る曲と比べるようになり、ついには心を病んでしまいます。父親が病んでしまったのは自分のせいだと責めるようになった奏は、そんな父親から告げられた「奏はこれからも、奏の音楽を作り続けるんだよ」という言葉に縛られることに。以来、“K”というハンドルネームを名乗り、曲を作ってはインターネットに公開し続けています。父親を不幸にしてしまった過去を清算するように、“誰かの救いになる音楽”を作り続ける――それが奏にとっての“生きる意味”になっているのでした。

その後、奏がアップロードした楽曲のアレンジバージョンを投稿していた“雪”と名乗る人物と、チャット・通話ツールの“ナイトコード”で連絡を取り合い、ふたりで楽曲を共同制作する体制に。“えななん”、“Amia”というメンバーも加入し、ニーゴは現在の4人組ユニットになります。

そんな4人の関係に、ある日“雪”と連絡が取れなくなったことで、転機が訪れます。“雪”を心配していると、静かで無機質な“誰もいないセカイ”へと誘われた奏・えななん・Amiaの3人。ナイトコードで連絡を取っていたため、初めて顔を合わせた3人は、お互いの本名を伝え合い、えななんは“東雲絵名”、Amiaは“暁山瑞希”という名前であることを奏は知ります。さらに進んでいくと、真っ白な髪をした初音ミク、そして雪の姿が……。

奏は、すべてがどうでもよくなり「消えてしまいたくなった」という雪を、自分の音楽で「救える」ようになるまで、曲を作り続けることを誓います。それは自身に対して、父親の言葉による呪縛に、さらに重い呪縛を重ねるようなことでもありますが、それでも雪に生きていてほしい――そう心から願ったからこその誓いだったのです。雪は奏の誓いを受け入れ、ニーゴは活動を続けることに。そして4人はリアルでも会うようになり、雪は本名の「朝比奈まふゆ」を名乗ったのでした。

その後も、4人の共同制作による楽曲作りを続けてきたニーゴ。まふゆの心を動かせる曲を作るため、奏の試行錯誤は続きます。一向にまふゆの反応を引き出せず、病院に入院し続ける父親の症状が芳しくないことも重なって思い詰めていたときには、瑞希の提案で、母親との思い出がある花畑を探すことに。まふゆに“思い出の中の母親のように笑ってほしい”と気づいた奏は、その想いを手掛かりに、それまでとは雰囲気の異なる楽曲を完成させます。これを聴いたまふゆの顔には、かすかな微笑みが――それはわずかな変化ながら、奏とまふゆにとって、大きな前進だったように思います。

ニーゴのメンバー以外との人間関係としては、かつて楽曲制作に根を詰めすぎて倒れて以来、祖母からのたっての希望で、家事手伝いを依頼。偶然手伝いの見学に来ていた「Leo/need」(レオニ)の望月穂波と知り合い、以降は正式に家事手伝いアルバイトとして料理や家の掃除をしてもらっています。。現在では歳の近い者同士、友人のように打ち解けた関係になっています。同じく「Leo/need」の星乃一歌とは、同じCDを買おうとしたことがきっかけで知り合いに。最近になって作詞に挑戦し、作曲の勉強もはじめた一歌との出会いは、奏にとってもよい刺激になったようです。

奏にまふゆ、そして絵名と瑞希、形は違えど一時期は「消えてしまいたい」と望んでしまうほどの悩みを抱えた者同士で結成された「25時、ナイトコードで。」。彼女らは今宵もまた、誰かにとっての“救い”になるような楽曲を、作り続けているのでしょう。

朝比奈まふゆ:微笑みの仮面を被った優等生。“救い”を見つける旅は続く

朝比奈まふゆは宮益坂女子学園に通う、高校2年生。学級委員会に所属しており、明るく優しい、誰からも頼られる優等生です。しかし、こうした印象は、まふゆが日々の生活をつつがなく送るための、いわば“演技”によるもの。

両親からの大きな期待。それに伴う、まふゆ自身には実質的な決定権を与えられてこなかった、これまでの人生。そうしたものを受け入れ、“周りから求められる朝比奈まふゆ”を演じているうちに、やがてまふゆは情緒的な感情や、味覚など、さまざまな“感覚”を失ってしまったのでした。表面的には優等生として振る舞いながらも、何に対しても気持ちの動かない、空虚な内面。それが少し前までのまふゆだったのです。

そんなまふゆが、少しだけ「救われた」ように感じたのが、インターネットで出会った、とある作者の楽曲を聴いたとき。これを機に、自分でも音楽を作ってネットにアップロードするようになったまふゆは、前述の曲の作者である“K”と名乗る人物から連絡を受け、共に活動していくことに。やがてこの音楽サークルは4人体制になり、チャット・通話ツールを介した共同作業の開始時刻である25時(深夜1時)から取って、サークル名が「25時、ナイトコードで。」に決まります。この体制では、まふゆは主に作詞を担当することに。

