ライアットゲームズは、PC向けにサービス中の「リーグ・オブ・レジェンド」において、167体目となる新チャンピオン「炎の幼龍、スモルダー」を本日2月1日に実装した。

「炎の幼龍、スモルダー」は、“シンプルにプレイできるマークスマン”をコンセプトに開発されたADC(Attack Damage Carry)だ。スキルを敵チャンピオンに命中させる、などの条件でスタックを溜めていきスキルを強化していく。ウルト(Rキー)では、母龍によるド迫力の広範囲ブレスが撃ちだせる。

「LoL」新チャンピオン「炎の幼龍、スモルダー」が実装!スロウ付きAOE「ママーッ!!」でボットレーンを焼き尽くすADCの画像

以下、発表情報をそのまま掲載しています

新チャンピオン「炎の幼龍、スモルダー」

インペリアルドラゴンを探して、破滅したカマヴォール王国を幾度となく探索していたノクサスの猛獣使いたちは、ようやく1匹の幼きドラゴンを見つけて盗み出した。そのドラゴンの母は、息子を救うため船に火を放ったが、混乱の中で我が子を見失ってしまった。首都の南にある岩だらけの諸島に打ち上げられた幼ドラゴンは、少年に見つけられ、スモルダーと名付けられた。

「ボクの名は、イグナケリアス・ギガンタリーノ・レックス・レ・スぺス・オフェレンティスだ!人間の友達はスモルダーって呼ぶけどね」

ある日スモルダーが遊んでいると、口から放った火が森全域を焼いてしまった。煙を見た母ドラゴンは島にやってきて、ついに我が子との再会を果たした。そして今、スモルダーは母に見守られながら、カマヴォールのインペリアルドラゴンの継承者とは何たるかを学んでいる。遊び好きで意欲旺盛なスモルダーはぐんぐん力をつけており、能力を磨くためならどんな機会でも貪欲に求める。幼いながらもスモルダーの力は素晴らしく、火のつくものなら何でも燃やしてしまう。

・スキル紹介
https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/event/smolder-abilities-rundown/

・チャンピオンバイオ
https://universe.leagueoflegends.com/ja_JP/story/champion/smolder/

・チャンピオン開発エピソード
https://www.leagueoflegends.com/ja-jp/news/dev/champion-insights-smolder/

※メーカー発表情報を基に掲載しています。掲載画像には、開発中のものが含まれている場合があります。

コメントを投稿する

この記事に関する意見や疑問などコメントを投稿してください。コメントポリシー