AREA35は、2024年に発売予定のラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」に、DÉ DÉ MOUSE氏が楽曲提供アーティストとして参加すると発表した。

目次
  1. ラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」とは
  2. 第2弾情報解禁アーティスト・プロフィール
  3. 「東京ゲームショウ2023」限定のチャレンジ企画を開催!

「フェリシティーズ・ドア」は、バークリー音楽大学をはじめとした世界的な音楽大学出身のアーティストが多数参加するリズムゲーム。耳が喜び、目に麗しい、極上のリズムゲームを目指して開発中のタイトルとなっている。

第1弾のアーティスト発表では、「この世界の片隅に」のサウンド・トラックを手がけ日本アカデミー賞優秀音楽賞も受賞したコトリンゴさん、そして、「リッジレーサー」「太鼓の達人」の楽曲・効果音で名高い細江慎治氏の2名が参加することが発表されていた。

今回の第2弾発表では、作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJと多岐に渡り活躍し、国内外に多くのファンを持つDÉ DÉ MOUSE(デデマウス)氏の参加が明らかとなっている。

また、9月21日から9月24日まで開催される東京ゲームショウ2023に出展することも発表となった。会場では熟練の音ゲーマーに向けたチャレンジ企画を実施予定とのことなので、こちらの詳細も是非チェックしてほしい。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

ラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」とは

ゲームを通して、世界中の子どもたちへ、良質な音楽体験を届けたいーー。そんな想いから、「フェリシティーズ・ドア」は世界中の素晴らしい音楽家たちが結集し、一切の妥協をせずにつくった最高峰のリズムゲームです。私たちは「ラグジュアリー・リズムゲーム」と名づけました。

バークリー音楽大学をはじめとした世界的な音楽大学出身のアーティストたちが多数参加。日本からは「この世界の片隅に」のサウンド・トラックを手がけ日本アカデミー賞優秀音楽賞も受賞したコトリンゴ、そして、「リッジレーサー」「太鼓の達人」の楽曲・効果音で名高い細江慎治が参加。世界からは若手の優れた音楽家であるAlex Vourtsanis(リズムゲーム「Deemo」に名曲「sunset」を提供)やDylan Dunlap(ロサンゼルスで活躍中の若手音楽家)をはじめ、多くの音楽家が参加しています。

今回発表するのがDÉ DÉ MOUSEの参加。メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ/和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、彼が登場した以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらしたアーティストです。DÉ DÉ MOUSEの楽曲でリズムゲームを遊べる日を楽しみに待っていてください。

こだわり抜いてつくったリズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」は、プレイをすればするほどに「音楽を好きになる」ゲームです。是非、リリースされたのち、耳で、指で、確かめてみてください。

第2弾情報解禁アーティスト・プロフィール

DÉ DÉ MOUSE

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。

また、自身の曲のプログラミングやミックス/マスタリング、映像と多方面に活動し、他作品のプロデュース/楽曲提供/remixも行う。メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ/和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。

プロデューサー・由良浩明 コメント

エレクトロニックからは、鬼才DÉ DÉ MOUSEさんにご参加いただきました。独自の音楽性でクラブミュージックシーンのみならず、木村カエラや9nine、NHK「おかあさんといっしょ」の「今月の歌」への楽曲提供などで幅広い世代に愛されています。特にノリの良いダブルドラムやメロディーの純粋さはオリジナリティがあって惹かれます。ぜひ、複雑でありながら心地よいDÉ DÉ MOUSEさんのサウンドをお楽しみください。

由良浩明 プロフィール

プロデューサー/音楽家
幼少期よりシドニーで本格的にヴァイオリニストとしての特訓を受け、13歳の若さでAustralian Music Examination Boardのディプロマを最高成績で受賞。シドニー大学に進学し、数々の名ヴァイオリニストや巨匠から高い評価を受ける。チャイコフスキー国際コンクール、ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールなど数々の国際コンクールに日本代表として出場する。2002年ギズボーン国際音楽コンクールでは第2位と観客賞、第7回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールでは優勝。中国では上海交響楽団、広州交響楽団、南京交響楽団、杭州交響楽団とソリストとして共演する。2002年に日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキーの協奏曲を共演して日本デビュー。東京フィルハーモニー交響楽団などゲストソリストとして招待され、同年、小泉純一郎首相(当時)が出席・スピーチしたAsia Societyのディナーパーティーにて演奏。

映画、ゲームやアニメのサウンドトラックを主に演奏する世界初のオフィシャルなオーケストラ「エミネンス交響楽団」の創立者であり、ヴァイオリン演奏のほか、同楽団の芸術監督、コンサートマスターも務める。「ディアブロIII」や「ソウルキャリバーV」など、音響監督として国内外のゲーム開発に携わり、自らもゲーム開発を行う。鈴木卓也やErasmus Brosdauなど国内外のトップアーティスト、クリエイターとの結びつきが強く、世界規模の映像作品やAAAのゲーム作品に携わる。また、モーションキャプチャースタジオ「DEFCON ZERO」と専門チームを持ち、ハイクオリティーのCG制作に定評がある。ラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」ではプロデューサーを務めるほか、プロデューサーとして参加した「機動戦士ガンダム 復讐のレクイエム」が公開予定。

さらに、DÉ DÉ MOUSEさんが参加するTGS2023「インターナショナルパーティー/Indie Night」も開催決定!

DÉ DÉ MOUSEさんによるDJパフォーマンスが「東京ゲームショウ2023」にて行われる予定です。是非ご来場ください。

TGS2023「インターナショナルパーティー/Indie Night」

開催日時:9月22日(金)18:20~20:00
会場:幕張メッセ 9-10ホール エスプラナード2階

「東京ゲームショウ2023」限定のチャレンジ企画を開催!

株式会社AREA35は、4年ぶりに幕張メッセ全館を利用して開催される記念すべき「東京ゲームショウ2023」<9月21日(木)~24日(日)開催>にて、ラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」がプレイできるブースを出展いたします。是非、この機会にブースにお気軽にお立ち寄りください。

さらには、「東京ゲームショウ2023」に集うゲーマーたちへの挑戦状として、チャレンジ企画を開催いたします。その名も、「超かわいいけど鬼ムズい音ゲーをあなたはフルクリアできるか!?」。ルールは、「3回以内にHARDモードでSランク達成」あるいは「3回以内に難易度12+の曲で95満点以上獲得」で、限定Tシャツをプレゼントします。

東京ゲームショウ限定の企画ですので、是非腕まくりしてご参戦ください。

ラグジュアリー・リズムゲーム「フェリシティーズ・ドア」の出展ブースに関して

インディーブース番号:09-E44

「フェリシティーズ・ドア」公式サイト
https://felicitysdoor.com/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー

関連ワード TGS2023