けれど、活動を続けていても、まふゆにかつて“K”の曲を聴いたときのような感情の動きがもたらされることはありませんでした。日々の中で、さらに心をすり減らしていったまふゆは、ある日、自身の想いから生まれた“誰もいないセカイ”へと逃げ込みます。このセカイの住人は、真っ白な髪をした初音ミクただひとりでした。このセカイでただ消えたいと願うまふゆに、ミクは寄り添いながらも、ニーゴのほかのメンバーたちに、まふゆを救ってくれるよう、助けを求めることに。

ニーゴのメンバー、“K”こと宵崎奏の、「まふゆを救えるまで、曲を作り続ける」という約束、そして奏と“えななん”こと東雲絵名、“Amia”こと暁山瑞希、3人の心からの言葉による説得もあって、もう少し生きていようと思えるようになったまふゆは、日常へと戻ることを決めます。ナイトコードでの通話だけでなく、現実世界やセカイでニーゴのメンバーと直接会えるようになったこと、そして彼女らにだけは、これまで演じてきた“優等生のまふゆ”ではなく、“本当のまふゆ”のままで接せるようになったことは、まふゆの日常に、少なくない安らぎをもたらしているのではないかと思います。

その後も、一見してわずかなものに感じられるものの、まふゆは少しずつ変化を繰り返しています。ニーゴの4人で人形展に行ったときは、展示されていたマリオネットに自分を重ねて動揺するも、奏やミクの助言から、このとき感じた苦しみを、歌詞に昇華できるように。奏が母親との思い出をヒントに作った新曲を聴いたときは、一瞬ながら微笑みの表情を見せます。風邪を引き、奏に看病してもらったときには、幼い頃に熱を出したときのことを思い出し、このときの気持ちをヒントに綴った歌詞は、これまでまふゆが書いてきた歌詞とは違う、どこか温かみを感じるものになったのでした。

学校生活では、弓道部の部活仲間に「MORE MORE JUMP!」(モモジャン)の日野森雫が、学級委員としての活動では「Leo/need」の星乃一歌と顔なじみ。一歌との関係は、奏と一歌が再会を果たすきっかけのひとつになりました。「ワンダーランズ×ショウタイム」(ワンダショ)の鳳えむとは、体育祭の二人三脚で一緒に走ることになり、知り合うことに。まふゆの微笑みが「笑顔だけど笑顔じゃない」と何故か見抜いたえむはまふゆを怖がりますが、そんなまふゆにも本当の笑顔になってほしいと、アタックを繰り返している模様。こうした交流も、少なからずまふゆにとってわずかにでも気の休まる時間であったならいいなと思います。

スランプに陥った奏を責めるような言葉を掛けるときのまふゆは、本人は意識していないのかもしれませんが、奏のちょっと傷ついているリアクションを楽しんでいるようなところが、あるような、ないような……? “誰もいないセカイ”にいつしか鏡音リンやMEIKO、巡音ルカなど、ミク以外のバーチャル・シンガーが姿を表し、いくぶん賑やかになってきたのも、まふゆの内面の変化による影響が、少なからずあるのではないでしょうか。

まふゆ自身の感覚として、これらの変化がどこまで実感できているのかは、想像するしかありません。しかし、形は違っていてもなんらかの大きな傷みを抱えた奏、絵名、瑞希たちに支えられながら、“自分の内面”を知ろうとすることは、まふゆにとって確実に、“生き続ける理由”になっているのだと感じます。

東雲絵名:「才能」をめぐる葛藤にもがき続け、それでも逃げないことを心に誓う

東雲絵名(しののめ えな)は神山高校に夜間定時制の生徒として通っている高校2年生。「25時、ナイトコードで。」では、イラストを担当しています。有名な画家を父親に持ち、自身も父のような画家になることを夢見ていましたが、そんな父自身から、プロとしてやっていけるほどの才能はないと指摘された過去があります。これがきっかけのひとつとなって絵画教室を辞めてしまいますが、趣味としてネットに絵を投稿する活動は続けており、その中でKと名乗る人物(宵崎奏)に声を掛けられ、ニーゴのイラスト担当になったのでした。

しかしここでも、絵名は幾度となく自分の才能と向き合い、葛藤することに。誰かに承認されたい気持ちが強い絵名は、SNSにイラストをアップする用のアカウントと、自撮りをアップする用のアカウントを別々に持っているのですが、自撮りへの反応と比べると、イラストへの反応はほとんどなし。その事実もまた、絵名を苛立たせます。

