本日11月29日に東京會舘で行われた「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」製作発表会見の模様をお届けする。

初めに「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」の紹介VTRが流され、その後に尾上菊之助さん、中村獅童さん、尾上松也さん、坂東彦三郎さん、中村梅枝さん、中村米吉さん、中村橋之助さん、上村吉太朗さん、北瀬佳範氏がステージに登壇した。

尾上菊之助さんは冒頭の挨拶で、「製作が始まったのは2020年3月というコロナ禍の真っ最中。毎月あった歌舞伎公演もなくなり、先が見えない中、何とかしたいという気持ちを救い上げてくれたのが『ファイナルファンタジーX』だった。物語が進む内に心を通わせ合い、それぞれの持つ葛藤を超えながら成長し、互いを思いながら、シンという強大な敵に前向きな心で立ち向かい、あきらめない姿勢は、コロナ禍の世界、戦争が起きている世界に強いメッセージを届けられるのではと思い、製作した」と秘めた思いを語った。

次に「ファイナルファンタジーX」プロデューサーである北瀬氏が、「最初は驚いたが、非常に野心的で面白そうな企画だと思い即決して返事をした。今回はいち観客として楽しませていただきたい」と公演への期待感をあらわにした。続けて中村獅童さん、尾上松也さん、坂東彦三郎さん、中村梅枝さん、中村米吉さん、中村橋之助さん、上村吉太朗さんら出演者陣が挨拶とともに本公演への意気込みを語った。「ファイナルファンタジーX」を知っている人、知らない人、プレイしたことがある人などさまざまだったが、皆が菊之助さんから直接電話があり、その思いのこもった熱いオファーで出演を決めたという。

「ファイナルファンタジーX」を歌舞伎にしようと思ったきっかけやビデオレターでオファーを送った話なども語られたが、こちらはインタビュー記事内でも確認できるので、あわせてチェックしてほしい。

出演陣からはオファーの話に加えて、衣装合わせ時の話も。キマリを演じた坂東彦三郎さんは尾上菊之助さんに再現度が高いと言われたが、中村米吉さんと尾上松也さんには爆笑され、「誰!?」と言われるほどだったという。その中でも歌舞伎の要素をしっかりと入れているので楽しみにしてほしいとのこと。

ルール―を演じた中村梅枝さんは、「色気がありながらも和服、着物という感じが残っており、見た瞬間にルール―とわかるものになっている」とコメント。ユウナを演じた中村米吉さんは、「上半身の肌の露出が多かったので、そこは工夫している。豊かな歌舞伎の衣装が出来上がった」とそれぞれ完成度の高い衣装に期待できるコメントを送った。

また、尾上菊之助さんからは本公演の見どころが、ゲーム映像とともに紹介された。挙げられたのは「マカラーニャの森」「異界送り」「ブリッツボール」の3つ。「マカラーニャの森」はIHIステージアラウンド東京の巨大スクリーンを最大限利用しつつ、歌舞伎の舞台上で使われる本物の水「本水」は使用せずに、表現していくという。「異界送り」は歌舞伎の表現としては日本舞踊。美しいようで怖い儀式を映像を使いつつ再現していくとのこと。「ブリッツボール」に関しても「本水」は使用せずに、皆が驚くような水に代わる表現をしつつ、歌舞伎ならではの立廻りとしても表現すると語った。

さらに、映像ではなかったポイントとして「親子」が挙げられた。愛情表現が得意ではない親子のティーダとジェクト、子どもが親をリスペクトしている親子のユウナとブラスカ、誤解を招くような愛情表現しかできない親子のシーモアとジスカル。それぞれが、現代の親子関係にも何か通じるものがあるのではないかとする一方、シーモアとジスカルの親子関係はゲームよりも深く描かれているようだ。

最後に登壇者への質疑応答が行われた。歌舞伎もしくは、ゲームのファンが知っていたら楽しめるポイントを聞かれた尾上菊之助さんは、「最初から見ていただけるとストーリーを理解しなくても、自然とストーリーの中に入っていただけるものになっている。予めあらすじを読んでいただけると、楽しんでいただけると思う」と答えた。

また、今から公演に向けて進行していること、楽しみにしていることについては、「『ファイナルファンタジーX』と歌舞伎を融合した世界にお客様が来ていただいて、楽しんでいただけることが一番だと思うので、そこに向けてお客様が楽しめるような設え、見どころ、歌舞伎ならではの演出を1つ1つ作っているところ。その準備をしっかりとしていきたい」と公演までの意気込みをあらわにした。

一度完成した「ファイナルファンタジーX」が新たに作られている様子を見た感想を尋ねられた北瀬氏は、「まだ完成したものは見ていないのですが、ゲームだとCGで表現されていたものが、歌舞伎だとリアルな縁者シャンが演じられる。そこが一番ゲームと違うところなので期待している。自分が想像できなかったようなキャラクターの表現をしてくれるのではという期待があります」と語り、発表会は幕を閉じた。

公演情報

「新作歌舞伎 ファイナルファンタジーX」
【日程】2023年3月4日(土)~4月12日(水)
【会場】IHIステージアラウンド東京(豊洲)
【企画】尾上菊之助 
【脚本】八津弘幸 
【演出】金谷かほり 尾上菊之助
【出演】
尾上菊之助 中村獅童 尾上松也
中村梅枝 中村萬太郎 中村米吉 中村橋之助 上村吉太朗 中村芝のぶ
坂東彦三郎 中村錦之助 坂東彌十郎 中村歌六 ほか

公式サイト
https://ff10-kabuki.com/

コメントを投稿する

画像一覧

全ての画像を表示(10枚)

関連ワード

あわせて読みたい

  • セガ特集ページ
  • Figgy
  • セール情報
  • プリコネR特集

人気記事ランキング

RANKING

定期配信

REGULAR
  • ゲーム発売日・配信日カレンダー