奏や朝比奈まふゆの類まれな音楽の才能を目の当たりにし、それを自分の絵の才能と比べてしまうことも。それでも奏やまふゆの作ったものに強く惹かれてしまう絵名は、彼女らと共にニーゴの一員として胸を張れる自分になるために、もがき続けます。その中で、数年ぶりに絵画教室にも復帰。この数年間、教室に通い続けて努力してきたクラスメイトたちと大きく開いてしまった実力の差に、悔し涙をこらえつつも、これからは投げ出すことなく、努力し続けることを誓うのでした。

ニーゴのメンバーの中では、暁山瑞希とのやりとりが比較的多く、憎まれ口を叩いては、よく瑞希にからかわれています。一方で、いつも明るく振る舞っている瑞希が、時折悲しそうな表情を見せるようになったことから、瑞希になんらかの悩みがあることにいち早く気づいたのも絵名でした。悩みの核心に迫ろうとすると話を逸らす瑞希に対して、絵名は「瑞希が話したくなるまで待つ」ことを決心。これを瑞希自身にも告げて、いまも瑞希が頼ってくれるのを待っています。

ニーゴのメンバーに本来の自分で接するようになってからのまふゆは、絵名のイラストに容赦なく駄目出しをするようになり、こうした態度に絵名は頻繁にイライラ。しかしときどき素直に褒められると、それはそれで調子が狂ってしまうようで、なんだかんだで嫌っているわけではなさそうです。

奏に対しては、その才能を羨むこともある一方で、奏の作った曲に救われたことも何度もある絵名。また、奏も絵名のイラストは、ニーゴにとってなくてはならないものと考えており、ふたりはお互いを支え合える関係と言えそう。

「Vivid BAD SQUAD」(ビビバス)の東雲彰人は、絵名の弟。朝早くに用事があるときは彰人に自分を起こすよう指示したり、スイーツを買ってこさせたりと、こき使っている様子。口喧嘩も絶えないふたりですが、互いの存在に支えられている面も多々あることが、いくつかのエピソードから察せられます。

「MORE MORE JUMP!」の桃井愛莉とは、流行の情報に敏感な者同士、以前から仲良し。愛莉の紹介で同じ「MORE MORE JUMP!」の日野森雫とも友人になり、瑞希も一緒に4人でピクニックに行ったこともありました。

アニメ好きの瑞希からは「古き良きツンデレ」などと言われ、からかわれることも多い絵名。本人はこう言われると怒りますが、瑞希やまふゆ、彰人にはキツく当たることもあるものの、困っている人のことは放っておけない、優しく面倒見の良い一面も垣間見えるあたりは、良い意味で“言い得て妙”と感じてしまいます。

暁山瑞希:かけがえのない大切な仲間――だからこそ打ち明けられない秘密を抱いて

暁山瑞希(あきやま みずき)は神山高校に通う高校1年生。「25時、ナイトコードで。」では、楽曲に合わせた動画の制作を担当しています。可愛いものが大好きで、心を許した相手には人懐っこく振る舞う性格。サークル内でもムードメーカー的存在になっています。しかし過去の経験から、自分に対する“好奇の目線”には敏感で、それゆえに学校はサボり気味です。

以前から自分の“あり方”に悩んでいた瑞希。いまのニーゴの4人、そしてセカイのバーチャル・シンガーたちとの関係を、心地よく、かけがえのない大切なものと感じながらも、この関係がいつかは壊れてしまうのではないかと、人知れず苦しんでいました。

奏、まふゆ、そして絵名たちは、自分が秘密を打ち明けたとしても、それで態度が変わるような人間ではない。そう思ってはいても、一度打ち明けた事実は決して消えない――そうした不安の中、瑞希は悩み続けているのです。

自分の苦しみを察し、真っ向からぶつかってきてくれた絵名の想いを受けて「絵名に全部話したい」という思いに駆られる瑞希。けれど、そうしてニーゴの仲間の大切さを実感するほど「少しでも長く、いまの関係のままでいたい」という気持ちも膨らみます。絵名には「いつか話せるようになったら、聞いてほしい」と告げるも、瑞希の「このままでいたい」という想いは、いまはまだ揺らぐことは無さそうです。

ニーゴ以外との交友関係としては、「Vivid BAD SQUAD」の白石杏とはクラスメイトで、気心の知れた友達。瑞希の事情をある程度知っている杏は、瑞希が嫌な想いをしないような接し方を心掛けており、こうした気遣いを、瑞希もまたありがたいと感じています。同じく「Vivid BAD SQUAD」の東雲彰人は、絵名の弟ということもあり、見つけるとよく絡みに行く間柄。彰人が嫌がる素振りをするのを分かっていて「弟くん」と呼ぶなど、姉弟揃って“からかい甲斐のある相手”だと思っている節があります。

「ワンダーランズ×ショウタイム」の神代類とは、同じ中学の出身。学校に馴染めなかった瑞希がよく屋上で過ごしていたとき、類は同じように屋上に来て“おもしろいショーをするためのアイデア”を練っていたりと、目的は違えども、一緒の時間を過ごしていた時期がありました。高校に進学してからも、互いのことを気に留めている模様です。

ほかにも、彰人、冬弥と一緒に文化祭での劇を見て以来、「ワンダーランズ×ショウタイム」の天馬司とも顔見知り。絵名を通じて「MORE MORE JUMP!」の桃井愛莉、日野森雫とも知り合うなど、友人や仲間づてに交友関係は広まってきています。

“誰もいないセカイ”では、MEIKOが瑞希の苦悩を感じ取っている様子。ニーゴの面々に“過度な干渉をしない”というMEIKOのスタンスは、瑞希の「このままでいたい」という気持ちとも、通じるところがあるように感じます。もし、そんなMEIKOのスタンスが変わることがあるならば、そのときが瑞希にとっても変化のときなのかもしれません。

瑞希の苦悩は、ほかの3人と違い「打ち明けてしまったら、いままでとまったく同じ関係のままではいられない」という恐怖を伴うものです。どのような選択を瑞希が望んだとしても、未来の瑞希が心から笑顔でいられることを、願って止みません。

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

セガColorful Palette

MobileアプリiOS

  • 配信日:2020年9月30日
  • 価格:基本無料

    プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

    セガColorful Palette

    MobileアプリAndroid

    • 配信日:2020年9月30日
    • 価格:基本無料

      プロセカ1.5周年特集記事一覧

      コメントを投稿する

      画像一覧

      全ての画像を表示(16枚)

      (C) SEGA / (C) Colorful Palette Inc. / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net All rights reserved.

      関連ニュース

      関連ニュースをもっと見る

      あわせて読みたい

      この記事のゲーム情報

      機種
      Mobile
      プラットフォーム
      アプリ
      OS
      iOSAndroid
      会社
      セガColorful Palette
      ジャンル
      アクションリズム
      システム
      横向き
      公式サイト
      https://pjsekai.sega.jp/
      • セガ特集ページ
      • セール情報
      • プリコネR特集
      • 「黎の軌跡(くろのきせき)」特設サイト

      人気記事ランキング

      RANKING

      定期配信

      REGULAR
      • ゲーム発売日・配信日カレンダー
      5月17日(火)
      B.I.N.D.
      ウムランギジェネレーション スペシャルエディション
      5月18日(水)
      Apex Legends Mobile
      Gunfire Reborn Mobile
      オタクアドベンチャー
      5月19日(木)
      DEADCRAFT
      DEADCRAFT デジタルデラックス
      Death’s Gambit: Afterlife
      PREDATOR AND WRECK 捕食者と崩壊
      ギルド オブ ダンジョニアリング アルティメットエディション
      スノーブラザーズ スペシャル
      スノーブラザーズ スペシャル 初回限定版
      ノゾムキミノミライ
      ノルン+ノネット ラスト イーラ
      ワールドヒーローズ アケアカNEOGEO
      太閤立志伝V DX
      太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX
      太閤立志伝V DX 30周年記念 TREASURE BOX デジタル版
      焔龍聖拳シャオメイ
      猫様とアウトローズ
      5月20日(金)
      Dolmen
      Smilemo
      この悪い子猫ちゃんめ!
      龍炎高校伝説コレクション
      5月22日(日)
      Galacticon:ギャラクティコン
      5月23日(月)
      合戦!!にんじゃ村
      海鮮!!すし街道
      財閥タウンズV
      5月24日(火)
      Crossfire: Legion
      刀剣乱舞無双
      5月25日(水)
      ローラーチャンピオンズ
      5月26日(木)
      - Mischief Dungeon Life - 異世界転生した俺のイタズラダンジョンライフ
      Five Nights at Freddy’s: Security Breach
      PAC-MAN MUSEUM+
      Sniper Elite 5 スタンダードエディション
      Sniper Elite 5 デラックスエディション
      Townsmen - A Kingdom Rebuilt コンプリートエディション
      やばたにえん酸
      エリックじいさんの不思議なブレスレット
      ザ・パーシステンス Enhanced
      ビータスクリエイションソリティア
      ラディアンテイル
      ラディアンテイル 特装版
      冤罪執行遊戯ユルキル
      千恋*万花
      少女と宇宙の物語 Milkmaid of the Milkyway
      那由多の軌跡 アド・アストラ
      5月30日(月)
      MAGLAM LORD/マグラムロード
      Rotaeno
      6月2日(木)
      Behind the Frame ~とっておきの景色を~
      Card Shark
      インディゴ7
      インディゴ7 特装版
      映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~
      映画「五等分の花嫁」 ~君と過ごした五つの思い出~ 限定版